308GTB ファイバーボデー マイスターチェック

1902_1

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。
個人輸入され、はや2年!!
ようやくですね〜!!本日 見たことも無い積載車で、308運ばれてきて超 ビックリ。

1903_1

ファイバーボデー特有のボデースタイル。

先に、僕見ちゃいました!!

1904_1

ん〜〜ドライサンプ

1905_1

イギリス仕様の右ハンドル!!ビックリ!!

2004_1
マイスターチェック開始の為、リフトに入庫です。

面白い所に来れば、ベトナム旅行に行かれる前でも御連絡させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

2040_1

Ferrari 308GTB ファイバーボデー マイスターチェック 開始させて頂いております。随時画像アップさせて頂きます。

2041_1

各部のFerrari 年数的、及び走行距離の指定交換パーツのチェック及び、測定に入らせて頂きます。

2043_1

足回り、各ブッシュは、かなりの亀裂及び、変形致しております。全くブッシュの意味が無いほどの状態ですので、フロント リヤー共にフルブッシュの交換が必須うです。

こちらの画像はフロント ロアアームの現状のブッシュの状態です。

2044_1

続いて、リヤー側のブッシュの画像です。

2045_1

こちらは、フロント ロアアームの現状の画像です。全体に錆と腐食が発生致しておりますので、フルブッシュ交換時、完全リフレッシュさせて頂きます。

2046_1

次に、ステアリングギヤボックスの現状の状態です。

2047_1

エンジン下からの画像です。
かなりのエンジンオイル漏れが発生致しております。一度簡易クリーニングを実施させて頂き、ピンポイントでオイル漏れの箇所を特定致して参ります。

2048_1

こちらは、エンジンマウントです。永年に渡り交換されていない状態です。指定の数値より著しく離れております。今回、要交換パーツです。

2049_1

こちらは、ウオーターホースの一部の画像です。こちらも永年に渡り交換されていない様で、完全にラバーが劣化してしまい全く張力が無い状態です。

2050_1

続いてフューエル ホースも上記同様の常態で、今回、要交換です。一部の交換では、次々と漏れが発生して参りますので、ウオーターホース、フューエルホース共に、全て交換が好ましい箇所です。

2059_1
日本で装着されたとお聞きしておりました、エアコン全く効きません!!

不具合追求致しましたところ、コンプレッサーへのメイン電源が入らず電気的な不良です。エアコンガスなどのチエックも致しましたが、正規の圧力にエアコンガスは、保たれておりますので、ガス漏れでは御座いません。

な、なんと、レトロフィットキットのエアコンに加工されています。レトロフィットキット余り良くないんですよね〜

2061_1

エアコン コンプレッサー メイン電源不良のトラブルシューティング開始させて頂いております。Ferrariは、各 ハーネス非常に繊細に出来ており少しの電流オーバーでも、基盤やカプラーの焼けが発生致しますので、根本から見直して参ります。
イギリスでは、エアコンが必要の無い気候ですので、一度も装着されていなかったでしょう。

2332_1
各 トラブルシューティングも完了し、前回お打ち合わせさせて頂きましたメニューでFerrari 308GTB ファイバーボデー 復活させて頂きます。実作業の開始です。

2435_1
エンジン脱着の為、只今よりクラッチハウジングケースからの脱着に入らせて頂いております。
こちらは、クラッチハウジングケースを脱着する為に、2階建てエンジンのお馴染みの、3連ギヤーを分解させて頂いております。

2451_1

クラッチハウジングケースASSY 脱着完了です。

2479_1
エンジン 脱着作業 再開させて頂いております。各パイピング 補器類の只今脱着作業に入らせて頂いておりますので宜しくお願い申し上げます。

2486_1

エンジン脱着に伴う各補器類の取り外しも、もう少しで完了致します。

2493_1

さてさて、明日エンジン車両より脱着する予定です。

2505_1

エンジン脱着開始です。
細心の注意をはらい各部のクリアランスをキッチリと確保し、脱着開始。

2508_1

万全には、万全を期し、キャブレターなども全て取り外しており、左右の吊り上げポイントもズレが発生しない様に数度少し吊り上げ左右のバランスをキッチリとりエンジンを慎重に降ろしていきます。

2509_1

さて、エンジン車両より脱着完了です。
エンジン全体 各所よりオイルの漏れが発生致しておりますので、今回一度、キッチリとしたメンテナンスを施させて頂きます。

エンジン自体の調子は悪く有りませんが、メンテナンスをキッチリと施されているエンジンとは、程遠い状態です!!

さて、今回弊社で蘇らせて参ります。

いつもどうり、分解前に付着致しております砂や埃、またオイル類をキッチリ無料クリーニングさせて頂き分解開始です。

こちらは、無料クリーニング実施前の現状の画像です。
まず、エンジンフロントからの画像。

2510_1

エンジン左バンクからの画像。

2511_1

続いて右バンク。

2512_1

クラッチ側からの画像。

2513_1

続いて、エンジンVバンク

2514_1

エンジン右側のアップの画像です。

2515_1

続いてエンジン左側からの画像。

2516_1

クランクプーリー側からのアップの画像。

2517_1

タイミングベルトは、交換されて降りますが、タイミングベルトテンショナーベアリングは、交換されて降りません。

2518_1

ウオーターポンプは、ASSYで交換されています。

2522_1
さてさて、今回 弊社で エンジン〜足回りまで、バッチリメンテナンス させて頂きますね!!
蘇らせま〜す!!

2775_1
足回りからの作業開始させて頂いております。今回、足回りに関しましては、フルオーバーホールを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

2776_1

只今の現状の状態のご紹介です。

こちらはリヤー左の現状の足回りの画像です。劣化が激しいですが、キッチリ蘇らせて頂きます。

2777_1

続いて、リヤー右の画像です。

2778_1

続いてフロント左の画像です。

2779_1

最後に、フロント右 足回りの画像です。

2835_1
足回り、リヤーセクション全て車両より脱着も完了させて頂きました。
現状の車両のリヤーセクションの画像です。
サブフレーム以外何も無い常態。

全て現品にて、オーバーホール及びリフレッシュ開始させて頂いております。

2836_1

アッパーアーム ロアアームの第1段階の処理(泥や大まかな錆などを除去)完了です。

只今より、第2段階の本格的な錆の除去を実施進めさせて頂いて参ります。

2855_1

第2段階の本格的な錆の除去及び古いペイントの除去完了です。

弊社では、レストレーション作業も賜らせて頂いておりますが、今回のFerrari 308GTB ファイバーボデーは、レストレーションでは、御座いませんが、個々の作業は、レストレーションと同じ作業です。

2856_1

アップの画像です。隅々まで、キッチリ施工する事により、永年に渡りベストな状態を保つ事が可能です。
下地は全てに影響を及ぼしますので非常に肝心要名な箇所です。

2877_1
こちらのアーム及びスタビライザーのレストレーションで約3日程度の作業を実施させて頂いております。

中々作業随時アップ出来なくて、誠に申し訳御座いません。

随時メカニックが、画像を撮影してくれておりますので、全ての画像 作業終了時にお渡しさせて頂きます。今回は、画像がかなり多いと思いますので、DVDに落とさせて頂く予定させて頂いておりますので、宜しくお願い申し上げます。

2878_1

第2段階の本格的な錆の除去及び古いペイントの除去完了させて頂き、次に、第3段階のサフェーサー(錆止め塗装)を実施完了させて頂いております。

第2段階の本格的な錆の除去を実施させて頂いておりますので、錆の再発は皆無の状態にさせて頂いております。

同時に、フルブッシュの交換も実施させて頂いております。

画像は、ブッシュ組み込み完了のアームになります。

2879_1

リヤースタビライザーも同様の作業を実施させて頂いております。

2880_1

スタビライザーのアップ画像です。

この作業を、全ての足回りに施させて頂いて参ります。

ブッシュ類などは、基本的な経年劣化 交換パーツですが、交換後 お乗り頂きますと、これ位違うのかと驚かれるほど車両が変化致します。

全て基本が一番大切ですね。

ブッシュ交換も車両の基本構成パーツですし、交換時のアーム類の錆の処理なども、基本だと弊社では考えさせて頂き、日々お客様の車両をメンテナンスさせて頂いております。

2895_1

足回りなどの装着部分のフレームなども、錆の進行がかなり御座いますので、今回全てリフレッシュさせて頂きます。

2896_1

こちらも、現状のエンジン リヤーバッフルの状態です。
こちらに関しましても全てリフレッシュ作業を実施させて頂き、蘇らせて頂いて参ります。

2964_1
アッパーアーム ロアアーム サフェーサー処理より、最終のペイント完了致しました。

2965_1

ペイントも全て塗り分けをさせて頂きながらのペイントです。ショック取り付け部分や、ブッシュのアウターなどは、キッチリと塗り分け、全くの新車状態に蘇らせて参ります。

2967_1

こちらは、ペイント部分のアップの画像です。
このペイントは、全て、ハケにての、手塗りです。
弊社のレストレーション専門メカニックがペイントすると、この様にハケ目など一切出ません。
吹きつけ塗装では、入り組んだ奥の箇所のペイントが薄くなる為、本格的なレストレーションでは、弊社の専門メカニックがハケ塗りを実施させて頂き、この様な綺麗な状態に仕上げさせて頂きます。

2978_1

続いて、フロント側の足回りのフルブッシュ交換およびレストレーションに入らせて頂いております。
フロントアッパーアーム ロアアームの現状の画像です。リヤー同様 錆の侵攻が非常に強い状態です。

2979_1

ブッシュの現状の画像です。

バッチリ弊社で蘇らせて頂いて参ります。

2980_1

各 足回りを取り外しに辺り、脱着が済みました車両側フェンダー内部や、周辺部分も随時クリーニングしながら錆の状態をチェックさせて頂き、作業を進めさせて頂いております。

3009_1

アッパーアームの下処理が完了致しました。
細かな箇所の錆ので全て除去する事により、オーバーホール後のパーツに恒常性を著しくもたらす事が可能になります。

3028_1

続いて、ロアアームの下処理も完了です。
アッパーアームは、下処理直後に錆が発生しない様にサフェーサーのペイントを実施させて頂いておりますが、こちらのロアアームもこれより錆止めのサフェーサーのペイントに入らせて頂きす。

3585_1

足回りのフルブッシュ交換及びペイントも全て完了させて頂きました。

続いてエンジン各部オイルシール交換の為、付着致しております砂や埃が作業中混入しない様にまた、汚れが他のパーツに付着しない様に、クリーンな状態を取戻させて頂く為、1度クリーニング実施させて頂きます。

3590_1

ご期待にお答え出来るメンテナンスを心がけ日々精進させて頂いております。

分解前のクリーニング着々と進ませて頂いております。

こちらは、ヘッドVバンクのクリーニング完了させて頂きました画像です。
腰下のクリーニングも本日完了予定です。

3591_1

フライホイールを取り外しクラッチハウジングのクリーニングに入らせて頂いております。

クラッチハウジングの現状の状態です。

3601_1

分解前のクリーニング完了です。

細部まで30年間の垢を取り除かせて頂きました、エンジン フロント側からの画像です。

3602_1

続いて、右バンクもスッキリ

3603_1

左バンク。当時からの汚れを一期にクリーンに。

3604_1

フライホイールを取り外たクラッチハウジングもスッキリ クリーンな状態を取戻させて頂きました。

只今よりエンジン分解開始させて頂きます。

3612_1

ピストン ライナー クランク等のオーバーホールは今回は予定致しておりません。

エンジンオイル漏れに重点を置き作業を進めさせて頂きます。

只今より分解の為の現状の各部の計測に入らせて頂きます。

宜しくお願い致します。

3618_1

バルブタイミングの現状の状態よりチェック開始させて頂いております。

イギリス仕様のエンジン。

3636_1

1度エンジンとミッションを切り離しフロントカバー脱着致しましたエンジン側の画像です。

なっ、なんとガスケットが入っていません…

3638_1

続いて、シリンダーヘッドガスケットよりのオイル漏れにより、ガスケット交換の為、シリンダーヘッドの分解に入らせて頂いております。

3643_1

右バンクシリンダーヘッド分解致しました。
ヘッドガスケットも完全に劣化し痩せきっております。

3648_1

左バンクシリンダーヘッド分解も完了です。

月曜日お待ち申し上げております。

3697_1

こちらは左バンク シリンダーヘッド。

ガスケットを専用工具で剥離開始開始です。
ガスケットをスッキリ綺麗に除去しヘッド面の歪みをチェックします。

3731_1

エンジン側ヘッドガスケットも除去し、同時にピストンヘッドのカーボン除去も実施させて頂いております。

ビッシリ蓄積したカーボンを専用の溶剤でゆっくり、ゆっくり綺麗に除去していきます。

3734_1

エンジン左バンク完了です。

今回オイル漏れによる分解ですが、分解時に出来る限りのメンテナンスとして、ピストンヘッドのカーボン除去を実施させて頂いております。

蓄積したカーボンを除去する事により余計なノッキングを避けることが可能です。

続いて右バンクの作業に入らせて頂きます。

3741_1

右バンクのヘッドガスケットも除去及び、ピストンヘッドのカーボン除去も完了です。

3756_1

続いてバルブシール交換の為、シリンダーヘッドの分解に入らせて頂きます。

まず左バンクの現状の状態です。

3757_1

ピストントップ同様に燃焼室のスラッジや、カムシャフト周りのスラッジも分解後、全て除去させて頂きます。

左バンクから作業開始です。

3759_1

バルブオイルシール交換の為、バルブ バルブスプリング インナーシムも全て分解させて頂き、スラッジの除去も完了です。

こちらは、スラッジ除去及びクリーニング実施完了の画像です。

インテーク及びエキゾーストポート内部もかなりのスラッジが蓄積致しておりましたので同時に除去させて頂いております。

これにより吸排気も新車時同様にスムーズに行えます。

3760_1

カム側のクリーニング実施後の画像です。

永年にわたり付着し続けていたスラッジも隅々までクリーンな状態を取戻させて頂きました。

この状態からキッチリオイル交換の距離を守り使用致しますと、この状態を保つ事が可能です。

最近は、ロングライフのオイルが御座いますが、やはり良いオイルでも3000kmを超えるとスラッジが発生しますので、出来れば2000kmまたは、6ヶ月毎の交換が好ましいと思います。

続いて右シリンダーヘッドの分解に入らせて頂きます。

3794_1

Ferrari 308GTB ファイバーボデー エンジンと、共にリヤーフレーム、エンジン リヤーバッフルの腐食の再生も同時に開始です。

まず、発生致しております錆を徹底的に除去する作業です。

かなり根気のいる作業ですが、下地が1番重要なポイントです。
錆の再発を根本から断ち切る為、専用機器を使用していき根こそぎ錆を除去していきます。

また、遊びにお寄り下さいね!!

3884_1

リヤーフレーム & リヤーエンジンバッフル1番大切な下処理作業。

細かな個所に関しましては、全て手作業にて錆を除去させて頂いております。

最終ブラスト処理を実施し下地を形成していきます。

3934_1

こちらは、インテークバルブの現状の状態です。スラッジがビッシリ蓄積し約30年の歴史を感じさせます。

3935_1

アップ画像です。

この状態では、スムーズに吸入ポートから、混合気が燃焼室に充填出来ないと共に、スラッジにも混合気が付着してしまいますので、インテーク & エキゾーストバルブ共にスラッジを除去する作業に入ります。

3960_1

バルブ16セットのスラッジの除去完了です。
スッキリ!!
この状態で本来のスムーズな吸気 & 排気が可能。
続いて、シリンダーヘッド側のインテーク & エキゾースト ポートに蓄積したスラッジの除去に入ります。

3961_1

現状のインテーク & エキゾースト ポートの状態。

かなりのスラッジです。
でも、30年でこの状態は上々!!
メンテナンスの行き届いていないマシンはもっと激しい蓄積ですので。

さて、開始です。

3997_1

インテーク & エキゾースト ポートのスラッジもバッチリ除去完了です。

続いて、シリンダー側バルブシートとバルブの当たり面の擦り合わせ作業に入らせて頂いております。

この作業は、バルブシートに100%バルブを密着させ圧縮漏れなどを防ぎます。

2バルブは、近年の5バルブエンジンなどに比べバルブ直径が大きい為、16セット入念に擦り合せを行います。

4113_1

クリーンな状態に戻ったバルブ & バルブシートの16セットの擦り合わせもバッチリ!!
ここは、エンジンを組み込んだ時点で、非常に調子が左右される個所。
入念に行います。

続いて、完全な密着を取戻したバルブに最適なタペット調整(アウターシム)を行わせて頂いております。

4206_1

続いてミッションです。
ミッションオイル漏れを放置されているマシンをよく見受けられます。
オイル漏れを放置してしまうとミッションや、周辺パーツに悪影響を及ぼす大切な個所です。
アルミ製のミッションケース。
接合部をピッタリ隙間無く接合する様に、全ての合わせ面の歪みを全て測定します。
続いて歪んでいる面を全て面出し研磨作業させて頂きます。
この作業により再度のオイル漏れを事ぐ事が可能になる重要な作業です。!!

4311_1

続いてサイドフランジのオイルシール交換に入らせて頂いております。
こちらも、上記同様に歪みぬき作業を実施後、組込みに入らせて頂きます。

4327_1

オイルパンには、かなりの歪が発生致しておりました。
両面、研磨させて頂きキッチリ、歪みを抜かせて頂きました。
クリーニングも同時に実施させて頂き、只今より組込みです。

上記までが、Ferrari 308GTB ファイバーボデーメンテナンスのVol 1です。

ここからVol 2へと続いております。

お問い合わせ

5 Comments

  • fat| 2008年12月9日 at 11:55 PM 返信

    早速きれいにしていただき、ありがとうございます。エンジン分解はオーバーホールまでいかないでくださいね、ほどほどでいいですよ。
    なぜならもう一頭居るので。

  • fat| 2008年12月9日 at 2:44 AM 返信

    毎日みております。期待を裏切らない会社だと思います。

  • 担当医御侍史| 2008年10月23日 at 1:25 AM 返信

    お世話になってます。1日ですごい変化ですね。
    引き続きよろしくお願いいたします。

  • ナカムラエンジニアリング| 2008年9月19日 at 6:25 PM 返信

    マルフタ  了!

    了解致しました、小隊長 殿

  • マルヒト| 2008年9月19日 at 6:14 PM 返信

    了!

    社長、工場長さん宜しくお願いいたします。

    Leave comments

    Your email address will not be published.*



    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

    Back to top
    Translate »