Ferrari 328 GTSケーニッヒ 足回り仕様変更

  • 328

いつも御依頼頂き誠に有り難う御座います。

アラゴスタサスペンションキットの減推力 バネレートが標準キットの為、今回OHを兼ね高速仕様へと全て変更させて頂きます。

今回も宜しくお願い申し上げます。

高速仕様へと全て変更させて頂く為、ショートストローク化も踏まえ現状の状態を全て計測完了させて頂きました。

早速アラゴスタサスペンションキットの取り外しに入らせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

足回りの実作業に入らせて頂いております。

リフトアップ時にも各部の計測を実施させて頂いております。

取り外し完了させて頂きました、アラゴスタサスペンションキット。

現状のレートです。

今回全て弊社のセット数値にて、仕様変更及びOHを実施させて頂きます。

弊社のセット数値にて、仕様変更及びOHの間、リフトセクションよりの移動の為、ノーマルの足回りを只今仮に装着させて頂きましたが、ノーマルの足の方が車高結構いい感じです!!

ただ、このまま走るとかなりのストローク量なのでバラバラになりますが…….

今回の仕様変更でもう少し下がるセットに設定致しております。

弊社のセット数値にて、減推力&バネレート&ショートストローク化&OHをさせて頂いておりました、アラゴスタ サスペンションシステムようやくアラゴスタより送られて参りました!!

組込みの為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

各部チェック&測定後に、組込み開始させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

フロントサスペンションより装着開始です。

減推力&バネレート&ショートストローク化&OH実施させて頂きましたフロントサスペンションです。

減推力&バネレートも全て変更させて頂きましたアラゴスタサスペンション。

装着前に減推力をアジャスターにりミディアム程度の状態にセットして組み込みさせて頂きます。

ショートストローク化により、アップライトの位置を変更出来ているのが、よく分かって頂ける画像。

この状態がプリロード0の状態です。

続いて、リヤーの込み込み開始です。

通常のアラゴスタサスペンションを組み込みマシンをリフトアップしている画像です。

ストローク量が大きい為、この様な状態でした。車高を大幅にダウンしなければ良いのですが、大幅にダウンする場合はやはり、ショート化がベストです。

フロント同様に減推力&バネレートも全て変更させて頂きましたリヤー側アラゴスタサスペンション。

装着前にフロント同様に減推力をセットして組み込みさせて頂きます。

リヤー組込み完了です。

ショートストローク化による変化がよく分かって頂ける画像です。

コーナーウエイトレシオ&フルアライメントのセットに入らせて頂きます。

この車高バッチリです!!

コーナーウエイトレシオ セットアップ機器のセット完了です。

1輪 1輪に掛かる車両重量を計測し、ベストなポジションへと導く事が可能です。

このユニットに全ての情報が表示されています。

車高の変更を行ったマシンには、フルアライメント同様に、大切なメニューです。

コーナーウエイトレシオ セットアップ開始です。

続いて、フルアライメントの計測&セットアップです。

今回製作させて頂きましたサスペンションに合わせた弊社のノウハウの数値でセットさせて頂きます。

セットも完了。

車高もベストな状態に。

テストランでもハーシュネスが心地よい仕上がりです。

今回は誠に有り難う御座いました。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »