Ferrari 328 GTS  メンテナンス

  • 328

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつもFerrari 328 GTS メンテナンス 御依頼誠に有り難う御座います。

お忙しい中お越し頂き誠に有り難う御座いました。

只今より、ご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えするメンテナンス実施させて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。

先程は、お忙しい中お電話にてご対応頂き誠に有り難う御座いました。

今回、USEDで全てお持込頂きましたパーツ。

交換部位を詳細にお打ち合わせさせて頂き、決定させて頂きました今回のメニュー。

早速、作業開始させて頂いております。

随時、画像アップさせて頂きますので宜しくお願い致します。

作業開始です。

USEDで、お持込頂きましたパーツ群を、随時クリーニングアップを実施させて頂きながら交換作業に入っていきます。

レザーの素材、ペイントの素材、各部の構成パーツなどなど…..

素材を熟知したエンジニアにより、部位部位に1番適した、本来の素材を蘇らす意味でのクリーニングアップが行われます。

そこまで拘り抜き、全ての工程が行われていきます。

ケミカル用品で一時的に艶を出す様な安易仕上げは、一切行われません。

まず、フューエルリッド部分が、欠けてしまっている現状の画像です。

フューエルリッド交換に伴い、キーシリンダーの組み換えの為、分解。

これより、キーシリンダーの作動確認後、個々のパーツをクリーニングアップし、交換していきます。

USEDのフューエルリッドに、メンテナンス完了したキーシリンダー組み込み後、Assy交換させて頂きました画像です。

ブラックのフューエルリッド本体も、完璧にクリーニングアップ実施させて頂き、組み込ませて頂きました。

また、組み込み時、各部のチリ調整も実施致しております。

全ての作業に、1手間、2手間かけ作業が行われます。

続いて、ドライバー側ドアアームレストの交換。

USEDで、お持込頂きましたパーツに交換開始です。

現状の、アームレストのアップ画像です。

アームレストに小さな穴が開いている状態。

担当エンジニアにより、丁寧に分解。

画像左が、取り外させて頂きましたアームレスト。

画像右が、USEDで、お持込頂きましたパーツ。

USEDパーツを、クリーニングアップ実施させて頂きましたアップ画像です。

ドア内張り内部のカバーリングも、今回の分解作業には関係無い個所ですが、丁寧に修正させて頂きました画像です。

USEDで、お持込頂きましたパーツ。

組み込み時に、各部の修正&調整を行い組込み致します。

ドライバー側ドアアームレストの交換完了の画像です。

USEDパーツを、クリーニングアップ実施させて頂きクリーンな状態に…….

つづいて、現状328や308では、よく発生するトランクフードカバー チャック部の破損。

現状の画像です。

チャック部のアップ画像です。

ストリップラバーの欠損してしまっている現状の画像です。

さて、こちらの画像が、USEDで、お持込頂きましたパーツ。

随時クリーニングアップを実施させて頂きながらUSEDへと交換作業に入っていきます。

トランクフードカバー&ストリッブラバーも、クリーニングアップを実施させて頂き、的確な交換作業、完了の画像です。

続いて、GTSルーフトップのメンテナンスに入らせて頂きます。

こちらの作業は現品で出来る限り修復&調整を行わせていただきます。

1次的に、誤魔化す様な安易な修復は致しません。マシンが台無しになってしまいます。

新車当時の組み付け手法で、メンテナンス修復作業を行います。

GTSルーフトップのメンテナンスも、新車当時の組み付け手法で、メンテナンス修復完了。

同じく、新車当時の組み付け手法で、メンテナンス修復完了のマシン側の画像です。

続いて、お持込頂きました、カーボン製 シフトノブ&サイドブレーキノブの画像です。

上記、カーボン製 シフトノブへと換装後の画像。

同じく、換装完了のサイドブレーキノブの画像です。

続いて、お持込頂きました、アルミニュウム製ドリルド加工を施された、フットレストの装着に入らせて頂きます。

現状のノーマルのフットレストの画像。

破損してしまっているノーマルのフットレスト。

マシンの挙動を感じ取る事が出来るフットレスト。

この状態では、全く挙動を感じ取る事が出来ない状態です。

破損してしまっているノーマルのフットレストを完全に修復。

アルミニュウム製ドリルド加工を施された、フットレストを装着完了の画像です。

これで、マシンの挙動を、十分感じ取る事が可能です。

また、見た目にも非常にレーシー!

全ての作業完了です。

USEDでお持込頂きましたパーツに1手間かけ全て装着。

装着に関しましても、新車当時の組み付け手法で完璧に組み込ませて頂きました。

この辺りも当時の知識と、最新の技術を融合させ、豊富なノウハウの中から確実なメンテナンスを実施させて頂きました。

エクステリア&インテリアに至りましても、最終仕上げ完了させて頂きましたFerrari 328 GTS。

今回、ウエッブサイトには作業内容を抜粋させて頂き掲載させて頂きました。

実施させて頂きました全ての、メンテナンス作業時の写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当エンジニアが撮影致しております。

詳細な写真及び、今回のメンテナンス内容書類に至りましても、分かり易く作成させて頂いておりますのでマシンと一緒にお渡しさせて頂きます。

いつも、Ferrari 328 GTS メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »