Ferrari F40 エンジン不調 オイル漏れ タイミングベルト交換 LMヘッドライト製作及び 車検などなど…..

  • F40

この度は、弊社へのFerrari F40 エンジン不調 オイル漏れ タイミングベルト交換 LMヘッドライト製作及び、車検などなど…..のご依頼誠に有り難う御座います。

ご期待にお答え出来るメンテナンスやモディファイ作業させて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。

只今、ご入庫時のクリーニング及び、エクステリア インテリアなどの傷のチェックに入らせて頂いております。

随時画像アップさせて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。

Ferrari F40 エンジン不調トラブルシューティングに入らせて頂いております。

LMヘッドライトの資料も多々揃いました。
ミケロット製は、手直し、しなければそのままの装着も不可能ですし、非常に高額な為、

御連絡後、今回弊社でLMヘッドライトを1から製作させて頂きます。

こちらは、F40 LMのヘッドです。

LMは、ルマン24対応で、ヘッドは、キャレロ製。

ベースは、カーボン製です。

こちらは、F40 GTE コンペェツォーネのヘッドです。GTE コンペェツォーネは、FIA参戦マシン。

F40 GTE コンペェツォーネのヘッドは、CIBIE製。

エンジン 不調の主原因探求完了です。
フューエル系に不具合が発生致しており、エンジン片バンク状態に陥ってしまっており、レーシングなどをする事により、両バンク作動する状況です。
ピンポイントにて、不良箇所特定させて頂きました。

次にオイル漏れのチェックに入らせて頂きますので、宜しくお願い申し上げます

エンジンサービス ホール脱着させて頂き、エンジンフロントセクション点検を実施させて頂きます。

シートや一部インテリアの脱着に入らせて頂いております。

エンジンサービス ホール脱着完了。

続いてフロアーパネルの脱着に入らせて頂きます。

リヤーからの画像です。

かなりの量のエンジンオイルがエンジンカバーに漏れ出しています。

右サイドからの画像です。

エンジン上部から漏れ出したエンジンオイルでベッタリの状態。

この様な状況下では、対油ゴム以外のエンジンマウント ミッションマウント ウオーターホースなどにオイルが付着しゴムを完全に侵してしまいますので、早急の根本的な対応が必要不可欠です。

オイルパン周辺や、サービスホールには、エンジンオイルの油滴が発生してしまう位の漏れ。

主原因を特定し根本からキッチリと致しましたメンテナンスさせて頂きます。

こちらは、エンジンサービスホールからの画像です。

各部より全ての箇所チェックさせて頂きピンポイントで不良箇所を特定させて頂きます。

キッチリと特定させて頂き、同時に作業させて頂いたほうが良い箇所などもピックアップさせて頂きます。

さて、フューエル系に不具合が発生致しており、エンジン片バンク状態に陥ってしまっておりますエンジン。

一度現品を簡易的に復旧させエンジンスタート!!
左右バンクエンジンに火が入りました。
エンジン始動後、F40や288GTOなどのターボ車両の鬼門。燃圧が、かなり低い状態です。
Kジェトロですのでエンジンブローを引き起こす原因にもなりかねます。
ターボエンジンの燃圧は非常に重要なポイントです。
今回同時にメンテナンスさせて頂きます。

Ferrari F40 リフトアップ エンジン下側からの画像です。

エンジン フロント側からは、フロントカムシャフトシール左右バンクよりのオイル漏れが発生しており、フロントケースを伝いエンジン右バンク エアコンコンプレッサーにもエンジンオイルの油滴。

続いてエンジン左バンク下側のオルタネーターにもベットリ。

油分は、オルタネーター内部のコイル絶縁を溶解しレアーショートを招き不良につながります。
また、対油ラバー以外のラバーにオイルが付着致しましましてもラバーを破損させる2次的不具合を誘発してしまう為、重要です。

今回の1番オイル漏れの量の多かった主原因は、こちらのタービンからのリターンジョイント!!

過去にどこかでオーバートルクにて締められジョイント部分に亀裂が入り、走行の振動で亀裂が大きくなりエンジンオイル漏れが発生致しております。

トルクは、甘いのもダメ!!
締め過ぎもダメ!!

キッチリとしたトルク管理の下作業することが必須うです。

エンジン始動後、約5分でこの様な油滴になります。

こちらは、フロント カムシャフトシールからのエンジン オイル漏れのアップ画像です。

タイミングベルトの直近の後ろにカムシールは、装着されている為、エンジンオイルがタイミングベルトに付着し、タイミングベルトを侵してしまい非常に危険。

リヤーカムシャフトシールからもエンジンオイル漏れが発生致しております。

フロント リヤー共にかなりのオイル漏れが発生致しております。

エンジンなど、一見綺麗に見えますが、見えない箇所は、このとうり。
コッテリです。

一見良く見えても隠れた箇所は、この様な状況。定期的な点検チェックは、やはり必須うで行わなければなりません。

2次的な故障を誘発させてしまいます。

まだまだ、各部チェック実施させて頂きました。

フューエルポンプの電源異常。10秒に1回12Vが発生。これは、いけません。

ブレーキホースからのブレーキオイル滲み。
危険です。
ステアリングダストブーツがオイルで、ブヨブヨ。
エンジンマウント類の劣化。

まだまだ御座いますが全て、不具合の主原因チェック完了です。
只今よりお見積もりに入らせて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。

先程は、お忙しい中お電話にてご対応頂き誠に有り難う御座いました。

今回の作業内容及び、交換パーツ 全てお伝えさせて頂き、作業内容決定させて頂きましたので、只今パーツの発注させて頂きました。

一部の弊社でのオリジナルパーツ及びフューエル系統の容量アップの為のカスタマイズパーツを除き、ほぼ、イタリア Ferrari社への本国オーダーとなっておりますので、パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので、今しばらくお時間頂けます様、宜しくお願い申しあげます。

今回の作業内容パーツ全て入荷致しましたので実作業に入らせて頂きます。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

室内エンジン サービスホールより、各部の作業実施させて頂く為、室内をキッチリカバーリングさせて頂き作業開始させて頂きます。

ボデー外装も、各部の作業実施させて頂く為、キッチリカバーリング作業開始させて頂いております。

ボデー外装も、キッチリカバーリング実施させて頂き、まず最初に、F40LM用 ミケロット製シフトロッドキットの装着に入らせて頂いております。

F40LM用 ミケロット製シフトロッドキットの装着し、シフトストロークをショートにし、クイックシフト化致します。

フューエル系統のモデファイに入らせて頂いております。

フューエル系統のモデファイほぼ製作完了です。

ターボ車両は燃料が命ですので、フルパワーを発揮させる為には大変重要なモデファイです。

続いてフューエルラインの取り付け部の変更に入らせて頂いております。

この一連のモデファイだけでも、本来F40の持ち合わせているパワーを発揮出来る様に変化致します。

次に車両下側、フロアーセクションのメンテナンスに入らせて頂きます。

専用工具にてホイールセンターボルトを緩めます。

ステアリング系統よりのメンテナンス開始です。

経年劣化はゴム系のパーツが一番多く、やはり車両に影響を及ぼしてしまうのは確かでしょう。

1箇所1箇所集中的に奥深くまで、恒にメンテナンスを実施する事によりマシンは蘇ってきます。

同時にブレーキシステム系統のメンテナンスに入らせて頂いております。

F40は、完全にレーシングマシンそのもののブレーキシステムだけに恒にチェックを必要とします。

ブレーキオイルと同時にクラッチオイルも交換です。

ブレーキオイルは定期的に交換実施されている様です。今回も定期交換させて頂きます。

こちらは、クラッチオイルですが、ブレーキオイル同様に定期交換が必須うですがかなりの年数交換されていなかった様です。

こちらの画像は、クラッチマスターシリンダークラッチオイルタンクの画像です。

タンク上部からの画像です。

底から約1cm白く沈殿してしまっているのは、クラッチオイルが水分を吸収してしまっている状態です。

ブレーキオイル同様クラッチオイルまた、各オイルや油脂類も指定交換年数で必須うでの交換をマシンは求めます。

水分を含み沈殿していたオイルまた、オイルタンク内部もクリーンな状態にし、ブレーキオイル クラッチオイルの交換完了です。

バッチリです。

エンジンセクションのメンテナンスに入らせて頂いております。

エンジンオイル漏れ及び指定交換パーツの交換また、全てのセッティングの見直しに入らせて頂いております。

カムシャフト脱着作業の為、エンジン上部パーツを全て分解させて頂いて参ります。

現状のセッティング状態を全て把握しまた、チェック致しております。

見えない箇所はやはり、かなりの汚れが付着しています。

Ferrari F40続いてエンジンフロントセクションの分解へと入らせて頂いております。

本年も宜しくお願い申し上げます。

エンジン上部から漏れ出したエンジンオイルが、エンジンマウント ミッションマウントなどにオイルが付着し、パーツにダメージを与えています。

F40フロアー部分 油分も全てクリーンな状態にさせて頂きましたので、作業開始です。

上部の2セットがニューパーツ。

下部の2セットがマシンより取り外したエンジンマウントです。

横側より、新旧のエンジンマウントを比べてみた状態です。

オイルが付着しマウントが疲労し、許容範囲を超える落ち込み具合がよく分かる画像です。

車上で計測した通りの数値です。

新旧で約2cmの落ち込みが発生しています。

この状態では、エンジン、ミッションが規定搭載位置より2cm以上、下がった状態でした。

エンジン、ミッションが下がった状態ではフレーム側から色々リンケージロッドが装着されていますが、正常な範囲での作動を超えてしまう為、色々な個所に負担を与えてしまいます。

たとえば、ミッションの入のシブさや、Hパターンのズレなどを誘発してしまいます。

定期的に交換が望ましいパーツです。

カムシャフトを取り外す為、エンジンに付着致しております砂や埃などが分解時に内部混入を避ける為また、クリーンな作業を行う為に1度クリーニングを実施させて頂きました。

これよりヘッド部分の分解に入らせて頂きます。

同時にウオーターポンプASSYもフルオーバーホールの為、脱着完了です。

現品にて、キッチリ フルオーバーホール実施させて頂きます。

ウオーターポンプ フルオーバーホール完了です。

付着していた内部の水垢もスッキリ除去し組込み完了です。

同時にサーモハウジングも分解しサーモスタットも新品に。

サーモスタットなどの劣化パーツは、壊れ出すとオーバーヒートなどを引き起こしてしまうパーツですので、不具合の起こる前に同時に作業する事がベストです。

バルブタイミング測定の為、スパークプラグを取り外しますが、プラグホールに溜まっている埃などがプラグを取り外す事により、シリンダー内部への侵入を確実に防ぐ為、1本1本のプラグホールをパーツクリーナーで洗浄致しています。

出来うる限りベストな状態で作業を進めて行きます。

各測定値を計算しながら現状のバルブタイミングをチェックさせて頂きます。

このチェックにより、組込み時、弊社のノウハウでバルブタイミングを組み込む参考になります。

やはり各エンジン共にセットアップは微妙に違うものです。

現状のバルブタイミング測定完了です。

まずカムシャフトから分解開始させて頂いております。

交換致しました、エンジンピックアップセンサーです。

左右共(特に左バンク)にハーネスの被服が熱害と、経年劣化の為、完全に無く配線がむき出しになっています。

アップ画像です。

この頃のFerrariは、被服が弱く、この様な状態が多々見受けられます。

恒にチェックが必要です。

ピックアップの場合はパーツ交換致しますが、車両側ハーネスも同じ状態になってしまっている場合、車両側ハーネスは非常に高額な為、不具合の発生致しておりますハーネスのみを弊社で製作させて頂いております。

カムホルダーの荒れも全て修正する事によりカムシャフトの回転を滑らかにし、組み込んだエンジンをストレス無く回転させる様にベストを尽くします。

ヘッド内部のスラッジも全て除去させて頂き同時にエンジンブロックも全て分解時にクリーニングアップ実施させて頂ました。

只今より、各オイルシールの組込みに入らせて頂きます。

バルブカバーや付属パーツも組み込み前に本格的にクリーニングアップさせて頂き、内部のスラッジや、アウターケースに至るまでクリーンな状態にさせて頂き組み込み開始です。

バルブカバーの結晶塗装のクリーニングアップ後の画像です。

隅々まで、クリーニング実施させて頂いた事により本来の結晶塗装の発色を蘇らせます。

各部キッチリ トルク管理を行いながら、組込みに入らせて頂いております。

分解前のクリーニングアップまた、分解時の個々のパーツのクリーニングアップにより細部まで見違える様な輝きを取戻させて頂いております。

ガスケット組込み時には、純正ガスケットに特殊な溶剤を塗布し組み込み致します。

これにより、ノーマルガスケットだけの交換より一層、組込み部分に恒常性を持たせる事が可能です。

また、合わせ部分の溶剤が、はみ出した部分に至りましては、処理作業を入念に行い、ノーマルガスケットだけの組込み同様に綺麗に仕上げさせて頂きました、合わせ目のアップ画像です。

この様に細かな、気使いを怠らないのも弊社のメンテナンス ポリシーなんです。

リンケージ部分も分解実施させて頂き、内部のグリースの入れ替え&主動部の調整も含め見直しさせて頂きました。

同時にウオーターホースジョイントの交換も完了です。

エンジンに付属するリンケージや、スロットルなどの主動部分を組み付け時に、リニアに動く様にセットアップし、微妙なアクセルワークにエンジンが即座に反応するように致します。

レーシング時など、かなりの変化が得られます。

インテークチャンバーのガスケット交換です。

合わせ面の、面だしも実施させて頂き只今より組込みです。

インテーク側ガスケットも経年劣化により痩せが発生し余計なエアーの混入を抑制する為、専用の溶剤を塗布し組み込みます。

専用の溶剤がはみ出した部分を全て処理させて頂いた状態です。

細部の処理により、全体の仕上がりが全く変わってきます。

エンジン関連の組込み&セットアップも終盤です。

エンジンスタートへの最終チェックです。

さて、エンジン始動完了です。

担当メカニックの各部チェック&セットアップが間髪入れず開始されています。

停車時のエンジンのセットアップ完了。

テストラン時に実走行での再セットアップを実施致します。

続いて、直進状態でステアリングが右斜め方向に切っていないと真っ直ぐ走行出来ない症状。

足回りの一部のF40特有の傾向的不具合の発生する個所をメンテナンス実施させて頂き、フルアライメントの計測に入らせて頂いております。

続いて、リヤーウインドの周りに装着されていますウインドモールの浮きのメンテナンスです。

非常に高額なモールですが、パーツを交換する事無く、根本からキッチリ現品にて、修理出来ますので修理開始です。

リヤーウインドモールの修理と並行し、ボンネットロックの受け側の交換を進めさせて頂いております。

この個所は、取り付けボルトのほとんどが内部で腐食しており取り外しが至難の技な個所です。

リヤーウインドモール パーツ交換する事無く、修理完了です。

良い仕上がりです。

続いて、F40カーボン製サイドシルの保護シートが経年劣化の為、浮き&黄ばみが発生致します。

今回、オーナー様のご要望でカーボン製サイドシル左右の保護シートの交換を実施させて頂きます。

新車時から貼り付けてある保護シート。

やはり、20年以上経過し、弾力性も失われカーボンを傷付けず綺麗に剥すのは、至難の技。

時間を掛けパッセンジャー側を完全に剥しました。

保護シートで被っていた部分のカーボンは、日焼けも無く新車当時の輝きが!!

パッセンジャー側の保護シート張り込み終了です。

弊社で今回ご用意させて頂きましたサイドシルの保護シート。

非常に特殊なシートです。
衝撃を和らげる為、約0.7mmの厚みで傷や衝撃からパーツを守る為に特別に製作されているシートです。

よく見受けられる個所はフェンダー後方に飛び石防止に使用されている、そう、あのシートです。

通常のシートとは全く違い、非常に厚みも有り弾力性にとんでいる特殊シート。

綺麗に張りこみ角の部分は曲線で処理させて頂きスッキリ仕上げました!!

ドライバー側サイドシルも只今作業中です。

ドライバー側サイドシルの貼り込みもバッチリ。

F40カーボン製サイドシル両サイドの保護シート浮き&黄ばみがスッキリ無くなり、フレッシュな状態を取戻しました。

1枚貼りで曲面部分を貼り込む技術もさる事ながら、劣化していた保護シート剥がす作業が1番大変!!

何事も下地作業が1番肝心ですね。

そのかいあってスッキリ綺麗に!!

内部腐食が発生していた取り付けボルトも時間を掛け、丁寧に取り外しボンネットロックの受け側の交換も完了。

メカニカル作業も終了しテストラン前の各部のチェックに入らせて頂いております。

チェック完了後、テストラン実施させて頂き各数値などの最終確認へと入らせて頂きます。

テストラン完了です。

エンジン関連の各数値全も全てチェック&セットアップ完了です。

テストラン後の各部最終チェックに入らせて頂きます。

今回、このF40。

Ferrari社からゲルハルト ベルガーへと納入された稀少なF40だという事が分かり、大胆なカスタマイズを控えさせて頂きました。

明日予定させて頂いております兵庫県への搬送に向け、チェックも完了し最終仕上げに入らせて頂いております。

F40エンジン不調の原因も根本から主原因を特定し、生き返った心臓部。

アイドリングも非常に安定し、またテストラン時、各回転数でのチェックも終了し、本来のF40のレスポンスを取戻させて頂きました。

メンテナンスと同時に実施させて頂きましたエンジン クリーニングアップ。

細部に渡りましてもベストを尽くさせていただきました。

いつでもノーマルの状態に戻せる様に装着させて頂きましたF40 LM ミケロット製のシフトキット。

非常にレーシーです。
また、シフトロッドもクイックシフト化され、ドライビングも一層楽しくなる事でしょう。

Ferrari F40メンテナンス御依頼誠に有り難う御座いました。

画像を抜粋しウエッブサイトに載せさせていただきました。

今回のメンテナンス資料&今後のメンテナンスメニューまた、作業中の(新旧のパーツ画像などなど….)細かな写真もお持ちさせて頂きますので保管の程、宜しくお願い申し上げます。

今回、メンテナンス御依頼、誠に有り難う御座いました。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »