Ferrari テスタロッサ タイミングベルト交換&マイスターチェック

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

今回、Ferrari テスタロッサのメンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

昨日より弊社4t積載車にて、お引取りにお伺いさせて頂き、只今ファクトリーに到着致しました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

Ferrari テスタロッサ タイミングベルト交換&マイスターチェック 開始させて頂く為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

マイスターチェック開始させて頂いております。

年数的、指定交換パーツ。
走行距離的、指定交換パーツ。

また、Ferrari テスタロッサ  特有の傾向的不具合の発生ポイントを重点的にチェック。
また、使用状況下による各部のチェック及び計測に入らせて頂いております。

全てをチェックする事により、安心してお乗り頂く事が可能です。

また、不具合が発生している場合、早期発見 早期治療で大きな故障を防ぐ事も可能になります。

御依頼頂いております、エンジンからの異音のチェックも同時に進めさせて頂いております。

テスタロッサ/512TR/512Mの一連のモデルによく発生してしまう異音。

テスタロッサ系統には、この様な、傾向的不具合が有ります。

傾向的不具合個所からチェックさせて頂いて参ります。

同時にアイドリングの落ち込みのチェックも実施させて頂いております。

こちらも、テスタロッサに多く見られる症状です。
512TR/512Mは、燃料供給システムがモトロニクスになっている為、発生いたしません。

早期発見 早期治療で大きな故障を防ぐ為、細部に渡りチェックを実施。

続いて、テストランによるチェックを担当メカニックが開始です。

リフト上では感じ取れない実走行でのフィーリングもチェックさせて頂きます。

今回、御依頼頂いておりますアイドリングの落ち込みもチェック済み。
12気筒全ての燃焼状態もテストさせて頂きます。

テストラン完了。

アイドリングの落ち込みもクリアー。
テストラン後の状態も再度のチェック。

先程は、お忙しい中お電話にてご対応頂き誠に有り難う御座いました。

今回のメンテナンス個所&今後のメンテナンス個所、全てお伝えさせて頂き、御相談させて頂行きました上で、決定させて頂きました最優先個所のパーツ。
只今発注させて頂きました。
パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

今回の作業内容パーツ全て入荷致しました。

実作業に入らせて頂く準備に入らせて頂いております。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

タイミングベルト交換作業開始です。

まずエンジン脱着からの作業です。

まず、エンジンを降ろす前にエンジンの作動確認、調子の有無、また、各装備品の作動確認を、再度行わせて頂きます。

完璧なボデーの保護を行わせて頂き、エンジン脱着、作業開始です。

各 補器類やホース&パイプの脱着です。

弊社で完備させて頂いております、Ferrariエンジン脱着専用の油圧式エンジンリフト。

このリフトを使用しエンジンを降ろす事により、サブフレームなどに一切、傷が付かずまた、載降時にも車両に接触せずより繊細にエンジンを降ろす事が出来ます。

さて、エンジン脱着開始です。

Ferrari テスタロッサ エンジン脱着完了です。

これより、作業分解前に、エンジンやミッションなどに付着致しております細かな砂や塵を1度、全てクリーニング実施させて頂きます。

これは、砂や塵が作業中パーツ内部への混入を避ける為、に実施させて頂きます。

また、見た目にも汚れが落ちスッキリ クリーンな状態を取り戻します。

エンジンフロントからの現状の画像です。

続いて、エンジン左バンクからの画像。

全体的に汚れが付着致しております。

エンジン右バンクからの現状の画像。

続いてエンジン後方からの画像です。

フレーム類にも、かなりの汚れが……

インテークマニホールド&サージタンクの結晶塗装の間に、入り込んでしまっている汚れ。

バルブカバーも本来の真紅の結晶塗装が、ぼやけてしまっています。

最後に、エンジンシリンダーの現状の画像。

見えにくい箇所は特に、永年の汚れが溜まっています。

この状態からの作業開始では、砂や塵がパーツ内部への混入してしまいます。

混入を避ける為、クリーニング開始させて頂き、クリーンな状態から作業開始させて頂きます。

また、見た目にも汚れが落ちスッキリ クリーンな状態を取り戻します。

乞うご期待!!

Ferrari テスタロッサ エンジン&ミッション&リヤー足回り、クリーニング完了です。

砂や塵が作業中パーツ内部への混入を避ける為。
またこの様な分解時にしか実施出来ない細部に至るまで、見た目にも綺麗な状態を取り戻させて頂きました。

クリーニング実施後のエンジンフロント側からの画像です。

続いてエンジン左バンク側からのクリーニングアップ後の画像です。

エンジン右バンクからの画像。

エンジン後方からの画像です。

フレームもスッキリ致しました。

まだまだ細部に至るまで、クリーニングアップ実施させて頂きます。

インテークマニホールド&サージタンク結晶塗装の画像です。

結晶塗装の間に、入り込んでしまっていた、汚れもスッキリ クリーンな状態に…….

真紅の結晶塗装も隅々まで綺麗になり、本来の輝きを取り戻させて頂きましたバルブカバー左右バンク。

続いて、エンジン上部からの画像です。

永年の汚れもスッキリ クリーンな状態を取り戻させて頂きましたエンジン シリンダー。

続いて、リヤーサスペンション周り、フレーム細部のクリーニングアップに入らせて頂いております。

リヤーサスペンション&サスペンションアーム&ブレーキシステムに至るまで、クリーニングアップ完了です。

フレームも本来のペイントの発色を取り戻させて頂きました。

また、細部に至るまでクリーニングアップ完了です。

砂や塵のパーツ内部への混入混入を避ける為の、クリーニングアップ作業終了致しました。

クリーンな状態から作業開始させて頂きます。

タイミングベルト装着されております、フロントケース。
タイミングケース脱着と同時にクリーニングアップ実施させて頂きます。

続いてウオータポンプの現品オーバーホールからの作業開始です。

ウオータポンプフランジの画像です。

ウオータホース接続部分&エンジン側0リング部分。

エンジン冷却水漏れが発生しており、漏れ出したエンジン冷却水が、水垢となり、石膏状の固体になってこびり付いてしまっている現状。

タイミングベルト&テンショナー交換実施の為、現状のバルブタイミングの測定を行いました。

測定した結果、クランクギヤー側で、5度 規定値よりズレが発生致しておりました。

巷でよく実施されている、俗に言うタイミングベルトのポン替えが実施されていたのでしょう。

この状態では、エンジンポテンシャルを100%引き出す事は到底出来ない状態です。

タイミングベルト交換時は、バルブタイミングを、キッチリとした測定&セットアップを施し組み込む事が大変重要です。

現状のタイミングベルトの画像です。

指定交換時期(3年もしくは、2万キロ走行 どちらか先に達した時点)での交換が実施されていなかったのでしょう。

タイミングベルトの剥離したラバーが、各ギヤーに付着してしまっている状態。

タイミングベルト切れ寸前の状態。

また、タイミングベルトとギヤーの掛かり具合も浅くなり非常に危険な状態です。

タイミングベルトは、3年もしくは、2万キロ走行 どちらか先に達した時点での交換が必須うです。

こちらの画像は、1個のギヤーに付着致しておりました、剥離したタイミングベルトのラバーです。

画像左側が、純正のタイミングベルトテンショナーベアリングです。

真赤に錆が発生し、ベアリングシール部分よりからベアリンググリースが出てしまっている状態。

画像右側が、今回装着させて頂きます弊社オリジナルのタイミングベルトテンショナーベアリングです。

今回交換させて頂きました、弊社オリジナルのタイミングベルトテンショナーベアリングです。

国産最高級ベアリングを使用しアウターケースは無垢材より削り出し、錆の発生を防止するメッキ処理をさせて頂きましたタイミングベルトテンショナーベアリングです。

国産最高級ベアリングを使用致しておりますので回転も非常にスムーズですので、負担が掛かりません。

各ギヤーに付着してしまっていた、剥離したタイミングベルトのラバー。

全てのギヤーのラバーを取り除き、クリーニングも完了です。

これで、シッカリとタイミングベルトが噛み込み、またキッチリとしたバルブタイミングの測定も可能になりました。

ウオータポンプフランジに付着していました石膏状の水垢。

完全に除去も完了。

ウオータポンプ現品オーバーホールも完了し只今より組込み開始です。

ブラック結晶塗装を施されている、タイミングベルトカバー。

分解時に再度クリーニング作業を行わせて頂きました。
結晶塗装も本来の輝きを取り戻し、奥深いブラックに………

見える箇所以上に、見えない部分に至りましても重要視させて頂いております。

タイミングベルトカバー内側のクリーニングアップ後の画像です。

タイミンクベルト&テンショナーベアリングの交換。

また、ウオーターポンプのオーバホール完了させて頂きました。

タイミングベルト組込み時、バルブタイミングを、キッチリとした測定&セットアップを実施させて頂きましたFerrari テスタロッサの心臓部。

各部、ボルト&ナットのトルク管理を完全に行います。

どの様な個所のボルト&ナットも規定トルクで組み込む事は、非常に重要なポイントです。

全てトルクレンチを使用し、しっかりと規定トルクで組み込みます。

エンジンオーバーホールなどで、別物の様なエンジンに仕上がる、仕上がらないは、秘密のノウハウやセットアップが非常に重要です。

それと同様に1つ1つの細かな気配りの積み重ねが仕上がったエンジンを左右する、非常に重要なポイントです。

また、今後のエンジンの不具合の発生も抑止出きます。

メンテナンス完了のエンジンを、Ferrariエンジン脱着専用の油圧式エンジンリフトで積み込み開始です。

各部のクリアランスを全て確保し、積み込んでいきます。

積み込み完了の、心臓部。

バルブタイミングも弊社のノウハウでセットアップさせて頂きました心臓部。

同時に、エンジン&エンジンルームに至りましてもクリーニングアップさせて頂き、非常にクリーンな状態を取り戻させて頂きました。

各部のパイピングや、ハーネスも整理整頓しキッチリ装着完了です。

チュービースタイルのエキゾーストもバッチリ!!

Ferrari テスタロッサ エンジン始動完了です。

エンジン始動時から、油温、油圧、水温などなど…..全てのチェックを行います。

適切な状態で、担当メカニックが全てのチェックを行います。

以前のタイミングベルト組込み不良で、バルブタイミングが狂って組込みされていたエンジン。

組み込んだ時点で調子が悪かったのでしょう。
色々と簡易的に規定外の個所がいらわれています。

今回、バッチリセットアップさせて頂きましたバルブタイミング。

全てのセットアップを正規のセットアップにセットし直します。

各セクションに分け、全の数値のチェックを行い、キッチリとしたセットアップを随時行ないます。

1日置き、再度エンジン始動時から、油温、油圧、水温などなど…..全てのチェックを入念に行います。

その間にフロントセクションの足回りのクリーニングアップに入らせて頂きます。

現状フロント足回りの画像です。

上記 フロント足回りのアーム類&サスペンションシステム&ブレーキシステムのクリーニングアップ後の画像です。

左右、フロント足回り非常にクリーンな状態になりました。

続いて、ホイール内側。

4輪全てクリーニングアップ実施させて頂き、非常に綺麗な状態を取り戻させて頂きました。

セットアップも完了致しました、Ferrari テスタロッサ の心臓部。

アイドリングでのレーシングレスポンス。

また、走行時の各回転域でのレスポンスや、トルクも非常に向上しまた、

アイドリングもまた、非常に安定致しました。

路面完全ドライ状態ですので、テストラン実施させて頂きました。

ミッションの入り具合などなども…….

バッチリです。

最終仕上げの完了致しました、Ferrari テスタロッサ の心臓部。

全ての作業完了させて頂きました。

エクステリア&インテリに至りましても、最終仕上げ完了させて頂きましたFerrari テスタロッサ 。

弊社4tフルフラット積載車で、搬送させて頂きます。

今回、ウエッブサイトに作業 抜粋させて頂き掲載させて頂きました。

今回実施させて頂きました全てのメンテナンス作業時の写真、また新旧のパーツ画像。

担当メカニックが撮影致しております写真及び、今後のメンテナンスメニュー書類一式、本日お持ちさせて頂きます。

Ferrari テスタロッサ メンテナンス御依頼誠に有り難う御座いました。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »