Ferrari テスタロッサ メンテナンス

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつもFerrari テスタロッサ メンテナンス御依頼 誠に有り難う御座います。

本日は、お忙しい中お越し頂き誠に有り難う御座いました。

只今より、ご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えするメンテナンス実施させて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。

車高を下げたマシンが、ステアリングを切りながら段差を超える時によく発生してしまうフェンダーエッジ部分の破損。

今回、出来る限りオリジナルのペイントを残したい為、板金&ペイントでの対応は致しません。

弊社の担当メカニックが、現状の状態から確実に復元できるとの判断を下しましたので、現状の状態から担当メカニックが、復元させて頂きます。

貴重なマシンをメンテナンスさせて頂く側のポリシーとスキルが非常に重要なポイントでもあり、判断です。

担当メカニックが確実に復元させて頂きました、上記フェンダーエッジ部分の画像です。

ほぼ、1オーナーのFerrari テスタロッサ。

ペイントも生産当時のPPGのまま。

板金&ペイントを一切せず、フェンダー側面や、折り返し部分の破損も完璧に修復。

歪みも完璧に抜き取り修復完了です。

1つのパーツを、無垢材や1枚のパネルから作り上げる技術が有るからこそ、この様な事も可能です。

続いて、タスタロッサ/512TR/512Mに共通して言えるステアリング旋回時、爪がメーターナセルに当たり、コノリーレザーが傷ついてしまう症状。

今回、クイックリリースを装着しステアリングと、メーターナセルの間隔を広め対応。

マシンからの乗り降りもスムーズに……

今回は、ポップアップタイプを装着。

続いて、ホイールボルトの交換です。

経年劣化でメッキが剥がれてしまっているホイールボルト現状の画像です。

画像左が純正

画像右が、今回装着させて頂きます弊社の特注品の画像です。

今回の特注品ホイールボルトは、ジュラルミンのヘッドを使用し軽量を図りまた、錆が発生しない仕様。

また、形状変更も実施。

ボルト部分は、クロモリ鋼ハイブリッド材から製作。

つや消しのジュラルミンヘッドが、視覚的に足元を落ち着かせます。

また、ボルト部分にクロモリ鋼ハイブリッド材を使用する事により強度もアップデート。

弊社特注品ホイールボルトの画像です。

マシンに装着させて頂きましたアップ画像。

ホイール全体の画像でする

スッキリした足元に………

全ての作業完了です。

エクステリア&インテリに至りましても、最終仕上げ完了させて頂きましたFerrari テスタロッサ。

今回、ウエッブサイトには作業内容を抜粋させて頂き掲載させて頂きました。

実施させて頂きました全てのメンテナンス作業時の写真また、新旧のパーツ画像。

全て担当メカニックが撮影致しております。

また、詳細な写真及び、今回のメンテナンス内容書類を分かり易く作成させて頂いております。

いつもFerrari テスタロッサ メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »