Ferrari 550マラネロ マイスターチェック及びタイミングベルト交換

8_1

この度は、Ferrari 550マラネロ マイスターチェック及びタイミングベルト交換ご依頼、ご入庫誠に有り難う御座います。随時画像アップさせて頂きますので宜しく御願い申し上げます。

386_1

只今よりマイスターチェック車輌側の各部Ferrari指定年数的交換パーツ及び走行距離なりの指定交換パーツの計測に入らせて頂きます。また、個々の車輌の使用状況による不具合箇所や各モデルの傾向的不具合箇所もチェックさせて頂きます。

396_1

マイスターチェック車輌側の各部Ferrari指定年数的交換パーツ及び走行距離なりの指定交換パーツの計測に入っております。随時画像アップさせて頂きます。

407_1

マイスターチェック車輌側の各部Ferrari指定年数的交換パーツ及び走行距離なりの指定交換パーツの計測及び個々の車輌の使用状況による不具合箇所や各モデルの傾向的不具合箇所のチェックも完了致しました。只今Ferrari純正車輌診断テスターSD2スペシャルバージョンにて車輌と交信し各部チェックに入らせて頂いております。

543_1

今回マイスターチェックご依頼頂き、ご予算の中で出来る限り只今Ferrari 550マラネロ が必須でメンテナンス求めている箇所ご相談させて頂き決定致しましたパーツ入荷致しましたので、早速作業開始させて頂きます。作業開始前に、埃や砂が噛み込まないよう分解前に一度簡易クリーニング実施させて頂きクリーンな状態から作業入らせていただきます。

553_1

さて、エンジンマウントの亀裂が激しかった為、一番最初にエンジンマウントの交換作業に入らせて頂いております。550マラネロのエンジンマウント交換は少し厄介でステアリングギヤボックスなどを一度取外し作業進めて参ります。

558_1

やはり、各ゴムパーツ劣化して参ります。足回りのブッシュなど、通常作動パーツは、もっと早く劣化や変形をしてしまいます。エンジンマウントやミッションマウントなどは、車輌を動かさなくてもいつも重量の負担のあるパーツですので劣化致します。こちらが組み込み完了致しました右エンジンマウントです。

559_1

こちらも交換実施後のエンジンマウント左側です。かなり交換困難な作業ですが、組み込み完了です。

560_1

只今より、ミッションマウントの交換開始です。こちらも少々作業困難な作業です。でもやはり車輌の事を思うと交換が必須うです。

561_1

こちらが右ミッションマウントです。当然左右交換これより実施させて頂きます。

565_1

さて、ミッションマウント左右交換 完了です。こちらが交換後の左ミッションマウントです。

566_1

こちらが交換後の右ミッションマウントです。 これでエンジン及びミッションマウント交換完了です。ジョイントシャフトなどの角度もバッチリ指定基準値に入りました。この様な細かな測定を実施する事により、より新車時のポテンシャルを発揮致します。

567_1

こちらは、フロントエンジンマウント現車に装着されておりましたパーツと、今回交換させて頂きましたニューパーツの比較です。マウント下側からの画像。左がニューパーツ、右が現車に装着されておりました古いパーツです。右古いパーツのラバー部分に亀裂が完全に入って降ります。

568_1

こちらは、横から見た画像です。ニューパーツと、古いパーツでは、これだけの高さの違いが有ります。約11mmです。これは、エンジン搭載されていない状態での差ですので、弊社でマイスターチェック時エンジン搭載状態で計測させて頂きました時点では約19mmの沈み込みが発生しており全く基準値を大幅にオーバー致しておりました。これではバランスが悪過ぎますね。やはり定期的にチェックが必要です。

569_1

さて、次にタイミングベルト及びタイミングベルトテンショナーの交換に入ります。

574_1

タイミングベルト及びタイミングベルトテンショナー交換完了致しました。バルブタイミングも計測セットアップ済みです。各部クリーニングさせて頂き、只今油脂類の交換入らせて頂いております。こちらは、作業完了致しましたエンジン下からの画像です。スッキリ致しました。

579_1

次にフロントブレーキパット及びブレーキローターの交換作業に入らせて頂きます。

580_1

アップの画像です。装着されておりますブレーキローターのドリルド部分のクラックの画像です。全周に渡りかなりのクラックが入ってしまっております。こうなれば必須で交換です。ドリルド ブレーキローターは、この様にクラックが入ってしまいます。

581_1

こちらがニューパーツのフロントブレーキローター左右です。

582_1

ブレーキ周りは、作業時、当然の事 完璧にクリーニングさせて頂きますが、作業時にホイールも車輌より取外しさせて頂きますので、通常オーナー様が手の届かない箇所のホイール内側なども全てのホイール キッチリ クリーニング実施させて頂きます。左が弊社にてクリーニング施工後、右が装着されていたままのブレーキダストや水垢の付着致しておりますホイールです。全て無料にて弊社では実施させて頂きます。気持ちの良い物です。

583_1

こちらが今回フロント装着させて頂きます、弊社オリジナルのブレーキパットです。今回は通常走行が主ですので、ブレーキダストの出ないノンダストタイプで製作させて頂きました。ご要望により、色々なサーキット仕様の超 高温タイプのブレーキパッドや高速仕様のブレーキパッドも製作可能です。

584_1

こちらがニューパーツのブレーキローター及び弊社製作のオリジナル ノンダストタイプのブレーキパットを組み込みブレーキ周り全てクリーニングも実施させて頂きました画像です。綺麗になりました。勿論パフォーマンス バッチリです。

585_1

今回、マイスターチェックご依頼頂きましたので当然リヤーホイールも内部点検の為取り外させて頂きましたが、今回リヤーは作業致しませんが、フロント同様、クリーニングはバッチリ施工致します。

全ての作業 完璧に終了致しました。
バッチリ550マラネロ 仕上がって降りますので、乞うご期待!!

弊社マイスターチェック結果全てオーナー様と弊社でプリントアウトさせて頂きました、これからのメンテナンス計画シート保管させて頂きますので、また少しずつ完成形に
Ferrari 550マラネロ 仕上げて参りたいと思います。

それでは、20日御待ち申し上げております。

お問い合わせ

3 Comments

  • 入口| 2008年5月14日 at 12:44 AM 返信

    大変な作業ご苦労様です。10年近くたつと、ゴム製のパーツは、ダメになるんですね。
    リフレッシュされたマラネロに乗るのが楽しみです。

  • 入口| 2008年4月16日 at 9:03 PM 返信

    こちらこそよろしくお願いします。
    先日お伺いした時は、中村社長とテスタロッサの話で盛り上がり、泣く泣く手放したテスタロッサを思い出してしまいました。しばらくは、マラネロと付き合っていきます。
    でもテスタロッサが一番好きかな…

  • ナカムラエンジニアリング| 2008年4月16日 at 9:03 PM 返信

    入口 様

    御世話になります。
    テスタロッサで盛り上がりましたねーー!!Ferrariのフラッグシップ最終の12気筒ミッドシップもう、あの様なスタイリングの車輌は後にも先にも出ないでしょうね。

    エンッオ フェラーリは、生前、Ferrariの中で一番スタイリングの綺麗なFerrariはと問われた処 エンッオ フェラーリは次の製作する Ferrariと……..凄い!!

    現 Ferrariのモンテゼモーロさんとはかなり考え方が違うと思います……

    550 マラネロ チューニングやカスタマイズすると非常にレーシーになります。5500ccの5速マニュアル非常にレスポンス良く走りますし、エンジン内部一つ取っても非常に手の掛かった良いエンジンの非常に良い車輌..マラネロ大切に乗ってあげて下さいね。メンテナンスバッチリさせて頂きます!!

    Leave comments

    Your email address will not be published.*



    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

    Back to top
    Translate »