Ferrari 456 GTA エンジンチェックランプ点灯異常

お世話になります。

いつも遠方より御依頼誠に有り難う御座います。只今パーツ入荷致しておりますので作業開始させて頂いております。

さて、只今エンジンチェックランプ点灯異常点検時に、発見致しましたエアコンコンプレッサーの交換に入らせて頂いております。

こちらが、今回コンプレッサーオイル漏れと、エアコンガス漏れを発生致しておりますコンプレッサーです。最後の1本のボルトがいつも外しにくいんですよね〜!!

こちらが、今回交換させて頂きますエアコンコンプレッサーのニューパーツです。

エアコンコンプレッサー交換完了です。

さて、今回の主原因でした、オルタネーターベルト テンショナーベアリングも交換完了です。ベルト類に関しましてもニューパーツの組み込みです。また、画像上側が、エアコンコンプレッサーその真下にオルタネーターが装着されております。今回、エアコンコンプレッサーの主軸より、コンプレッサーオイルの漏れが発生し、オルタネーター内部のコア部分に付着致して降りましたので、コアー絶縁コートがオイルに侵されレアショートする可能性が御座いましたので、オルタネーターの交換も同時に実施させて頂きました。この様にエアコンコンプレッサーからのオイル漏れで、オルタネーターが2次的被害を受けております。只今のオルタネーターの充電量は正常ですが、後日の破損が目に見えていますので、同時交換させて頂きます。この様なメンテナンスにより、同じ様な箇所のトラブルを未然に防ぐ事が非常に重要です。

作業完了です。只今よりテストランに入らせて頂きます。テストラン後、再度 Ferrari純正車輌診断テスターSD3にて、各部のリセットとチェックに入らせて頂きます。

テストラン完了です。只今最終チェックの為、Ferrari純正車輌診断テスターSD3にて、各部のリセットとチェックに入らせて頂いております。

こちらは、Ferrari純正車輌診断テスターSD3のエンジン パラメーターのメインメニューの画像です。メインメニューより各部、奥深くまで検索し、チェックさせて頂きました。再度のトラブルコードの入力も無く、各部の作動状況や、作動電圧なども全て確認させて頂きました。只今より最終仕上げに入らせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

さて、作業完了です。各作業させて頂きました箇所も全て、クリーニング実施させて頂きました。

エンジンルームもバッチリ仕上げ完了です。

全てのチェックも完了です。

本日、定時に納車させて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »