Ferrari 360モデナ 車検 及びタイミングベルト交換

Ferrari 360モデナ 車検 及びタイミングベルト交換 詳細にメンテナンス内容ご相談させて頂き、ご予算内で、決定させて頂きましたパーツ全て揃いましたので、只今より実作業に入らせていただきます。随時画像アップさせて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。

Ferrari 360モデナ只今室内分解完了し、タイミングベルト交換より開始させて頂いております。

只今より、タイミングケースの脱着開始させて頂いております。中々、画像アップ出来なくて申し訳御座いません。出来る限り、各 車輌画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

只今、補器類を取り外させて頂きました現状のエンジンの画像です。エンジン 足回り フロアーなどなど細部に渡り全てリフレッシュ施工 無料にてさせて頂きますので、完成時、乞うご期待!!

さて、タイミングベルト交換に辺り、カムシャフトにダイヤルゲージを設置しバルブタイミングをセットアップさせて頂く為、バルブカバーの取り外しに入らせて頂いております。今回、カムシャフト オイルシールよりもオイル漏れが発生致しておりますので、同時に交換実施させて頂きます。

バルブカバーの取り外しに際しギヤボックスサポートフレームもASSYで車輌より取り外し完了です。

さて、タイミングベルト交換時に同時にウオータポンプのオーバーホール実施させて頂きます。こちらは、タイミングベルト奥に装着されておりますウオータポンプ本体をエンジンより取り外させて頂きました現状のウオータポンプです。

現品をフルオーバーホール致します。

こちらは、今回オーバーホールさせて頂きますパーツの一部 メカニカルシールです。画像左がニューパーツです。

こちらも今回オーバーホールさせて頂きますパーツの一部 センターシャフト。画像左がニューパーツです。

現車に装着されておりました古いセンターシャフトを振るとカシャカシャと異音が内部より発生致します。最近360のウオータポンプをオーバーホールを多々実施させて頂いておりますがカシャカシャと異音発生致しておりますセンターシャフトがほとんどです。これは、内部のベアリングが分解しているからです。このまま継続的に使用すれば、センターシャフトが焼き付き完全ロックしてしまいます。やはり、定期交換ですね。

さて、バルブカバーも只今より単品でクリーニング実施させて頂きます。只今の現状の画像です。結晶塗装の間にビッシリ油汚れが入り込んでしまっています。さて、クリーニング開始。

クリーニング完了です。。結晶塗装の間のビッシリ入り込んでいた油汚れ!!バッチリクリーニング完了です。弊社では、全ての簡易クリーニング及び分解作業に伴う箇所のクリーニングは、無料で実施させて頂いております。このクリーニングは、非常に特殊な方法でクリーニング致します。変な溶剤を使用しクリーニング致しますと、結晶塗装が変色してしまいます。

同時に今回カムシャフトオイルシールよりエンジンオイル漏れが発生致しておりましたので、全てのカムシャフトオイルシール交換 左右バンク実施させて頂きます。まずは、右バンクからです。すでに古い漏れの発生致しておりましたオイルシールは取り外し済みです。

こちらも同時に今回オイル漏れを発生致しておりましたパワーステアリングオイルホースの交換です。パワースタアリング オイルタンク下側のオイルホース1本からのオイル漏れですが、同じ様に経年劣化もう1本のホースも致しておりますので2本の同時交換です。

画像下側が、交換済みのオイル漏れを発生致しておりましたオイルホースです。

エンジン側パワーステアリングポンプより、車輌下側のフロアーからフロントステアリングギヤBOXに入っておりますパワーステアリングオイルホース交換の実施の為、フロアーより取り外し完了です。

取り外させて頂きましたオイルホースです。画像 上側がカシメの部分からパワーステアリングオイルの漏れが発生致しております古いオイルホース。画像下側が今回交換させて頂きますニューパーツです。

今回、カムシャフトシール類の全ての交換実施に伴いエンジンより取り外させて頂きました、カムカバーの裏側のクリーニング実施後の画像です。見える箇所は当然!!見えない箇所を重要視しキッチリ作業させて頂くのが弊社のポリシーです。

カムシャフト リヤーエンドカバーもキッチリ、クリーニング実施させて頂きました。只今よりエンジン左バンクから全てのカムシャフトシール交換し組み込み開始です。

エンジン左バンク組み込み完了です。エンジン右バンクに関しましては、只今よりタイミングベルト組み込みに入りますので、カムシャフトにダイヤルゲージ装着しますので、タイミングベルト交換実施後に組み込み致します。

さて、タイミングベルト交換作業のご紹介です。タイミングベルトの張力を随時同じ張力で張り込める様に、355より油圧テンショナーが使用されております。この油圧テンショナーはショックアブソーバーの様になっており左右のタイミングベルトテンショナーベアリングに各1個ずつ装着され、左右のタイミングベルトの張力をいつも均等に保っております。このパーツは定期交換パーツです。定期的に交換してあげないとテンショナー自体がオイル漏れを発生し、タイミングベルトを一定の張力で張り込みできなくなり、タイミングベルトがたるんでき、イコールバルブタイミングがずれ込みますので、エンジンの100%のポテンシャルを発揮出来なくなります。最悪の場合はタイミングベルトがズレ、最悪のバルブクラッシュが発生致します。ほとんどのFerrariが、この油圧テンショナーが交換されていません。テンショナーベアリングの交換のみの車輌がほとんどです。こちらの画像は現車に装着されておりました左右バンクの油圧テンショナーです。右側のテンショナーからオイル漏れが発生しています。かなりの期間交換されていないのでしょう。今回は必須う交換です。この様にオイル漏れを発生してからの交換では遅いです。

こちらは、上記 油圧テンショナーに装着され、タイミングベルトを張っているテンショナーベアリングです。画像 左側が純正のベアリング。画像左側が弊社で製作させて頂いております、国産最高級ベアリングを使用しアウターケースは、無垢材より削り出し製作させて頂いておりますベアリングです。弊社のベアリングで交換実施させて頂きます。

こちらの画像は、上記左の純正のベアリングのアップの画像です。ベアリングシールより、ベアリンググリス漏れが発生致しております。やはり質が余り良くないのでこの様な事が発生致します。

点検の為、脱着させて頂いておりましたクラッチダクトもクリーニング実施後組み付けに入らせて頂いております。作業前、塵や砂などが組み込み時か見込まない様に一度簡易クリーニング実施させて頂いてからの実作業ですが、エンジン 下回りも非常にクリーンになっております。

クランクプーリーなどもタイミングベルト交換時、脱着致しましたので単品でクリーニングさせて頂きましたので、新品の様になっております。

ギヤボックスサポートフレームASSY各部 オイルシール類交換実施完了致しましたので、只今より折り返し作業に入りましたので、只今組み込み中です。

エンジン本体組み込みセットアップ完了です。各カウル類の組み込みを残すのみとなりましたので只今よりエンジンスタートです。

エンジンスタート完了!!
素晴らしいレスポンスとピックアップのエンジンになりました!!

さて、その間に各、脱着パーツのクリーニングに入らせていただきます。

まず、ホイールからのクリーニングです。こちらは現状のブレーキダストで汚れたホイールの画像。

こちらは、クリーニング完了致しました上記画像のホイールです。全ての作業、弊社へ御依頼頂きました作業で、ホイール脱着などを伴う場合、どの様な作業に関しましても、全て無料にてクリーニング実施させて頂いております。ここまで綺麗になると非常に気持ちが良いですね。

合わせて、今回車検も御依頼頂きましたので、各 フェンダー内部、ブレーキシステム、サスペンション周り、フロアーパネルに至るまで、全てクリーニングさせて頂きます。こちらの画像は、クリーニング完了後のフロント左 フェンダー内部の画像です。

続いて、リヤー右フェンダー内部です。
バッチリ クリーニング完了です。

各部セットアップや、クリーニングも完了し各 パネル類も装着完了です。只今のエンジンの画像です。

下回り作業も完了しFerrari 360モデナ最終セットアップに入って参ります。

さて、テストラン前に、ご入庫頂きトラブルシューティング時、Ferrari純正 車輌診断テスターSD3にて、車輌の全ての情報や、トラブルコードをテスターに引き出し、プリントアウトさせて頂き保管致しておりました、作業前の車輌情報や、全てのトラブルコードを一度全てリセット及びセットアップをSD3にて行いテストラン後、もう一度Ferrari純正 車輌診断テスターSD3を接続し最終チェックに入らせていただきます。只今は、テストラン前の作業前のトラブルコードの消去及び、テストラン前に、作業前と作業後のエンジンやミッション、ブレーキシステム、8連スロットル開度などなど、検索箇所は100項目弱に及ぶ改善や、バージョンアップ致しました各部の作動状況のチェックを行い、テストランに入らせて頂きます。

こちらの画像は、Ferrari純正 車輌診断テスターSD3からの画像です。このメニューは、エンジンマネージメントシステムを数値でも確認可能ですが、任意に設定出来る秒数にSD3を設定し、各センサーなどの状況をエンジンを始動しグラフ化した画像です。1秒単位で設定が可能で、全ての状況をチェックいたします。

こちらは上記画像の3秒後の画像です。随時グラフ化し表示させ少しの異常な動きでもチェックして参ります。ただ、全てをテスターに頼るのではなく、テスター上でトラブルコードが出ておりましても、必ずテスター指摘パーツが不良とは限りません。周辺機器のトラブルでも、ある一定のトラブルコードを表示する事が多々御座います。なので、上記グラフ化したチェックや、全く違う機器、たとえばオシロスコープやボッシュ製のエンジンアナライザーなどなどの各機器を120%使い切りピンポイントにて、トラブルシューティングを実施し、ピンポイントで的確な不具合箇所を搾り出します。当然メカニックの今までのノウハウや経験も非常に重要ですが、近年のFerrariやLamborghiniなどは、純正のテスターが無ければ、過去のトラブルさえ消去する事も不可能。F1マチックにしてもSD2やSD3を設備していなければF1マチック オイルすら交換出来ない様にエレクトロニクス化が進んでおり、また、いくら純正テスターを完備していても、その機器を200%使い切るメカニックの桁外れの電子機器へのノウハウが必要不可欠です。今、現状の続々と発表されております新型車種。これらの車輌に対応するには、桁外れのエレクトロニクスの知識を熟知した突出したメカニックでないとこれからはメカニックとして通用しないでしょう。当然ノウハウや技術も桁外れで無いとダメなのは前提ですが………

さて、本日路面完全ドライ状態ですので、テストラン開始です。

テストラン完了です。エンジンの吹け上がりや、レスポンスも非常に良くバッチリです。全て弊社のノウハウにて、組み込、セットアップ致しました。

さて、テストラン後、再度、Ferrari純正 車輌診断テスターSD3にて、全ての項目のチェック開始です。

全ての作業バッチリ完了です。只今追加御依頼頂きました、エキゾーストバルブ切り替えスイッチをノーマルのスイッチに加工変更作業中です。

さて、ハーネスの一部の画像です。これは、ビニールテープで配線を巻いているのでは無く、配線を結線した時に使用致します、収縮チューブによりハーネス結線部を、保護致しております。これは、色々な太さのハーネスに使用できる様に、何十種類もの収縮チューブを随時在庫致しており、配線 結線時には必ずこの収縮チューブにてハーネスを保護致します。結線する前に配線に相当サイズの収縮チューブを入れ結線後、ハンダ付け処理を行い、収縮チューブを結線の箇所に持って行き、熱をかけるとこの様に、キッチリハーネスと同じ太さに縮みハーネスを完全に保護致します。弊社では、どの様なハーネス結線時でもこの様な結線及びハーネスの保護の仕方を実施させて頂きます。機能も非常に良く、また、見た目にも非常に綺麗に仕上がります。

エキゾーストバルブ切り替えスイッチをノーマルのスイッチに加工作業完了です。パーキングスイッチにて、今回エキゾーストバタフライ開閉出来る様にさせて頂きました。

さて、全ての作業完了です。各部セットアップも完了し、また分解時随時施工させて頂いておりますクリーニングも全て完了です。

インテークチャンバーの結晶塗装もクリーニングさせて頂き隅々まで非常に綺麗になりました。

エンジンフード裏側に至るまで、全てクリーニング完了です。

最終、納車時の全体的な最終仕上げを残すのみとなりました。

納車の日時が決定次第施工させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

最終仕上げも完了し、本日天候も非常に良い状態ですので、お打ち合わせどうり本日納車させて頂きます。

エアコン不良の追加作業もバッチリ完了でエアコン非常に良く効きます。

今回は、誠に有り難う御座いました。

今後とも是非、末永いお付き合いの程宜しくお願い申し上げます。

弊社カークラブへのご入会誠に有り難う御座います。

カークラブデカール貼らせて頂きました!!
弊社カークラブのデカール Nakamura Engineeringの頭文字のNとEでNEです。Eの真ん中の赤丸は、日本国旗をイメージして製作させて頂きました弊社カークラブのデカールです。

今後とも宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせ

1 Comment

  • 酒井| 2008年6月30日 at 3:13 PM 返信

    お世話になります。
    その後進行状況はどのような感じですか?
    宜しくお願いします。

    Leave comments

    Your email address will not be published.*



    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

    Back to top
    Translate »