Ferrari 360モデナ スパイダー マイスターチェック

この度は、Ferrari 360モデナ スパイダー マイスターチェック御依頼 誠に有り難う御座いました。

只今、弊社4tフルフラット積載車にて、ファクトリーに入庫させて頂きました。

ご期待にお答え出来るメンテナンスさせて頂きます。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

只今、Ferrari 360モデナ スパイダー マイスターチェック随時チェックさせて頂いております。

只今の画像は、Ferrari純正 車輌診断テスター SD3にて、全ての箇所のダイアグのチェックや、各機器の作動状況を、パラメーターにて、チェックさせて頂いております。

今回のマイスターチェック箇所、お伝えさせて頂き作業内容 決定させて頂きましたパーツまだ入荷致しておりませんが、在庫パーツより作業開始させて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。

さて、随時作業に入らせて頂いております。スパイダーは、リフトアップ時の車輌の取り扱いが非常に重要です。通常の360モデナより、車輌強度が弱い為、リフトアップポイントを間違えるだけでも車輌に多大なストレスをかけてしまいますので……..

まず、エンジン周り補器類より脱着開始です。

今回、F1マチックのオーバーホールも実施させて頂きますので、リヤー各 パーツも脱着して参ります。

ギヤボックスサポートフレームもASSYで車輌より取り外し完了です。

さて、各 補器類も脱着完了です。クレーンでF1マチックミッションASSYを脱着開始です。

クレーンでF1マチックミッションASSYを脱着完了です。

同時にカムシャフトシール類を全て交換する為、F1マチックミッションASSYが降りてる間に先に作業をしていきます。ん〜いつもながらスパイダーは作業しにくい!!

カムシャフトシール交換と同時にウオータポンプも同時にオーバーホール実施させて頂きます。こちらは、現車に装着されておりましたウオータポンプを分解させて頂きました画像です。

画像左が、ウオーターポンプを今回現品オーバーホールさせて頂く為のニューパーツです。画像右側が、現車装着されて降りました古いパーツです。

同時にタイミングベルト、油圧テンショナー、テンショナーベアリングの交換も実施致します。タイミングベルトを取り外す前に、現時点でのバルブタイミングを測定する為に、カムシャフトにダイヤルゲージをセット致します。

クランクフロント側に円心分度器をセットし、現状のバルブタイミングの状態をキッチリ把握し、再度組み込み時に同じ作業を実施し一番100% エンジンパワーを引き出せるバルブタイミングに弊社では、セットアップさせて頂きます。

さて、、現状のバルブタイミングの状態もキッチリ把握出来ましたので、タイミングベルトを取り外し、カムシャフトオイルシールの交換完了です。

エンジン、右バンクのフロント及びリヤーのカムシャフト オイルシールの交換完了致しましたので右バンクのみ、バルブカバーも装着完了です。分解時 結晶塗装やカバー裏側のスラッジもキッチリ クリーニング実施させて頂き組み込み完了です。左バンクに関しましては、タイミングベルト組み込み時、再度バルブタイミング測定させて頂く為、まだバルブカバーの装着は致しません。

さて、タイミングベルト、油圧テンショナー、弊社製作のテンショナーベアリングを装着させて頂き、只今より再度組み込み時のバルブタイミング セットアップの為、カムシャフトにダイヤルゲージを再度装着完了です。

クランク側には円心分度器を装着完了。只今よりバルブタイミング100% エンジンパワーを引き出せるバルブタイミングに弊社では、セットアップさせて頂きます。

エンジン左バンクのバルブカバー裏側です。
バルブカバーの内側のスラッジなども分解時キッチリクリーニング実施させて頂きました。

当然、バルブカバー表面のクリーニングも施工させて頂きました。結晶塗装の隅々の汚れも全てクリーニングさせて頂き新品同様です。

カムシャフト エンドカバーも同様にクリーニング実施させて頂きました。弊社では、全ての分解パーツを徹底的に無料でクリーニング実施させて頂き、エンジンポテンシャルは勿論の事、見た目にも生まれ変わらせます。

さて、25日の、納車に向け作業随時 進行致しております。

こちらは、F1マチックミッションを、クリーニングさせて頂きました画像です。アルミの肌の隅々まで、非常に綺麗になりました。只今よりエンジンへのドッキング開始です。

クラッチ交換やレリーズベアリングの交換、レリーズのオーバーホールなとなど、クラッチ関連パーツ全て作業完了しF1マチックミッション エンジンへのドッキング完了です。

さて、ほぼエンジン関連、F1マチックミッション 関連作業完了致しましたので、クリーニングを実施させて頂きながら補器類の組み込み開始です。

エンジン サービスホールも組み込み完了です。全て汚れなど付着しない様に各部マスキング実施させて頂き作業させて頂いておりますので、汚れなど一切御座いません。

随時、各パーツ組み込みほぼ完了です。只今より、外装パーツの組み込みに入らせて頂きます。

外装パーツの組み込みもほぼ完了です。スパイダーは、通常の360より非常に作業性が悪く、尚且つリフトアップ時の取り扱いもボデー本体がやはり通常の360より強度不足の為、非常にシビアな取り扱いを要求される車輌です。

さて、只今エンジン始動し、水温、油温、油圧も適正値までアイドルし、各部の作動状況などのチェックを行います。

こちらは、エンジン下回りの画像です。各部 再度トルクレンチにて、トルク管理チェック及び各部のウオーターリークやオイル漏れなどの最終チェックも終了です。

また、各部のクリーニングの実施も完了し見た目にも非常に良い状態です。

各 作業も完了し、本日路面 完全ドライコンディションですので、最終のテストランも完了致しました。

F1マチックの作動状況もレスポンス良く作動し、エンジンパフォーマンスも完璧です。

只今よりテストラン終了後の、Ferrari純正車輌診断テスター SD3にて最終チェックに入らせて頂いております。

最終チェックも完了し、本日納車させて頂きます。

こちらは、作業及びクリーニング施工も完了致しましたエンジンの画像です。

フロントフードや、フロントアッパープレートもクリーニング施工も完了致しました。
当然、リヤーエンジンフード内部も同様です。

4輪 各ブレーキ周りや、ホイール内側、フェンダー内部まで、キッチリ クリーニング完了です。

さて、只今より弊社4tフルフラットボデー積載車にて、搬送させて頂きます。

次回のメンテナンスの要チェックポイントの内容をブリントアウトさせて頂きました、弊社専用のチェックシート及び、ご入庫時にFerrari純正車輌診断テスターにてチェックさせて頂きましたトラブル内容をプリントアウト致しましたFerrari純正車輌診断テスター用紙及び、作業完了時、最終チェックさせて頂きましたFerrari純正車輌診断テスター用紙6セットも同時に御渡しさせて頂きます。

今回は、誠に有り難う御座いました。

今後とも、末永い御付き合いの程 宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »