Ferrari F360 チャレンジストラダーレ エンジンチェック異常点灯及び、弊社特別プログラム マイスターチェック

3810_1

今回、Ferrari F360 チャレンジストラダーレ メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

昨日より弊社4t積載車にて、お引取りにお伺いさせて頂き、只今ファクトリーに到着致しました。

ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

3825_1

エンジンチェック異常点灯及び、マイスターチェック開始させて頂く為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

3826_1

Ferrari純正車両診断テスターSD2にて、車両と交信開始させて頂いております。

各Errorコードだけではなく、もっと奥深い状態まで各部チェックさせて頂きます。

このチェックデーターを元に車両各部のチェックを開始させて頂きます。

3829_1

続いて、年数的指定交換パーツ 走行距離的指定交換パーツ、また、Ferrari F360 チャレンジストラダーレモデル特有の傾向的不具合多発ポイントまた、使用状況下による各部のチェック及び、計測に入らせて頂きます。

同時に今回のエンジンチェック異常点灯の主原因を追求いたして参ります。

3833_1

フロントカーボンブレーキ。

2回のディスクパッド交換で、カーボンローターの交換表示の出る驚異的価格のローター。

まだまだ使用できますね。

3841_1

フロントセクションも上部からバッチリ点検されます。

ブレーキオイルの入れ過ぎによるオイル漏れや、ステアリングギヤボックスの取り付け状態もチェック。

3846_1

目視にて点検出来ない部分に至っては、ファイバースコープを使用しチェックします。

このファイバースコープは、無線RUNで画像をモニターに映す事が可能で、より鮮明にチェックすることの出来る優れものです。

3847_1

こちらは、モニター画面です。

ファイバースコープ先端にLEDライトが内蔵されており、シリンダー内部の様な真っ暗で狭い個所でも、現状の状態がはっきりと把握する事が出来ます。

目視にて確実にチェックしたい箇所に非常に役立ち、また的確なトラブルのチェックが可能になります。

3855_1

Ferrari純正車両診断テスターSD2で、全ての車両データーを初期化しテストランへと移ります。

3967_1

今回の作業内容パーツ全て入荷致しましたので実作業に入らせて頂いております。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

3969_1

非常にコンディションの良いFerrari F360 チャレンジストラダーレ。

1度もタイミングベルト交換が実施されていない為、今回タイミングベルト&テンショナーベアリングの交換が、メイン作業です。

室内エンジン サービスホールより、各部の作業実施させて頂く為、室内をキッチリカバーリングさせて頂きタイミングベルトの交換です。

360モデナは、極端な重整備で無い以外は、全て、こちらのサービスホール及び、リヤーエンジンルーム及び、車両下側からの実作業が可能です。

3972_1

Ferrari F360 チャレンジストラダーレから交換の為取り外したタイミングベルト&テンショナーベアリング。

今回は、油圧テンショナーは次回のタイミングベルト交換時で良いと判断させて頂き、油圧テンショナーは再使用致します。

Ferrariメンテナンスの一番メジャーでも有るタイミングベルト交換は、前回の交換時より4年経過または、2万キロ走行どちらか早く達した時点での交換が必須うです。

サーキット走行メインでの使用の場合は、交換時期は早まります。

コマ飛びなどが発生してしまうとピストンとバルブが干渉し高額な修理になる為、定期交換が必須うのポイントです。

3973_1

今回、弊社オリジナルで製作致しておりますタイミングベルトテンショナーベアリングを使用し交換完了です。

アウターケースより削り出し、国産最高級ベアリングを使用し製作致しております。

このベアリング使用により回転抵抗も軽減しまた、ロングライフ化も可能にした製品です。

3974_1

分解交換と同時に、エンジンのクリーニングアップも施工させて頂き、スッキリ!!

バッチリ組込み完了です。

3975_1

ご存知の方も多いと思いますが、Ferrari F360 チャレンジストラダーレにのみ装着されている4点式シートベルト アンカー。

チャレンジの血統を引き継いでいる証!!

3976_1

エンジンに火が入りました。

エンジン始動直後からメカニックによる各部のチェック&セットアップが行われます。

3979_1

300kを超えるマシン。

各部ボルトをキッチリしたトルク管理を施し、安心してアクセルを踏み込める様にチェックを入れ完璧に仕上げていきます。

結構ボルトが緩んでいるマシンも有ります(怖)!!

3980_1

同時にオーナーさんが磨き切れない個所のクリーニングアップも行います。

エンジン ミッション&足回り&車両下側フロアーに至るまで行います。

3982_1

エンジンの最終チェックに入らせて頂いております。

Ferrari純正 車両診断テスターSD2にて、エンジンのリセット&初期化も同時に実施致します。

3987_1

Ferrari純正 車両診断テスターSD2にて、エンジンのリセット&初期化もバッチリ完了。

テストラン開始です。

3988_1

テストラン マシンの状態バッリチです。

テストラン後、テスターをつなぎ各データーの最終確認です。

確認後、最終仕上げへと入らせて頂きます。

3989_1

今回のメンテナンス全て作業完了させて頂きました。

各部クリーニングアップまた、エクステリア&インテリアの最終仕上げもバッチリ完了です。

本日、東京都内へと弊社4t積載車にて搬送させて頂きます。

3990_1

Ferrari F360 チャレンジストラダーレ メンテナンス御依頼誠に有り難う御座いました。

今回のメンテナンス資料や、作業中の(新旧のパーツ画像などなど….)細かな写真もお持ちさせて頂きますので保管の程、宜しくお願い申し上げます。

今回、メンテナンス御依頼、誠に有り難う御座いました。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »