Ferrari F360 モデナ 車検&エキゾースト交換&オーナー様 御依頼個所メンテナンス

5889_1

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

今回、Ferrari F360 モデナ 車検&エキゾースト交換&オーナー様 御依頼個所メンテナンス 御依頼誠に有り難う御座います。

只今、弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きました、Ferrari F360 モデナを積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

5992_1

Ferrari F360 モデナ 車検&エキゾースト交換&オーナー様 御依頼個所メンテナンスのトラブルシューティング&マシン全体のチェック開始させて頂く為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

5995_1

Ferrari F360 モデナ オーナー様 御依頼個所チェックと同時に、マイスターチェックも開始です。

まず、第1段階。

Ferrari純正車両診断テスターSD2にて、F360 車輌コントロールユニットと交信開始させて頂いております。

各ErrorコードのみのチェックではなくFerrari純正 車両診断テスターSD2を100%駆使しマシン全体のパーツの状態や、調整の状態を詳細に把握していきます。

各部の作動状況や出力波形に至るまで、コンピューター上で、できうる全てのチェックを行い現状のマシンの状態を把握致します。

Ferrari純正 車両診断テスターSD2を100%駆使し、F360を細部までチェックさせて頂きます。

5996_1

Ferrari純正 車両診断テスターSD2を使用し取得した各部のデーター。

現状のF360 モデナ マシン全体のエレクトロニクスパーツの作動状況。

また、メカニカルの作動状況。

各部、関連個所のデーター取得。

マシンの現状の状態を全て把握させて頂きました。

これより、SD2で取得したデーターは、あくまでもデーターとし受け止めます。

データー全てを鵜呑みにせず、各個所が的確な状態で作動しているかを各機器を使用し単体点検を実施。

更に奥深くまで、弊社 独自のチェックを担当メカニックが進めて参ります。

6014_1

Ferrari純正 車両診断テスターSD2を使用し取得した各部のデーターの中で異常な数値のデーター。

各機器を使用し単体点検を実施したところ、カムシャフトセンサーの出力波形が安定していません。

原因は、カムシャフトセンサーの左バンクの固定ボルトが有りません。

なぜ………??

主原因を追求致します。

この様な、少しの異常でも完全に主原因を確定していきます。

6018_1

続いて、年数的、指定交換パーツ。

走行距離的、指定交換パーツ。

Ferrari F360 モデナ 各モデルの傾向的不具合発生箇所。

Ferrari F360 モデナも、前期 中期 後期の各モデルにより異なります。

また、マシンの使用状況や、保管状態により、個々のマシンの状態が全く違いますので、同時に的確なチェックを進めます。

6020_1

マシン アンダーパネル内部に隠れた部分も、担当メカニックにより完璧にチェック致します。

全てのチェックを完了させて頂きましたFerrari F360 モデナ。

担当メカニックが、確実に現状マシンに発生してしまっている不良個所を、的確に把握し切切らせて頂きました。

また、マシン全体のコンディションも全て把握させて頂いております。

マシンの詳細を、オーナー様に、ご説明させて頂きます前に、メカニックと内容をまとめさせて頂き、御連絡させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

今回のメンテナンス個所&今後のメンテナンス個所。

全て記載させて頂きました、詳細なお見積書を送付させて頂き、その中でベストなメンテナンス方法を、ご予算の中で詳細に御相談させて頂き、決定させて頂きました今回のメンテナンスメニュー。

只今、今回のメンテナンスメニューパーツを発注させて頂きました。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

6582_1

今回の作業内容パーツ全て入荷致しました。

早速、実作業に入らせて頂く準備に入らせて頂いております。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

6594_1

各セクションのメンテナンス作業に入らせて頂いております。

6595_1

各部、脱着作業前に確実に保護プロテクションを装着していきます。

細部などは、保護テープを使用し細心の保護を行います。

6655_1

エンジン フロントセクションから作業開始です。

インテリアパーツを丁寧に分解。

作業開始に伴い、ボデーや内装を全てカバーリング実施させて頂きました画像です。

弊社では、独自のプロテクションカバーを、各モデル毎に完備させて頂いております。

弊社独自のプロテクションカバーを作業前装着する事により、一切の汚れの付着などを完璧にシャットアウト致します。

6656_1

続いて、リヤーセクションからも分解作業が1つ1つ丁寧に作業が進みます。

6661_1

エンジンルーム補記類の分解作業が的確に進みます。

分解するに連れ、普段オーナーが目に付かない箇所が随時現れます。

トラブルシューティングの時点で、隠れた部分も、担当メカニックにより完璧なチェックが行われています。

通常目にする事の無い部分に不具合が発生している場合が多いのは事実です。

オーナーが分からないうちに不具合が進行し他のパーツに悪影響を及ぼし、オーナーが気付いた時には、他のパーツまで同時交換が必要な場合が多々有ります。

定期的なマシンのチェックにより、傷口を必要最小限で的確なメンテナンスが行えます。

やはり定期的なチェックは必要不可欠です。

6668_1

オイル漏れ個所の的確なメンテナンスに伴い、タイミングベルトの脱着が必要な為、

今回タイミングベルトも同時に交換致します。

まず、現状のマシンのバルブタイミングの測定に入ります。

よく現状のバルブタイミングが数度ズレてしまっているマシンも見かけます。

これは、巷で横行しているタイミングベルトのポン替えにより、組み込み時にズレが発生してしまっているのです。
(ポン替えとは、バルブタイミングを測定&調整無しでの交換)

ズレの発生が無くてもベスト設定値でのバルブタイミングの調整が、ポン替えでは無理です。

Ferrariのエンジンはバルブタイミングを色々なバリエーションでセットできます。

なので、タイミングベルト交換には、必要不可欠な作業。

ただ単にタイミングベルト交換だけでは、100%のポテンシャルは発揮しません。

組み込み時、バルブタイミングを通常の走行の中で1番乗りやすくまた、1番パワー&トルク(通常のマシンは、100%より少しマージンを取りセット。レーシングマシンはギリギリまで詰めます)を発揮する数値に弊社のノウハウでキッチリセット致します。

6669_1

各気等毎、バルブタイミング計算式により現状のバルブタイミング数値を割り出し、確実に現状の状態を把握し切ります。

次に分解作業へと進みます。

6676_1

現状のバルブタイミングを完璧に把握させて頂きましたので、各部分解開始です。

こちらの画像は、現品にてフルオーバーホール完了致しましたウオータポンプの画像です。

タイミングベルト交換毎にオーバーホールを実施した方が良いウオータポンプ。

インナー&アウターフランジ部分また、主軸部分に付着していたエンジン冷却水の垢も完全に除去。

フルオーバーホール完了の画像です。

6677_1

続いて、フロント&リヤー カムシャフト オイルシール左右バンクの交換も完了です。

画像はエンジン右バンクの画像。

Ferrari専用SST(専用工具)を使用し、確実に分解&組み込み致しました。

専用SSTを使用し作業する事により、フランジにキズや歪みを発生させる事無く分解組み立てが可能です。

また、組み込み精度が飛躍的に向上致します。

弊社では、Ferrariや、Lamborghiniを確実にメンテナンスする事が可能な様に、全ての専用SSTを完備させて頂いております。

これらのSSTは、入手不可能なFerrari社Lamborghini社の専用工具です。

弊社は、イタリア モデナに本拠を置くFerrari , Lamborghini のメンテナンス&レーシングマシン メンテナンス ファクトリー ディーラー ROSSO CORSA , SPA より、東洋で初めてFerrari , Lamborghini メンテナンス指定を受けておりますので、全てのSSTを完備し、最新のデーターや、情報でマシンを確実にメンテナンスする事が可能なのです。

6679_1

こちらの画像は、バルブカバーとシリンダーヘッドの接合部分の画像です。

オーバートルクで組み込みされてしまっていたのでしょう。

バルブカバーのボルトホール部分にクラックが入ってしまっています。

締め過ぎてしまうとパーツをこの様に攻撃し不具合を発生させると共に、ボルト類にも伸びが発生してしまいます。

緩めでは、エンジンの振動でボルトが緩み出し、不具合を発生させてしまいます。

的確なトルク管理の下でのメンテナンスが必要不可欠です。

今回、現品にて確実に復元させて頂きます。

6680_1

こちらは、上記分解パーツの1部。

現状のバルブカバー&エンドカバーの画像。

分解時に全ての接合部分面の歪みも計測済み。

これより、上記のクラックの復元また、全体に歪が発生してしまっている接合面を、専用機器を用い完璧に歪みを抜き取ります。

随所に、この様な接合するパーツが多々存在します。

個々のパーツ精度を1つ1つ100%取り戻します。

6681_1

上記バルブカバー結晶塗装 現状のアップ画像。

結晶塗装の隙間に汚れが入り、くすんだ色になってしまっています。

クラックの復元、歪みを抜き作業と同時に、細部のクリーニングアップも行います。

弊社独自のクリーニングにより、発色を蘇らせます!!

6682_1

上記、バルブカバーの接合面クラックも現品で完璧に復元させて頂きました。

また、全体の歪みも専用機器を用い100%の精度を取り戻したバルブカバーの画像。

バルブカバー内部のオイルスラッジも完全に除去。

6683_1

バルブカバー結晶塗装アップ画像です。

カバー内部同様、完璧なクリーニングアップ実施後の画像です。

結晶塗装の隅々に付着致しておりました汚れを細部までクリーニングアップ。

本来の発色を取り戻させて頂きました結晶塗装。

6692_1

オイル漏れ個所の的確なメンテナンスも完了。

タイミングベルトも組み込み致しました。

組み込み時には、弊社のノウハウ数値にバルブタイミングをセット致しております。

バルブタイミングとは、簡単に言えばピストンの位置に対して、どのタイミングでIN&OUT側バルブを開け閉めするか、その位置を決定する事です。

弊社独自のノウハウの数値でバルブタイミングをセットする狙い。

1つに、エンジン吸気側への燃焼ガス吹き返しを減少させる。
これにより、アイドル域での回転数を安定させ、燃料消費率を向上させる。

また、軽負荷領域ではエンジンの安定性を確保する。

2に、 高負荷低中速回転領域で低中速トルクを向上させる。

3に、高負荷高速回転領域で、最高出力を向上させる。

また、吸気側への燃焼ガス吹き返しを防ぎ、燃料消費率を向上させながら、ファースト・アイドル回転数を安定性させます。

これらを実現するバルブタイミングを弊社独自のノウハウの数値で組み込み。

マシンのポテンシャル アップを実現すると共に、エンジンにも優しい数値にセット致します。

また同時に組み込んでいる、弊社オリジナルのタイミングベルトテンショナーベアリング。

国産最高級ベアリングを使用。

アウターケースは無垢材より削り出しのプーリー。

錆の発生を防止するメッキ処理加工。

オリジナルのタイミングベルトテンショナーベアリングを使用する事により、回転も非常にスムーズになりタイミングベルトへ負担の軽減。

また、エンジンレスポンスの向上の狙いも有ります。

また、錆の発生も有りませんので、タイミングベルトを痛める事の無いオリジナルのタイミングベルトテンショナーベアリングです。

6693_1

接合面クラックも現品で完璧に復元また、分解部分 全てのパーツの歪みも専用機器を用い100%の精度を取り戻させて頂きました。

また、組み込み前に細部までクリーニングアップを実施。

確実に組み込まさせて頂きました画像です。

6703_1

フロントセクションも分解部分 全てのパーツの歪みも専用機器を用い100%の精度を取り戻し、組み込み完了。

また、組み込み前に細部までクリーニングアップを実施。

確実に組み込まさせて頂きましたエンジンフロントセクションの画像です。

6704_1

続いて、今回エキゾーストの交換に入らせて頂きます。

こちらの画像が新品でご購入頂きましたエキゾーストの画像です。

6712_1

フルエキゾースト交換に伴い、熱害から各ハーネスを守る遮熱対策を施していきます。

画像は、遮熱対策を施した1部分の画像です。

他のハーネスも同様に遮熱対策を施していきます。

6713_1

細部に渡り、微調整をし、フルエキゾースト装着完了の画像です。

リヤーバンバーのエキゾーストエンド開口部の左右の間隔もバッチリセット致しております。

6714_1

フルエキゾーストのアップ画像です。

続いて、エキゾースト切替バルブのハーネス&スイッチの装着作業に入らせて頂いております。

6727_1

エキゾースト切替バルブのハーネス&スイッチの装着も終了。

続いてフロアーセクションへとメンテナンス作業が続きます。

こちらの画像は、リヤースタビライザーブッシュ交換の為、マシンよりリヤースタビを取り外した後、分解後の画像です。

6728_1

リヤースタビライザーブッシュの1部の画像です。

画像上部がニューパーツ。

画像下部が、マシンに付いていた古いブッシュの画像です。

上部の2セットと、下部の2セットの画像を比較して頂くと、下部の古いブッシュの内径がかなり拡張してしまっているのがよく分かると思います。

スタビライザーは、マシンのロールを防ぐために、サスペンションに追加されているパーツ。

スタビ固定用のブッシュが許容範囲外に劣化してしまうと、本来ロール時にマシンを押え込む動作がブッシュが変な動きをし、適切にロールを押さえ込めなくなります。

サスペンションなどを高性能なパーツに交換しても、この様な個所での動きを的確に押さえ込まなければ、せっかくの高性能サスペンションの能力を引き出す事が出来ません。

恒にのチェックと、劣化してしまっている場合にはメンテナンスが必要です。

6747_1

リヤー同様にフロントスタビライザーブッシュも交換です。

同じ年数また、同じ走行距離使用しているブッシュ。

必ず同じ様に劣化しています。

画像左の上下がニューパーツ。

画像右の上下がマシンに付いていた古いブッシュの画像です。

スタビライザーは、サスペンション同様、恒に作動しています。支える中、ストレスで外径も痩せ確実にスタビライザーを固定出来ない状態。

どちらか片方のみの交換では、マシンの挙動がおかしくなります。

浅く広くのメンテナンスでは、良いコンディションのマシンには、仕上がりません。

全ての部位を1期にメンテナンスすると言う事ではなく、1セクション1セクションを的確にチェックし、その部位を奥深くまで的確にメンテナンスする事により、より良いマシンに最終的には仕上がっていきます。

6748_1

フロントスタビライザーブッシュ交換完了の画像です。

6749_1

続いて、リヤースタビライザーブッシュ交換完了の画像です。

本来の機能を発揮する様になった、フロント&リヤースタビライザー。

6762_1

続いてブレーキパッド交換。

恒にホイールを汚してしまうブレーキパッドの汚れ。

今回、装着させて頂きますブレーキパッドは、弊社のオリジナル ノンダスト ブレーキパッド。

ストッピングパワーを犠牲にすることなく、ブレーキパッドのダストを大幅低減させ、またクイックな初期制動力、ワイドなコントロール性能を誇る、弊社のオリジナルのブレーキパッドの画像です。

6763_1

リヤーバンバー装着にあたり、リヤーパンバー内部も完璧にクリーニングアップさせて頂きました画像。

通常オーナーが目にしない隠れた箇所も分解に伴い、担当メカニックにより丁寧にクリーニングアップ作業が施されます。

6764_1

続いて、F360 モデナの心臓部。

細部の組み込みも丁寧に行われエンジン各部のチェックもバッチリ完了。

これよりエンジンや、ミッションまた、各部位に至り、弊社独自のセットアップを施していきます。

6780_1

続いて、足回りのトルク管理&各部の調整。

また各部の動きが機敏になる様、施工を致します。

また、同時に分解時にしか出来ないサスペンションシステム&ブレーキシステム。

また、フェンダー内部の隅々まで、クリーンニグアップ開始致します。

中々オーナー様が目にする事の無い部分。

現状のフロントフェンダー内部の画像です。

雨天使用しなくてもダストや、砂などが付着してしまう部分。

6781_1

同じくリヤーフェンダー内部の現状の画像。

足回りのトルク管理&各部の調整と同時に、バッチリ クリーニングアップ実施させて頂き、本来の輝きを、出来る限り取り戻させて頂きます。

変化振りを……..

乞うご期待!!

6782_1

上記、足回りのトルク管理&各部の調整、また各部の動きが機敏になる様、施工も完了。

同時に実施させて頂きました、クリーニングアップ後のフロントサスペンションシステム。

ダストや、砂などをクリーニングアップする事により、本来の機能がより機敏になると共にクリーンな本来の発色が取り戻せます。

分解時にしか出来ない細かな作業。

隅々まで丁寧に仕上げさせて頂き機能美まで取り戻した、Ferrari F360 モデナ。

6783_1

同じく、施工後のリヤーサスペンションシステムの画像です。

弊社では、クリーニングアップ実施作業は全て作業の一貫とさせて頂いておりますので、全て無料で実施させて頂いております。

6784_1

続いて、今回装着させて頂きます360チャレンジホイールの画像です。

Ferrari社が、レース専用に設計し発注台数のみ製作した完全なレークングマシン 360チャレンジ。

今回その360チャレンジ専用ホイールを装着させて頂きます。

6785_1

メンテナンス終了後のセットアップ。

非常に大切な作業です。

エンジンや、ミッションまた、各部位に至り、弊社独自のセットアップを完了させて頂きましたFerrari F360 モデナ。

本来のポテンシャルを存分に発揮出来る様、確実にセットアップ。

マシン全体に至っても最終チェックが、担当メカニックにより完了致しました。

同時に、クリーニングアップも完了させて頂きましたエンジン&エンジンルームの画像です。

6786_1

完璧な作業&セットアップを実施。

細部に渡り機能美まで蘇りました。

6787_1

全ての作業完了です。

エクステリア&インテリアに至りましても、最終仕上げ完了させて頂きましたFerrari F360 モデナ。

只今より、メンテナンスの仕上がったマシンを弊社4tフルフラット積載車で、搬送させて頂きます。

今回、ウエッブサイトには作業内容を抜粋させて頂き掲載させて頂きました。

実施させて頂きました全ての、メンテナンス作業時の写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当メカニックが撮影致しております。

詳細な写真(CD-Rに落として有ります)及び、今回のメンテナンス内容書類。

今後のメンテナンスメニュー内容書類に至りましても、分かり易く作成させて頂いておりますのでマシンと一緒にお持ちさせて頂きます。

今回、Ferrari F360 モデナ メンテナンス御依頼誠に有り難う御座いました。

仕上がった、F360 モデナ本来の性能を御堪能頂ければ幸いです。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »