Ferrari F360モデナ オーナー御依頼個所 メンテナンス&車検

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

今回、Ferrari F360 モデナ メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

只今、弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きました、Ferrari F360 モデナを積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

Ferrari F360モデナ全てのチェック 開始準備させて頂く為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

マシン全体のチェックと同時に、オーナー御依頼個所のトラブルシューティングも開始です。

まず、第1段階。

Ferrari純正車両診断テスターSD3にて、F360 車輌コントロールユニットと交信開始させて頂きます。

各ErrorコードのみのチェックではなくFerrari純正 車両診断テスターSD3を100%駆使しマシン全体のパーツの状態や、調整の状態を詳細に把握していきます。

各部の作動状況や出力波形に至るまで、コンピューター上で、できうる全てのチェックを行い現状のマシンの状態を把握致します。

Ferrari純正 車両診断テスターSD3を100%駆使し、F360を細部までチェックさせて頂きます。

Ferrari純正 車両診断テスターSD3を使用し取得した各部のデーター。

現状のF360 モデナ マシン全体のエレクトロニクスパーツの作動状況。

また、メカニカルの作動状況。

各部、関連個所のデーター取得。

最新のデーターとも比較し、チェック完了です。

マシンの現状のエレクトロニクス関連の状態を全て把握させて頂きました。

これより、SD3で取得したデーターは、あくまでもデーターとし受け止めます。

データー全てを鵜呑みにせず、各個所が的確な状態で作動しているかを各機器を使用し単体点検を実施。

更に奥深くまで、弊社 独自のチェックを担当メカニックが進めて参ります。

エレクトロニクスは、大きく分別すると下記の3項目が代表的な項目。

1 入力: 電子的・機械的なセンサ(または変換器)で、温度、圧力、電磁場等の物理量をシステムの外部から取得して、電流信号や電圧信号に変換するあらゆるチェック。

2 信号処理回路: 組み合わされた電子素子により信号を操作し、解釈したり、変換したりする個所のチェック。

3 出力: アクチュエータや他の素子(変換器も含む)により、電流・電圧信号をマシン システムにとって有用な形態に再変換されているかなどのチェック。

この3項目からまだまだ項目別に分類。

電脳化が進んだマシンをメンテナンスさせて頂く側のファクトリースキルとして、上記の項目などなど……..を、完全に把握し、あやつり切る能力が無ければ、近年のマシンを的確にトラブルシューティングまた、セットアップする事は困難です。

あやつり切るには、非常に高度な知識がファクトリー側に必要不可欠となります。

続いて、年数的、指定交換パーツ。

走行距離的、指定交換パーツ。

Ferrari F360 モデナ 各モデルの傾向的不具合発生箇所。

Ferrari F360 モデナも、前期 中期 後期の各モデルにより異なります。

また、マシンの使用状況や、保管状態により、個々のマシンの状態が全く違いますので、同時に的確なチェックを進めます。

指定交換パーツの中には、色々な素材のパーツが有ります。

代表的な素材の指定交換パーツの1部。

1 ラバーパーツなどは、光やオゾンによる酸化で弾性が失われ、亀裂や溶解がある程度の年数で起こってしまいます。

2 金属製パーツでは、継続的に、また繰り返しマシンより受ける衝撃や、恒に動いている作動パーツに金属材料としての強度が低下し、疲労が発生してしまうパーツ。

3 金属だけではなく樹脂パーツやカーボンパーツでも劣化は発生します。

必ずしも指定交換に入っていないパーツでも使用用途や保管状態などでパーツの寿命が、長くもなりまた、短くもなります。

恒に定期的なマシンのチェックによりベストなマシンの維持が可能となります。

マシン内部の隠れた部分、またアンダーカウル内部まで、担当エンジニアにより完璧にチェックが行われます。

アンダーカウル アップ画像です。

新車時よりダウンフォースを稼ぐ為、アンダーカウルが装着されてからのFerrariは、少々のオイル漏れでは、オーナーは気付けません。

アンダーカウルの凹凸に溜まり、かなりのオイル漏れが発生していても滴り落ちて来ません。

滴り落ちるようになった時点では、この様にかなりのオイルが漏れだしてしまっています。

溜まったオイルがアンダーカウル凹凸部に溜まり、オーバーフローする様に、カウルの数点のサービスホールより滴り落ちてきます。

オーナーが気付かれるのは、この時点。

やはり、レーシングマシンにナンバーが付いた様なマシン。

見えない箇所また、気付か無いうちに色々な不具合が発生します。

キッチリとした定期的なマシンのチェックが必須うなマシン。

F1マチック高圧ラインより、F1マチックオイル漏れが発生してしまっている状態。

F1マチックオイルが無くなると、ハイドロリックユニット自体が破損すると共に、高温に熱せられたエキゾーストに、オイルに高圧が掛かっている為に、噴霧状にオイルが飛び散り、車輌火災に繋がる箇所です。

他の部位に至っても、単にオイル漏れと安易に考えて、メンテナンスを先延ばしにしていると、他の部位にダメージを及ぼしてしまいます。

定期的なチェック&メンテナンスが、最善のマシンへと導きます。

続いて、各アームのブッシュが、使用許容範囲を完全に超えてしまっている現状の画像です。

タイヤと車体をつなぐサスペンションの連結部に設けてあるのがサスペンションブッシュです。

走行中、恒にの路面の凹凸で、タイヤと路面から発生する各振動が車体フレームに伝達しないように衝撃を吸収し、フレームを守ります。

許容範囲を超え使用すると、ボデー全体に振動が伝わり、振動によってストレスを与え、フレームを破損させてしまう事も有ります。

路面の凹凸やうねりをしなやかに吸収できる状態に保たなければなりません。

マシンを良いコンディションに保つ為には、大切なメンテナンスポイントの1つです。

フェラーリ 360 モデナ

全てのチェックを完了させて頂きましたFerrari F360モデナ。

担当エンジニアが、確実に現状のマシンの状態を把握し切らせて頂きました。

担当エンジニアと内容をまとめさせて頂き、現状のマシンの状態を分かり易く明記し送付させて頂いた上、御連絡させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

フェラーリ 360 モデナ

先程は、お忙しい中お電話にてご対応頂き誠に有り難う御座いました。

今回のメンテナンス個所&今後のメンテナンス個所。

現状のマシンの状態を全て記載させて頂きました詳細な報告書を送付させて頂き、その中でベストなメンテナンス方法を、ご予算の中で詳細にお打ち合わせさせて頂き、決定させて頂きました今回のメンテナンスメニュー。

只今、パーツ発注させて頂きました。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »