Ferrari F360 チャレンジ サーキットマシン メンテナンス

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

今回、Ferrari F360 チャレンジ サーキットマシン メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

只今、弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きました、Ferrari F360 チャレンジを積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

お世話になります。

Ferrari F360 チャレンジ サーキットマシン メンテナンス開始させて頂く為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

Ferrari純正車両診断テスターSD2にて、Ferrari F360 チャレンジ マシン側 コントロールユニットと交信開始です。

各ErrorコードのみのチェックではなくFerrari純正 車両診断テスターSD2を100%駆使しマシン全体のパーツの状態や、調整の状態を詳細に把握していきます。

各部の作動状況や出力波形に至るまで、コンピューター上で、できうる全てのチェックを行い現状のマシンの状態を把握致します。

Ferrari純正 車両診断テスターSD3を100%駆使し細部までチェックする事により、未然に大きな故障を防ぐ事が可能です。

続いて、年数的、指定交換パーツ。

走行距離的、指定交換パーツ。

F360 チャレンジの傾向的不具合発生箇所。

また、 マシンの使用状況や、保管状態により、個々のマシンの状態が全く違いますので、同時にチェックを進めてます。

F360 チャレンジは、生粋のレーシングマシン。

このマシンは、フェラーリトロフィー参戦マシン。

通常のF360と同様のチェックと、F360 チャレンジ専用の両方のチェックが必要です。

Ferrari純正 車両診断テスターSD2を使用し取得した各部のデーター。

現状のF360 チャレンジ のエレクトロニクスパーツの状態や、セットアップ状況。

また、F1マチックのクラッチ残量のチェック。

不具合発生致しておりますポイント関連の現状の状態を全て把握させて頂きました。

続いて、SD2で取得したデーターは、あくまでもデーターとし受け止めます。

ERRORコードだけでのパーツ交換は安易過ぎます。

データー全てを鵜呑みにせず、F360 チャレンジ 各個所の的確な状態を各専用機器を使用し単体点検を実施。

また、弊社 独自のチェックを担当メカニックが進め、確実にマシンに発生している不良ポイントを的確に絞り込みます。

ここが、非常に重要なメンテナンスポイントです。

F360 チャレンジ専用 大容量ブレーキシステム。

サーキット ストレート300km近くの車速から一期にフルブレーキング。

過酷な使用状況で、確実な作動とストッピングパワーを発揮出来なければ人命に関わる、1番大切なセクション。

全てのチェックが行われます。

全てのチェックを完了させて頂きましたFerrari F360 チャレンジ。

担当メカニックが、確実に現状マシン全体のコンディションを把握させて頂きました。

マシンの詳細をオーナー様に、ご説明させて頂きます前に、メカニックと内容をまとめさせて頂きます。

オーナー様に分かりやすく詳細なマシンの状態を記載させて頂きましたチェックシートを送付させて頂きます。

宜しくお願い申し上げます。

今回のメンテナンス個所&今後のメンテナンス個所。

全て記載させて頂きました、詳細なお見積書を送付させて頂き、その中でベストなメンテナンス方法を、ご予算の中で詳細に御相談させて頂き、決定させて頂きました今回のメンテナンスメニュー。

只今、パーツ発注させて頂きました。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

今回のンテナンスメニュー パーツ全て入荷致しました。

早速、実作業に入らせて頂く準備に入らせて頂いております。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

メンテナンスに伴い、各部丁寧に分解作業が進みます。

公道仕様のチャレンジ・ストラダーレとは、全く別物。

Ferrari社からワンメイクレース専用にラインオフされた、生粋のレーシングマシンの360チャレンジ。

全てFIAの基準にのっとり製作されているマシン。

当然インテリアのカーペットも無く、シートレールもドライバーに合わせ完全固定式。

生産台数も極少量のみラインオフした、360チャレンジ。

シートハーネスも6点式。

F360 チャレンジ 足回りより実作業開始です。

まず、サスペンション関連パーツは、マシンに路面の凸凹をフレームに伝えない緩衝装置としての機能。

また、車輪 車軸の位置決め、車輪を路面に押さえつける機能を持たせる事で、操縦安定性などの改善を目的とするメンテナンスを今回施していきます。

現状のフロント足回りの画像です。

F360 チャレンジの足回りの能力を100%発揮出来るメンテナンスを、これより施していきます。

レーシングマシンに特化したメンテナンスで、動作部分の重さを軽く作動する様にし、動きが機敏になるためのメンテナンス。

これにより路面への追従性が非常によくなります。

また、ストローク時のジオメトリー変化を利用した操縦特性の変更。

本来は、ロードバージョンのマシンにも必要なメンテナンスです。

現状のブレーキダクトの画像。

F360 チャレンジ純正のブレーキダクトからパーツが変更されています。

使用されているクーリングホースの素材が完全に使用用途と全く違う素材の物を使用されている為、完全に欠損してしまっている状態。

今回、純正品ではないレーシングパーツへと変更させて頂きます。

現状のフロント足回りのアップ画像です。

続いて、リヤー足回り現状の画像です。

現状のリヤー足回りのアップ画像です。

さて、足回り関連よりメンテナンス開始です!!

サーキットを駆け巡るレーシングマシンには、定期的に必要不可欠なチェック&メンテナンス。

以前のメンテナンス歴が分からない為、分解しながらも各部のトルクが完全に掛かっているか、また分解しないと分からない内部のクラックチェック。

パーツ1つ1つ動きなども単体にし、担当メカニックにより完璧にチェックが行われながら全て分解致しましたフロントセクション。

スーパーGTや、フォーミュラなどのレースをしている車輌は、レース毎にこれ以上の分解チェックなどを行います。

このカテゴリーでは、そこまでは必要無いかも知れませんが、それほど過酷な状況で使用されているので、最低限この程度のメンテナンスが必要です。

フロント同様に分解致しましたリヤーセクションの画像です。

分解完了致しましたフロントセクションを丁寧にクリーニングアップ完了の画像です。

これより各パーツの動きチェックすると共に、クリーニングアップをしていきます。

続いて、フロントセクション同様に丁寧にクリーニングアップ完了のリヤーセクションの画像です。

同時にエンジン関連、F1マチック関連のエレクトロニクスの接続部分、各ラインの接続部分また、エンジンルーム内部のクリーニングアップに入らせて頂いております。

スパークプラグの現状の画像です。

点火プラグはシェル 碍子および中心導体(中心電極及びターミナル)で構成されています。
点火プラグは燃焼室を貫く形で配置される為、シリンダーで発生する圧縮圧力や熱が外部に漏れないような密閉構造を持ち合わせているパーツ。

定期的なチェックまたは、交換が必要なパーツの1部です。

モータースポーツの世界ではエンジンのセッティングに応じて適切なプラグ熱価を選択する事が必要になります。

点火プラグの電極と碍子脚部は燃焼室の内部で大きな影響を受けています。

極と碍子脚部の焼け具合は燃焼室内部の燃焼環境を直接示す目安となる為、点火プラグを取り外した際には電極と碍子脚部の焼け具合を目視する事で、その点火プラグがそのエンジンのセッティングに対して適切か否かの判断を下す事が可能となり、セッティングに応じて選択し直す場合も有ります。

今回、スパークプラグは清掃また、ギャップの調整を実施致しました画像です。

新品のプラグであっても製造誤差などにより必ずしもギャップが全数一定に揃っているとは限りません。

エンジンの種類によってはプラグの熱価などは全気筒同じであっても、気筒毎に異なる電極隙間を要求するものも存在する為、装着の前に電極隙間を測定して調整する事はメンテナンスの必須項目です。

エンジン関連などのメカニカル関連部位と同時に進めさせて頂いております、足回りのメンテナンス。

こちらの画像は、フロントアッパーアーム&ロアアームの現状の画像です。

これよりブッシュや、スリーブなどを全て分解し、作動を良くする様に、オーバーホール&クリーニングアップを実施致します。

チャレンジの足回りの能力を100%発揮出来るメンテナンスまた、レース車輌に特化したメンテナンス。

動作部分の重さを軽く作動する様にし、動きが機敏になるためのメンテナンス。

これにより路面への追従性が非常によくなります。

また、ストローク時のジオメトリー変化を利用した操縦特性の変更。

本来は、ロードバージョンのマシンにも必要なメンテナンスです。

上記フロントアッパーアーム&ロアアームのオーバーホール&クリーニングアップ実施完了の画像。

4輪全て実施致します。

続いて、フロントサスペンションの現状の画像です。

これより全て分解開始。

分解後、ブッシュや、スリーブなどを全て分解し、作動を良くする様に、クリーニングアップを実施。

また、減衰力のチェックも行われます。

フロントサスペンション全て分解実施完了の画像です。

上記、フロントサスペンションのクリーニングアップ後の画像。

減衰力のチェックも実施。

これより細部に拘り丁寧に、担当エンジニアが組み上げて行きます。

4輪全て実施致します。

続いて、ブレーキシステムのメンテナンスです。

F360 チャレンジのブレーキキャリパーは、専用のレーシングキャリパー。

レース毎にチェック&クリーニングアップを前提にしたキャリパー。

通常の車輌の様に、ピストン部分に、砂や塵などからピストンや、キャリパー内部を保護する為の、ダストカバーが装着されていません。

恒に、ブレーキパフォーマンスを100%発揮し、またキャリパー保護の為、定期的なメンテナンス必要です。

現状のブレーキキャリパーの画像です。

かなりのブレーキダストや、砂や汚れがビッシリ。

これより100%のブレーキパフォーマンスを発揮できる様にチェック及びメンテナンス&クリーニングアップを実施させて頂きます。

公道でも同じ事ですが、サーキットでのブレーキシステムの作動不良は、命取りになります。

また、サーキットでは100%のパフォーマンスを発揮出来るブレーキシステムにしておく事により、コンマ数秒を争えます。

上記、レーシングキャリパー メンテナンス&クリーニングアップ後の画像です。

スーパーGTや、フォーミュラなどのレース毎に、これ以上の分解チェックなどを行います。

この車輌のカテゴリーでは、そこまでは必要無いかも知れませんが、定期的に最低限この程度のメンテナンス&クリーニングアップが必要です。

他の部位と同様に、4輪全て実施致します。

続いてリヤーセクション。

こちらの画像は、リヤーアッパーアーム&ロアアームの現状の画像です。

これより、フロントと同じ作業が行われます。
ブッシュや、スリーブなどを全て分解し、作動を良くする様に、オーバーホール&クリーニングアップを実施致します。

上記リヤーアッパーアーム&ロアアームのオーバーホール&クリーニングアップ実施完了の画像。

チャレンジの足回りの能力を100%発揮出来るメンテナンスまた、レース車輌に特化したメンテナンス。

動作部分の重さを軽く作動する様にし、動きが機敏になるためのメンテナンス。

これにより路面への追従性が非常によくなります。

また、ストローク時のジオメトリー変化を利用した操縦特性の変更。

本来は、ロードバージョンのマシンにも必要なメンテナンスです。

続いて、スタビライザーマウントを、全て分解。

オーバーホール&クリーニングアップを実施致します。

現状のスタビライザーマウントの画像です。

スタビライザーの役割は、コーナーにおいてマシンのロールを抑えることにあります。

車体のロールを規制することにより左右方向への荷重移動を早める為、ハンドリングのレスポンスが高まります。
また、ロール時アライメント変化を抑え、必要以上のロールを低減させ、コーナリング時マシンの安定をはかります。

そのスタビライザーをマシンに固定する役目のマウントをオーバーホールする事により、スタビライザーのパフォーマンスを100%引き出すことが可能となります。

上記スタビライザーマウントのオーバーホール&クリーニングアップ完了の画像。

一部のメンテナンスをご紹介させて頂いた、フロントサスペンションシステムのオーバーホール&クリーニングアップ。

これよりメンテナンスの完了した部位を、マシンへと組み込んで行きます。

組み込みにも、チャレンジの足回り能力を100%発揮出来るノウハウを必要とします。

通常の一般公道で使用する車輌と、レース車輌のメンテナンスでは、似て全く非なるものです。

丁寧にクリーニングアップ後、チェック済みのフロントセクション。

そのフロントセクションへと、オーバーホール&クリーニングアップ完了のパーツを、レーシングマシンを熟知したエンジニアにより組み込み込まれていきます。

オーバーホール&クリーニングアップ完了のフロント スタビライザーマウントも組み込み完了。

続いて、リヤートラックロッドのオーバーホール&クリーニングアップ開始です。

現状のリヤートラックロッドの画像です。

この部位は、メンテナンスが見逃されている場合がほとんど。

新車時から年数が経過すると、固着し本来の機能を発揮出来なくなります。

安易な高額なパーツ交換などはせず、担当エンジニアがチェックした結果、現品オーバーホールにより、機能性を発揮できると判断致しましたので、現品でのリヤートラックロッドのオーバーホール&クリーニングアップ開始です。

的確なチェックを行うには、高度な知識とノウハウが必要不可欠です。

上記、リヤートラックロッドのオーバーホール&クリーニングアップ完了の画像です。

動作部分の重さも適切な動きを取り戻し、本来の機能を発揮出来るリヤートラックロッド。

続いて、フロント同様リヤースタビライザーのオーバーホール&クリーニングアップ開始です。

リヤースタビライザーのオーバーホール&クリーニングアップ完了の画像です。

本来の機能を発揮出来るリヤースタビライザー。

続いて、リヤーサスペンションの現状の画像です。

これより全て分解開始。

フロント同様、分解後ブッシュや、スリーブなどを全て分解し、作動を良くする様に、クリーニングアップを実施。

また、減衰力のチェックも行われます。

リヤーサスペンション全て分解実施完了の画像です。

上記、リヤーサスペンションのクリーニングアップ後の画像。

減衰力のチェックも実施。

これより細部に拘り丁寧に、担当エンジニアが組み上げて行きます。

上記メンテナンス完了後、細部に拘り丁寧に、担当エンジニアが組み上げた、リヤーサスペンションの画像です。

続いて、コネクティングロッドの現状の画像です。

各部に錆や砂などが噛みこみ、本来の性能を発揮出来ない現状のコネクティングロッド。

オーバーホール&クリーニングアップ開始です。

この部位も、メンテナンスが見逃されている場合が有ります。なのでこの様な状態になってしまっている状態。

安易な高額なパーツ交換などはせず、担当エンジニアがチェックした結果、現品オーバーホールにより、機能性を発揮できると判断致しましたので、現品でのコネクティングロッドのオーバーホール&クリーニングアップ開始です。

的確なチェックを行うには、高度な知識とノウハウが必要不可欠です。

上記、コネクティングロッドオーバーホール&クリーニングアップ完了の画像です。

本来の機能を発揮出来る様、メンテナンス致しました、コネクティングロッド。

丁寧にクリーニングアップ後、チェック済みのリヤーセクション。

そのリヤーセクションへと、オーバーホール&クリーニングアップ完了のパーツを、レーシングマシンを熟知したエンジニアにより組み込まれていきます。

続いて、車輌より取り外しているフロント&リヤーアップライトの現状の画像です。

細部に砂や、油汚れが付着している現状。

まず、クリーニングアップを実施し、細部までクラックチェックまた、ガタの的確なチェックが行われます。

同時に各部のオーバーホール&クリーニングアップが、4輪全てに渡り施されます。

オーバーホール&クリーニングアップ完了のフロント&リヤーアップライト。

オーバーホールにより、機能性を完全に取り戻し、クリーニングアップにより、機能美まで取り戻した、フロント&リヤーアップライトの画像です。

続いて、アルコア製サブフレームの現状の画像です。

レースなど、サーキット走行により溶接部分にクラックが入っているアルコア製サブフレーム。

溶接部分にクラックが入っている右側アップ画像。

溶接部分にクラックが入っている左側アップ画像。

右下側のアップ画像。

同じく、左下側のアップ画像です。

ミッドシップの車輌では、非常にストレスのかかる部分。

今回、担当エンジニアにより現品で的確なポイントをTIG溶接にて修理します。

アルコア製サブフレーム修理完了です。

担当エンジニアにより現品で的確なポイントをTIG溶接にて修理後の画像です。

修理完了後の、アップ画像。

左側、修理完了後の画像です。

左側、修理完了後のアップ画像です。

TIG溶接にて、的を得た的確な現品修理が、丁寧に行われましたアルコア製サブフレーム。

続いて、現状のエアクリーナーBOXの画像です。

以前からのメンテナンス時に、取り扱われ方が、丁寧に取り扱われていなかったのでしょう。

エアクリーナーBOXの随所に歪みや、曲がりなど破損している状態。

右側の現状のエアクリーナーBOXの画像です。

続いて、左側の現状のエアクリーナーBOXの画像です。

エアクリーナーBOXだけに限らず、粗雑なメンテナンスをされると、車輌にダメージを与えます。

今回、担当エンジニアにより現品を、適切に修復作業を実施させて頂きます。

上記、破損していた、アルミ製エアクリーナーBOX。

担当エンジニアが現品を、適切に修復作業を完了致しました画像です。

車輌の、価値観を理解したエンジニアによる確実なメンテナンスが、どの様な個所に至っても必要不可欠な事だと感じます。

続いて、フロントブレーキインテークの現状の画像です。

こちらも、随所に歪みや、曲がりなど破損しているアルミ製のインテークパーツ。

装着用ブラケットも破損してしまっている状態。

レーシングマシンは、走行前、また走行後の確実なメンテナンスが必要不可欠です。

サーキットで外れでもしたら、後続のマシンに多大なダメージを及ぼします。
サーキットまた、公道関わらず、他の方に多大なを危険与えてしまいます。

また、フレッシュエアー導入口も変形し、十分なフレッシュエアーを取り入れる事が出来ず、確実にブレーキを冷却出来ない状態。

この状態では、サーキットのストレートから一期にブレーキングに入るときに冷却不十分で、最悪ブレーキが効かない状態におちいり、ドライバーの人命にも関わる非常に大切な部分。

通常のマシンでもこの様な個所は随所に有ります。常にの定期的な的確なマシンの点検が必要です。

こちらのパーツも、担当エンジニアにより、現品を確実に修復また、加工し直し安全性また、機能性を完全に取り戻させていただきます。

ブレーキインテーク現状の違う角度からもう、1カット。

裏側から、もう1カット。

上記、破損したフロントブレーキインテーク。

現品を担当エンジニアにより、確実に修復また、加工作業も完了。

機能性を完全に取り戻した、フロントブレーキインテークの画像です。

裏側も完璧に復元。

続いて、画像左側の画像が、クラックが入り破損しているインテーク装着用ブラケット。

非常に危険です。

確実にマシンに固定する為、今回アルミ材から製作。

画像右側が製作中のブラケット。
他にも数点製作し、確実にマシンに固定します。

レース使用に、耐え得る耐久性を完全に確保したブラケットの製作が、担当エンジニアにより設計、製作されていきます。

担当エンジニアにより、確実に修復また、加工作が完了した、フロントブレーキインテークの画像です。

裏側からの画像です。

担当エンジニアにより設計、製作され、アルミ材から、レース使用に耐え得る耐久性を完全に確保したブラケットの製作完了の画像です。

安全性も確保また、十分な性能が発揮出来る様に、加工修復&製作致しました。

また、出来る限り軽量で製作しています。

バッチリ!!

続いて、オーバーホール&クリーニングアップ完了のリヤー右アップライト。

オーバーホールにより、機能性を完全に取り戻し、クリーニングアップにより、機能美まで取り戻した、リヤーアップライト。

そのアップライトに全ての付属パーツをチェック&メンテナンス後、装着した画像です。

同じく左アップライトの画像です。

これより、車輌えと組み込み開始です。

丁寧にクリーニングアップ後、チェック済みのリヤーセクション。

そのリヤーセクションへと、オーバーホール&クリーニングアップ完了のパーツを、レーシングマシンを熟知したエンジニアにより組み込まれていきます。

リヤーセクションの画像です。

細部にこだわり、丁寧に担当エンジニアにより組み上げられた、リヤーセクション。

リヤーセクション同様に、メンテナンス実施完了の、フロントセクション。

現品にて、確実に修復また、加工が完了した、フロントブレーキインテーク装着の画像です。

フロントブレーキインテーク装着フロント側からの画像です。

ブレーキクリーリングに、十分なフレッシュエアーを取り入れる事が可能となった、ダクト開口部の画像です。

また、アップライトと、ダクト装着部分に関しても十分な強度を確保したブラケットで装着完了。

真下からもう、1カット。

続いて、クーリングホースの素材が完全に使用用途と全く違う素材の物を使用されており、完全に欠損してしまっていた、クーリングホース。

今回、ブレーキインテークに適した、レース用パーツへと変更致しました画像です。

フロント&リヤーのサスペンション関連部位メンテナンス完了です。

フロントからの画像です。

続いて、リヤーからの画像。

フロントサスペンション関連からのアップ画像です。

同じく、リヤーサスペンション関連からのアップ画像です。

弊社、レースマシン担当エンジニアにより、
F360 チャレンジの足回りの能力を100%発揮出来るメンテナンスが実施されました。

レーシングマシンに特化したメンテナンスで、動作部分の重さを軽く作動する様にし、動きが機敏になるためのメンテナンス。

これにより路面への追従性が非常によくなりまた、車輌の挙動がピーキーな挙動では無く、安定したドライビングが可能な、しなやかな動きをする車輌へと変化します。

レース車輌を熟知した、エンジニアによりメンテナンス完了のサスペンション関連部位。

同時に実施させて頂きました、細部までのクリーニングアップにより、見た目にも機能美まで、取り戻しました。

続いて、F360 チャレンジエンジン関連のメンテナンス開始です。

現状のフロント側からの画像です。

常に過酷な状態で使用されるレース車輌。

的確なメンテナンスが、レース車輌を熟知した、エンジニアにより行われていきます。

まず、ウオーターポンプ フルオーバーホール開始です。

現状、マシンより取り外した状態のウオータポンプの画像です。

通常のオーバーホールでは、シールやベアリング等‥の交換で完璧に仕上がりますが、ウオーターポンプ付近で、エンジン冷却水の漏れが発生している場合は、不良個所の見極めが非常に重要です。

的確なトラブルシューティングの下、メンテナンスする事が非常に重要なポイントです。

ウオーターポンプ各部のクリーニングアップも同時に実施させて頂きながらフルオーバーホール開始です。

上記、ウオータポンプ 現品 フルオーバーホール完了の画像です。

確実なメンテナンスの下、フルオーバーホール完了です。

インナー&アウターフランジ部分また、主軸部分に付着していたエンジン冷却水の垢も完全に除去。

各部の歪みも、専用機器を使用し100%の精度を取り戻し、フルオーバーホール完了です。

同時に、クリーニングアップも実施。

本来のクリーンな状態まで取り戻させて頂きました、ウオータポンプ。

続いて、タイミングベルトの交換作業に入らせて頂きます。

現状のフロントセクションからの画像です。

各部に汚れが付着し、タイミングベルトと、カムシャフトギヤーまた、クランクギヤー間に砂などが噛みこんでいる状態。

乗りぱなしで、的確なメンテナンスが実施されていなかったのでしょう。

タイミングベルトテンショナーベアリングにも、かなりの錆も発生している現状。

テンショナーベアリング内部のベアリング事態の機能も著しく低下し、タイミングベルトに余計な負担を与えている状態。

レース車輌に関わらず、通常のマシンでも見えない箇所に色々な不具合が隠れています。

的確なチェックとメンテナンスが必要不可欠。

これより、的確なメンテナンスが、レース車輌を熟知した、エンジニアにより行われていきます。

タイミングベルト交換作業また、各部のメンテナンス作業前に、1度、作業部位関連のクリーニングアップを実施。

作業部位関連に付着していた細かな砂や塵をクリーニングアップにより完全に除去。

これは、砂や塵が作業中パーツ内部への混入を避ける為、実施させて頂いております。

また、見た目にも汚れが落ちスッキリ クリーンな状態を取り戻しました。

Ferrari専用SST(専用工具)を使用し、丁寧にに各部を分解&組み込み。

的確な作業が、担当エンジニアにより進められ、Ferrari F360チャレンジ タイミングベルト交換完了の画像です。

タイミングベルトテンショナーベアリングのアップ画像。

今回装着させて頂きました、弊社オリジナルのタイミングベルトテンショナーベアリングの画像です。

国産最高級ベアリングを使用。

アウターケースは無垢材より削り出しのプーリー。

錆の発生を防止するメッキ処理加工。

オリジナルのタイミングベルトテンショナーベアリングを使用する事により、回転も非常にスムーズになりタイミングベルトへ負担の軽減。

エンジンレスポンスの向上の狙いも有ります。

また、錆の発生も有りませんので、タイミングベルトを痛める事の無いオリジナルのタイミングベルトテンショナーベアリングです。

確実なメンテナンス&セットアップの完了したFerrari F360 チャレンジの心臓部に火が入りました。

エンジン始動時から、油温、油圧、水温などなど…..全てのチェックを行います。

随時、適切な状態で担当エンジニアが全てのチェックを行っていきます。

エンジン各部のチェックもバッチリ完了。

完全に温まったエンジンや、ミッションの状態から再度、弊社独自のチェック&セットアップを施していきます。

担当エンジニアにより、より一層Ferrari F360 チャレンジのポテンシャルを引き出すセットアップ。

Ferrari F360 チャレンジ弊社独自のチェック&セットアップも完了。

続いて、左右ドライブシャフトを、熱害から守る為の純正断熱パーツ。

現状、破損してしまっている左 純正断熱パーツの画像です。

この状態では、過酷な熱害からドライブシャフトを守る事が出来ません。

裏側からの現状の画像。

高額な純正パーツで交換するよりも、確実に担当エンジニアが修復可能と判断致しましたので、現品での修理開始です。

FRP製の断熱パーツ。

簡易で修復部分の型を製作。

同素材のグラス繊維を張り込み修復していきます。

更に、FRP製の断熱パーツ 修復工程が進んでいる画像です。

担当エンジニアにより、完璧に現品を修復完了の画像です。

これで、過酷な熱害からドライブシャフトを保護する事が可能です。

裏側から完璧に現品を修復完了の画像です。

細部にまで拘り、加工を施しフィニッシュを遂げた画像です。

色々な素材のパーツで構成されているマシン。

全て自社で修復や、製作が可能な、技術とノウハウが有ります。

これより、破損したインナーフェンダーや、アンダーカウル等、FRPパーツの現品修理を行っていきます。

高額な純正パーツで交換するよりも、確実に担当エンジニアが修復可能と判断致しましたので、現品での修理致します。

現状のリヤーインナーフェンダーの画像です。

破損してしまっている部位を数カット…

多岐に渡り、破損してしまっているFRP製リヤーインナーフェンダーのアップ画像。

担当エンジニアにより、確実にこれより現品修理開始です。

リヤーインナーフェンダーの構成パーツを全て分解。

分解もせず、簡易的な修理では、車輌の価値が下がってしまいます。

全ての工程において、分解可能なパーツは、全て分解。

1つ1つのパーツを確実に修理し、最終的に、1つのパーツとして組み上げると言う作業を行っていきます。

1つ1つの構成パーツをクリーニングアップ。

破損しているパーツには、歪みや曲がりが発生します。

パーツの原型を整える為、随所にプレートを製作。

確実に、原型のインナーフェンダーの形状を取り戻し修理していきます。

1つ1つの作業に、こだわった作業が行われます。

上記、原型を整える為、随所にプレートを製作&装着。

原型のインナーフェンダーの形状を確実に取り戻せる状態から、次の工程へと…….

同素材のグラス繊維を張り込み修復していきます。

同素材のグラス繊維と樹脂を貼り込みの工程の画像。

細部まで、原型のインナーフェンダーの形状を確実に取り戻せる様、同素材のグラス繊維と樹脂を貼り込みの工程の画像です。

同じく、同素材のグラス繊維と樹脂を貼り込みの工程の画像です。

もう、1カット。

細部まで、原型のインナーフェンダーの形状を確実に取り戻します。

インナーフェンダー上部のオイルクーラーアウトレット開口部の破損も確実に修正していきます。

更に、FRP製インナーフェンダー修復工程が進んでいる画像です。

細部まで、形状を確実に取り戻していきます。

別角度からの画像です。

同素材のグラス繊維と樹脂を貼り込み、仕上げ完了の画像です。

全体の、画像です。

インナーフェンダー フロント側からの画像です。

同じく、リヤーからの画像です。

オイルクーラーアウトレット開口部の仕上げ完了の画像です。

インナーフェンダー表側からの仕上げ完了の画像です。

細部にこだわり、形状を確実に取り戻しました!!

これより、担当エンジニアにより、ペイント作業が行われていきます。

オイルクーラーアウトレットダクトも、仕上げ完了の画像です。

同時に、ストーンガードのネットも破損していた為に、新たに付け替えた画像です。

上記、多岐に渡り、破損してしまっていた、FRP製リヤーインナーフェンダー。

担当エンジニアにより、確実に修理完了の画像です。

修理完了の、インナーフェンダー フロント側からの画像です。

修理完了の、リヤーからの画像です。

インナーフェンダー表側からの修理完了の画像です。

上記、同じ工程で、同時に現品修理させて頂いていましたFRPパーツ群。

修理前、修理後の全てのパーツ画像、随時アップさせて頂きます。

まず、左フロントフェンダー修理前の画像です。

細部に、割れが発生しているアップ画像。

左フロントフェンダー修理後の画像です。

修理後のFRP製パーツのアップ画像。

細部の割れも、完璧に修理。

ペイントも完了のアップ画像です。

右フロント修理前の画像です。

修理後の画像です。

続いて、左リヤー修理前の画像です。

左リヤー修理後の画像です。

同じく、右リヤーインナーフェンダー修理前の画像です。

同じく、右リヤーインナーフェンダー修理後の画像です。

細部にまで、こだわった作業が行われ、完璧な状態に…….

リヤーインナーフェンダーの構成パーツを全て、現品修理。

分解していた、オイルクーラーアウトレットを組み込んだ画像。

修復前の、オイルクーラーアウトレットでは、ほぼ機能が果たせていない状態でした。

担当エンジニアの的確な修理により、全ての機能を100%発揮する様、また、1つ1つのパーツを確実に修理。

最終的に、1つのパーツとして組み上げると言う作業を全てにおいて実践します。

上記、インナーフェンダー表側からの画像です。

アンダーカバー修理前の画像です。

サーキット走行で、数箇所破損している状態です。

他のパーツと同様の工程でFRP修理を行います。

アンダーカバー現状破損しているアップ画像です。

車高が低い為、破損しやすい部位です。

同じく反対側の破損画像です。

アンダーカバー修理後の画像です。

破損が酷かった部位のリペアー後の画像です。

同じく反対側のリペアー後の画像です。

担当エンジニアの的確な作業により、リペアーされた、アンダーカバー裏側の画像です。

アンダーカバー表側の画像です。

インナーフェンダー アンダカバーのFRPリペアーが完了しました。

レースなど、サーキットでの走行では、公道とは違い、コーナーの縁石との接触や、ひじきのかたまり(分かりますよね〜 笑!)、グラベルによって結構破損してしまいます。

レース前後のメンテナンスを、しっかりやって行きたいものですね。

的確な作業により、リペアーされたインナーフェンダー アンダカバーを、車輌に装着した、画像です。

まず、フロント左インナーフェンダーの画像です。

フロント左インナーフェンダー内部のアップ画像です。

続いて、右インナーフェンダーの画像です。

右インナーフェンダー内部のアップ画像です。

左リヤーインナーフェンダーの画像。

右リヤーインナーフェンダーの画像です。

フロントからのリペアー完了のアンダーカバーの画像です。

インナーフェンダー アンダカバーを、今回現品でFRPリペアー実施させて頂き、車輌へと装着。

原型を整える為、随所にプレートを製作。

確実に、原型のインナーフェンダーの形状を取り戻しリペアーした精度も抜群です。

1つ1つの作業に、こだわったリペアーが担当エンジニアにより実施されました。

担当エンジニアにより、F360 チャレンジの足回りの能力を100%発揮出来るメンテナンス完了の画像です。

レーシングマシンに特化したメンテナンスで、動作部分の重さを軽く作動する様にし、動きが機敏になるためのメンテナンス。

これにより路面への追従性が非常によくなります。

本来は、ロードバージョンのマシンにも、走行距離や、年数に応じて実施した方がいいですね。

フルメンテナンス完了の、フロントセクション画像です。

各パーツの組込み。

ただ単に組み込んでも、ニューパーツの性能は、発揮出来ません。

また、安易な組み込みでは、パーツ自体を痛める事にもなってしまいます。

メンテナンス全般に至り言える事ですが、マシン毎の特性や、個々のパーツの構造及び、作動原理を知り尽くしたエンジニアと、理解出来ていないメカニックとでは、同じ作業を行ったとしても、仕上がりに確実に差が発生してきます。

マシン毎の特性や、個々のパーツの構造及び、作動原理を知り尽くしたエンジニアが組み込ませていただきました、フロント&リヤーセクション。

フルメンテナンス完了の、リヤーセクション画像です。

確実な、メンテナンスの下、非常に良いコンディションを取り戻させて頂きました、Ferrari F360 チャレンジ。

Ferrari F360 チャレンジ フロントからの画像です。

Ferrari F360 チャレンジ リヤーからの画像です。

レース車輌 本来の、ポテンシャルを取り戻した、F360 チャレンジ。

続いて、ホイールの現状の画像です。

ブレーキダストや、ひじき、砂などの汚れが付着してしまっているホイール。

4輪全てクリーニングアップ開始です。

上記、ホイール クリーニングアップ完了後の画像です。

同時に、クリーンな状態でクラックチェックも実施。

4輪全てホイール内側&表側共に、本来の発色を取り戻させて頂きました。スッキリ!

続いてアライメントの測定&セットアップ作業に入ります。

レース用アライメントの測定機器のセット完了です。

サーキットでは、常にアライメント等、変更出来る様に、この様なレース用アライメントの測定機器を使用します。

レース用アライメントの測定機器に車輌を載せ測定開始です。

リヤーから、もう1カット。

トーの調整です。

糸を張り左右の振り分けを見ながら調整していきます。

リヤーから、もう1カット。

当然4輪フルアライメント機器は完備致しておりますが、逆にレース車輌では、昔ながらのアナログな方法が1番です。

F360 チャレンジは、生粋のレース車輌。

キャンバーもサーキット専用に変更。

キャンバーゲージも昔ながらのUKダンロップ製。

何度にセットするかは、ナイショ!!

リヤーも同様に!!

レーシングマシンを熟知したエンジニアにより、オーバーホール&クリーニングアップされ、組み直された足回り。

レース用アライメントへと、セット完了の画像です。

F360 チャレンジ本来のジオメトリーを取り戻しました。

メンテナンス終了後のセットアップ。

最終の詰め。非常に大切な作業です。

電子制御部位また、メカニカル面でも担当エンジニアにより的確に行われます。

最終セットアップ作業により、メンテナンス部位の潜在能力を100%引き出します。

また、それだけに留まらず、マシン全体のポテンシャルも、より一層引き上げるセットアップも行います。

マシン全体に至り、弊社独自のセットアップ
を F360 チャレンジに施します。

Ferrari純正車両診断テスターSD2を再度マシンと接続。

メンテナンス関連各部の作動状況や出力波形をチェック。

また、入力されていたERRORコードなども全てキャンセルし、車輌コントロールユニット内部をクリアーな状態にリセット。

電子制御部位また、メカニカル面でも担当エンジニアにより的確に行われます。

生粋の、レース車輌F360 チャレンジ。

コックピット内部機器の設定も見直し&チェックが行われます。

マシン全体に至り、弊社独自のセットアップを完了させて頂きましたFerrari F360 チャレンジ。

各作業時に実施させて頂いておりました、クリーニングアップも完了。

エンジン&エンジンルームの画像です。

フロントリフティングを装備したチャレンジ。

こちらは、リフトアップ機能を作動させ、フロントの車高がアップした状態の画像です。

積載車に、チャレンジを積み込む時には非常に楽ですね。

サーキット走行時には、重い本体ユニットが簡単に取り外せますので、取り外して走行して下さいね!

こちらの画像が、サーキット走行時のリフトアップ機能を作動させていない状態。

この状態が、レース用アライメントセット状態です。

全ての作業完了です。

エクステリア&インテリアに至りましても、最終仕上げ完了のFerrari F360 チャレンジ。

今回、ウエッブサイトには作業内容の1部を抜粋させて頂き掲載させて頂きました。

実施させて頂きました全ての、メンテナンス作業時の分解写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当エンジニアが撮影致しております。

詳細な写真(CD-Rに落として有ります)及び、今回のメンテナンス内容書類。

今後のメンテナンスメニュー内容書類に至りましても、分かり易く作成させて頂いておりますので、弊社4t積載車にてマシンと一緒に、お持ちさせて頂きます。

今回のメンテナンスで、本来の性能を取り戻し、より一層アップデートしたF360 チャレンジ。

わずかな荷重変化に対しても繊細に反応し、常にフロント&リヤーのグリップが保たれます。

また、普通はアクセルONでリアーに荷重が乗るとフロントの荷重が抜けてアンダーステアに直結しますが、フロントのグリップを、しっかりと感じながらコーナーの進入から立ち上がりまで、積極的にアクセルを踏んでもらえますよ!!

今回、Ferrari F360 チャレンジ メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »