Ferrari F360 モデナ 車検

8426_1

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。 いつも、F360 モデナ メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。 弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きました、F360 モデナを積んでファクトリーに戻って参りました。 只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。 今回も、ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い致します。

8445_1

まず、第1段階。 Ferrari純正テスターSD2で、F360 モデナコントロールユニットと交信開始です。 各ErrorコードのみのチェックではなくFerrari純正 車両診断テスターSD2を 100%駆使しマシン全体の状態や、調整の状態を詳細に把握します。 各部の作動状況や、消耗部位の残量。 また、出力波形までコンピューター上で、できうる全てのチェックを行い現状のマシンの状態を把握します。

8446_1

各部、現状のデーター取得。 最新のデーターと比較し、チェック完了です。 SD2 で取得したデーターは、あくまでもデーターとし受け止めます。 データー全てを鵜呑みにせず、更に奥深くまで、弊社 独自のチェックを担当エンジニアが進めます。

8447_1

電脳化が進んだマシン。 近年のマシンを的確にトラブルシューティングまたセットアップするには、非常に高度な知識やノウハウが、ファクトリー側に必要ですね。

8465_1

前回のメンテナンスで、バッチリのF360 モデナ。

再度、各部の調整とトルクチェックまた、各部の動きが機敏になる施工ををしていきます。
また、フェンダー内部の隅々まで、クリーンニグアップします。
定期的に、ご入庫頂いているF360モデナ。
コンディションが非常に良い状態です。

8466_1

リヤーセクションも同様に…

8467_1

上記、足回り&マシン全体のトルク管理また、各部の動きが機敏になる施工も終了。

同時に実施させて頂いた、クリーニングアップ後のフロントセクション。

8468_1

的確なメンテナンスと、クリーニングアップ作業が行われた、リヤーセクション。

8469_1

ブレーキダストや、砂などの汚れが付着してしまっているホイール。

4輪全てクリーニングアップします。

8470_1

上記、ホイール クリーニングアップ終了。

内側&表側共に、本来の発色を取り戻しスッキリ!!

8487_1

メンテナンス後の最終のセットアップ。
入力されていたERRORコードなども全てリセット。
電子制御部位また、メカニカル面でも担当エンジニアにより的確な最終チェックが行われます。

8488_1

リセット&セットアップも終了。

前回のメンテナンス時同様、今回もバッチリ クリーニングアップ実施後のエンジン&エンジンルーム。

8489_1

全ての作業完了です。
エクステリア&インテリアも、最終仕上げ終了のFerrari F360 モデナ。
こちらのMaintenance Reportには作業内容の1部のみを抜粋し掲載させて頂いております。
今回は、前回のメンテナンス個所のチェック。
また、各部位の調整もバッチリです。
メンテナンス作業時の分解写真、全て担当エンジニアが撮影しています。
詳細な写真及び、今回のメンテナンス内容書類。
今後のメンテナンスメニュー内容書類も、分かり易く作成させて頂いています。

只今より弊社4t積載車にてマシンと一緒に、お持ちさせて頂きます。
いつもメンテナンス御依頼ありがとう御座います。
今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »