Ferrari 360 モデナ ウオーターテンプ異常リペア

 

フェラーリ 360 モデナ

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

今回、Ferrari 360 モデナ メンテナンス御依頼、誠に有り難う御座います。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い致します。

フェラーリ 360 モデナ

Ferrari 360 モデナ チェック開始準備の為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

フェラーリ 360 モデナ

不具合発生ポイントのトラブルシューティング。

現状のマシン状態を把握する為、Ferrari純正車両診断テスターSD2にて、360モデナ マシンコントロールユニットと交信。

各ErrorコードのみのチェックではなくSD2を100%駆使し、現状の状態を詳細に把握していきます。

また、関連各部の作動状況や出力波形に至るまで、コンピューター上でできうる全てのチェックを行います。

フェラーリ 360 モデナ

近年のマシンは、電脳化が非常に進んでいます。

エレクトロニクス関連のトラブルか、機械機構でのトラブルかを、見極める事が重要です。

SD2で取得したデーターは、あくまでもデーターとし受け止めトラブルシューティングを行ないます。

ERRORコードだけでのパーツ交換は安易過ぎます。

また、ERRORコードに入力されない部分も多々存在します。

データー全てを鵜呑みにせず、各個所の的確な状態を各専用機器を使用し単体点検を実施。

独自のチェックを担当メカニックが進め、確実にマシンに発生している不良ポイントを把握し切ります。

フェラーリ 360 モデナ

マシン毎の特性や、個々のパーツの構造及び、作動原理を知り尽くしたエンジニアにより的確なチェックが行われます。

フェラーリ 360 モデナ

フェラーリ 360 モデナ

確実なチェックには分解が必要と判断しましたので、オーナーに分解許可を頂きました。

必要最低限の分解で、的確にトラブルシューティングしピンポイントで不良個所を特定します。

フェラーリ 360 モデナ

クーリングシステムに影響を与える他のセクションも的確にチェック。

フェラーリ 360 モデナ

全てのトラブルシューティングが終了したFerrari 360 モデナ。

担当エンジニアが、現状のマシンに発生している不良ポイントを確実に把握し切らせて頂きました。

担当エンジニアと内容をまとめ、現状のマシンの状態を分かり易く明記し送付させて頂いた上、御連絡させて頂きます。

フェラーリ 360 モデナ

今回のリペア個所&今後のメンテナンス個所。

現状のマシンの状態を全て記載した報告書を送付させて頂き、その中で1セクション1セクション確実にメンテナンスする方法で決定しました今回のメンテナンスメニュー。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い致します。

フェラーリ 360 モデナ

Ferrari F360 モデナ 実作業開始の為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

フェラーリ 360 モデナ

実作業開始です。

フェラーリ 360 モデナ

丁寧な分解作業が行われます。

フェラーリ 360 モデナ

フェラーリ 360 モデナ

フェラーリ 360 モデナ

メカニカル関連また、エレクトロニクス関連の全てをトラブルシューティングし、ピンポイントで確定した部位をリペアしていきます。

まず始めに、ウオーターテンプ異常の主原因の1つ。

取り外されたラジエター。

純正品のラジエターは非常に高額なので今回、現品でリペアします。

フェラーリ 360 モデナ

フェラーリ 360 モデナ

単にリペアするだけでは無く分解パーツや、周辺部位に至ってもクリーニングアップも実施。

リペアパーツのマシンへの組み込みに備えます。

フェラーリ 360 モデナ

フェラーリ 360 モデナ

現品で、ラジエター リペア完了。

フェラーリ 360 モデナ

汚れているラジエターファンもクリーニングアップと同時にメンテナンスを実施します。

フェラーリ 360 モデナ

メンテナンス&クリーニングアップ後の画像。

フェラーリ 360 モデナ

作動特性にズレが生じていますのでニューパーツへと……

フェラーリ 360 モデナ

フェラーリ 360 モデナ

フェラーリ 360 モデナ

まずオーナーが目にする事の無い部分ですね。

直ればいいと言うマシンでは無いと思うんです。

クリーンな状態から、組み込み完了。

フェラーリ 360 モデナ

エンジン フロントセクションからの作業。

インテリアパーツを丁寧に分解。

独自のプロテクションカバーを、作業開始に伴いボデーや内装、全てに装着。

各モデル毎に完備しているプロテクションカバーで、一切の汚れの付着などを完璧にシャットアウトします。

フェラーリ 360 モデナ

ウオータテンプ異常上昇に伴い関連部位も同時にリペア。

フェラーリ 360 モデナ

エンジン フロントセクションの作業終了。

リペアと同時に分解パーツまた、関連部位のクリーニングアップも実施。

見えない箇所もクリーンな状態に。

フェラーリ 360 モデナ

関連部位も最終チェックします。

フェラーリ 360 モデナ

続いてミッションオイルの交換。

見逃されがちなミッションオイルや、F1マチックオイル。

FerrariのF1マチックオイル交換は、SD2 または、SD3でのみ交換可能です。

こちらはミッションオイル。

ミッションオイルや、F1マチックオイルも定期交換 油脂類です。

ギヤーの焼き付きを避け、またシフトフィーリングまでよくなるミッションオイル。

シフト操作をするとミッション内部で大きなギヤーが噛み合ったり、外れたりしますよね。

ギヤーオイルには、潤滑 冷却 防錆 応力分散の4つの作用が求められます。

エンジンオイルでは、これに加えて密閉作用や洗浄作用が要求されますがギヤーオイルの場合この効果はほとんど必要が無いでしょう。

それよりも重視されるのが応力分散作用ですね。 この作用がしっかりと発揮できるミッションオイルを使用しないと、ギヤーの焼き付きなどのダメージに繋がったり、シフトフィールの悪化に直結します。

純正指定オイルを注入するのが無難ですが、指定オイルが個々のマシンに1番最適なオイルかどうかは、僕は疑問ですね。

では、どんなオイルを選べばいいのか??

それはナイショ!!

モデル毎にオイルに添加されている成分内容や粘度などなど…を変更しベストなオイルをチョイスし、交換する事により、より一層マシンをベストな状態へと導きます。

現状、かなり使い込まれている様ですね。

もう少し早めの交換をお奨めします。

フェラーリ 360 モデナ

エンジン冷却水。

エンジン冷却水は、エンジンオイルと同様、重要な役割を果たす液体です。

主成分はエチレングリコールという化合物と水で構成されています。

高温なエンジンを恒に冷却する役割を果たしています。

また、ラジエーターやエンジンブロックで使用される構成パーツに錆が発生しない様にする役目や、消泡性能などなど…もかね合わせています。

エンジン稼動時には、常に高温にさらされる為、エンジン冷却水も劣化します。

エンジン冷却水には、さまざまな化合物が含まれています。

エンジンオイル同様に長期使用せず、1年に1回酷使されたエンジン冷却水を交換することにより、本来の性能を発揮させ、エンジンを守ります。

フェラーリ 360 モデナ

メンテナンスに伴い脱着した、アンダーカウルの現状の状態。

砂や泥汚れが付着した現状。

完璧にクリーニングアップし組み込みます。

フェラーリ 360 モデナ

フェラーリ 360 モデナ

フェラーリ 360 モデナ

クリーニングアップ後のフロアーカウル。

スッキリ!!

フェラーリ 360 モデナ

メンテナンス後の最終のセットアップ。

入力されていたERRORコードなども、全てリセット。

電子制御部位は、Ferrari純正車両診断テスターSD3で最終チェックまた、セットアップを実施します。

メカニカル面も、担当エンジニアにより的確な最終チェックまた、セットアップが行われます。

フェラーリ 360 モデナ

フェラーリ 360 モデナ

フェラーリ 360 モデナ

フェラーリ 360 モデナ

リセット&セットアップも終了。

最終クリーニングアップ実施後のエンジン&エンジンルーム。

フェラーリ 360 モデナ

フェラーリ 360 モデナ

全ての作業終了のFerrari 360 モデナ。

エクステリア&インテリアも最終仕上げ終了です。

こちらのMaintenance Reportには作業内容の1部のみを抜粋し掲載させて頂いています。

実施した全ての、リペア&メンテナンス中の分解写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当エンジニアが撮影致しております。

詳細な写真(CD-Rに落として有ります)及び、今回のメンテナンス内容、また今後のメンテナンスメニュー書類も分かり易く作成していますのでマシンと一緒にお持ちさせて頂きます。

今回、メンテナンス御依頼有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »