Ferrari 360 モデナ オーナーご依頼個所チェック&リペア

フェラーリ 360 モデナ

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

今回、Ferrari 360 モデナ  メンテナンス御依頼有り難う御座います。

弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きましたFerrari 360 モデナを積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い致します。

フェラーリ 360 モデナ

Ferrari 360 モデナ トラブルシューティング開始準備の為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

フェラーリ 360 モデナ

フロントラッゲージよりチェック開始です。

インテリアパーツを丁寧に分解。

作業開始に伴いボデーや内装、全にプロテクションを装着します。

独自のプロテクションカバーを、各モデル毎に完備させて頂いています。

プロテクションカバーを作業前装着する事により、一切の汚れの付着などを完璧にシャットアウトします。

フェラーリ 360 モデナ

エレクトロニクス関連のトラブルなのか、機械機構でのトラブルかを、見極める事が重要です。

フェラーリ 360 モデナ

フェラーリ 360 モデナ

フェラーリ 360 モデナ

まず、機械機構でのトラブルポイント。

エアコンコンプレッサーからのコンプレッサーオイルの漏れ。

エアコンコンプレッサーの潤滑に必要なコンプレッサーオイル。

エアコンコンプレッサーの潤滑方式は、簡単に言えば2サイクルエンジンと同じ。

コンプレッサーに溜まって潤滑するのではなく、エアコンガスに付着しエアコンライン全体を回りながら潤滑しています。

オイル漏れ=ガス漏れの方程式。

そのままの放置では、コンプレッサーオイル切れによる焼きつきを発生させ、コンプレッサー内部のパーツがバラバラ。

バラバラになったパーツ片が全てのエアコンラインに周り大変な事に!!

エアコンの効きが悪いと、エアコンガスの注入だけし使用するのは、上記のトラブルを確実に発生させてしまいます。

また、エアコンガスが漏れた状態での放置は、漏れている個所から、十二分に湿気を含んだ大気が混入し、ほぼアルミニュウム製のエアコンパーツを内部から腐食させ全滅させます。

早期に確実なリペアが必要な部位の1つですね。

フェラーリ 360 モデナ

フェラーリ 360 モデナ

エレクトロニクス&メカニカル機構を同時にチェック。

ジョイント部位も全てリークチェックしピンポイントで不具合個所を特定します。

フェラーリ 360 モデナ

エレクトロニクス&メカニカル 全てのチェックが終了したFerrari 360 モデナ 。

担当エンジニアが、確実にピンポイントで不具合発生ポイントを把握し切らせて頂きました。

担当エンジニアと内容をまとめ、現状のマシンに発生している不具合発生ポイントを分かり易く明記し送付させて頂いた上、御連絡させて頂きます。

フェラーリ 360 モデナ

先程は、お忙しい中お電話にて対応頂き有り難う御座いました。

1セクション1セクション確実にメンテナンスする方法で、お打ち合わせさせて頂き決定しました今回のメンテナンスメニュー。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い致します。

フェラーリ 360 モデナ

Ferrari F360 モデナ 実作業開始の為、リフトセクションへと…

フェラーリ 360 モデナ

早速、実作業開始です。

フェラーリ 360 モデナ

フェラーリ 360 モデナ

ピンポイントで確定した不具合発生個所の1つ。

現状のエアコンコンプレッサー。

エアコンコンプレッサーの主軸と、本体からのエアコンガス&潤滑オイル漏れ。

今回、新品のコンプレッサーは非常に高額な為、リビルトパーツ(フルオーバーホール済み)のコンプレッサーへと交換します。

フェラーリ 360 モデナ

フェラーリ 360 モデナ

フェラーリ 360 モデナ

リビルト済みコンプレッサー。

一概にリビルトパーツと言っても、リビルト内容に問題の有るリビルトパーツも多々存在します。

コンプレッサーの構成パーツや、作動原理を知り尽くし、こちらからどの様な仕様のリビルトコンプレッサーを製作して欲しいか、マグネットクラッチは、どうするのかを指定し、精度の高いリビルトパーツを使用しないと、ロングライフ化が望めません。

非常に重要なポイントですね。

フェラーリ 360 モデナ

ただ単に交換するのでは無く、周辺部位などを綺麗にクリーニングアップ。

同時に、関連各部位をチェック。

クリーンな状態から組み込みます。

フェラーリ 360 モデナ

フェラーリ 360 モデナ

各部のクリアランスも見直し、組み込み終了。

全ての作業に時間を惜しまず徹底したメンテナンスを行います。

フェラーリ 360 モデナ

バッチリ!!

フェラーリ 360 モデナ

関連部位のメンテナンスも終了。

最終チェックへと…

フェラーリ 360 モデナ

最終チェックも完了。

続いて、エンジンオイルの交換。

各油脂類は、色々と各社ラインナップが有りますが、メリットとデメリットが有り、マシンモデル毎また、使用する部位また、マシンの使用用途などを全て加味し、1番適切なオイルを、弊社では選択します。

メーカー指定純正オイルが1番無難と言えば無難なのですが、全てのモデルに1番適切なオイルかと言えば疑問です。

新車時のエンジンに注入されているオイルは、メーカー指定純正オイルでは無く、初期馴染みなどなどを考慮した、ファクトリー専用の非常に高額なオイルです(一般には流通しない特殊な高性能オイル)。決してメーカー指定純正オイルでは無いんです。

モデル毎にオイルに添加されている成分内容や粘度などなど…を変更しベストなオイルをチョイスし、交換する事により、より一層マシンをベストな状態へと導きます。

フェラーリ 360 モデナ

続いて、足回り&マシン全体のトルク管理が行なわれます。

フェラーリ 360 モデナ

フェラーリ 360 モデナ

フェラーリ 360 モデナ

フェラーリ 360 モデナ

300k近くで走るロードゴーイングマシン。

定期的な、足回り&マシン全体のトルク管理が必要です。

安易に締めてしまうと、ボルト類に伸びが発生し、正規の規定締め付けトルクで固定出来なくなります。

また、緩めでは振動でボルトが緩み出し、フレームや各部位にストレスを与え不具合を発生させてしまいます。

各部のトルク管理を確実に行ないます。

フェラーリ 360 モデナ

マシン全体のトルク管理も終了。

続いて、ホイールの現状の画像です。

ブレーキダストなどの汚れが付着してしまっているホイール。

4輪全てクリーニングアップ開始です。

フェラーリ 360 モデナ

フェラーリ 360 モデナ

ホイール クリーニングアップ終了後の画像です。

4輪全てホイール内側&表側共に、本来の発色を取り戻しました。

フェラーリ 360 モデナ

フェラーリ 360 モデナ

砂や泥汚れで汚れきっていたフロアーカウル類。

組み込み前にクリーニングアップを行います。

フェラーリ 360 モデナ

フェラーリ 360 モデナ

フェラーリ 360 モデナ

上記、フロアーカウル。

他のカウルも同時にクリーニングアップが実施されます。

フェラーリ 360 モデナ

フェラーリ 360 モデナ

マシン フロアー部分も完璧にクリーニングアップ。

フェラーリ 360 モデナ

フェラーリ 360 モデナ

フェラーリ 360 モデナ

クリーニングアップ実施後のエンジン&エンジンルーム。

各部メンテナンスと同時に施工する、クリーニングアップ。

各部の仕上げは、レザーの素材、ペイントの素材、各部の構成パーツなどなど….. 素材を熟知したエンジニアにより、部位部位に1番適した、本来の素材を蘇らす意味での仕上げが行われます。

ケミカル用品で一時的に艶を出す様な安易仕上げは、一切行われません。

各部のクリーニングアップは全て作業の一貫と考え行います。

フェラーリ 360 モデナ

フェラーリ 360 モデナ

フェラーリ 360 モデナ

フェラーリ 360 モデナ

全ての作業終了のFerrari 360 モデナ。

エクステリア&インテリアも最終仕上げ終了です。

こちらのMaintenance Reportには作業内容の1部のみを抜粋し、掲載させて頂いています。

実施した全ての、リペア&メンテナンス中の分解写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当エンジニアが撮影致しております。

詳細な写真(CD-Rに落として有ります)及び、今回のメンテナンス内容、また今後のメンテナンス内容を記載した書類も分かり易く作成していますのでマシンと一緒にお持ちさせて頂きます。

今回、メンテナンス御依頼有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

お問い合わせ

4 Comments

  • ナカムラエンジニアリング
    ナカムラエンジニアリング| 2010年8月20日 at 1:22 PM 返信

    御世話になります。

    Ferrariや、Lamborghini は、工業製品であって美術品でも有ります。

    この様なマシンをメンテナンスさせて頂くにあたって、マシンに対してのオーナーの思いや、価値観を理解し、常に業務に携らせて頂いています。

    マシンを常に向上させ完璧なコンデションに近づけ後世に残していく。

    トラブルの解析なども常に的確なトラブルシューティングを行い、根本からトラブルをリペアし、構造を熟知した上でセットアップを行い、100%のポテンシャルを発揮出きるマシンに仕上げていく。

    後は、メンテナンスや、リペアに対してのセンス。

    効率にとらわれず、1台1台のマシンを仕上げていく。

    もし、僕自身のマシンなら、ここまで徹底的にして欲しい。

    その思いを、皆さんのマシンにも実践しています。

    僕も車に対しては神経ビリビリですので…….(笑)!!

    何処を見ても綺麗。

    隠れた所にも気遣いをする。

    そう言ったメンテナンスを実施するマシンだと、僕は思います。

    今回オーナーと御相談の上、決定させて頂きましたメンテナンスメニュー。

    今後、マシン全体のコンディションも把握させて頂きながら良きパートナーとして共にマシンを向上させて頂ければと思います。

  • オーナー| 2010年8月20日 at 1:15 AM 返信

    いよいよ修理完了との連絡を頂き有難うございます。 これまで多種多様の車種に乗りコーンズを含め、これまた多くの整備工場に修理やメンテナンスを依頼してきました。
    しかし直したはずなのにすぐに壊れたり、交換した筈の部品が交換されてなかったり、勝手にビス穴を開けられたりと何度かトラブルもありました。
    あと以前から一番感じたのは部品交換したら、その時しかできないのだから、その周辺位磨いて欲しい事でした。
    私自身、DIYで整備した時は必ず周辺も磨いてます。フェラーリは怖くてバラせまんが・・・(汗)
    その点ナカムラエンジニアリング様は進行状況をリアルタイムで確認できるし、整備した周辺も磨いて頂けるし私の様な神経質?なオーナーにぴったりの丁寧な仕事で安心して任せられました。
    今後とも宜しくお願い致します。

  • オーナー| 2010年7月23日 at 1:39 PM 返信

    今回、初めて修理を依頼させて頂きました。中村社長には当方の予算に応じた的確なアドバイスを親身になってして頂きました。
    中村社長のおっしゃるように今後も1セクションずつ早めに診断して頂き維持していきたいと思いますので、車検を含め末永く宜しくお願い致します。

    • ナカムラエンジニアリング
      ナカムラエンジニアリング| 2010年7月23日 at 2:55 PM 返信

      御世話になります。
      Ferrariを大切に乗り続けてもらうアドバイスを、またお手伝いをさせて頂くのが私共の使命です。
      一期に色々とメンテナンスしようと思うと必ず予算的に無理が出てきてしまいますし、浅く広くのメンテナンスになってしまいがちです。
      浅く広くのメンテナンスでは、結果良いマシンに仕上がっていきません。
      予算の中で、1セクションに的を絞り確実にメンテナンスしていく。
      このメンテナンス方法で常にマシンに恒常性を持たせ、最高のマシンへと仕上げていく。
      また、メンテナンスファクトリー側のスキルと、マシンに対する価値観を尊重した作業で良いマシンに仕上がるかも決まってしまいます。

      今後とも1セクションずつ確実にメンテナンスして行きましょう。
      必ずオーナーの気持ちがマシンに伝わりますよ。それが、Ferrari。

      今後ともベストを尽くさせて頂きますので宜しくお願い致します。

    Leave comments

    Your email address will not be published.*



    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

    Back to top
    Translate »