Ferrari 360 モデナ オーナーご依頼個所リペア&マイスターチェック

s-IMG_4851

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

今回、  Ferrari 360 モデナ メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きましたFerrari 360 モデナを積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い致します。

s-IMG_5542

Ferrari 360 モデナ チェック開始準備の為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

s-IMG_5584

オーナーご依頼個所チェック&マイスターチェック開始です。

まず、第1段階。

Ferrari純正車両診断テスター SD2にて、360 モデナ 車輌コントロールユニットと交信開始です。

ErrorコードのみのチェックではなくFerrari純正車両診断テスター SD2を100%駆使しマシン全体のエレクトロニクス関連の状態や、調整の状態を詳細に把握します。

各部の作動状況や出力波形に至るまで、コンピューター上で、できうる全てのエレクトロニクス関連のチェックを行い現状のマシンの状態を把握します。

s-IMG_6031

SD2で取得した各部のデーター。

現状のFerrari 360 モデナ マシン全体のエレクトロニクスパーツの作動状況。

また、メカニカルのセットアップ状況。

各部、関連個所のデーター取得。

最新のデーターとも比較し、チェック完了です。

SD2で取得したデーターは、あくまでもデーターとし受け止めます。

データー全てを鵜呑みにせず、各個所が的確な状態で作動しているかを各機器を使用し単体点検を実施。

更に奥深くまで、独自のチェックが担当エンジニアにより進められます。

s-IMG_6033

エレクトロニクス関連を、大きく分別すると下記の3項目が代表的な項目です。

1 入力: 電子的・機械的なセンサ(または変換器)で、温度、圧力、電磁場等の物理量をシステムの外部から取得して、電流信号や電圧信号に変換するあらゆるチェック。

2 信号処理回路: 組み合わされた電子素子により信号を操作し、解釈したり、変換したりする個所のチェック。

3 出力: アクチュエータや他の素子(変換器も含む)により、電流・電圧信号をマシン システムにとって有用な形態に再変換されているかなどのチェック。

この3項目からまだまだ、項目別に分類。

電脳化が進んだマシンをメンテナンスするファクトリースキルとして、上記の項目などなど……..を、完全に把握し、あやつり切る能力が無ければ、近年のマシンを的確にトラブルシューティングまた、セットアップする事は困難ですね。

あやつり切るには、非常に高度な知識がファクトリー側に必要です。

s-IMG_6030

近年のマシンは、電脳化が非常に進んでいます。

エレクトロニクス関連また、機械機構を確実に見極める事が重要です。

s-IMG_6309

続いて、各部のメカニカルチェック。

年数的、指定交換パーツ。

走行距離的、指定交換パーツ。

360 モデナ 前期 中期 後期  各モデル毎に傾向的不具合発生ポイントが存在します。

また、マシンの使用状況や、保管状態により、個々のマシンの状態が全く違いますので同時に的確なチェックが行なわれます。

指定交換パーツの中には、色々な素材のパーツが有ります。

代表的な素材の指定交換パーツの1部。

1 ラバーパーツなどは、光やオゾンによる酸化で弾性が失われ、亀裂や溶解がある程度の年数で起こってしまいます。

2 金属製パーツでは、継続的に、また繰り返しマシンより受ける衝撃や、恒に動いている作動パーツに金属材料としての強度が低下し、疲労が発生してしまうパーツ。

3 金属だけではなく樹脂パーツやカーボンパーツでも劣化は発生します。

必ずしも指定交換に入っていないパーツでも使用用途や保管状態などでパーツの寿命が、長くもなりまた、短くもなります。

s-IMG_6313

s-IMG_63181

s-IMG_6400

マシン内部の隠れた部分また、アンダーカウル内部まで、担当エンジニアにより的確なチェックが行われます。

恒に定期的なマシンのチェックによりベストなマシンの維持が可能となります。

s-IMG_6312

近年のFerrariは、ダウンフォースをアンダーフロアーで稼ぐ為、マシンフロアー全面 アンダーカウルで覆われています。

中々オーナーが目にする事の無い部分です。

メンテナンスに伴い脱着した、アンダーカウルの現状の状態。

永年クリーニングアップされる事無く組み込まれていたのでしょう。

永年の砂や泥汚れ、また漏れ出したオイルが付着した現状。

s-IMG_6319

リヤーアンダーカウルに漏れ出したオイル。

通常オーナーが、目にする事の無い部分に不具合が発生している場合が多いのは事実です。

オーナーが分からないうちに不具合が進行し他のパーツに悪影響を及ぼしてしまっている場合が多々あります。

定期的なマシンのチェックにより、傷口を必要最小限で的確なメンテナンスが行えます。

s-IMG_6320

オイル漏れポイント。

トラブルシューティングで根本的なリペア方法を確定していきます。

s-IMG_6322

s-IMG_6325

1999年~2005年まで生産された360モデナ。

初期型で11年 最後期でも5年経過。

最後期モデルでも、ラバーパーツの劣化が始まる年数です。

自身の大切なマシンを定期的にキッチリメンテナンスしてあげる事で良いコンディションを保て、永年に楽しませてくれます。

FerrariやLamborghiniに年式やモデルは関係無いと思います。

ただ、どれだけ確実なメンテナンスを常に行なわれ、大切にされているかでコンデションは大きく左右されます。

s-IMG_5622 

オーナーご依頼個所のトラブルシューティング。

エレクトロニクス関連のトラブルか、メカニカル機構のトラブルかを確実に見極める事が重要です。

まず、エレクトロニクス関連のトラブルシューティング開始です。

s-IMG_6397

メカニカル機構のトラブルシューティングも同時に行なわれます。

あいまいな判断や、誤診により、同じ様な不具合が続くマシンを見受けます。

的確なトラブルシューティングを行ない根本の不具合発生個所を、ピンポイントで確定し、完全に元からシャットアウトします。

s-IMG_6506

繊細なインテリアパーツを丁寧に分解。

続いてメーターのトラブルシューティング. . .

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb75

全てのチェックを完了させて頂きましたFerrari 360 モデナ。

担当エンジニアが現状のマシンの状態また、オーナーご依頼ポイントの不具合を確実に把握し切らせて頂きました。

内容をまとめさせて頂き、現状のマシンの状態を分かり易く明記し送付させて頂いた上、御連絡させて頂きますので宜しくお願い致します。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb76

今回のリペア&メンテナンス個所

また、今後のメンテナンス個所。

現状のマシンの状態を全て記載した報告書を送付させて頂き、その中で1セクション1セクション確実にメンテナンスする方法で決定しました今回のメンテナンスメニュー。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い致します。

s-IMG_0041

Ferrari 360 モデナ メンテナンス開始準備の為、リフトセクションへと…

s-IMG_0302

s-IMG_0303

リペア&メンテナンスに伴いインテリアパーツを丁寧に分解。

インテリアに独自のプロテクションカバーを装着。

独自のプロテクションカバーを作業前装着する事により、一切の汚れの付着などを完璧にシャットアウトします。

弊社では、独自のプロテクションカバーを、各モデル毎に完備しています。

s-IMG_0393

s-IMG_0395

エクステリアにもプロテクターを装着。

リペア&メンテナンス開始です。

s-IMG_04981

エアコンのトラブル。

エアコンが効き難くなった場合色んなパターンのポイントが有ります。

今回はメカニカル&エレクトロニクス。

2つの主原因が有ります。

まずメカニカルでは、エアコンガス漏れ。

エアコンガスは漏れが発生しない限り、年数が経過しても減りません。

また、ガスは、劣化しないので交換する必要性も有りません。

問題なのは、安易なガスの補充や充填です。

補充ではエアコン関連パーツにダメージを与えてしまいます。

ガス漏れと同時になくなってしまうコンプレッサー潤滑オイル。

エアコンコンプレッサーの潤滑方式は、簡単に言えば2サイクルエンジンと同じ。

コンプレッサーに溜まって潤滑するのではなく、エアコンガスに付着しエアコンライン全体を回りながら潤滑しています。

ガス漏れ=オイル漏れの方程式。

そのままの放置では、コンプレッサーオイル切れによる焼きつきを発生させ、コンプレッサー内部のパーツがバラバラ。

バラバラになったパーツ片が全てのエアコンラインに周り大変な事に!!

エアコンの効きが悪いと、エアコンガスの補充を繰り返すと上記のトラブルを確実に発生させます。

また、エアコンガスが漏れた状態での放置は、漏れている個所から、十二分に湿気を含んだ大気が混入し、ほぼアルミニュウム製のエアコンパーツを内部から腐食させ全滅させます。

早期に確実なリペアが必要な部位の1つですね。

s-IMG_04871

分解パーツ内部に砂や埃の混入を避ける為、1度クリーニングアップを行い分解します。

s-IMG_0480

s-IMG_0481

s-IMG_0482

s-IMG_0483

クリーンな状態で分解開始です。

s-IMG_0512

s-IMG_0513

s-IMG_0514

s-IMG_0517

今回の主原因の1つ。

エアコンホース&カシメ部分からのガスリーク。

純正ホース&ジョイントパーツが高額な為、ジョイント~ホースに至るまで、クオリティーをアップし製作します。

s-IMG_12751

s-IMG_1276

ジョイント~ホース製作と並行し、リヤーセクション リペア&メンテナンスを行います。

s-IMG_12811

s-IMG_1369

s-IMG_1370

フロントセクションから、分解を行ないます。

s-IMG_1372

s-IMG_1371

タイミングベルトケース内部から飛散したオイルが表面に出てきている現状。

通常オーナーが、目にする事の無い部分に不具合が発生している場合が多いのは事実です。

オーナーが分からないうちに不具合が進行し他のパーツに悪影響を及ぼしてしまっている場合が多々あります。

定期的なマシンのチェックにより、傷口を必要最小限で的確なメンテナンスが行えます。

s-IMG_1373

タイミングベルトにオイルが付着してしまうと、ベルト本来の強度が奪われ最悪の事態(バルブクラッシュ)を引き起こしてしまいます。

s-IMG_1377

s-IMG_1378

ラバーパーツまた、ガスケットの劣化で他の部位もオイル漏れが発生。

エキゾーストマニホールド真上からのオイル漏れは、車輌火災につながる危険な部分。

漏れが生じマニホールドに付着しています。

ガソリンは引火性が強く、オイルは着火性が強い油脂です。

エキゾーストマニホールドは非常に高温になる為、着火性の強いオイルの付着は発火を引き起こします。

s-IMG_1376

漏れ出したオイルがオイルパンまで伝ってきています。

ピンイントで確定している不具合ポイントまた、関連部分を的確にリペア&メンテナンスします。

s-IMG_1417

s-IMG_14161

Ferrariのエンジンはバルブタイミングを色々なバリエーションでセットできます。

現状のバルブタイミングを知るには、分解前に必要なチェック。

よく現状のバルブタイミングが数度ズレてしまっているマシンも見かけます。

単にタイミングベルトの交換だけでは、100%のポテンシャルは発揮しません。

組み込みには、バルブタイミングをマシンに合わせノウハウを盛り込みセットアップします。

s-IMG_1418

s-IMG_1419

各気等毎、計算式により現状の数値をチェックします。

非常に大切なポイントですね。

s-IMG_1453

s-IMG_14511

バルブタイミングの測定も終了。

オイル漏れが多量だった、カムシャフト フロントオイルシール。

カムシャフト フロントオイルシールはタイミングベルトの真後ろの直近パーツ。

漏れ出したオイルがタイミングベルトに付着しています。

ベルト本来の強度が奪われバルブクラッシュを引き起こします。

通常オーナーが、目にする事の無い部分に不具合が発生している場合が多いのは事実です。

オーナーが分からないうちに不具合が進行し他のパーツに悪影響を及ぼしてしまっている場合が多々あります。

確実なチェックで、マシンに2次的ダメージを与える前にリペアします。

s-IMG_1447

上記の状態では、やはりリペア&メンテナンス時に、異物の混入が避けられません。

作動部分に付着した汚れ、古いグリス類も一掃。

リペア&メンテナンス中、パーツ内部への砂や埃の混入を完全にシャットアウト!!

全ての部位に対しクリーンな状態からリペア&メンテナンスします。

上記のクリーニングアップは作業の一貫とし行います。

s-IMG_17301

左がニューパーツ。

右が劣化によりオイル漏れが発生していたシール。

Ferrari専用SST(専用工具)で、丁寧なリペア&メンテナンスが進みます。

専用SSTを使用する事により、キズや歪みを発生させる事無く分解組み立てが可能です。

また、組み込み精度が飛躍的に向上します。

イタリア モデナに本拠を置くFerrari , Lamborghini のメンテナンスと、レーシングマシンのメンテナンス ディーラーである ROSSO CORSA , SPA の指定を東洋で初めて受けていますので、全てのSSTを完備し、最新のデーターや、情報でマシンを確実にリペア&メンテナンスする事が出来ます。

s-IMG_1708

s-IMG_1711

今回のエンジンオイル漏れ主原因に伴い分解された各ギヤーやプーリーの現状。

漏れ出したオイルが付着し、錆も発生してしまっています。

この状態では、紙やすりで削る様な作用が発生します。

その為、タイミングベルトが攻撃され指定交換時期まで、タイミングベルトが持たない可能性があります。

各ギヤー&プーリーのメンテナンスも同時に行います。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb210

s-IMG_1713

s-IMG_17151

ギヤーも加工修正&クリーニングアップ終了。

1つ1つのパーツを確実にリセットします。

これで、シッカリとタイミングベルトが噛み込み、またキッチリとしたバルブタイミングのセットアップも可能になりました。

また、タイミングベルトを攻撃する脅威も完全になくなりました。

1つ1つの細かな作業には、全て理由が有ります。

問題の発生しているパーツに関しては、現品で的確に修正し確実な精度を取り戻します。

今回のオイル漏れ個所のリペアーに伴う分解パーツ。

1つ1つのパーツ精度を格段に向上させ、より精度の高いエンジンに仕上げます。

この修正作業など、追加作業と思われがちですが、追加費用は頂きません。

これは、私共のクラフトマンシップで、より良いマシンに仕上げる為のメンテナンスだからです。

s-IMG_17211

s-IMG_1722

見逃されがちなタイミングベルトテンショナー。

左が古いパーツ。

右がニューパーツ。

タイミングベルトを油圧で常に張力を持たせる為の大切なパーツ。

内部は油圧式のショックアブソーバと同じ様な構造。

ショツク同様にヘタリが発生してきます。

確実なスパンでの交換が必要です。

s-IMG_1717

今回交換するオリジナルのタイミングベル トテンショナーベアリングです。 

アウターケースは無垢材より削り出し製作。

錆の発生を完全にシャットアウトする亜 鉛メッキ処理を施工。

ベアリング本体には、国産最高級ベアリング NTN製のベアリングを使用。

国産最高級ベアリングを 使用する事により、回転負荷の著しい軽減が可能。

タイミングベルトへの負担を最小限に抑えます。

オリジナルのタイミング ベルトテンショナーベアリングを使用する事により、エンジン回転も非常にスムーズになりタイミングベルトへの負担も著しく軽減。

全ての問 題を完全にクリアーしたタイミングベル トテンショナーベアリングです。

s-IMG_1734

s-IMG_1735

1つ1つのパーツ精度また、クリーンな状態を復元しリペア&メンテナンスが進みます。

s-IMG_1758

基本トルクで各部をロック。

s-IMG_1761

s-IMG_1760

s-IMG_1759

高い精度で組み上げた心臓部。

これから肝心なバルブタイミングのセットアップに入ります。

s-IMG_1782

s-IMG_1783

s-IMG_1784

s-IMG_1786

バルブタイミングをマシンに合わせノウハウを盛り込みセットアップしていきます。

360本来のポテンシャルを存分に発揮させます。

s-IMG_14372

Ferrari専用SSTを使用しフロントセクション リペア&メンテナンス完了。

バルブタイミングのセットアップも完了。

続いてリペアに伴い分解した左右バルブカバー現状の画像です。

s-IMG_14391

バルブカバーのアップ画像。

結晶塗装の隙間に汚れが入り込み、汚れ切っている現状。

s-IMG_1438

スラッジが、付着してしまっている内部。

また、分解時に接合部分面の歪みも計測済み。

全体に歪が発生してしまっている接合面を、専用機器を用い完璧に歪みを抜き取ります。

随所に接合この様なパーツが多々存在します。

歪み抜きメンテナンス&クリーニングアップ作業開始です。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb214

s-IMG_1808

s-IMG_1809

メンテナンス&クリーニングアップ後のバルブカバー。

s-IMG_18101

バルブカバー結晶塗装アップ画像。

独自のクリーニングアップ方法で、結晶塗装の隅々に付着していた汚れを細部までクリーニングアップ。

本来の発色を取り戻した結晶塗装。

スッキリ!!

s-IMG_18111

接合面の歪み取りメンテナンスも完了。

同時にバルブカバー内部のスラッジや、汚れも完璧にクリーニングアップ終了です。

s-IMG_18561

タイミングベルトカバー現状の画像です。

各ギヤーまた、テンショナーベアリングの錆で削られたタイミングベルトのラバー粉また、オイル漏れによる油分。

新しいタイミングベルトに付着しない様、クリーニングアップします。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb215

s-IMG_1885

s-IMG_1886

タイミングベルトケース クリーニングアップ後の画像です。

s-IMG_1857

タイミングベルト交換と同時のメンテナンスが好ましいウオータポンプ。

分解&リフレッシュ開始です。

専用機器を使用し接合面などの歪みも完璧に加工修正します。

ただ単にOHするのでは無く、分解パーツ精度を取り戻す事で、メンテナンス部位のロングライフ化につながります。

s-IMG_18871

エンジン側ウオータポンプ接合面も専用機器を使用し、歪み抜き作業を完璧に実施。

フルOH&リフレッシュされたウオータポンプ。

マシンへと組み込み完了。

s-IMG_1912
代表的な素材の指定交換パーツの1部。

ラバーパーツ。

1 ラバーパーツなどは、光やオゾンによる酸化で弾性が失われ、亀裂や溶解がある程度の年数で起こってしまいます。

マシン全体の定期的なチェックまた、360特有の傾向的 不具合発生個所のチェックにより、早期発見 早期治療で、未然に大きなトラブルを防ぐ事が可能です。

これは、どのモデルにでも当てはまる事ですよね。

s-IMG_1897

s-IMG_1909

ウオーターラインの交換に伴い分解したパーツ群、1部分の現状です。

ホースは、交換。

パイピングは再使用。

単にホース交換だけでなく、再使用パーツをリフレッシュし組み込みに備えます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb216

s-IMG_1913

s-IMG_19141

s-IMG_1915

リフレッシュ終了のパーツ。

ホースは、ニューパーツ。

パイピングは、細部までチェック&リフレッシュ。

s-IMG_19641

s-IMG_1960

s-IMG_1961

エンジン フロントセクション リペアー&メンテナンスまた、セットアップも終了。

1つ1つのパーツ精度を復元し、クリーニングアップ。

機能性と美観を取り戻したフロントセクション。

s-IMG_1950

続いて、F1マチック オイル漏れのリペア開始です。

s-IMG_1952

s-IMG_1953

F1マチックシステムは、基本非分解で有りリペアパーツの供給はほとんど有りません。

しかしアッセンブリー交換では非常に高額なパーツです。

今回はトラブルシューティングの結果、致命的破損に至る前でしたので、必要パーツを製作し現品のF1マチックシステムをリペアします。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb217

s-IMG_1967

リペアパーツを製作し,現品のF1マチックシステムをリペア終了。

同時に周辺部位もクリーニングアップ。

s-IMG_19721

続いて油脂類の交換。

一言で油脂類と言っても、マシンには、色々な油脂類で潤滑や、油圧の発生による作動が常に行われています。

エンジンオイル&オイルフィルター ミッションオイル F1マチックオイル ブレーキオイル クラッチオイル パワーステアリングオイル エンジン冷却水などなど…

FerrariやLamborghiniなどのスーパースポーツマシンは高速走行などが多い為、エンジンオイルだけでは無く、他の部位のオイルも頻繁に酷使されるので確実なスパンでの交換が必要です。

各油脂類は、色々と各社ラインナップが有りますが、メリットとデメリットが有り、マシンモデル毎また、使用する部位また、マシンの使用用途などを全て加味し、1番適切なオイルを、弊社では選択します。

メーカー指定純正オイルが1番無難と言えば無難なのですが、全てのモデルに1番適切なオイルかと言えば疑問です。

新車時のエンジンに注入されているオイルは、メーカー指定純正オイルでは無く、初期馴染みなどなどを考慮した、ファクトリー専用の非常に高額なオイルです(一般には流通しない特殊な高性能オイル)。決してメーカー指定純正オイルでは無いんです。

モデル毎にオイルに添加されている成分内容や粘度などなど…を変更しベストなオイルをチョイスし、交換する事により、より一層マシンをベストな状態へと導きます。
エンジンオイルでは、潤滑 冷却 防錆 応力分散 密閉作用 洗浄作用の6つの作用が求められます。

マシンやモデルまた、使用用途に応じてオイル成分や、粘度などなど……選択します。

現状のオイルは、かなり使い込まれている様です。

もう少し早めのスパンでの交換をお奨めします。

s-IMG_1986

エンジンオイル&オイルフィルターの交換。

オイルフィルター。

エンジンオイルにはエンジン内部を清浄に保つ為にオイル中の汚れやゴミを取り込むオイルフィルターがありますね。

オイルフィルターがあると、エンジンオイルがそこを通過することにより、オイル内に取り込まれていた金属粉やスラッジ(ホコリや燃焼カスなどの不純物)が濾し取られます。

特に金属粉は、放置すると研磨剤と同様の効果をエンジン内に及ぼしてエンジン損傷の原因になる為、その除去は重要です。

オイルフィルターのろ過能力は上げ過ぎると油圧上昇や目詰まりなどの不具合を引き起こす可能性がある為にその性能はある一定のところで抑えられています。

その為オイルフィルターですべての金属粉やスラッジ等が除去できる訳ではないんです。

また、オイルフィルターの能力が低下し目詰まりを起こした場合を想定してバイパス機構を備えています。

フィルターが目詰まりしてエンジン内各所にオイルが供給できなくなると、エンジンが焼き付く原因となるからです。

ただしこの機構はあくまで非常用であり、的確なスパンでの交換が必要です。

また、交換時は的確なトルク管理の下での交換が必要です。

s-IMG_1983

周辺部分もクリーニングアップ。

交換終了。

s-IMG_1974

続いてミッションオイルの交換。

エンジンオイルの交換はオーナーが1番気にし交換されますが、ミッションオイルも忘れてはいけない油脂類の1つ。

ギヤーの焼き付きを避け、またシフトフィーリングまでよくなるミッションオイル。

シフト操作をするとミッション内部で大きなギヤーが噛み合ったり、外れたりしますよね。

ギヤーオイルには、潤滑 冷却 防錆 応力分散の4つの作用が求められます。

エンジンオイルでは、これに加えて密閉作用や洗浄作用が要求されますがギヤーオイルの場合この効果はほとんど必要が無いでしょう。

それよりも重視されるのが応力分散作用ですね。 この作用がしっかりと発揮できるミッションオイルを使用しないと、ギヤーの焼き付きなどのダメージに繋がったり、シフトフィールの悪化に直結します。

マシンやモデルまた、使用用途に応じてオイル成分や、粘度などなど……選択します。

非常に綺麗なオイルですが、走行距離が極小でも、使用期間でも劣化します。

交換サイクルは、ベースオイルの種類で変化します。

s-IMG_19762

ドレンにミッション内部の金属粉が。

クリーニングアップし組み込みます。

交換スパンは確実に…

s-IMG_1996

他のリペア&メンテナンスと並行し製作していたエアコンホース。

純正よりクオリティーアップし、また低価格。

今回、設計&製作したエアコンホース。

国産の非常に品質の良い高圧ホースを使用。

ホースとのジョイント部も全て製作。

s-IMG_19971

s-IMG_19991
ジョイント&パイプのアップ画像。

これで主原因ポイントは全てクリアー。

バッチリ!!

エアコンホースに限らず製作可能です。

組み込みにに入ります。

s-IMG_2107

s-IMG_2106

関連各部のチェックまた、クリアランスも見直し、組み込み終了。

全ての作業に時間を惜しまず徹底したメンテナンスを行います。

Maintenance  Reportでは全ての画像をアッブ出来ませんが、ポイントをオーナーに見て頂ける様、かいつまんでアップしています。

リペア&メンテナンスの新旧パーツ 対比画像また、セットアップ中の画像 製作過程や交換過程の画像。

また、分解工程も詳細に撮影していますのでDVD-Rで、お渡しします。

s-IMG_2031

s-IMG_2033

s-IMG_2035

続いて、メンテナンスメニューの、1セクション。

サスペンション フルブッシュ交換作業へと入ります。

現状のフロントセクション画像。

s-IMG_2032

s-IMG_2034

s-IMG_20361

同じく現状のリヤーセクション。

s-IMG_20371

フルブッシュのニューパーツの画像です。

s-IMG_2038

s-IMG_2039

s-IMG_2041

ニューパーツは、さすがに気持ち良いものです!

リペア&メンテナンスの綿密さと、マシンに合わせたセットアップ。

作業後のドライバビリティーが楽しみですね!

s-IMG_20471

s-IMG_2049

フルブッシュ交換に伴う各パーツ分解後のフロント&リヤーセクション。

現状のフェンダー内部。

リペアー&メンテナンスと同時にフェンダー内部のリフレッシュ&クラックチェックも行ないます。

s-IMG_2058

s-IMG_2059

s-IMG_2060

s-IMG_2061

s-IMG_2062

s-IMG_2069

リペア&メンテナンスの為、マシンより取り外したフロントサスペンション現状の画像です。

s-IMG_2053

s-IMG_20541

同じくリヤーサスペンションシステム。

フルブッシュ交換と同時に、各分解パーツのメンテナンス&リフレッシュも行なっていきます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb221

s-IMG_2256

s-IMG_2259

フロント フェンダー内部のリフレッシュも終了。

また、クリーンな状態からアルコア社製フレームのクラックチェックも完了。

s-IMG_2260

s-IMG_2262

同じくリヤーセクション。

s-IMG_2239

s-IMG_2240

Ferrari専用SST(専用工具)を使用し、アームに傷や歪みを発生させる事無く、確実にブッシュを分解。

単にブッシュ交換だけに留まらず、汚れまた錆の発生している各アームのリフレッシュも同時に行ないます。

これにより1つ1つの構成パーツを100%確実にリセットしていきます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb222

s-IMG_2232

s-IMG_2233

リフレッシュ&メンテナンス完了の各アーム。

s-IMG_22361

s-IMG_2238

s-IMG_2234

メンテナンスが終わったアームに、ニューブッシュを組み込みます。

組込みにもFerrari専用SST(専用工具)を使用し、確実にブッシュを組み込みます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb224

s-IMG_2251

s-IMG_2252

s-IMG_2253

ブッシュ組み込み終了のアームの画像です。

s-IMG_2263

s-IMG_2264

1セクション1セクション完璧にリペア&メンテナンスを行ないます。

s-IMG_2274

s-IMG_2273

フロント リヤー アップライト リペア&メンテナンス終了の画像です。
ハブの面接触部分に発生していた錆も加工修正。

ホイールとの面接触圧力も本来の圧力へ…..

確実なメンテナンスと同時にクリーニングアップ。

機能性と本来の美観を取り戻す両立したメンテナンスを行ないます。

s-IMG_2275

s-IMG_2276

フロント リヤー サスペンションシステムの組み込み。

組み込み方法にも色々なノウハウが有ります。

s-IMG_2277

左がメンテナンス前のブレーキローター。

右がメンテナンス&リフレッシュ後のブレーキローター。

使用許容範囲に十二分な機能を持っているパーツは安易に交換する事無く、メンテナンスし再使用します。

ただ、再使用するだけては無く、全て徹底的にメンテナンス&リフレッシュをし再使用します。

s-IMG_2312

s-IMG_23131

s-IMG_23141

ブレーキキャリパーもチェック&リフレッシュ。

クリーンなフレームに、メンテナンス&リフレッシュしたパーツ群を的確に組み込み。

s-IMG_2315

s-IMG_23161

s-IMG_2317

リヤーセクション。

s-IMG_20691

s-IMG_2071

s-IMG_2072

s-IMG_2310

s-IMG_23111

s-IMG_23181

s-IMG_2320

ショックブッシュの交換。

アーム同様、Ferrari専用SST(専用工具)を使用し、確実にブッシュの交換を行ないます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb225

s-IMG_23211

s-IMG_23221

s-IMG_23262

ブッシュも全て分解。

メンテナンス&リフレッシュを行なったショックアブソーバ。

クリーンな状態からニューブッシュの組み込へと…

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb226

s-IMG_2327

s-IMG_2328

s-IMG_2329

s-IMG_2330

フルブッシュ交換終了のサスペンション。

s-IMG_2339

s-IMG_2496

s-IMG_2497

s-IMG_2498

続いて、リペア&メンテナンスに伴い脱着されたカウル類。

組み込み前に表裏共にクリーニングアップします。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb227

s-IMG_23401

s-IMG_2337

s-IMG_2341

s-IMG_2343

s-IMG_2503

s-IMG_2502

s-IMG_2500

s-IMG_2501

クリーニングアップも隅々まで丁寧に仕上げました。

通常見えない箇所もクリーンな状態に戻し組み込みに備えます。

各部メンテナンスと同時に施工する、クリーニングアップ。

各部の仕上げは、レザーの素材、ペイントの素材、各部の構成パーツなどなど….. 素材を熟知したエンジニアにより、部位部位に1番適した、本来の素材を蘇らす意味での仕上げが行われます。

ケミカル用品で一時的に艶を出す様な安易仕上げは、一切行われません。

各部のクリーニングアップは全て作業の一貫と考え行います。

s-IMG_2347

s-IMG_2348

s-IMG_23491

s-IMG_2351

フロントセクション組み込み終了です。

Ferrari専用SST(専用工具)を使用し、フルブッシュ交換完了。&

単にブッシュ交換や、オーバーホールだけに留まらずメンテナンス部位関連のメンテナンス&リフレッシュも同時実施。

これにより1つ1つの構成パーツの機能性のみならず、見た目にも新車時の輝きを取り戻しました!

s-IMG_2356

s-IMG_2359

s-IMG_23531

フロントに続き、リヤーセクション組み込み終了です。

ただ単に組んでも、100%のポテンシャルは、発揮出来ません。

独自のノウハウで組み込み完了です。

s-IMG_2344

続いてブレーキオイルの交換。

専用機器を使用し、各部最後部より交換します。

一般的なブレーキオイルは、ポリエチレングリコールモノエーテルが主成分で構成されています。

これに酸化防止剤 防錆剤等が添加されています。

グリコール系は吸湿性が高く、湿気を吸うと沸点が下がってしまいます。

ただ、吸湿しても沸点を比較的高く維持できるようにホウ酸でエステル化してあります。

水分があってもエステル結合で加水分解されますが、定期スパンで交換しないと加水分解が飽和状態になります。

ブレーキオイル&クラッチオイルは、1年に1回の交換が必要です。

Ferrari 360 モデナのポテンシャルに合ったブレーキオイルをチョイスし全量交換します。

s-IMG_24311

コーナーウエイトレシオのチェック&セットアップに入ります。

s-IMG_2434

s-IMG_24371

コーナーウェイトゲージに接地した状態のFerrari 360 モデナ 。

個々のタイヤにかかる重量を車高調整などで変え、前後左右バランスを整えることが出来ます。

4輪アライメント調整の前にコーナーウェイト計測・調整をお薦めします。

荷重移動がスムーズになりサスペンションの性能がフルに発揮できます。

又、コーナーウェイトを合計(車両重量として軽量化計画を立てたり)パワーチェックを同時に行い、パワーウェイトレシオ・トルクウェイトレシオを計算する事も出来ます。

s-IMG_24761

続いて、フルアライメントの計測・調整開始です。

マシンの足回りを変更したり、足回りブッシュ交換また、車高を変更したマシンには、必要不可欠な作業です。

また、恒にの走行でアライメントは変化しています。

定期的な測定&セットアップでマシンのドライバビリティーを常にベストに保ちます。

モデル毎や使用用途また、サーキット走行するマシンでは、セッティングが違います。

s-IMG_24771

s-IMG_24791

s-IMG_2488

s-IMG_2489

キャンバー角 ,キングピン角 ,キャスター角 , トウ角 , ターニングラジアス , セットバック , スラスト角 ,

マシンの仕様に合わせスペシャルセッティングを行います。

蓄積したノウハウが必要です。

s-IMG_2504

s-IMG_2506

コーナーウェイト フルアライメントもセットアップ完了。

リペア&メンテナンスまた、同時に施工したクリーニングアップ関連の最終チェックに入ります。

s-IMG_2507

フロアー部分もスッキリ クリーニングアップ。

チェックと同時にカウルの組み込みも行ないます。

s-IMG_2514

s-IMG_2519

s-IMG_2515

s-IMG_2516

マシン フロアー部分も完璧にチェック&メンテナンス。

クリーニングアップしたカウル類の組み込みも終了。

s-IMG_2531

オーナーご依頼個所の1つ。

ブロアーの不具合発生ポイントも確実にリペア。

s-IMG_2555

s-IMG_2556

欠損していたインテリアバーツも装着。

s-IMG_2588

オーナー追加ご依頼のFerrari 360モデナ用 チャレンジストラダーレ 仕様 タコメーターパネルも装着。

s-IMG_55861

最終のセットアップ。

入力されていたERRORコードなども、全てリセットしセンサー&アクチュエーターのアダプティブ。

電子制御部位は、Ferrari純正車両診断テスターSD2で最終チェックまた、セットアップを実施します。

よくセットアップしましたと言う言葉は聞きますが、トラブルコードの消去だけではセットアップとは言えません。

メカニカル面も、担当エンジニアにより的確な最終チェックまた、セットアップが行われます。

s-IMG_27391

s-IMG_2741

s-IMG_27441

リセット&独自のセットアップも終了。

最終クリーニングアップ実施後のエンジン&エンジンルーム。

s-IMG_27371

エクステリア&インテリアも最終仕上げ終了です。

s-IMG_2735

ご依頼頂きました全てのリペア&メンテナンス終了のFerrari 360 モデナ。

こちらのMaintenance Reportには作業内容の1部のみを抜粋し掲載させて頂いています。

実施した全ての、リペア&メンテナンス中の分解写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当エンジニアが撮影致しております。

詳細な写真(CD-Rに落として有ります)及び、今回のメンテナンス内容、また今後のメンテナンスメニュー書類も分かり易く作成していますのでマシンと一緒にお持ち致します。

今回メンテナンス御依頼有り難う御座います。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »