Ferrari F360 モデナ F1マチック クラッチリペア&オーナーご依頼ポイントチェック

s-IMG_88862-300x225

ウェブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつもフェラーリ F360 モデナ メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きましたフェラーリ F360 モデナ を積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い致します。

s-IMG_95732-300x225

フェラーリ F360 モデナ チェック開始準備の為、リフトセクションへと…

s-IMG_96261-300x225

トラブルシューティング開始です。
 

まず、第1段階。

フェラーリ F360 モデナ 車輌コントロールユニットに、Ferrari純正車両診断テスター SD2を接続。

ECUのモニタリング開始です。

 

Errorコードのみのチェックではなく、SD2で車輌全体のエレクトロニクス系統の状態や、調整の状態を詳細に把握します。

各部の作動状況や出力波形に至るまで、コンピューター上で出来うる全てのエレクトロニクス関連のチェックを行い、現状の車両の状態を把握します。
s-IMG_96411-300x225

リフトUP。

s-IMG_96613-300x225

ボデープロテクタの装着。

s-IMG_9644-300x225

車輌はさまざまなパーツや機構で構成されていますね。

メカニカルまた、エレクトロニクス ボディー構成などなど…..書ききれない複雑な機構を組み合わせ1台の車輌として構築されています。

モデル毎の傾向的不具合も存在し、指定交換が促されているパーツも有ります。

s-IMG_96471-300x225

ただ、これまで的確かつ確実なチェック&メンテナンスを受けてきたか?

また、どのような工法でリペア&メンテナンスを受けてきたか?

更に、車輌の価値観を理解したエンジニアが携ってきたか?

過去の環境により、車輌のコンディションは大きく左右されます。

s-IMG_96521-300x225

Ferrari純正車両診断テスター SD2で、F360 モデナ F1マチック系統のシステムチェックを実施していきます。

更に奥深くまでF1マチックをチェック。

s-IMG_96531-300x225

最近の車輌はエレクトロニクスが著しく進化しています。

テスターを使用しての診断は、不可欠です。

最新の設備と、最新のデータを下に、膨大な独自のノウハウでトラブルポイントを確定します。

s-IMG_96622-300x225

SD2でモニタリングしたデータは、あくまでもデータとし受け止めトラブルシューティングを行います。

ERRORコードだけでのパーツ交換は安易過ぎます。

また、ERRORコードに入力されない部分も多々存在します。

 

データ全てを鵜呑みにせず、各ポイントの状態を専用機器を使用し単体点検を実施します。

s-IMG_96631-300x225

近年の車輌は、電脳化が非常に進んでいます。

エレクトロニクス関連のトラブルか、メカニカル機構でのトラブルかを、見極める事が重要です。

s-IMG_96541-300x225

間違ったトラブルシューティングでのリペアや、使用を継続すると確実に他の関連パーツを破損させる負の連鎖反応を起こします。(2次的不具合)

車輌に異変を感じた場合は、早急な対応が必要不可欠です。

それも、確実なトラブルシューティングで主原因を1回で的確に判断しリペアしないと、負の連鎖反応が全く違った系統に飛び火します。

 

どのようなトラブルシューティングも同じですが、ここで間違うと致命的。

独自のトラブルシューティングでトラブルポイントをピンポイントで確定します。

s-IMG_96583-300x225

推測での判断や、テスターのErrorコードのみの判断でのパーツ交換や、安易なリペア…。

当たればよいですが当たらなければ…余りにも安易過ぎます。

 

全ては、車輌構成から始まり、エレクトロニクス、メカニカルシステム、素材まで含め熟知したエンジニアが独自のトラブルシューティングを行います。

メカニカルから、エレクトロニクスの司令塔~末端のコントローラーや、センサー等を完璧に見極め、ピンポイントでトラブルポイントを確定します。

次に、なぜ不具合が発生してしまったか?

引き起こしている主原因は?

これらの要因も特定します。

 

このプロセスが非常に重要です。

s-IMG_96452-300x225

カウルに漏れ出したオイル。

s-IMG_96461-300x225

通常オーナーが目にする事の無い部分に不具合が発生している場合が多いのは事実です。

オーナーが分からないうちに不具合が進行し、他のパーツに悪影響を及ぼしてしまっている場合が多々あります。

s-IMG_96501-300x225

オイル交換時にオーバートルクでドレンコックを締め込まれていたのでしょう。

素材や、ボルト強度を熟知し、更に規定トルクも存在します。

オイルドレンの締め付け1つとっても重要です。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2228-300x225

s-IMG_96422-300x225

続いて、追加ご依頼頂きましたエアコンのトラブルシューティングへと…

s-IMG_96242-300x225

エレクトロニクス関連のトラブルか、メカニカル機構でのトラブルかを、見極める事が重要です。

ここでの誤診は致命的です。

s-IMG_0123-300x225

エアコンガス圧力が規定値より著しく低下している状態。

エアコンガス漏れが発生しています。

 

よく、エアコンガスが足らないとガスのみ補充される車輌を見受けます。

安易にエアコンガスを注入するのは、エアコン系統に多大な2次的ダメージを与えます。

これは人災です。

 

エアコンの構造上ガス漏れは、コンプレッサー潤滑用のオイルと同時に大気開放します。

エアコンガスを補充する事で、更にオイルが無くなる方向へと促進されます。

根本の主原因のガス漏れが直っていない訳ですから…

ついにはコンプレッサーの焼き付を引き起こします。

そこまでに至ると、焼き付いたコンプレッサー内部構成パーツの破片がエアコンライン内に飛散し、多大なダメージを引き起こします。

なので、エアコンガス圧が低下しエアコンが効かない場合、安易な補充は避けるべきです。

 

ガス漏れが発生している不具合ポイントを確実に見極めリペアすることが必要です。

2422_113-300x225

他車輌の画像ですが、このような状態に…

エアコンの1番の大敵は湿気です。

ガス漏れが発生しているということは大まかに言うと、漏れ出す穴が開いているという事。

その穴から湿気の混ざった大気がエアコンラインの中に混入します。

夏 冬また、エアコンを使用する しないに関わらず、放っておくとエアコンラインの中に大気(同時に湿気も混入します。)がエアコンガスの変わりに入り込みます。

大気の湿気だけで十分エアコンライン全体の内部にアルミ特有の錆が発生します。

錆が発生するとパイプの強度が低下。

1つの不具合が全体のパーツに悪影響を及ぼします。

 

その場合、穴の開いているポイントを的確にリペアしても、強度不足に至ってしまった他のエアコンパーツからガス漏れが発生するといういたちごっこになってしまいます。

それだけは避けたいものです。

s-IMG_96572-300x225

車輌全体に巡っているエアコンライン。 

ここでの誤診は、同じ不具合を繰り返し発生させてしまいます。

s-IMG_01281-300x225

s-IMG_01721-300x225

s-IMG_01741-300x225

エアコンガスリークを特定する専用機器は数種類完備します。

漏れの大小で全ての機器を使い分けます。

赤外線での設備も完備。

最先端の設備とエアコンの基本構造を熟知したエンジニアがトラブルシューティングを実施。

 

確実にリークポイントを特定します。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2235-300x225

全てのチェックが終了したフェラーリ F360 モデナ。

 

確実に現状の車輌の状態を把握し切らせて頂きました。

内容をまとめ、現状の車輌の状態を分かり易く明記し送付させて頂いた上、御連絡させて頂きます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2242-300x225

車輌に発生しているトラブルポイント、また、なぜトラブルが発生したのかをご報告し、決定させて頂いた今回のメンテナンスメニュー。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い致します。

s-IMG_15382-300x225

F360モデナ リペア&メンテナンス開始準備の為、リフトセクションへと…

s-IMG_15602-300x225

リフトUP。

s-IMG_15612-300x225

ボデープロテクターの装着。

s-IMG_15622-300x225

まず、F1マチッククラッチ関連のリペア&メンテナンスから。

F360 モデナは、ノーマル、スポーツのシフトスピードをコントロールできる機構を搭載しています。

クラッチの消耗具合は、フェラーリのF1マチック、ランボルギーニのeギヤ共に、使用用途や操作の仕方で、クラッチの磨耗は大きく変化します。

デュアルクラッチシステム搭載のF1マチックは別ですが…

 

走行距離にもよりますが、6ヶ月程度で純正テスターでの残量チェックや調整をすることで、磨耗を最小限に留めることができ、シフトフィールも常に良い状態を保つことが出来ます。

s-IMG_16271-300x225

リペア&メンテナンスに伴うリヤセクションの分解。

接合部にマスキング。

丁寧な作業が進みます。

s-IMG_16302-300x225

セミオートマチックトランスミッション F1マチックと、6速ミッションとの違いは、マニュアルで手動変速操作するか、セミオートマチックトランスミッションF1マチックをパドルシフトで手動変速操作するかの違いです。

勿論、エレクトロニクスの介入や、メカニカル面での相違点はありますが…

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2377-300x225

s-IMG_17432-300x225

中々オーナーが目にする事の無い隠れた部分には、塵や埃、また油汚等が蓄積しています。

まず分解前に、蓄積している汚れを全てクリーニングします。

これは、異物が分解パーツ内部へ混入するのを避ける為。

クリーンな状態で作業を進める為、行います。

s-IMG_17451-300x225

アルコア社のフレーム。

上記の状態では、リペア&メンテナンス時に異物の混入が避けられません。

分解前に、独自のクリーニングアップ方法で一掃しクリーンな状態を取り戻します。

変化振りを……..乞うご期待!!

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2378-300x225

s-IMG_17592-300x225

クリーニングアップ終了のパワートレインの画像です。

s-IMG_17582-300x225

周辺部分も同時にクリーニングアップ。

ボルト、ナット1つまでクリーニングアップ。

分解、組込み時に、ボルトやナットにストレスをかけません。

 

全ての部位に対しクリーンな状態から分解します。

私達メンテナンスする側も気持ち良くリペア&メンテナンスに掛かれます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2396-300x225

s-IMG_17743-300x225

クリーンな状態から取外したパワートレイン。

s-IMG_17752-300x225

クラッチケース内部もクリーニングアップ。

クリーンな状態からクラッチコンプリートを分解します。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2397-300x225

s-IMG_18341-300x225

フライホイールには、ヒートスポットが点在しています。

使用許容範囲を超えるヒートスポットが発生したフライホイールは、表面の摩擦係数が変化し、スムーズな発進ができない状態になったりクラッチ滑りを起こす原因になります。

最悪の場合はプレッシャプレートが歪んでしまい、正常に走行できなくなることもあります。

 

今回は、使用許容範囲内ですのでメンテナンス後、再使用します。

クラッチ残量が少ない状態で使用を続けると、ヒートスポットが使用許容範囲を超え、フライホイールの交換も余儀なくされます。

事前のチェックまた、リペアが大切です。

s-IMG_18362-300x225

分解後のクラッチコンプリート。

クラッチ本体は、パワーユニットのクランクシャフトと直結しているフライホイールと、トランスミッションのメインシャフトとスプラインで連結されているクラッチディスク、ダイヤフラムスプリングとプレッシャプレートの組み合わせで構成されています。

s-IMG_18375-300x225

クラッチは経年使用により摩擦材が摩耗し、最終的には滑り症状が発生して動力の伝達が不可能になります。

クラッチ残量が僅かな状態で使用し続けた場合、摩擦板が完全に失われたクラッチプレートの金属部分が、フライホイールや他の構成パーツを切削してしまうため、早めの交換がお勧め。

F360 モデナ F1マチックのクラッチ機構チェックは、フェラーリ純正テスターで行います。

走行距離にもよりますが、6ヶ月程度で純正テスターでの残量チェックや調整をすることで、磨耗を最小限に留めることができ、シフトフィールも常に良い状態を保つことが出来ます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2398-300x225

s-IMG_18392-300x225

画像上が磨耗したクラッチコンプリート。

画像下がニューパーツ。

s-IMG_18401-300x225

クラッチディスクは、ブレーキに置き換えると、ブレーキパッドに相当します。

そこには動力断続時の衝撃などを緩和するためのダンパスプリングが組み込まれ、ディスクに求められる要件は非常にシビアです。

 

クラッチカバーは、クラッチディスクを圧着しているダイヤフラムスプリングとクラッチディスクと摺動する摩擦面を設けたプレッシャプレートが一体となったパーツ。

フライホイールにダイレクトに付けられています。

常にエンジンと同じ回転数で回転しています。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2399-300x225

s-IMG_18412-300x225

s-IMG_18421-300x225

ディスクの素材は、オルガニック、カッパ、メタルなどが主流です。

近年では、クラッチディスクに2つの素材を使用したディスクも開発されています。

繋がり出しはカッパで圧着。

高回転、高出力時にはメタルで圧着され、パワーユニットの出力を最大限に引き出します。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2400-300x225

s-IMG_1872-300x225

メンテナンスを行ったフライホイールに、クラッチコンプリートを組み込み。

トルクレンチを使用し最終ロックします。
 

トルクレンチを使用する事により、規定トルクによる締め付け管理が確実に行えます。

通常のレンチでは、締め付け不足による緩みや、締め過ぎによる破損、あるいは締め付けの個人差によるばらつきが発生します。

これを防ぎ、規定トルクでシッカリとしたトルク管理を行う為、全てトルクレンチを使用し各部を組み込んでいきます。

他の部位も同様です。

ボルトやナットの締め付けトルクは、材質や処理の方法また、長さ等々でISO規格が設けられているほど重要なポイント。

s-IMG_18812-300x225

オーナーが大切にされている車輌。

車輌への乗り降りからメンテナンスに至るまで、細心の注意を払い独自のサービスをご提供させて頂いています。

トルクレンチを握っているエンジニアの手。

手がこんなに綺麗なのは、汚れたらすぐ洗う、という当たり前の習慣を日々欠かすことなく行っているからです。

爪の間に油が染みこんでいたり、作業服の袖口が汚れたままだったとすれば、オーナーは不安もいだかれる事でしょう。

私たちのサービスはそこから始まります。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2402-300x225

s-IMG_1883-300x225

s-IMG_18842-300x225

クリーンな状態から組み込み完了のクラッチコンプリート。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2401-300x225

s-IMG_18222-300x225

パワートレイン側内部もクリーニングアップ。

クリーンな状態から組み込み完了のレリーズ。

s-IMG_18231-300x225

レリーズベアリングは、ダイヤフラムスプリングを引き上げる役割を果たすパーツ。

ダイヤフラムスプリングとは、クラッチカバーに取り付けられている構成パーツです。

つまりレリーズベアリングは、パワーユニットと同じ回転数で常に回転しています。

クラッチコンプリート交換と同時に交換するのがセオリーです。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2416-300x225

s-IMG_18242-300x225

徹底したメンテナンス&クリーニングアップを行い、組み込みに備えます。

 

各部メンテナンスと同時に施工するクリーニングアップ。

独自のクリーニングアップ方法でクリーンな状態を取り戻します。

各部の仕上げは、レザーの素材、ペイントの素材、各部の構成パーツなどなど…..

構成パーツの素材を熟知したエンジニアが、素材に1番適した、蘇らせる意味での仕上げを実施します。

ケミカル用品で一時的に艶を出す様な安易仕上げは、一切行いません。

各部のクリーニングアップは全て作業の一貫と考え行います。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2417-300x225

s-IMG_1970-300x225

フレームの隅々まで、丁寧にクリーニングアップ。

組み込みは、基本搭載位置の見直しも図り搭載完了。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2418-300x225

s-IMG_19771-300x225

続いて、アルコア社リムーバブルフレームのメンテナンス&クリーニングアップへと。

s-IMG_1978-300x225

s-IMG_1979-300x225

s-IMG_1980-300x225

ミッドシップの車輌では、非常にストレスのかかる部分。

クリーニングアップ後、各部の測定、またメンテナンスを行い適正化を図ります。

現状の状態です。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2419-300x225

s-IMG_1984-300x225

メンテナンス&クリーニングアップ後のリムーバブルフレーム。

s-IMG_19851-300x225

クリーンな状態で細部までチェック&メンテナンス。

s-IMG_19861-300x225

適正化を図り組み込みに備えます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2420-300x225

s-IMG_20061-300x225

適正化を図ったリムーバブルフレームを、メインフレームへと。

メインフレームの基本装着位置の見直しも図って組込み。

s-IMG_2005-300x225

トルクレンチで的確なトルクでロック。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2421-300x225

s-IMG_2012-300x225

付属部位のメンテナンス&クリーニングアップを行い組み込み。

精度を取り戻したパーツを、高いクオリティーで組み込む事で、パワーユニット本来のキャラクターが顔を覗かせます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2436-300x225

s-IMG_20531-300x225

F1マチックオイルの交換。

 

F1マチックオイルの交換も見逃されがちです。

FerrariのF1マチックオイル交換は、Ferrari純正車両診断テスターで通信しながらの交換。

Lamborghini のeギヤーオイル同様、純正テスターを使用せず無理に交換すると、F1マチックポンプや、各ソレノイド機構に負担が掛かります。

破損してしまうと非常に高額なパーツ。

Ferrari純正車両診断テスターでのメンテナンスが必要です。

F1 マチックオイルも車輌にベストなオイルで…

 

全ての油脂の劣化度は、目で見る 触るなど簡単な方法で判断しにくいものです。

真っ黒になったオイルや、異臭 変色している物は別ですが…..

通常、使用部分の構造や使用期間、走行距離で判断します。

また、全てのオイルには食品と同じ様に賞味期限が有ります。

賞味期限切れでは本来の性能を発揮できず、メカニカル機構を痛めてしまいます。

どのような高額な油脂であっても、使用期間や賞味期限はあります。

油脂の管理は非常に大切なポイントです。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2437-300x225

s-IMG_21021-300x225

生産時の誤差、使用での精度低下している部分を項目毎に専用機器で加工修正。

確実に構造体としての精度を取り戻した再使用パーツを組み込み。

s-IMG_21002-300x225

各ボデーパーツの基本装着位置の見直しを図り、細部のチリも完璧に組込み。

s-IMG_21803-300x225

エキゾーストシステムを組み込み。

全てのクリアランスを左右均等に確保。

ジョイント角度にもこだわり、全て無理なくエキゾーストを取り回し組み込み。

 

テールエンドの位置関係も最適に。

仮付けから本組みまで独自の精度で組み上げます。

s-IMG_21692-300x225

周辺部位も同時にクリーニングアップ。

s-IMG_2172-300x225

きめ細かなクリーニングアップ。

クリーンな状態から最終チェックを実施。

 

続いて、エアコンのリペア&メンテナンスへと。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2439-300x225

s-IMG_02061-300x225

まず、メカニカル機構でのトラブルポイント主原因の1つ。

エアコンコンプレッサーからのガス漏れ。

 

エアコンコンプレッサーの潤滑方式は、簡単に言えば2サイクルエンジンと同じ。

コンプレッサーに溜まって潤滑するのではなく、エアコンガスに付着し、エアコンライン全体を巡りながら全ての構成パーツを潤滑しています。

ガス漏れ=コンプレッサーオイル漏れ の方程式。

ガス漏れでコンプレッサーオイルが少量になると、構成パーツの焼きつきを誘発させます。

焼き付きが起こると内部構成パーツが破損し、バラバラになったパーツ片が他のエアコン構成パーツ内に入り込み、多大な2次的ダメージをエアコンシステムに与えます。

 

エアコンの効きが悪いと、エアコンガスの注入だけし使用するのは、上記のトラブルを確実に発生させます。

また、エアコンシステムのメカニカルはほぼアルミニウム製。

夏/冬、エアコンを使用する/しない(車庫での保管中)に関わらず、エアコンガスが漏れた状態での放置は、漏れている個所から湿気を含んだ大気が進入し、アルミニウム製のエアコンパーツを内部から腐食させ全滅させます。

 

的確なチェックで事前のメンテナンスを行う事が重要です。

s-IMG_02083-300x225

今回、早期のチェックで、コンプレッサー本体の焼きつきは発生しておらず、2次的不具合は発生していません。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2440-300x225

s-IMG_21043-300x225

今回装着するリビルト済みコンプレッサー。

s-IMG_21051-300x225

近年、フェラーリのリビルトパーツのラインナップが増えてきています。

リビルトパーツもOEMパーツ同様に、粗悪なものも多数有ります。

逆に良いものも有りますが、粗悪なパーツと良質なパーツの見極めが非常に重要ですね。

弊社のリビルトパーツは、信頼できるパートナーの下で完璧に仕上げられます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2441-300x225

s-IMG_02091-300x225

コンプレッサーを取外したパワーユニット側、現状の画像。

リビルトコンプレッサー装着前にクリーニングアップを行います。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2442-300x225

s-IMG_02101-300x225

細かなパーツも全てメンテナンス&クリーニングアップ。

クリーンな状態で組み込みに備えます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2463-300x225

s-IMG_21701-300x225

クリーンな状態から組込み。

周辺部位のハーネス等の取り回しも見直し適正化を図ります。

s-IMG_2171-300x225

周辺部位もスッキリ クリーニングアップ。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2464-300x225

s-IMG_21992-300x225

クリーニングアップ&メンテナンス後のカウルの画像です。

 

メンテナンスに伴い分解したアンダーカウルやフェンダーライナー類。

分解したパーツは通常問題が無いので、そのまま組み込まれるのが一般的です。

分解パーツを1点1点リフレッシュする事で、見た目にもスッキリし、トラブルを未然に防ぐ事も兼ね、全て組み込み前に表裏共にクリーニングアップ。

組込みに備えます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2465-300x225

s-IMG_2216-300x225

s-IMG_2213-300x225

クリーニングアップ済みのアンダーカウルを、基本装着位置の見直しも図り組み込み。

リペア&メンテナンス同様に、隠れた箇所ほど重要視します。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2466-300x225

s-IMG_22391-300x225

続いて、全てのメンテナンス終了後の最終セットアップ。

入力されていたERRORコードなども、全てリセット。

また、センサー&アクチュエーターのアダプティブ。

電子制御部位は、Ferrari純正車両診断テスターSD2で、F360 モデナの基本原理や構造を熟知したエンジニアが独自の最終チェック。

メカニカル面も、的確な最終チェックを行います。

 

最終の詰めです。

このプロセスが重要です。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2472-300x225

s-IMG_22401-300x225

最終チェック終了。

最終クリーニングアップ実施後のエンジン&エンジンルーム。

s-IMG_22411-300x225

s-IMG_2243-300x225

s-IMG_22441-300x225

s-IMG_22461-300x225

隅々まで独自のクオリティーでスッキリ。

s-IMG_22502-300x225

s-IMG_22532-300x225

s-IMG_22552-300x225

s-IMG_22563-300x225

s-IMG_2257-300x225

s-IMG_22603-300x225

エクステリア&インテリアも最終仕上げ終了です。

 

私たちのごく通常のリペア&メンテナンスetc.の流れです。

精度を取り戻すメンテナンス。

随所に施すクリーニングアップなど、追加作業と思われがちですが、追加費用は頂きません。

これは、私たちのクラフトマンシップの一貫であり、車輌をより良いコンディションに仕上げる為のメンテナンスだからです。

s-IMG_22471-300x225

全てのリペア&メンテナンス終了のフェラーリ F360モデナ。

 

こちらのMaintenance Reportには、作業内容の一部のみを抜粋し掲載させて頂いています。

実施した全ての、リペア&メンテナンス中の分解写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当エンジニアが撮影しています。

詳細な写真 163枚 (CD-R 1枚に落としてあります)及び、今回のメンテナンス内容を分かり易く作成していますので、車輌と一緒にお持ちします。

いつもメンテナンス御依頼有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »