Ferrari 512TR メンテナンス&タイミングベルト交換

4069_1

Ferrari 512TR メンテナンス&タイミングベルト交換 チェック開始させて頂く為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

現状のマシンの状態をもとに、今回の作業メニューを組み立てさせて頂きます。

4070_1

Ferrari純正車両診断テスターSD2にて、車両と交信開始させて頂いております。

各Errorコードだけではなく、車両診断テスターSD2を100%使い切り、各部の作動状況や出力波形などコンピューター上で、できうる全てのチェックを行います。

このチェックデーターを元に車両各部のチェックを開始させて頂きます。

4076_1

Ferrari純正車両診断テスターSD2でのチェツクデーターを下に各部の点検に入らせて頂きます。

また、年数的、指定交換パーツ 走行距離的、指定交換パーツ また、個々のモデルでの傾向的不具合発生箇所 また、個々の車両状況によるチェックも進めさせて頂いて参ります。

4082_1

続いて、テストランでのチェックを担当メカニックが開始です。

リフト上では感じ取れない実走行でのフィーリングもチェックさせて頂きます。

先程は、お忙しい中お電話にてご対応頂き誠に有り難う御座いました。

今回の作業内容及び、交換パーツ 全てお伝えさせて頂き、ご予算の中で、ベストな作業内容決定させて頂きましたので、只今パーツの発注させて頂きました。
パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので、今しばらくお時間頂けます様、宜しくお願い申しあげます。

追加御依頼頂きました、フロントライトカバーのペイント。

パーツ入荷の間に、リペイント作業行わせて頂く為、弊社の信頼致しておりますパートナーの元へ搬入させて頂きました。

ペイント仕上がり画像を完了次第アップさせて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。

4394_1

ヘッドライトカバーのペイント。

弊社の信頼できるパートナーの下より本日仕上がって参りました。
バッチリの仕上がりです!!

4628_1

今回、決定させて頂いておりました作業内容パーツ全て入荷致しましたので実作業に入らせて頂きます。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

4639_1

まず、エンジンを降ろす前にエンジンの始動確認、調子の有無、また、各装備品の作動確認を怠りません。

4640_1

全てのチェック完了です。

エンジン脱着開始させて頂きます。

4648_1

補器類&接続ハーネスや、パイピンク類を随時取外して参ります。

4656_1

完璧なボデーの保護を行い、作業を行わせて頂きます。

4660_1

Ferrari 512TR エンジン脱着完了です。

これより、作業分解前に、エンジンやミッションなどに付着致しております細かな砂や塵を1度、全てクリーニング実施させて頂きます。

これは、砂や塵が作業中パーツ内部への混入を避ける為、に実施させて頂きます。

また、見た目にも汚れが落ちスッキリ クリーンな状態を取り戻します。

エンジンフロントからの現状の画像です。

4661_1

エンジン左 バルブカバー。

テスタロッサの象徴。
赤いヘッドカバーの結晶塗装にビッシリ汚れが付着してしまっています。

4662_1

エンジン上部から見た、シリンターの現状の画像です。

4663_1

インテークマニホールドのシルバーの結晶塗装にも汚れが入り込んでしまっております。

4664_1

クラッ側の現状の画像です。

これより、作業分解前のクリーニングアップに入らせて頂きます。

バッチリ クリーンな状態にさせて頂きます。

4673_1

Ferrari 512TR エンジン&ミッション クリーニング完了です。

砂や塵が作業中パーツ内部への混入を避ける為。
またこの様な分解時にしか実施出来ない細部に至るまで、見た目にも綺麗な状態を取り戻させて頂きました。

クリーニング実施後のエンジンフロント側からの画像です。

4674_1

ヘッドカバーの結晶塗装もクリーンな状態を取り戻させて頂きました。

4675_1

続いてエンジン右側からのクリーニング後の画像です。

4676_1

エンジン上部から見た、シリンターもバッチリ!!

4677_1

インテークマニホールドのシルバーの結晶塗装も本来の輝きを。

4678_1

エンジン後方からの画像です。

4679_1

フロントケース&シリンダーのクリーニングアップ完了の画像です。

この様な分解時にしか実施出来ない細部も綺麗な状態を取り戻させて頂きました。

4680_1

クリーニングアップは、全て手作業で行います。

細部に至るまで、入念に行います。

4687_1

続いて、タイミングベルトケースも分解。
エンジンフロント内部に至りましても、手作業で全てクリーニングさせて頂いております。

4692_1

細部まで、クリーニングアップ実施させて頂きました、エンジンフロント部分の画像です。

これより、ウオータポンプのオーバーホール作業に入らせて頂きます。

4693_1

ウオータポンプ オーバーホール&タイミングベルト&テンショナーベアリング交換完了です。

バルブタイミングも弊社のセットアップでバッチリセットアップ完了!!

バルブタイミングは、エンジンポテンシャルを100%発揮させられるかどうかの非常に重要なポイントです。

4694_1

今回交換させて頂きました、弊社オリジナルのタイミングベルトテンショナーベアリングです。

弊社オリジナルの国産最高級ベアリングを使用しアウターケースは無垢材より削り出し、錆の発生を防止するメッキ処理をさせて頂きましたタイミングベルトテンショナーベアリングです。

国産最高級ベアリングを使用致しておりますので回転も非常にスムーズですので、負担が掛かりません。

4698_1

ブラック結晶塗装を施されている、エンジンフロントカバー。

分解時に再度クリーニング作業を行わせて頂きました。
結晶塗装も本来の輝きを取り戻し、奥深いブラックに………

4699_1

各部のクリーニングアップ。

見える箇所以上に、見えない部分に至りましても重要視させて頂いております。

フロントカバー内側のクリーニングアップ後の画像です。

4700_1

カバー1つに至っても、各部 規定トルクで組み込んで行きます。

4709_1

こちらが今回交換実施させて頂きますイリジュウムプラグです。

画像右側がニューパーツ。
画像左が古いプラグです。

エレクトロニクス関連パーツ不良&左右バンクの同調がバラバラだった為、カーボンで真っ黒なプラグ。

これより12気筒全て交換実施です。

4710_1

メンテナンス&クリーニングアップ完了致しました、Ferrari 512TR の心臓部。

1つ1つの作業終了と同時に、担当メカニックによるファクトリーの掃除が的確に行われます。

恒に、クリーンな環境で作業が行われます。

4711_1

インテークチャンバーのキャバリーノランパンテ。

真紅の結晶塗装も隅々まで綺麗になり、本来の輝きを取り戻させて頂きました。

4712_1

続いて、マシン側エンジンルームの隅々までクリーニングアップ実施させて頂きます。

フレーム全体や、細かな個所に汚れが溜まっております現状の状態の画像です。

4713_1

足回りのアーム類&サスペンションシステム&ブレーキシステムの現状の画像。

同時にクリーニングアップ実施させて頂きます。

4715_1

細部まで、クリーニングアップ完了致しました、マシン側エンジンルーム。

上記と同じ個所のフレーム クリーニングアップ後の画像です。

4716_1

続いて、足回りのアーム類&サスペンションシステム&ブレーキシステムのクリーニングアップ後の画像です。

4717_1

続いて、エンジンルーム右フレーム部分。

4718_1

続いて、左エンジンルームのフレームや、各パネル類のクリーニングアップ後の画像です。

新車当時の本来の発色を取り戻させて頂きました。

4723_1

続いて、マシン底面 フロアーからの画像です。

見えない箇所に至りましてもクリーンな状態を………

フューエルタンク断熱カバーリング類もスッキリ!!

エンジンルーム&足回り、全てクリーニングアップ完了です。

これより、メンテナンス完了のエンジン積み込みに入らせて頂きます。

4724_1

マシンへと、エンジン積み込み完了です。

ボルト&ナットのトルク管理を完全に行いながら組込み開始です。

4729_1

トルクレンチを使用し、シッカリと規定トルクで組込みを進めさせて頂きます。

4730_1

リヤーハブに発生致しておりました、錆も全て剥離を実施。

ホイールとハブとの密着性をアップ致します。

4742_1

組込み完了です。

初期始動時に、エンジン内部でカジリなを発生させない為に、エンジンオイルを全てのエンジン内部に行き渡させる作業に入らせて頂いております。

その間にフロント足回りのアーム類&サスペンションシステム&ブレーキシステムのクリーニングアップに入らせて頂きます。

4743_1

フロント足回りのアーム類&サスペンションシステム&ブレーキシステムの現状の画像です。

クリーニング実施開始です。

4746_1

上記 フロント足回りのアーム類&サスペンションシステム&ブレーキシステムのクリーニングアップ後の画像です。

4747_1

ブレーキキャリパーや、細部まで非常にクリーンな状態に…….

4750_1

エンジン〜足回り。

また各部のクリーニングアップ。

点検も可ね、全て担当メカニックが、手作業で入念に細部に渡り行われます。

4755_1

続いて、HIDの装着に入らせて頂きます。

ハーネスの接続も専用の接続パーツを使用しキッチリ ハーネスの接続を行います。

4765_1

HIDシステム装着完了です。

今回、6000ケルビンのHIDシステムを装着させて頂きました。

4777_1

Ferrari 512TR エンジン始動完了です。

エンジン始動時から、油温、油圧、水温などなど…..全てのチェックを行います。

適切な状態で、担当メカニックが全てのチェックを行います。

4789_1

1日置き、再度エンジン始動時から、油温、油圧、水温などなど…..全てのチェックを入念に行います。

4791_1

エンジン全てのチェックも完了。

ホイールの組込みに入る前にクリーニングアップを実施させて頂きます。

現状の画像です。

4792_1

ホイールのインナー側&アウターのクリーニングアップ後の画像。

スッキリ クリーンな状態に。

4799_1

セットアップも完了致しました、Ferrari 512TR の心臓部。

レスポンスも非常に向上しまた、アイドリングも非常に安定致しました。

クリーニングアップも同時に完了させて頂きました、心臓部の画像です。

4800_1

エンジン 左バンクの画像です。

プラグコードや、各ハーネス類も全て装着し直し、綺麗に整列。

4801_1

続いて、右バンクの画像です。

ポテンシャルも存分にアップし、また非常にクリーンで整理整頓させて頂き組み込み致しました。

4802_1

フード装着ボルト1本に至りましても、全てトルク管理の出来る工具。

トルクレンチにて、規定トルク確認を致します。

4806_1

路面完全ドライ状態ですので、テストラン実施させて頂きました。

各回転数でのエンジンのレスポンスや、ミッションの入り具合などなど…….

バッチリです。

4807_1

続いて、メーター内部の不可解なワーニングライト点灯。

おそらく以前、メーターをどこかで取外されていると思われます。

カプラーの装着などなど…….
完全に間違え装着されています。

只今より、正規の位置へカプラー装着変更開始させて頂きます。

4813_1

メーターAssy組込み完了です。

全ての作業完了させて頂きました。

只今より最終仕上げへと入らせて頂きます。

4822_1

エクステリア&インテリに至りましても、最終仕上げ完了させて頂きましたFerrari 512TR 。

今回メイン作業をピックアップさせて頂き掲載させて頂きました。

今回実施させて頂きました全てのメンテナンス作業時の写真、また新旧のパーツ画像。

担当メカニックが撮影致しております写真及び、今後のメンテナンスメニュー書類一式、ご用意させて頂いております。

本日仕上がりの御連絡させて頂きます。

今回、メンテナンス御依頼誠に有り難う御座いました。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »