Ferrari  512TR  車検

6327_1

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつもFerrari  512TR メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

只今、弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きました、Ferrari  512TR を積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

6374_1

Ferrari 512TR 各部のチェック開始です。

まず、第1段階。

Ferrari純正車両診断テスターSD2にて、512TR 車輌コントロールユニットと交信開始させて頂いております。

前回メンテナンス時のSD2データーや、今後のメンテナンスメニューを製作させて頂いております、前回のデーターも踏まえ、マシン全体をチェックしていきます。

各ErrorコードのみのチェックではなくFerrari純正 車両診断テスターSD2を100%駆使しマシン全体のパーツの状態や、調整の状態を詳細に把握していきます。

各部の作動状況や出力波形に至るまで、コンピューター上で、できうる全てのチェックを行い現状のマシンの状態を把握致します。

Ferrari純正 車両診断テスターSD2を100%駆使し、512TRを細部までチェックさせて頂きます。

6378_1

続いて、Ferrari純正 車両診断テスターSD2を使用し取得した各部のデーター。

現状の512TR マシン全体のエレクトロニクスパーツの作動状況。

また、メカニカルの作動状況。

各部、関連個所のデーター取得。

マシンの現状の状態を全て把握させて頂きました。

続いて、SD2で取得したデーターは、あくまでもデーターとし受け止めます。

データー全てを鵜呑みにせず、各個所が的確な状態で作動しているかを各機器を使用し単体点検を実施。

更に奥深くまで、弊社 独自のチェックを担当メカニックが進めて参ります。

6384_1

続いて、年数的、指定交換パーツ。

走行距離的、指定交換パーツ。

512TRの傾向的不具合発生箇所。

また、マシンの使用状況や、保管状態により、個々のマシンの状態が全く違いますので、同時に的確なチェックを進めます。

6400_1

今回のメンテナンス個所&今後のメンテナンス個所、全てお伝えさせて頂き、御相談させて頂きました上で、決定させて頂きました今回のメンテナンスメニュー。

早速、実作業開始です。

定期交換の油脂類の交換をメインに作業開始です。

今回、交換させて頂きますミッションオイルは、A.S.Hのミッションオイル。

A.S.Hのミッションオイルは、極圧潤滑状態における焼付きや、スカッフィングを防止。

また、摩耗防止剤と同様に金属表面と反応して別の被膜を形成し、摩擦面の直接の接触を妨げて金属面の融着を防止。

金属表面との反応が、摩耗防止剤よりも早く、より大きい荷重に耐えることができるのでミッションや、デファレンシャルなどにベスト。

6401_1

続いて、同時に足回りのトルク管理&各部の調整、また各部の動きが機敏になる様、施工していきます。

また、同時に分解時にしか出来ないサスペンションシステム&ブレーキシステム。

また、フェンダー内部の隅々まで、クリーンニグアップ開始致します。

中々オーナー様が目にする事の無い部分。

雨天使用しなくてもダストや、砂などが付着してしまう部分。

現状のフロントフェンダー内部の画像です。

6402_1

続いて、リヤーフェンダー内部の現状の画像。

足回りのトルク管理&各部の調整と同時に、バッチリ クリーニングアップ実施させて頂き、本来の輝きを、出来る限り取り戻させて頂きます。

変化振りを……..

乞うご期待!!

6404_1

上記、足回りのトルク管理&各部の調整、また各部の動きが機敏になる様、施工も完了。

同時に実施させて頂きました、クリーニングアップ後のフロントサスペンションシステムの画像です。

ダストや、砂などをクリーニングアップする事により、本来の発色が取り戻せます。

分解時にしか出来ない細かな作業。

隅々まで丁寧に仕上げさせて頂き機能美まで取り戻した512TR。

6405_1

続いて、施工後のリヤーサスペンションシステム後の画像です。

フェンダー内部もクリーニング完了で、スッキリ!

6406_1

続いて、ホイールの現状の画像です。

ブレーキダストなど、かなりの汚れが付着してしまっている、ホイール。

4輪全てクリーニングアップさせて頂きます。

6407_1

上記、クリーニングアップ後のホイールの画像です。

ホイール内側&表側共に、本来の発色を取り戻させて頂きましたホイール。

全てのクリーニングアップは、弊社では作業の一貫とさせて頂いておりますので、全て無料で実施させて頂いております。

6417_1

エンジンの最終セットアップや、トルク管理も完了。

マシン全体に至っても最終チェックが、担当メカニックにより実施完了です。

同時に、クリーニングアップも完了させて頂きましたエンジン&エンジンルームの画像です。

6418_1

全ての作業完了です。

エクステリア&インテリに至りましても、最終仕上げ完了させて頂きましたFerrari  512TR 。

只今より、メンテナンスの仕上がったマシンを、弊社4tフルフラット積載車で搬送させて頂きます。

今回、ウエッブサイトには作業内容を抜粋させて頂き掲載させて頂きました。

実施させて頂きました全ての、メンテナンス作業時の写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当メカニックが撮影致しております。

詳細な写真及び、今回のメンテナンス内容書類に至りましても、オーナーに分かり易く作成させて頂いておりますのでマシンと一緒にお持ちさせて頂きます。

いつもFerrari  512TR メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせ

4 Comments

  • ナカムラエンジニアリング| 2009年11月13日 at 11:08 AM 返信

    京都のTRさん。おはよう御座います。

    こちらこそ、いつもメンテナンス御依頼有難う御座います。

    S社長 始動開始!! この間岸和田にもいつものメンバーで遊びに寄って頂きました!!

    また、カークラブカテゴリーで当日の様子アップしますね。

    深い眠りから覚めた512TRで、また京都のTR さんもS社長メンバーさんと是非遊びに来て下さいね。

    日曜日は、天気も良さそうなので512TR満喫してきて下さい。

    S 社長 始動されたんで、これから走行距離かなり伸びるとおもいますよ〜(笑)!

    岸和田、昼のオフ会のネームには、まだ触れないで〜〜(爆)!!

  • 京都のTR| 2009年11月13日 at 10:23 AM 返信

    中村エンジニアリングの社長 スタッフの方々 今回もありがとうございます。

    今度の日曜日、天気が良かったらS社長から、淡路島までツーリングに行こうと誘われていましたが、TRを間に合わせていただいたので、行こうと思っています。

    また、昼のオフ会にも今度行きますのでよろしくお願い致します。

    ちなみに、昼のオフ会のネームは決まったのですか?

  • ナカムラエンジニアリング| 2009年11月4日 at 5:21 PM 返信

    京都のTR さん。こちらこそ、いつも御依頼誠に有難う御座います。

    S社長も360モデナを購入されたってお聞きしました!!

    S社長が始動しないとね!

    S社長同様、深い眠りから512TR復活ですね〜。

    バッチリ チェック&セットアップ実施させて頂きますので、今回も宜しくお願いします!!

  • 京都のTR| 2009年11月4日 at 5:03 PM 返信

    中村エンジニアリングの社長 スタッフの方々 毎回すいませんね。
    又TRよろしくお願いいたします。

    Leave comments

    Your email address will not be published.*



    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

    Back to top
    Translate »