Ferrari F355 マイスターチェック及びエンジン不調メンテナンス

  • F355

この度は、遠方よりのご依頼誠に有り難う御座います。24日夜11時に、弊社のファクトリーに入庫させて頂いております。 随時画像アップさせて頂きますので、よろしく御願い申し上げます。

お引取りさせて頂き弊社のファクトリー内で、保管させて頂いておりましたが、ほとんど天候が悪かった為、群馬県よりの搬送中の埃を落とす為、本日何とか雨が少し上がりましたので、ファクトリーから出し、只今洗車中です。

只今エンジン不調トラブルシューティング最終段階に入らせて頂いております。数点のエンジントラブルの主原因御座いますので、マイスターチェック内容も含め近日御連絡させて頂きますので宜しく御願い申し上げます。

こちらは、Ferrari純正車輌診断テスターSD2のスペシャルエディションです。只今車輌側コンピューターに接続し全てのパートの過去の故障履歴及び現状で発生致しております故障箇所を全て読み込みテスター上でチェックして参ります。

こちらは上記画像でお分かり頂けます様に、全てのパートの過去の故障履歴及び現状で発生致しております故障箇所を全て読み込みプリントアウトし故障箇所を、Ferrari純正車輌診断テスターSD2のスペシャルエディションをパラメーター表示に切り替え、現状簡単な箇所で言いますとエンジン回転数、油温、油圧、水温、アクセル開度、空燃費、各センサーのON OFF状態をチェックして参ります。

次に特定致しました故障箇所の現状の作動状況を見る為にFerrari純正車輌診断テスターSD2のスペシャルエディション個々にデーターを点検したいパートに設定し特定のパートだけのチェック出来ます。この様に120%車輌診断テスターを駆使していくにも非常にコンピューターに特化した技術が必要です。また、添付致しました画像の様に特定のパラメーターを見て解析出来るだけの高度なメカニックの能力とFerrari のキッチリとしたデーターが必要です。この高度な技術をメカニックが持ち合わせていないと、いくら良い機器が設備されていても宝の持ち腐れ状態と同じなんです。

先週Ferrariよりパーツ入荷致しましたので、早速作業開始させて頂きます。一番最初にエンジンを下ろして参ります。

さて、エンジン降ろしまーす。

さてさて、エンジン脱着完了です。こちらがエンジン右バンク

こちらの画像は、エンジンを下ろした車輌側エンジンルームです。これより作業実施に伴い、エンジンや足回りのクリーニングや車輌側エンジンルームも全て、無料でクリーニング実施させて頂きながら、随時進めて参ります。完成時には、ポテンシャルは勿論の事、隠れた箇所のクリーニングもキッチリ実施させて頂き見違える様に仕上げて参ります。

こちらは、エンジン後ろ側からのカットです。作業前に、一度クリーニング実施させて頂きました。各作業時に、塵や砂などが分解パーツに付着しない様にさせて頂いております。

只今、ミッションハウジングよりのオイル漏れの作業を実施させて頂いております。

只今ミッションAssy脱着完了です。意外な不具合箇所が出てきました。

ドライブシャフトを左右取り外させて頂きました所サイドフランジの内部よりミッションオイルが多量に…….こちらは右サイドフランジの状態です。

こちらが左サイドフランジの状態です。

一度以前サイドフランジ取り外されている痕跡が有ります。キッチリ サイドフランジシールは交換実施されている様ですが、センターシャフトの詰が甘かった様ですね。ミッションオイル多量に漏れ出しています。上記画像を見て頂ければ以前の作業のどこが甘かったか分かって頂けると………….

とにかくミッションAssyを分解前にキッチリ クリーニングさせて頂きました。只今よりコーキング塗りたおされていたパーツを取外しキッチリ作業して参ります。

エンジン側 内部もキッチリ クリーニングさせて頂きました。オーナー様には作業完了後は全く見えない箇所ですが、全て綺麗にクリーニング施工致します。弊社のクオリティーです。

お電話頂き追加作業ご依頼誠に有り難う御座います。お見積もりさせて頂き、再度御連絡させて頂きますので宜しく御願い申し上げます。

さて、ミッション分解随時 作業進んでおります。こちらは左ミッションケースですが、これからまだまだ分解作業進んで参ります。
只今の現状で感じた事は、やはり以前の作業の詰の甘さを感じます。第一カバーも組み込み時、完全に脱脂されず組み込みされている様です。脱脂を完璧に実施しないと、やはりオイル漏れ発生してしまいます……..

こちらは、右第一カバーです。左とやはり同じ事が………

デフケースの分解に入らせて頂いております。

左ミッションアウターケースです。分解後ガスケット処理を致しましたところ、以前やはり分解されておりました。このケースは、Ferrari専用工具が無ければ脱着非常に困難な箇所ですが、おそらくキッチリとしたマニュアルもFerrari専用工具無く抜き方が分からなかったのでしょう。無理やりコジ抜かれています。ベアリング装着部分にかなりのキズが入ってしまっています。この傷は、弊社でアルミ補修させて頂きますが……….

右ミッションアウターケースも同様になってしまって………….

さて、各ギヤーの点検及び調整も完了致しました。

全てのパーツも、キッチリ洗浄完了です。

各部 アルミパーツも補修完了し、少しでも歪んでいますパーツが有ると、オイル漏れが再発する可能性が有りますので、全てのパーツ個々に歪み測定し面研磨させて頂きキッチリ歪み取りさせて頂きました。ここから一期に組み込み開始です。

昨日の時点で一期にミッション組み込み完了です。こちらがミッション右及びデフケースです。

こちらがミッション左完成状態です。サイドアルミフランジもキッチリアルミ補修実施させて頂きバッチリ組み込み完了です。もう、漏れませんよ!!

只今より、エンジン作業実施させて頂いております。こちらのエンジン作業実施前にも、塵や砂が混入するのを避ける為、一度簡易クリーニングを実施させて頂きました。実作業と同時に分解箇所全て本格的に、内部の見えない箇所に至るまでクリーニング実施させて頂きながら、バッチリ作業させて頂いて参ります。

こちらがタイミングベルトと同時作業のエンジンオイル漏れの為、交換実施させて頂きますフロントカムシャフトシール及び0リングのニューパーツです。カムシャフトフロントフランジは、クリーニングさせて頂きました。

只今の現状のエンジン右バンクです。組み込み時、キッチリ クリーニング実施させて頂き組み込みさせて頂きます。

さて、次にエンジン左バンクオイル漏れ作業開始です。

フロントカムシャフトシール、ウオータポンプオーバホール全て完了です。只今、弊社製作の国産最高級ベアリングを使用し無垢より削り出しにて、製作致しておりますタイミングベルトに非常に優しいベアリングも組み込み、油圧テンショナーも同時に交換終了し、只今タイミングベルト組み込み前のバルブタイミングのセットアップに入らせて頂いております。この作業により355エンジンのポテンシャルを100%引き出します。

タイミングベルト組み込み完了です。バルブタイミングもバッチリ!!組み込み前にタイミングベルト奥のフロントケースもクリーニング施工させて頂き非常に綺麗になりました。

次に、ラジエターから冷却水漏れ致しておりましたので、ラジエター及び付属ウオータホース交換作業実施させて頂いております。こちらが、今回エンジン冷却水漏れの発生致しております箇所です。

こちらは、ラジエター取外し後の車輌側インテークです。非常に汚れております。中々通常オーナー様が綺麗に出来る箇所では御座いません。弊社では、この様な箇所にも随時気配りを致しクリーニングをキッチリ実施させて頂きます。

さてさて、上記クリーニング後の車輌側インテークです。非常に綺麗になりました。長年の汚れがビッシリでした。スッキリ気持ち良くなりました。

さて、エンジンもバッチリ組み込み完了です。車輌積み込み前にエンジン及びサブフレームや足回りなどを最終仕上げ只今施工中です。バッチリ仕上げさせて頂き車輌積み込まさせて頂きます。

リヤー足回り、リフレッシュ完了です。弊社では、エンジン脱着などを伴う作業時には、エンジン本体は当然、足回りや、車輌側エンジンルームにいたるまで、全てクリーニング無料で施工させて頂いております。

さて、ミッションオイル漏れの為、脱着分解させて頂いておりましたミッションAssyの積み込み開始です。キッチリオイル漏れ箇所整備及び修復させて頂きました。

エンジン積み込みにあたり、車輌側エンジンルームも脱着出来るパーツは全て取外しクリーニング実施させて頂いております。取り外せない部分に関しましては、全て手作業にてクリーニング施工させて頂いております。

各部エンジン、ミッションの作業もバッチリ仕上がり、また、車輌側、エンジンやアクスル周りのクリーニングもバッチリ仕上げさせて頂き積み込み完了です。

ただいま、各部規定トルクにて、締め付け中です。ただ、締め込むだけでは、締め過ぎや、逆に締め込みが甘い場合がありますので、キッチリ トルクレンチにて、規定締め付けトルクで装着致します。どの作業でも同じ事ですが、このトルク管理が非常に重要です。

さてさて、積み込みも完了です。非常にリフレッシュ後は、綺麗です。ここまですれば非常に気持ちが良いもんです。

エンジン完璧な積み込み完了です。見違える様になりました。

さて、これよりフロント足回りや、フロアーの洗浄 クリーニング作業実施させて頂いております。中々オーナー様にはクリーニング出来ない箇所ですね。マイスターチェックご依頼車輌また、車検ご依頼車輌また、一般整備でご入庫頂きました車輌全てクリーニングさせて頂いております。

只今より、ステンメッシュブレーキホース装着させて頂きます。

最終本国よりの取り寄せパーツ入荷致しましたので、早速作業再度開始させて頂きます。このパーツが最終の取り寄せパーツですので、これより一期に作業終了まで作業実施させて頂きます。
最終本国よりの取り寄せパーツの2点の1つラジエター側水温センサーです。只今より装着させて頂きます。

最終本国よりの取り寄せパーツの2つ目のエンジン側水温センサーです。只今より装着させて頂きます。

只今エンジンスタートさせて頂きました。非常にレスポンスが良くなりました。エンジンスタートと同時に、各部 再度チェックに入らせて頂いております。クリーニングにより非常に綺麗に仕上がりました。

エンジン始動に伴い、エアコン真空引きも完了致しておりましたので、エアコンガスの注入です。

バッチリ仕上がりました、各部です。まずエンジンです。

左リヤー足回り及びブレーキ及びインナーフェンダーの画像です。

続いて、右リヤー足回り及びブレーキ及びインナーフェンダーの画像です。

続いて、右フロント足回り及びブレーキ及びインナーフェンダーの画像です。

さて、続いて、左フロント足回り及びブレーキ及びインナーフェンダーの画像です。この様にメンテナンス、セットアップは当然100%のフルパワーを出し、また見た目にも完全クリーニング無料にて、実施させて頂き、非常に良い状態の車両へと導いて参ります。

最終車輌全体の再度チェックさせて頂き、Ferrari純正車輌診断テスター SD2スペシャルバージョンを接続させて頂きテスター上でも各部パラメーターのチェックさせて頂きます。

エンジンロアー部分及び車輌アンダーカウルも非常にリフレッシュさせて頂き、見違えるように綺麗になりました。

車輌側、作業及びセットアップ完璧に仕上がりました。バッチリ見違えるエンジンレスポンスにF355なりました!!さて、只今最終の室内樹脂パーツのベタベタ各 パーツ分解し完全に剥離完了です。只今より仕上げに入らせていただきます。宜しく御願い申し上げます。

最終の室内樹脂パーツのベタベタ各 パーツ分解し完全に弊社リペアー完了です。只今各パーツ組み込みに入らせて頂いておりますので宜しく御願い申し上げます。

最終仕上げ只今チェックさせて頂き、本日群馬まで、納車させて頂きますので宜しく御願い申し上げます。

さて、最終完了致しましたインテリアジュシパーツのベタベタの完全リペアーの施工後の画像です。こちらはインナーハンドル及びドアパワーウインド樹脂パーツの施工後です。

次にステアリングコラム施工後です。

センターエアコン吹き出し口施工後です。左右エアコン吹き出し口も施工させて頂いております。

センター3連メーターパネルの施工後です。

最後にセンターコンソールパネルの施工後です。各スモール点灯時にも全てのスイッチ類のバックライト純正同様点灯致します。また、センター吹き出し口も同様ですが、センターパネルに関しましても、ブルーやレッド色も完全に施工させて頂き純正 新品パーツ同様にリペアー施工させて頂いております。この施工をさせて頂きますと二度とベタベタ感は発生致しません。

本日、各部生まれ変わったFerrari F355 納車させて頂きます。今回のご依頼誠に有り難う御座いました。

是非今後とも末永い御付き合いの程宜しく御願い申し上げます。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »