Ferrari F355 水温不良及びエンジン冷却水漏れ及びホイール修正

  • F355

今回もご依頼誠に有り難う御座いました。パーツすでに揃っておりますので、作業開始させて頂きます。雨の中走行されておられましたので、一度ボデーキッチリ洗車させて頂きました。今回も宜しく御願い申し上げます。

さて、ノーマルホイールのリムガリ傷の修正及びペイント 4本全てバッチリ仕上がりました。これよりチャレンジホイールのホイール修正 ペイントに入らせて頂きます。

只今冷却系統の作業開始と同時に、チャレンジホイールのリム修正及びペイント実施させて頂いております。また、ホイールに貼り込みますスピードラインのステッカーも只今製作中です

さて、こちらが右の現状の冷却水漏れ発生致しておりますラジエター及び異音を発生致しておりますデンドウファンです。

こちらが左の現状の冷却水漏れ発生致しておりますラジエター及び作動不良発生致しておりますデンドウファンです。

こちらが今回交換させて頂きます、左右ラジエターです。同時に接続部分のウオーターホースも後日、冷却水漏れの可能性が御座いますので、今回 同時交換 実施させて頂きます。

こちらは、左右電動ファンのニューパーツです。今回右側が異音を発生し回転不足を起こしており、左は作動不良発生致しておりニッパーツに同時交換させて頂きます。

さて、左ラジエター及び電動ファンの取外し開始です。

左ラジエター及び電動ファンの取外し完了です。インテークがポッカリ開口致しており、ここは非常に汚れます。組み込み時にはキッチリクリーニングさせて頂き組み込みさせて頂きます。

さて、左ラジエター及び電動ファンの取外し完了です。こちらの左ラジエターはまだ漏れが右ラジエターに比べ少ない方のラジエターですがアップの画像で良く分かって頂けます様、結構チビチビ漏れております。

こちらがエンジン冷却水漏れの多かった右ラジエターです。

こちらがアップ画像です。355のラジエターは、コア部分が真鍮でアッパータンク、ロアータンクがプラスチック製のパーツを0リングをかまし組み込みされておりますので、0リングが経年劣化致して参りますとこの様に漏れ出し他の箇所も腐食させてしまいます。

本日ほぼ作業完了予定です。只今ガリ傷リペアーし、再塗装させて頂いております355チャレンジホイール明日完成予定ですので、完成次第テストランに入らせて頂きますので宜しく御願い申し上げます。

追加作業、マイスターチェック及び車高セットアップ及びコーナーウエイトレシオセットアップ、フルアライメントセットアップご依頼誠にあ有り難う御座います。引き続きご依頼いただきました作業に入らせて頂きますので宜しく御願い申し上げます。

F355チャレンジ ホイールリペアー完了です。非常に綺麗なホワイトに仕上がっております。

さて、こちらはF355チャレンジ ホイールリペアーに伴いスピードラインロゴ消えてしまいましたので弊社で製作させて頂きましたスピードライン デカールです。ホイールがホワイトですのでスピードライン デカールはブラックにて、製作致しました。

さて、車高セットアップに伴い車輌よりフロント右サスペンションを取り外させて頂きます。取り外し前の画像です。

さて、車高調整式のサスペンション脱着完了し、上記画像の様に非常に汚れて降りましたのでロアーシート部分のネジ山を調整する為一度簡易クリーニングさせて頂きましたところロアーシート部分に非常に多々叩き込んだ痕跡が多々あり一度ロアーシートロック解除させて頂きましたがショックシェルケース及びロアーシートがアルミ製で製作されておりますが完全にネジ山が噛み込んでネジ山が潰れておりロック解除不可能です。通常専用工具でロアーシートのロック解除及び調整致しますが、専用工具以外の物で叩き回されております。また、確実に車上での作業されているのが原因です。テンションが完全に効いている状態で無理やりロアーシートを回転させた為アルミシェルケースとロアーシートのネジ山が噛み込みロック解除不可能です。余りにもずさんな作業です(怒)!!今回は車高セットアップはせずフルアライメントのみセットアップさせて頂きます。おそらく同じパイ計のロアーシート国産製品で有りますと車高調整可能ですが…..

只今追加ご依頼頂きましたマイスターチェック開始させて頂いております。Ferrari車輌診断テスターSD2スペシャルバージョンにて、只今車輌と交信開始です。

また、室内に純正には無いスイッチ設置されておりましたラジエターデンドウファン強制始動スイッチですが、これくせものです。エンジン温度下がらない為、取り付けされている様です。通常F355は95度で夏場、冬場、渋滞に関わらずキッチリ 95度以上絶対に上がる事は有りませんが、このスイッチを作動させないとどんどん水温が上昇致します。Ferrari車輌診断テスターSD2スペシャルバージョンは、エンジン始動している時の各部の作動状況も全て見れますので、エンジン冷却水の温度と各部の作動状況がズレテいます。何かの不良を隠しているのでしょう。これよりトラブルシューティング開始です。

さて、追加ご依頼頂きましたプラグ交換、トラブルシューティングと同時に交換実施させて頂きます。

上側が現車に装着されておりましたプラグです。下側が今回装着させて頂きますイリジュウムプラグです。

イリジュウムプラグのフルセットです。今回はこちらのプラグに全て交換させて頂きます。

さて、Ferrari F355 追加ご依頼頂きましたマイスターチェック及びプラグ交換もほぼ完了です。

室内に純正には無いスイッチ設置されておりましたラジエターデンドウファン強制始動スイッチですが、主原因ピンポイントにて、確定致しました。只今主原因弊社のスペアーパーツに交換後完全に正常な状態になりました。室内の純正には無いラジエターデンドウファン強制始動スイッチ配線ごとスイッチも取り外させて頂きました。通常この様なスイッチで強制的に電動ファンON OFFする必要は真夏でも全く必用御座いません。

さて、マイスターチェックもチェック完了です。

今回リペアー及びペイントさせて頂きましたFerrari F355 チャレンジホイールに弊社で製作させて頂きましたスピードラインデカールも貼り付け完了です。バッチリです。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »