Ferrari F355 サスペンション交換&フルアライメント

  • F355

3917_1

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

今回も、Ferrari F355 サスペンション交換&フルアライメント作業ご依頼誠に有り難う御座います。
今回もご期待にお答えするメンテナンス実施させて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。

4026_1

実作業開始させて頂いております。

現状の車高を全て計測し、Ferrari F355 サスペンション交換へ入らせて頂きます。

4032_1

こちらが現車より取外させて頂きました純正サスペンションです。

おそらくテンションが掛かったまま、ネジ山の洗浄もそこそこに、車上で調整されてしまったのでしょう。

ショックの車高調整用シェルケースのネジ山に、カジリが発生し回らなくなってしまっています。

自分の車だったら絶対にしない事は、お客様の車にも絶対にしてはダメだと思うのですが……..

4033_1

取り外し後のフレームの汚れや、シムの汚れもクリーニングアップし、装着致します。

4034_1

交換させて頂きますUSEDの純正サスペンションを1セット1セット分解し、点検&クリーニングアップ&グリスアップをし組み込みます。

やはり、こうじゃなかったら!!

4036_1

点検&クリーニングアップ1セット完了!!

アルミシリンダーにカジリが起こらない様、専用グリスを使用し組み込みます。

この作業を4セット行います。
パーツにも良いし、気持ちも良いですもんね。

4041_1

USEDのサスペンション全て1度分解し、組込み完了です。

USEDとは、思えない仕上がり。バッチリです。

4042_1

ボデー側取り付け部分も、取り付け部分がピッタリ フィットする様に、全ての汚れを除去させて頂きました。

4045_1

ブレーキローターと、ホイールの密着部分。

よく錆などを見受けられます。

ホイールとの間に少しでも異物が有れば、当然アライメントも大なり小なりの狂いが発生します。
またホイールの腐食を抑止する為にも、全て除去致します。

中々気ずかれない個所ですが、結構バカに出来ない部分なんです。

バッチリ除去していきます。

4046_1

フェラーリのワンメイクレース。

以前フェラーリ チャレンジカップの各国上位陣だけが参戦できる、最終戦イタリア ムジェロサーキットに日本より参戦した、Ferrari担当の敏腕メカニックの匠の仕事!!

4049_1

匠の仕事は随所に及びます。

サーキットマシンのメンテナンスそのもの。

4056_1

下処理もバッチリ終わり、サスペンション組込み開始です。

4059_1

組込み完了。

エンジンオイル&オイルフィルター交換後、フルアライメントの測定&セットアップに入らせて頂きます。

4060_1

今回、車高も純正サスペンションで対応出来る範囲で低くセット。

その車高を低くセットした状態で、弊社の数値にフルアライメントのセットアップを行います。

4065_1

続いて、コーナーウエイトレシオの計測&調整に入らせて頂いております。

1輪 1輪に掛かる車両重量を計測し、ベストなポジションへと導く事が可能です。

4066_1

セットアップ完了です。

調整後の、4輪個別の重量が表示されていますメインコントロールユニットの画像。

4067_1

車高もノーマルサスペンション仕様の範囲で、ベストな状態に。

今回の全ての作業も完了させて頂きました。

いつもメンテナンスご依頼誠に有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »