Ferrari F355チャレンジ 車検&メンテナンス

  • F355

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつもメンテナンス御依頼 誠に有り難う御座います。

只今、弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きましたFerrari F355チャレンジを積んでファクトリーに戻って参りました。

前回のメンテナンス個所の再確認&今後のメンテナンスメニューの履歴を踏まえチェックさせて頂きます。

いつも、御依頼誠に有り難う御座います。
今回もご期待にお答えするメンテナンス実施させて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。

Ferrari F355チャレンジ車検及び各部メンテナンス チェック開始させて頂く為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

以前のメンテナンス実施データーと、現状のマシンの状態をもとに、今回の作業メニューを組み立てさせて頂きます。

Ferrari純正 車両診断テスターSD2を100%駆使致します。

Ferrari F355チャレンジ各部の作動状況や出力波形などコンピューター上で、できうる全てのチェックを行います。

また、前回ご入庫頂きましたデーターと再度比較させて頂き、前回のメンテナンス個所も再チェックさせて頂いております。

チャレンジは、年式問わず前期型エンジンを搭載。
前期型エンジンは、非常にピックアップが良いエンジン!!

続いて、前回弊社で作業実施させて頂きましたメンテナンスデーターも踏まえてチェックさせて頂きます。

また、年数的、指定交換パーツ。
走行距離的、指定交換パーツ。

またF355チャレンジ 特有の傾向的不具合の発生ポイント&使用状況下による各部のチェック及び計測に入らせて頂きます。

F348から始まったFerrariのワンメイクレース、フェラーリチャレンジ。

このF355チャレンジは、イタリアでチャレンジ参戦されていたマシン。

随所にチャレンジ専用パーツが組み込まれていますね。

続いて、テストランによるチェックを担当メカニックが開始です。

前回実施させて頂きましたメンテナンス個所の再度のチェック&今回のチェックポイントを踏まえながら、リフト上では感じ取れない実走行でのフィーリングもチェックさせて頂きます。

お世話になります。

昨日は、お忙しい中お電話にてご対応頂き誠に有り難う御座いました。

前回弊社で作業実施させて頂きましたメンテナンスデーターも踏まえ、今回の作業内容及び、交換パーツ 全てお伝えさせて頂き、ご承諾頂きましたので、只今パーツの発注させて頂きました。
パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

今回の作業内容パーツ全て入荷致しましたので実作業に入らせて頂きます。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

左右ドライブシャフト オーバーホール作業から開始させて頂きます。

定番のエキゾーストの熱害によるドライブシャフトブーツの破損。

オーバーホール開始です。

ドライブシャフト取り外しと同時に、エンジンマウント&ミッションマウントの交換も実施させて頂きます。

こちらが、今回交換させて頂きます、マウント一式です。

現状、車両に装着されておりますエンジンマウントの状態。

規定基準値 範囲外までマウントがヘタッてエンジン&ミッション搭載位置が下がり、ドライブシャフトに干渉してしまっています。

この状態では、ミッションやベアリング類に多大な2次的破損を引き起こしかねません。

走行また、保管状態でも、恒にエンジン&ミッションの重量はエンジンマウント&ミッションマウントへ負担をかけています。
定期的な交換が必須うな個所の1部です。

左が新品のエンジンマウント。

右が現車に装着されておりました許容範囲外になってしまっているマウントです。

取り外した状態で約1.8cm沈み込んでしまっている状態。

新品のエンジン&ミッションマウント交換完了です。

エンジン&ミッション搭載位置も正規の搭載位置にアップ。
フレームとのクリアランスも正規のクリアランスに戻りました。

左右ドライブシャフト オーバーホール完了です。

今回、オーバーホール時に、ドライブシャフトには、チッピングコートペイントを実施させて頂きました。

チッピングコートペイントのアップ画像。

よくボデーサイドステップ下側に飛び石でペイントのハゲを防ぐ為、ペイントされている、弾力性の有るペイントで、ドライブシャフトを保護しました。

分解時に、エンジンルームの隅々までクリーニングアップ実施。

油脂類の交換に入らせて頂いております。

ミッションドレン、ミッション側の画像です。
イタリアでフェラーリ チャレンジに実際に参戦していたマシン。
当然ミッションオイルの交換回数も2戦に1度は交換されていたはず。
ミッションケースドレンの山が少し歪んでしまっておりますので加工修正させて頂き、完璧に修復致します。

完璧に加工修正させて頂きました、ミッション側、ジレンホールのネジ山です。

バッチリ!!

油脂類の交換も全て完了。

続いて分解時のクリーニングアップに入らせて頂きます。
現状のフロント右、フェンダー内部の画像です。

突然の雨や、ブレーキダストなどで結構汚れてしまう物ですが、全てクリーニングアップ実施させて頂きます。

上記フロント右フェンダー内部をクリーニング実施完了の画像です。

スッキリしました〜。

アーム類や、サスペンションの細部までクリーニング実施させて頂きました。

4輪全て同様にクリーニングアップ実施させて頂きます。

続いて、現状のホイールの画像。

こちらも上記ホイールのクリーニングアップ後の画像です。

中々オーナーさんが磨き切れない個所も、メンテナンス時に全てクリーニンク゜させて頂きます。

エンジンルームや、エンジン&ミッション。組込み時、随時クリーニングアップ実施させて頂いております。

最終の作業。

Ferrariの泣き所のインテリアパーツのベタベタ。
現品にて、補修開始させて頂きます。

純正樹脂パーツの塗装を全て剥離させて頂き、最終の下地処理に入ります。

下地処理が、完成時の仕上がりを大きく左右します。

こちらが特殊な技法で完全新品状態までリペアーさせて頂きました施工後の写真です。

新品パーツと遜色ない仕上がりにさせて頂いております。
また、弊社で施工後は、再度のベタ付きは2度と発生致しません。

一番の弊社の特徴は各パネルやスイッチ類に点在致します各作動部品のマークやエアコンパネルの青〜赤へと変化いたします箇所なとも新品状態に戻せます。

また、スモールを点灯した際、各パネルのマークも今までどうり点灯致します技法での現品修理出きる画期的な技法です。

Ferrari各モデルの樹脂パーツ。

モデルにより、微妙にブラックの色が違います。
弊社では、1台1台全て純正パーツと全く同じブラックに復元させて頂いております。

仕上がりました樹脂パーツ。

Ferrari F355チャレンジ のインテリアへと組込み完了致しました。

こちらがセンターコンソールスイッチ&ノブの装着状態です。

ステアリングコラムカバーです。

今回のメニュー全て終了させて頂きました。
只今より最終仕上げへと入らせて頂きます。

F355チャレンジ エンジンセットアップもバッチリ!!

最終仕上げも完了させて頂きましたエンジンルームの画像です。

全ての作業完了させて頂きました。

エクステリア&インテリに至りましても、最終仕上げ完了させて頂きましたFerrari F355チャレンジ。

本日、弊社4tフルフラット積載車で、搬送させて頂きます。

今回実施させて頂きました全てのメンテナンス作業時の写真、また新旧のパーツ画像。

担当メカニックが撮影致しております写真及び、今後のメンテナンスメニュー書類一式、本日お持ちさせて頂きます。

今回も、Ferrari F355チャレンジ メンテナンス御依頼誠に有り難う御座いました。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »