Ferrari F355 メンテナンス

  • F355

5404_1

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつもFerrari F355 メンテナンス御依頼 誠に有り難う御座います。

前回のメンテナンス個所の再確認 & 今後のメンテナンスメニューの履歴を踏まえチェックさせて頂きます。

今回もご期待にお答えするメンテナンス実施させて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。

5477_1

今回の作業内容パーツ全て入荷致しました。

実作業に入らせて頂く準備に入らせて頂きました。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

5523_1

実作業開始させて頂いております。

前回のチェック時に滲みの発生致しておりましたエンジン冷却水用ウオーターホース。

滲みから漏れへと進行しており、オルタネーターにエンジン冷却水の雫が付着してしまっている状態。

冷却水漏れや、ラインの圧力低下また、エアーの混入は、エンジンに多大なダメージを与えます。

また、オルタネーターにエンジン冷却水がかかると、冷却水の成分でオルタネーター内部を破損させてしまいます。

2次的不具合の誘発を防ぐ為に、早期にメンテナンス実施です。

5531_1

エンジン冷却水用ウオーターホース。

作業開始です。

5532_1

続いて、HID ヘッドライトの装着開始です。

ノーマルのヘッドライトとは、比べ物にならない明るさと、真っ白な光色のHIDキット。

今回、6000ケルビンのHIDキットの装着させて頂きます。

6000ケルビンが1番真っ白な発色。

また、走行時にも1番 走行車線を見やすいHIDです。

HIDヘッドとは、ディスチャージヘッドまた、キセノンヘッドライトなどとも呼ばれているヘッドライト。

HIDヘッドの仕組みとしては、ヘッドライトの中にキセノンガスを入れ、そこに放電現象をおこすことで発光させます。

F355には、ハロゲンランプがノーマルで装着されています。
ハロゲンランプは白熱灯に近い仕組みです。

今回装着させて頂きますHIDヘッドは蛍光灯に似たような仕組みです。

従来のハロゲンライトに比べ、消費電力は少なく、明るさは3倍以上の性能を持っています。

5549_1

エンジン冷却水漏れや、ラインの圧力低下また、エンジン冷却水へのエアーの混入は、エンジンに多大なダメージを与えてしまいます。

今回、早期のチェック及び、メンテナンス実施させて頂き、2次的不具合の発生の誘発を防ぐ事が出来ました。

メンテナンス及びクリーニングアップ実施完了させて頂きましたF355の心臓部。

5550_1

全ての作業完了です。

エクステリア & インテリに至りましても、最終仕上げ完了させて頂きましたFerrari F355 。

今回、ウエッブサイトには作業内容を抜粋させて頂き掲載させて頂きました。

実施させて頂きました全ての詳細なメンテナンス作業時の写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当メカニックが撮影致しておりますのでマシンと一緒にお渡しさせて頂きます。

いつもFerrari F355メンテナンス 御依頼誠に有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせ

2 Comments

  • ナカムラエンジニアリング| 2009年7月10日 at 5:21 PM 返信

    こちらこそ、いつも御依頼誠に有難う御座います!

    ヘッドライトの光量&発色気に入って頂けると思います。

    こちらこそ、来週宜しくです!!

  • 米川| 2009年7月10日 at 5:15 PM 返信

    本日はありがとうございました。

    なんとか雨には降られず帰れました。しかし、残念ながらヘッドライトの具合の確認は、後日にお預けです。

    では、来週岡山よろしくお願いします。

    Leave comments

    Your email address will not be published.*



    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

    Back to top
    Translate »