Ferrari F355 車検&メンテナンス

  • F355

5610_1

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

今回、Ferrari F355 車検&メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

弊社4t積載車にて、お引取りにお伺いさせて頂き、ファクトリーに到着致しました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

5672_1

Ferrari F355 車検&メンテナンス チェック 開始させて頂く為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

5677_1

Ferrari純正車両診断テスターSD2にて、Ferrari F355 車輌コントロールユニットと交信開始です。

各ErrorコードのみのチェックではなくFerrari純正 車両診断テスターSD2を100%駆使しマシン全体のパーツの状態や、調整の状態を詳細に把握していきます。

各部の作動状況や出力波形に至るまで、コンピューター上で、できうる全てのチェックを行い現状のマシンの状態を把握致します。

Ferrari純正 車両診断テスターSD3を100%駆使し細部までチェックする事により、未然に大きな故障を防ぐ事が可能です。

5678_1

続いて、年数的、指定交換パーツ。

走行距離的、指定交換パーツ。

F355 (PA PR XR シャシの各モデルにより異なります。)の傾向的不具合発生箇所。

また、マシンの使用状況や、保管状態により、個々のマシンの状態が全く違いますので、同時にチェックを進めてます。

5685_1

Ferrari純正 車両診断テスターSD2を使用し取得した各部のデーター。

現状のF355 マシン全体のエレクトロニクスパーツの状態や、セットアップ状況。

また、F1マチックのクラッチ残量&F1マチックの調整の状態。

マシンの現状の状態を全て把握させて頂きました。

5686_1

続いて、SD2で取得したデーターは、あくまでもデーターとし受け止めます。

データー全てを鵜呑みにせず、各個所の的確な状態を各機器を使用し単体点検を実施。

また、弊社 独自のチェックを担当メカニックが進め、確実に現状のマシンの状態を把握し切ります。

5696_1

マシン アンダーパネル内部に隠れたパーツなども、担当メカニックにより完璧にチェック致します。

5704_1

フロントセクション内部に至りましても、的確にチェックを実施させて頂きます。

全てのチェックを完了させて頂きましたFerrari F355 。

担当メカニックが、確実に現状のマシンの状態を把握し切切らせて頂きました

御依頼頂いております不具合個所も、ピンポイントで不良個所を、確実に確定させて頂いております。

お電話でのご説明前に、メカニックと内容をまとめさせて頂き、御連絡させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

マシン全体の詳細な現状の状態を、ご説明。

また、今回のメンテナンスメニュー内容と今後のメンテナンスメニュー。

詳細なメンテナンス方法&価格をご説明させて頂き、ご了解頂きましたので只今パーツの発注致しました。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

6110_1

今回の作業内容パーツ全て入荷致しました。

早速 実作業に入らせて頂く準備に入らせて頂いております。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

6121_1

まず、タイミングベルト交換 ウオーターポンプオーバーホールなどなど……

エンジン本体のメンテナンスを開始させて頂く為、エンジン脱着作業に入らせて頂きます。

作業開始前に、再度 室内メーター類や電子機器パーツをチェック。

作動状況を再確認させて頂き、エンジン脱着作業に入らせて頂きます。

6126_1

各部のチェックも完了。

これよりエンジン脱着に伴う各部 補器類の脱着作業を、1セクション 1セクション、担当メカニックにより丁寧に行われます。

6139_1

エンジン脱着に伴う、ボデープロテクションも全て装着。

随時エンジン脱着作業が続きます。

6158_1

弊社で完備させて頂いております、Ferrariエンジン脱着専用の油圧式エンジンリフト。

このリフトを使用しエンジンを降ろす事により、サブフレームなどに一切、傷が付かずまた、載降時にも車両に接触せずより繊細にエンジンを降ろす事が可能です。

さて、エンジン脱着開始です。

6159_1

的確な作業が、担当メカニックにより進められ、Ferrari F355 エンジン脱着完了です。

これより、作業分解前に、エンジンやミッションなどに付着致しております細かな砂や塵を1度、全てクリーニング実施させて頂きます。

これは、砂や塵が作業中パーツ内部への混入を避ける為、に実施させて頂きます。

また、見た目にも汚れが落ちスッキリ クリーンな状態を取り戻します。

現状のエンジンフロントからの現状の画像です。

6160_1

現状のエンジン右バンクからの画像です。

6161_1

続いて、エンジン左バンクからの現状の画像です。

6162_1

現状のエンジン後方、ミッション側からの画像です。

6163_1

ミッション アウターケースの現状のアップ画像です。

細部に汚れが付着してしまい、本来の発色が濁ってしまっている状態。

6164_1

エンジン中央 V8のバンクも汚れが溜まってしまう箇所。

作業前に、完璧なクリーニングアップ を実施致します。

6165_1

バルブカバーのアップ画像。

本来、真紅の発色をしているバルブカバー。

結晶塗装の隙間に汚れが入り、くすんだ色になってしまっていますが、弊社独自のクリーニングにより、発色を蘇らせます!!

6166_1

現状のサブフレームのアップ画像。

サブフレームの細部に至りましても完璧なクリーニングアップを実施させて頂きます。

6167_1

最後に、サブフレーム&サスペンションや、アップライト部分。

この状態ではやはり、分解&組み立て時に、異物の混入が避けられませんので、只今より全てクリーニング実施させて頂きます。

2〜3年走行していれば必ず汚れが付着してしまいます。

その汚れを弊社独自のクリーニングアップにより一掃させて頂き、出来る限り新車時のクリーンな状態を取り戻させて頂きます。

変化振りを……..

乞うご期待!!

6181_1

数日に渡り、作業前クリーニングアップ実施させて頂いておりました、Ferrari F355 エンジン ミッション&サスペンションシステム。

また、サブフレームのクリーニングアップ完了です。

クリーンな状態を取り戻させて頂きましたFerrari F355の心臓部。

クリーニングアップ前と同じ順番でご紹介させて頂きます。

フロントからの画像です。

6182_1

続いて、エンジン右バンク クリーニングアップ後の画像です。

6183_1

同じく、エンジン左バンクからの画像です。

6184_1

クリーニングアップ後の、エンジン後方 クラッチ ハウジング側からの画像です。

6185_1

続いて、ミッション アウターケースのアップ画像です。

6186_1

クリーニングアップ後のエンジンVバンク 画像です。

細部までクリーニングアップさせて頂き、汚れも一掃。

クリーンな状態になりましたエンジンVバンク。

これで、作業中パーツ内部への汚れの混入を完全にシャットアウト!!

汚れも一掃し、クリーンな状態になりましたFerrari F355エンジン。

6187_1

クリーニングアップ後のバルブカバーの画像です。

結晶塗装の隅々に付着致しておりました汚れを細部までクリーニングアップ。

真紅の発色を取り戻させて頂きましたバルブカバー。

6188_1

汚れが付着していました、サブフレーム。

細部に至り、完璧なクリーニングアップ完了。

6189_1

最後に、サブフレーム&サスペンションや、アップライト部分のクリーニングアップ後の画像です。

細部までクリーニングアップさせて頂き、汚れを一掃。

非常にクリーンな状態を取り戻させて頂きました。

これで、作業中パーツ内部への汚れの混入を完全にシャットアウト!!

外装は綺麗だけどエンジンルームを開けるとチョット…….では、せっかくのエンジンメンテナンスも陰が薄くなってしまいます。

弊社のポリシーの丁寧な作業を徹底して貫きます。

上記、作業前の全てのクリーニングアップ。

弊社では作業の一貫とさせて頂いておりますので、全て無料で実施させて頂いております。

これより実作業に入らせて頂きます。

6194_1

まず、ウオーターポンプ フルオーバーホール実施完了です。

ウオーターポンプシール交換のみでは、余り意味が有りません。

100%のフルオーバーホールには、他のウオーターポンプ内部パーツを全て同時に交換が必要です。

このフルオーバーホールを実施する事により、定期オーバーホール期間を確実にクリアーする事が可能となります。

同時に全てのクリーニングアップも実施させて頂きました、ウオータポンプの画像です。

6205_1

弊社のセットアップ数値で、タイミングベルトの組み込みにも実施させて頂きましたFerrari F355 。

バルブタイミングとは、簡単に言えばピストンの位置に対して、どのタイミングでIN&OUT側バルブを開け閉めするか、その位置を決定する事です。

弊社独自のノウハウの数値でバルブタイミングをセットする狙い。

1つに、エンジン吸気側への燃焼ガス吹き返しを減少させる。
これにより、アイドル域での回転数を安定させ、燃料消費率を向上させる。

また、軽負荷領域ではエンジンの安定性を確保する。

2に、 高負荷低中速回転領域で低中速トルクを向上させる。

3に、高負荷高速回転領域で、最高出力を向上させる。

また、吸気側への燃焼ガス吹き返しを防ぎ、燃料消費率を向上させながら、ファースト・アイドル回転数を安定性させます。

これらを実現するバルブタイミングを弊社独自のノウハウの数値で組み込み。

マシンのポテンシャル アップを実現すると共に、エンジンにも優しい数値にセット致します。

6206_1

続いて、弊社オリジナルのタイミングベルトテンショナーベアリングの画像です。

国産最高級ベアリングを使用。

アウターケースは無垢材より削り出しのプーリー。

錆の発生を防止するメッキ処理加工。

オリジナルのタイミングベルトテンショナーベアリングを使用する事により、回転も非常にスムーズになりタイミングベルトへ負担の軽減。

また、エンジンレスポンスの向上の狙いも有ります。

また、錆の発生も有りませんので、タイミングベルトを痛める事の無いオリジナルのタイミングベルトテンショナーベアリングです。

6210_1

続いて、各部の補器類チェック時に、許容作動不良を起こしていた02センサーの交換実施後の画像。

02センサーは別名オキシゲンセンサー。
(ラムダ)センサーとも呼ばれ、定期交換部品の1つです。

02センサーの役割はその名の通り、酸素の濃度を検知しているセンサーの1つ。

センサー部は、ジルコニア素子表面にプラチナをコーティングされています。

ジルコニア素子には高温中で内・外面の酸素濃度差が大きいと起電力を発生する性質があり、表面にコーティングしたプラチナには発生した起電力を増幅します。

恒に排気ガスの酸素濃度を計測。

エンジンコントロールユニットに信号を送り排気ガスの残留酸素濃度から燃焼状況を分析し、空気とガソリンの混合比を調整。

常にエンジンの燃焼状態が理論上の理想空燃費になるようにコントロールしているセンサー。

02センサーに支障がでるとECUは正しい燃焼状況が把握できず、もしくは誤った情報によりガソリンが濃くなったり薄くなったりして空燃費が崩れてしまいます。

最悪の場合は触媒を破損したり、エンジンブローにつながる、大切なセンサーの1つです。

定期交換パーツですが、作動範囲的確にを見極め良いパーツは交換は、無用。

この的確な最初のチェックがノウハウの必要な部分でも有り、メンテナンスファクトリー側に必要不可欠な部分でも有ります。

6216_1

エンジン搭載前に、マシン側エンジンルームを細部まで、クリーニングアップ実施させて頂きます。

弊社独自のクリーニングアップにより一掃させて頂き、出来る限り新車時のクリーンな状態を取り戻させて頂きます。

現状のエンジンルームの画像です。

変化振りを……..

乞うご期待!!

6220_1

マシン側エンジンルーム クリーニングアップ後の画像です。

細部までクリーニングアップを実施させて頂き、クリーンな状態を取り戻したマシン側エンジンルームの画像です。

6221_1

隠れた箇所も丁寧にクリーニングアップ実施させて頂いております。

6222_1

フレームの隅々まで、丁寧にクリーニングアップ。

本来の発色を取り戻させて頂きました。

これよりエンジンの搭載作業に入らせて頂きます。

マシン側、エンジンルームのクリーニングアップに関しましても、各部チェックと同時に施工させて頂き、作業の一貫とさせて頂いておりますので、全て無料で実施させて頂いております。

6234_1

Ferrari F355 マシンへと、エンジン積み込み完了です。

これよりマシンとサブフレーム間の接合部分の完璧なトルク管理を実施していきます。

6235_1

確実なトルク管理の出来る、トルクレンチを使用し込みこんでいきます。

この締め付けトルクは、少し緩くても、強く締め付け過てもマシンに悪影響を及ぼします。

規定のトルクで、的確に締め付けドッキングして参ります。

1つ1つの作業を確実にまた、的確に実施する事により、最良のメンテナンスを完了する事が可能となります。

6240_1

エンジン各部の補器類の装着も全て完了。

また、エンジン始動前の最終チェック&セットアップもバッチリ。

エンジンに火が入りました。

エンジン始動時から、油温、油圧、水温などなど…..全てのチェックを行います。

随時、適切な状態で、担当メカニックが全てのチェックを行って参ります。

6241_1

フロアー側 F355の心臓部。

エンジン各部のチェックも完了。

クリーンな状態に致しておりますので的確なチェックが可能です。

完全に温まったエンジン&F1マチックに再度、弊社独自のチェック&セットアップを施して参ります。

6242_1

同時に、足回りのトルク管理&各部の調整、また各部の動きが機敏になる様、施工をして参ります。

また、同時に分解時にしか出来ないサスペンションシステム&ブレーキシステム。

また、フェンダー内部の隅々まで、クリーンニグアップ開始致します。

中々オーナー様が目にする事の無い部分。

雨天使用しなくてもダストや、砂などが付着してしまう部分。

現状のフロントフェンダー内部の画像です。

6243_1

続いて、リヤーフェンダー内部の現状の画像。

足回りのトルク管理&各部の調整と同時に、バッチリ クリーニングアップ実施させて頂き、本来の輝きを、出来る限り取り戻させて頂きます。

変化振りを……..

乞うご期待!!

6262_1

足回りのトルク管理&各部の調整、また各部の動きが機敏になる様、施工も完了。

同時に実施させて頂きました、クリーニングアップ後のフロントサスペンションシステムの画像です。

ダストや、砂などをクリーニングアップする事により、本来の発色が取り戻せます。

分解時にしか出来ない細かな作業。

隅々まで丁寧に仕上げさせて頂き機能美まで取り戻した、Ferrari F355。

6263_1

同じく施工後のリヤーサスペンションシステム後の画像です。

フェンダー内部もクリーニング完了で、スッキリ!

6264_1

続いて、マシンチェック時に、全てのアンダーカウルの分解を実施。

組み込み時には、各ボルト類の的確なのトルク管理&カウル表面また、裏面までクリーニングアップを実施。

組み込み完了の、Ferrari F355 マシンアンダーカウル類の画像です。

6268_1

続いて、ホイールの現状の画像です。

ブレーキダストなど、かなりの汚れが付着してしまっている、ホイール。

4輪全てクリーニングアップさせて頂きます。

6269_1

上記クリーニングアップ後のホイールの画像です。

ホイール内側&表側共に、本来の発色を取り戻させて頂きましたホイール。

全てのクリーニングアップは、弊社では作業の一貫とさせて頂いておりますので、全て無料で実施させて頂いております。

6270_1

御依頼頂いておりました、リヤーチャレンジグリル。

各部のチリを細部に渡り調整し、バッチリ装着完了です。

チャレンジグリルは、エンジンルームの熱気を排出するのに非常に有効なパーツです。

6280_1

メンテナンス完了。

各部の最終チェック&セットアップに入らせて頂いております。

室内の照明球1つから、マシン全体まで最終チェックが、担当メカニックにより実施されます。

6292_1

エンジンの最終セットアップや、トルク管理。

マシン全体に至っても最終チェックが、担当メカニックにより実施完了です。

同時に、クリーニングアップも完了させて頂きましたエンジン&エンジンルームの画像です。

6293_1

エクステリア&インテリに至りましても、最終仕上げ完了させて頂きましたFerrari F355 。

只今より、メンテナンスの仕上がったマシンを弊社4tフルフラット積載車で、搬送させて頂きます。

今回、ウエッブサイトには作業内容を抜粋させて頂き掲載させて頂きました。

実施させて頂きました全ての、メンテナンス作業時の写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当メカニックが撮影致しております。

詳細な写真及び、今回のメンテナンス内容書類に至りましても、分かり易く作成させて頂いておりますのでマシンと一緒にお持ちさせて頂きます。

今回、Ferrari F355 メンテナンス御依頼誠に有り難う御座いました。

仕上がった、Ferrari F355 本来の性能を御堪能頂ければ幸いです。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »