Ferrari F355 エンジン始動不良 メンテナンス

  • F355

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます

いつもFerrari F355 メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

只今、弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きました、Ferrari F355を積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

トラブルシューティング開始です。

まず、オルタネーターのチェックを専用機器にて行います。

オルタネーターは、車輌の電気を作る部位。
オルタネーターが不良また、不良気味になると、バッテリーの故障の症状と類似しており、間違われることも多々あります。

ダークカレントまた、端子やカプラの接触不良も的確にトラブルシューティングを行います。

エンジン始動不良。

トラブルシューティング結果、マシンから要求電流が低い時には電圧が発生しますが、高い電流をマシンから要求されると放電終止に至ってしまう状態。

バッテリーは、見た目では同サイズに見えると思いますが、性能の差が大きく違います。

サイズと20時間率だけ合わせても適合しません。

今回は、異常なダークカレントも無くオルタネーターチャージも規定値。

最終、Ferrari純正車両診断テスターSD2にて、F355 車輌コントロールユニット内部に記憶された、各Errorコードを全てリセットさせて頂きました。

作業終了後の、車輌コントロールユニット内部のリセットまた、初期化作業は、非常に重要なポイントです。

全ての作業完了です。

エクステリア&インテリに至りましても、最終仕上げ完了させて頂きましたFerrari F355。

只今より、メンテナンスの仕上がったマシンを弊社4tフルフラット積載車で搬送させて頂きます。

今回、ウエッブサイトには作業内容を抜粋させて頂き掲載させて頂きました。

実施させて頂きました全ての、メンテナンス作業時の写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当メカニックが撮影致しております。

詳細な写真及び、今回のメンテナンス内容書類も分かり易く作成させて頂いておりますのでマシンと一緒にお持ちさせて頂きます。

いつも、Ferrari F355 メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »