Ferrari F575 定期チェック

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつもFerrari F575メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

只今、弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きました、Ferrari F575を積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

Ferrari F575 定期チェック開始の為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

定期的、マシン全体のチェック開始です。

まず、第1段階。

Ferrari純正車両診断テスターSD3にて、F575車輌コントロールユニットと交信開始させて頂きます。

各ErrorコードのみのチェックではなくFerrari純正 車両診断テスターSD3を100%駆使しマシン全体のパーツの状態や、調整の状態を詳細に把握していきます。

各部の作動状況や出力波形に至るまで、コンピューター上で、できうる全てのチェックを行い現状のマシンの状態を把握致します。

Ferrari純正 車両診断テスターSD3を100%駆使し、F575を細部までチェックさせて頂きます。

Ferrari純正 車両診断テスターSD3を使用し取得した各部のデーター。

現状のFerrari F575 マシン全体のエレクトロニクスパーツの作動状況。

また、メカニカルの作動状況。

各部、関連個所のデーター取得。

前回メンテナンス時のデーターまた、最新のデーターとも比較し、チェック完了です。

マシンの現状のエレクトロニクス関連の状態を全て把握させて頂きました。

これより、SD3で取得したデーターは、あくまでもデーターとし受け止めます。

データー全てを鵜呑みにせず、各個所が的確な状態で作動しているかを各機器を使用し単体点検を実施。

更に奥深くまで、弊社 独自のチェックを担当メカニックが進めて参ります。

エレクトロニクス関連を、大きく分別すると下記の3項目が代表的な項目です。

1 入力: 電子的・機械的なセンサ(または変換器)で、温度、圧力、電磁場等の物理量をシステムの外部から取得して、電流信号や電圧信号に変換するあらゆるチェック。

2 信号処理回路: 組み合わされた電子素子により信号を操作し、解釈したり、変換したりする個所のチェック。

3 出力: アクチュエータや他の素子(変換器も含む)により、電流・電圧信号をマシン システムにとって有用な形態に再変換されているかなどのチェック。

この3項目からまだまだ項目別に分類。

電脳化が進んだマシンをメンテナンスさせて頂く側のファクトリースキルとして、上記の項目などなど……..を、完全に把握し、あやつり切る能力が無ければ、近年のマシンを的確にトラブルシューティングまた、セットアップする事は困難です。

あやつり切るには、非常に高度な知識がファクトリー側に必要不可欠となります。

続いて、年数的、指定交換パーツ。

走行距離的、指定交換パーツ。

前回メンテナンス時のチェックポイント。

Ferrari F575 各モデルの傾向的不具合発生箇所。

また、マシンの使用状況や、保管状態により、個々のマシンの状態が全く違いますので同時に的確なチェックを進めます。

指定交換パーツの中には、色々な素材のパーツが有ります。

代表的な素材の指定交換パーツの1部。

1 ラバーパーツなどは、光やオゾンによる酸化で弾性が失われ、亀裂や溶解がある程度の年数で起こってしまいます。

2 金属製パーツでは、継続的に、また繰り返しマシンより受ける衝撃や、恒に動いている作動パーツに金属材料としての強度が低下し、疲労が発生してしまうパーツ。

3 金属だけではなく樹脂パーツやカーボンパーツでも劣化は発生します。

必ずしも指定交換に入っていないパーツでも使用用途や保管状態などでパーツの寿命が、長くもなりまた、短くもなります。

恒に定期的なマシンのチェックによりベストなマシンの維持が可能となります。

続いて、マシン内部の隠れた部分、またアンダーカウル内部まで、担当エンジニアにより的確なチェックが行われます。

マシン毎の特性や、個々のパーツの構造及び、作動原理を知り尽くしたエンジニアにより的確なチェックが行われます。

細部まで、的確なマシンチェックが行われます。

Ferrariや、Lamborghiniは、300kを超え疾走するロードゴーイングマシン。

レーシングマシンにナンバーを装着したマシンと思って頂く方が分かりやすいでしょう。

高額車であっても、決して高級車では有りません。

ハイパワーの代償にハイリスクも付いてまわります。

メルセデスベンツや、BMW等の工業製品のチェックや、メンテナンス方法とは、全く異なります。

今回のメンテナンス個所&今後のメンテナンス個所。

全て、御連絡させて頂き、その中でベストなメンテナンス方法を、ご予算の中で、決定させて頂きました今回のメンテナンスメニュー。

早速、作業開始致します。

ボデープロテクターや、細部までカバーリングを装着し実作業開始です。

まず、エレクトロニクス関連で、的確なトラブルシューティングの下、不具合の発生している02センサーの交換作業開始です。

F575は、フロント&リヤーで、8ポイントの02センサーが装着され、ECUへとエンジンの状況の1部を送っています。

02センサーは、非常に高額なパーツですので安易な交換はオーナーの負担になるばかりで一向に不具合は改善されません。

マシン全体に至り言える事ですが、個々のパーツの構造及び、作動原理を知り尽くしたエンジニアにより、的確な不具合発生ポイントと、不具合を発生させた主原因を特定し、的確なメンテナンスが行われます。

また、近年のマシンは、非常に電脳化が進み、エレクトロニクス関連だけで無く、メカニカル面でも、作業完了時のECUでのセットアップは必要不可欠です。

マシンより取り外した、フロント側センサーの現状の画像です。

02センサーは、酸素の濃淡電池の原理を応用した固体電解質センサーです。

試験管状のジルコニア素子に白金のコーティングを施した構造になっており、排気管に設置されています。

ジルコニア素子は両面に酸素温度差があると起電力を発生する性質があり、この性質を利用して空燃比を計測し、ECUへと情報を送り込む、大切なセンサーの1部です。

こちらに記載させて頂いているのは、オーナーが良く分かるように記載させて頂いているもので、実際には、もっと奥深い作用を行い常にエンジンマネージメントへと情報を送ります。

個々のパーツの構造及び、作動原理を知り尽くしたエンジニアのトラブルシューティングにより、初めて的確な不具合発生ポイントと、不具合を発生させた主原因が特定できます。

また、それは的確なメンテナンスへとつながります。

フロント側02センサーの交換完了。

続いて、リヤー側02センサー交換開始です。

Ferrari専用SST(専用工具)を使用し、丁寧に的確な作業が、担当エンジニアにより進められます。

フロント&リヤー 02センサーの交換も完了。

続いて、各油脂類の交換に入らせて頂いています。

よく見逃されがちな、パワーステアリングオイル。

パワーステアリングは、エンジンの出力を利用してポンプを作動させることで高圧な油圧発生させ、その力でステアリング回転力を軽減する部位。

ラック&ピニオン式とボールネジ式に大別されます。 また、スピードを感知することによりアシスト力を制御するパワーステアリングも有ります。

油圧式を採用する利点に、自然なステアリングフィーリングが得られると共に、ドライビングプレジャーを追求する為にも、油圧式が使用されます。

パワーステアリングオイルの劣化が進んだ場合には、パワーロスによる操作性悪化やポンプからのオイル漏れが発生するなど、2次的不具合を誘発させます。

的確な交換距離及び年数での交換が必要です。

一般の交換作業は、抜いたフルードと同量の新品オイルを継ぎ足す方法の交換です。
その為、完全に交換が出来ません。

弊社では、圧送タイプの専用機器を完備していますので、パワーステアリングオイルの100%の交換が可能です。

ロードゴイングマシンをメンテナンスさせて頂く側は、最新の設備と、最新のデーターなどなど…..

常に向上する事が、必要だと考えます。

続いて、300k近くで走る、ロードゴイングマシン。

定期的に的確な足回りのトルク管理&マシン全体のトルク管理&各部の調整が必要不可欠。

確実に各部の締め付けトルクをチェックし、各部の調整をしていきます。

また各部の動きが機敏になる様、施工を致します。

また、同時に分解時にしか出来ないサスペンションシステム&ブレーキシステム。

また、フェンダー内部の隅々まで、クリーンニグアップ開始致します。

中々オーナー様が目にする事の無い部分。

また、雨天使用しなくてもダストや、砂などが付着してしまう部分。

現状のフロントフェンダー内部の画像です。

同じくリヤーフェンダー内部の現状の画像です。

足回りのトルク管理また、各部の調整と同時に、クリーニングアップ実施させて頂きます。

上記、足回りのトルク管理また、各部の調整を実施。

足回り各部の動きが機敏になる様、施工も完了。

同時に実施させて頂きました、クリーニングアップ後のフロントサスペンションシステム。

ダストや、砂などをクリーニングアップする事により、本来の機能がより機敏になると共にクリーンな本来の発色が取り戻せます。

きめ細やかなメンテナンス&クリーニングアップが、担当エンジニアにより随所に施されます。

隅々まで丁寧に仕上げさせて頂きました画像です。

同じく、施工後のリヤーサスペンションシステムの画像です。

弊社では、各部のクリーニングアップは全て作業の一貫と考え行わせて頂いております。

作業部位に関するクリーンニグアップは、全て無料で実施させて頂いております。

続いて、エンジンアンダーカウルの現状の画像。

砂や泥汚れで、かなり汚れている現状の状態。

各部位同様に丁寧にクリーニングアップを実施致します。

砂や泥汚れで、かなり汚れていた、エンジンアンダーカウル内部。

全てクリーニングアップ完了致しました画像です。

クリーンな状態で、マシンへと組み込んでいきます。

エンジン各メンテナンス&セットアップと同時に実施させて頂いておりました、クリーニングアップ。

F575エンジン下部からの画像です。

細部まで非常にクリーンな状態を取り戻させて頂いています。

メンテナンス&セットアップも、完璧作業を担当メカニックが実施。

メンテナンスで、完璧な機能性を取り戻し、また、クリーニングアップで機能美まで取り戻します。

1つ1つに、こだわったメンテナンスが、全ての個所に施されます。

続いて、ホイールの現状の画像です。

ブレーキダストや、砂などの汚れが付着してしまっているホイール。

4輪全てクリーニングアップ開始です。

上記、ホイール クリーニングアップ完了後の画像です。

4輪全てホイール内側&表側共に、本来の発色を取り戻させて頂きました。スッキリ!

マシン下部からの画像です。

通常オーナーが目にしない細部に至るまで、最終仕上げが行われます。

各部の仕上げは、レザーの素材、ペイントの素材、各部の構成パーツなどなど…..
素材を熟知したエンジニアにより、部位部位に1番適した、本来の素材を蘇らす意味での仕上げが行われます。

そこまで拘り抜き、メンテナンスから最終仕上げまで、全ての工程が行われています。

ケミカル用品で一時的に艶を出す様な安易仕上げは、一切行われません。

弊社では、各部のクリーニングアップは全て作業の一貫と考え行わせて頂いております。

作業部位に関するクリーンニグアップは、全て無料で実施させて頂いております。

続いて、タイヤエアーを窒素ガスへ変更します。

弊社では、タイヤエアーの変わりに、窒素ガスを充填する事をオーナーに、ご提案させて頂いております。

窒素ガスは、ジェット機や、F1また、レーシングカーのタイヤに純粋な窒素ガスを充填したタイヤが使われています。

窒素ガスをロードカーに入れた場合、色々な有効な効果が発生します。

弊社では、多々有る有効な効果の中でも下記の事を重んじ窒素ガスをお奨めしています。

通常のエアーでは、高速走行時にタイヤの温度が上昇するにつれ、タイヤエアーの圧力も上昇し操舵性に不安定感が生じます。

通常行われる従来の空気充填では、タイヤに2気圧の空気を入れると約20ccの水分が混じります。

そのうち10ccが水の状態・10ccが気化した状態で注入されます。

10ccの水が温度変化により気化すると1250倍の水蒸気容積になり、2気圧のタイヤの場合2.3〜2.4気圧までになってしまいます。

通常のエアー充填を繰り返せば、その傾向は更にひどくなります。

窒素ガスへと交換する事により、タイヤ温度が上昇しても、タイヤ内圧の上昇が非常に少ない効果をもたらします。

結果、高速コーナーで安定した操舵性を得る事が可能となります。

また、タイヤとホイール間にエアーが充填されていると、10ccの水分が混入する為、ホイール内部にサビの発生原因となります。

このサビの発生を防ぐ為にも使用致します。

メンテナンス終了後のセットアップ。

最終の詰め。非常に大切な作業です。

電子制御部位また、メカニカル面でも担当エンジニアにより的確に行われます。

最終セットアップ作業により、メンテナンス部位の潜在能力を100%引き出します。

また、それだけに留まらず、マシン全体のポテンシャルも、より一層引き上げるセットアップも行います。

マシン全体に至り、弊社独自のセットアップ
をFerrari F575 に施します。

Ferrari純正 車両診断テスターSD3を再度マシンと接続。

メンテナンス関連各部の作動状況や出力波形をチェック。

また、入力されていたERRORコードなども全てキャンセルし、車輌コントロールユニット内部をクリアーな状態にリセット。

電子制御部位また、メカニカル面でも担当エンジニアにより的確に行われます。

メンテナンス終了後のセットアップも完了。

電子制御部位また、メカニカル面でも担当エンジニアにより的確に実施。

マシン全体のポテンシャルを、より一層引き上げるセットアップも完了。

マシン全体に至り、弊社独自のセットアップを完了させて頂きましたFerrari F575。

セットアップ&クリーニングアップ完了の、エンジン&エンジンルームの画像です。

マシン毎の特性や、個々のパーツの構造及び、作動原理を知り尽くしたエンジニアにより、チェック&メンテナンスが実施されました、Ferrari F575 。

細部まで、担当エンジニアにより、セットアップまた、クリーニングアップ完了。

今回の、メンテナンス&セットアップ作業完了です。

明日のフェラーリブランチへご参加される為、1部の作業は、後日実施させて頂きます。

エクステリア&インテリアに至りましても、最終仕上げ完了させて頂きましたFerrari F575。

只今より、メンテナンスの仕上がったFerrari F575を、弊社4tフルフラット積載車で、大阪府へと搬送させて頂きます。

今回、ウエッブサイトには作業内容を抜粋させて頂き掲載させて頂きました。

実施させて頂きました全ての、メンテナンス作業時の写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当エンジニアが撮影致しております。

詳細な写真(CD-Rに落として有ります)及び、今回のメンテナンス内容書類。

今後のメンテナンスメニュー内容書類に至りましても、分かり易く作成させて頂いておりますのでマシンと一緒にお持ちさせて頂きます。

いつも、Ferrari F575 メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »