Ferrari F575M 定期チェック

7620_1

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

今回も、Ferrari F575M 定期チェック御依頼誠に有り難う御座います。

また、お忙しい中お越し頂き誠に有難う御座いました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い致します。

7789_1

Ferrari F575 定期チェック開始の為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い致します。

7962_1

定期的、マシン全体のチェック開始です。

まず、第1段階。

Ferrari純正車両診断テスターSD3にて、F575車輌コントロールユニットと交信開始させて頂きます。

各ErrorコードのみのチェックではなくFerrari純正 車両診断テスターSD3を100%駆使しマシン全体のパーツの状態や、調整の状態を詳細に把握していきます。

各部の作動状況や出力波形に至るまで、コンピューター上で、できうる全てのチェックを行い現状のマシンの状態を把握致します。

Ferrari純正 車両診断テスターSD3を100%駆使し、F575を細部までチェックさせて頂きます。

7967_1

Ferrari純正 車両診断テスターSD3を使用し取得した各部のデーター。

現状のFerrari F575 マシン全体のエレクトロニクスパーツの作動状況。

また、メカニカルの作動状況。

各部、関連個所のデーター取得。

最新のデーターとも比較し、チェック完了です。

マシンの現状のエレクトロニクス関連の状態を全て把握させて頂きました。

これより、SD3で取得したデーターは、あくまでもデーターとし受け止めます。

データー全てを鵜呑みにせず、各個所が的確な状態で作動しているかを各機器を使用し単体点検を実施。

更に奥深くまで、弊社 独自のチェックを担当エンジニアが進めます。

7968_1

エレクトロニクス関連を、大きく分別すると下記の3項目が代表的な項目です。

1 入力: 電子的・機械的なセンサ(または変換器)で、温度、圧力、電磁場等の物理量をシステムの外部から取得して、電流信号や電圧信号に変換するあらゆるチェック。

2 信号処理回路: 組み合わされた電子素子により信号を操作し、解釈したり、変換したりする個所のチェック。

3 出力: アクチュエータや他の素子(変換器も含む)により、電流・電圧信号をマシン システムにとって有用な形態に再変換されているかなどのチェック。

この3項目からまだまだ、項目別に分類。

電脳化が進んだマシンをメンテナンスさせて頂く側のファクトリースキルとして、上記の項目などなど……..を、完全に把握し、あやつり切る能力が無ければ、近年のマシンを的確にトラブルシューティングまた、セットアップする事は困難です。

あやつり切るには、非常に高度な知識がファクトリー側に必要不可欠となります。

7970_1

続いて、年数的、指定交換パーツ。

走行距離的、指定交換パーツ。

Ferrari F575M 各モデルの傾向的不具合発生箇所。

また、マシンの使用状況や、保管状態により、個々のマシンの状態が全く違いますので同時に的確なチェックを進めます。

指定交換パーツの中には、色々な素材のパーツが有ります。

代表的な素材の指定交換パーツの1部。

1 ラバーパーツなどは、光やオゾンによる酸化で弾性が失われ、亀裂や溶解がある程度の年数で起こってしまいます。

2 金属製パーツでは、継続的に、また繰り返しマシンより受ける衝撃や、恒に動いている作動パーツに金属材料としての強度が低下し、疲労が発生してしまうパーツ。

3 金属だけではなく樹脂パーツやカーボンパーツでも劣化は発生します。

必ずしも指定交換に入っていないパーツでも使用用途や保管状態などでパーツの寿命が、長くもなりまた、短くもなります。

恒に定期的なマシンのチェックによりベストなマシンの維持が可能となります。

7971_1

続いて、マシン内部の隠れた部分また、アンダーカウル内部まで、担当エンジニアにより的確なチェックが行われます。

7972_1

マシン毎の特性や、個々のパーツの構造及び、作動原理を知り尽くしたエンジニアにより的確なチェックが行われます。

7973_1

細部まで、的確なマシンチェックが行われます。

Ferrariや、Lamborghiniは、300kを超え疾走するロードゴーイングマシン。

レーシングマシンにナンバーを装着したマシンと思って頂く方が分かりやすいでしょう。

高額車であっても、決して高級車では有りません。

ハイパワーの代償にハイリスクも付いてまわります。

メルセデスベンツや、BMW等の工業製品のチェックや、メンテナンス方法とは、全く異なります。

7974_1

オーナーは、まず目にする事が無い部分。

マシンアンダーカウルを取外したカウル内側現状の状態。

砂や泥汚れ、漏れ出しているオイルが付着した現状。

メンテナンス終了後、各部完璧にクリーニングアップを実施させて頂き、クリーンな状態に戻し、各部組み込ませて頂きます。

隠れた箇所ほど重要です。

7989_1

各部のチェックの結果、エンジンオイル漏れ及びエンジン冷却水漏れが発生しています。

オイル漏れ個所の確定の為、オーナーに分解許可を頂きましたので、エンジン フロントセクションから分解開始です。

ピンポイントで不具合発生個所を特定します。

次に、なぜ不具合がが発生しているのか?

不具合を引き起こしている主原因は?

1箇所、1箇所的確に見極めて行きます。

7990_1

タイミングベルト奥のフロントカムシャフトシールからのオイル漏れが発生している現状の画像エンジン下部からの画像です。

ラバー製のシール類。

経年劣化によりラバーの弾力性が失われてしまいます。

これは、どのマシンにも共通してラバーの劣化は発生します。

回転部分のシールなので、漏れて当たり前的な事が言われていますが、タイミングベルトに、漏れ出したオイルが付着し、タイミングベルトラバーを急激に劣化させてしまいます。

今回のように、多量にタイミングベルトにオイルが付着してしまうと、ベルト本来の強度が奪われ最悪事態(バルブクラッシュ)を引き起こしてしまいます。

通常オーナーが、目にする事の無い部分に不具合が発生している場合が多いのは事実です。

オーナーが分からないうちに不具合が進行し他のパーツに悪影響を及ぼしてしまっている場合が多々あります。

定期的なマシンのチェックにより、傷口を必要最小限で的確なメンテナンスが行えます。

7991_1

違う角度からもう1カット。

外観からでは的確な判断が出来ない部分。

バルブカバーよりも、オイル漏れが発生しています。

回転の圧力で、漏れ出したオイルが飛散している現状。

また、タイミングベルトで駆動されるカムギヤー部分に錆が発生してしまっています。

この状態ですと、紙やすりで削る様な作用が発生します。

その為、タイミングベルトを攻撃してしまい、指定交換時期まで、タイミングベルトが持たない可能性があります。

8013_1

漏れ出したオイルがフロント部位を伝ってしまっている現状の画像です。

オイル漏れ発生個所の中には、色々な素材のパーツが有ります。

代表的なガスケットや、ラバーシール素材パーツ。

ラバーパーツなどは、光やオゾンによる酸化で弾性が失われ、亀裂や溶解がある程度の年数で起こります。

また特にエンジン関連パーツは、熱による弾性不良また、回転部分の磨耗(エンジンを長期間始動しないマシンは、形成変化を起こします。)などもオイル漏れを発生させてしまいます。

また、構成金属パーツ類では、金属を構成する個々の原子そのものが膨張して、格子間隔が大きくなりその為、弾性変形を生じパーツ接合面に歪が発生しオイル漏れを発生させている場合も多々見受けられます。

また、漏れ出したオイルが他のラバーパーツなどに付着していき、全く問題の無いパーツまで、攻撃し始めます。

分かりやすく言うと、輪ゴムにオイルを付けると、数日でゴムの弾力性が無くなり伸ばすと直に切れてしまいます。これと同じ様な事がマシンに発生していまいます。

8014_1

続いて、エンジン冷却水漏れが発生している部位の画像。

早期にチェックし、確実な対応を実施する事により、2次的なダメージを防ぐ事が可能です。

長くても1年に1度の定期チェックは行いたいですね。

 921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb6

全てのチェックを完了させて頂きましたFerrari F575M。

担当メカニックが、確実に現状のマシンの状態を把握し切らせて頂きました。

チェックポイントの内容をまとめさせて頂き、分かり易く記載したシートを作成し、送付させて頂いた上、御連絡させて頂きますので、宜しくお願い致します。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb7

先程は、お忙しい中お電話にてご対応頂き誠に有り難う御座いました。

今回のメンテナンス個所&今後のメンテナンス個所。

現状のマシンの状態を全て記載させて頂きました詳細な報告書を送付させて頂き、その中で、1セクション1セクション確実に復元するベストなメンテナンス方法を、お打ち合わせさせて頂き、決定させて頂きました今回のメンテナンスメニュー。

只今、パーツ発注させて頂きました。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い致します。

s-IMG_1887

今回のリペアー&メンテナンスメニュー パーツ全て入荷しました。

早速、実作業に入る準備に入らせて頂いています。

s-IMG_1968

ボデープロテクターや細部までカバーリングを装着し、クリーンなファクトリーで実作業開始です。

s-IMG_1997

まず、エキゾーストを今回チュービースタイルへと換装します。

s-IMG_1999

チュービー製エキゾースト。

歴代Ferrari  conpetizioneモデルのエキゾーストを手がけるチュービー。

その仕上がりは美術品のよう。

s-IMG_2047

ただ単に交換するのでは無く、接続部分の熱害による錆の除去。

ジョイント部のカーボンも確実に除去し換装。

s-IMG_2050

個体差に合わせ、細部のチリ調整も完璧に行い換装終了です。

s-IMG_2051

もう1カット。

s-IMG_2046

見逃されがちなミッションオイル。

ギヤーの焼き付きを避け、またシフトフィーリングまでよくなるミッションオイル。

ギヤーオイルには、潤滑 冷却 防錆 応力分散の4つの作用が求められます。

もっとも重視されるのが応力分散作用ですね。

 この作用がしっかりと発揮できるミッションオイルを使用しないと、ギヤーの焼き付きなどのダメージに繋がったり、シフトフィールの悪化に直結します。 純正指定オイルを注入するのが無難ですが、指定オイルが個々のマシンに1番最適なオイルかどうかは、僕は疑問ですね。 では、どんなオイルを選べばいいのか??

それはナイショ!!

2010-05-25

本日は、お忙しい中お越し頂き取材にご協力頂き有難う御座いました。

雑誌紙面には、もう1台の宝玉のテスタロッサ 撮影写真にさせて頂きます!!

発売日が楽しみですね。

s-IMG_2123

フロントセクション リペア開始です。

s-IMG_2169

Ferrari専用SST(専用工具)を使用し、作業が進みます。

専用SSTを使用し作業する事により、キズや歪みを発生させる事無く分解組み立てが可能です。

また、組み込み精度が飛躍的に向上致します。

弊社では、Ferrariや、Lamborghiniを確実にメンテナンスする事が可能な様に、全ての専用SSTを完備しています。

これらのSSTは、入手不可能なFerrari社Lamborghini社の専用工具です。

弊社は、イタリア モデナに本拠を置くFerrari , Lamborghini のメンテナンス&レーシングマシン メンテナンス ファクトリー ディーラー ROSSO CORSA , SPA より、東洋で初めてFerrari , Lamborghini メンテナンス指定を受けていますので、全てのSSTを完備し、最新のデーターや、情報でマシンを確実にメンテナンスする事が可能なのです。

s-IMG_2170

近年以前に比べるとかなり量産体制になってしまっているFerrariですが、心臓部は別物。

ポート1つ取っても鋳造物を組み込むのでは無く、マイスターの手によってチューニング。

これはどのマシンにも言える事です。

さすがFerrari。

s-IMG_2174

ウオータージョイントの水垢。

全て除去し、組み込みに備えます。

s-IMG_2235

ジョイント部の水垢また、接続部分。

加工修正後の画像です。

各部、分解毎にチェックを行い修正が必要な場合即座に加工修正し精度を的確に出し組み込みに備えます。

接続部分等に歪が発生していると、どうしても数ヶ月また、数年経過すると滲みや漏れが発生してしまいます。

これら細かな1つ1つのチェック&修正により格段に精度の良いマシンへと変化します。

s-IMG_2227

常に高温にさらされている各ホース類。

対応年数を超えたりまた、使用状況による劣化してしまっているラバーホース。

ラバーパーツの劣化は、ゴム材料が持っている機能が許容限界以下に低下することにより発生してしまいます。

パーツ構造体としての機能を定期的にチェックする事が必要です。

s-IMG_2228

今回交換するニューパーツ。

s-IMG_2236

丁寧な作業が進みます。

s-IMG_2324

ウオーターライン接続部分を加工し、歪みを抜き取り精度が出たパーツを組み込みました。

s-IMG_2353

クリーンな状態で作業が進みます。

s-IMG_2355

もう1カット。

s-IMG_2369

Ferrariのエンジンはバルブタイミングを色々なバリエーションでセットできます。

現状のバルブタイミングを知るには、分解前に必要なチェック。

よく現状のバルブタイミングが数度ズレてしまっているマシンも見かけます。

ただ単にタイミングベルト交換だけでは、100%のポテンシャルは発揮しません。

組み込み時には、バルブタイミングをマシンに合わせ、1番パワー&トルクを発揮する数値に弊社のノウハウでセットします。

s-IMG_2368

各気等毎、計算式により現状の数値をチェックします。

タイミングベルト交換には、非常に大切なポイントですね。

s-IMG_2422

バルブタイミングの測定も終了。

Ferrari専用SST(専用工具)を使用し更に分解が進みます。

s-IMG_2470

分解パーツ群の1部の画像です。

s-IMG_2471

ギヤー部分に漏れ出したオイルが付着し、錆も発生してしまっています。

この状態では、紙やすりで削る様な作用が発生します。

その為、タイミングベルトが攻撃され指定交換時期まで、タイミングベルトが持たない可能性があります。

各ギヤーのメンテナンスも同時に行います。

s-IMG_2473

漏れの発生していた左右カムシャフトオイルシールの画像です。

カムシャフトオイルシールは、タイミングベルトの直近に有ります。

タイミングベルトにオイルが付着してしまうと、ベルト本来の強度が奪われ最悪事態(バルブクラッシュ)を引き起こしてしまいます。

通常オーナーが、目にする事の無い部分に不具合が発生している場合が多いのは事実です。

オーナーが分からないうちに不具合が進行し他のパーツに悪影響を及ぼしてしまっている場合が多々あります。

定期的なマシンのチェックにより、傷口を必要最小限に抑える事が可能です。

s-IMG_2518

上記カムホルダー加工修正&クリーニングアップ後の画像。

ただ単にオイルシールのみ交換するのでは無く、分解パーツの加工修正し組み込む事によりメンテナンス部位のロングライフ化につながります。

カムホルダーまた、エンジン側接合部分も専用機器を使用し、確実に修正し精度を出し組み込みに備えます。

s-IMG_2520

シールも組み込み終了。

s-IMG_2524

エンジン側接合部分も加工修正終了。

s-IMG_2527

バルブカバー側からもう1カット。

s-IMG_2539

ギヤーも加工修正&クリーニングアップ終了。

確実にリセットします。

s-IMG_2544

バルブカバー接合面の歪み取り作業も完了。

同時にバルブカバー内部のスラッジや、汚れも完璧にクリーニングアップ終了です。

s-IMG_2546

内部の画像。

スッキリ!

s-IMG_2545

結晶塗装の隅々に付着していた汚れも一掃。

真紅のバルブカバー。

s-IMG_2550

インジェクターホルダーもクリーニングアップまた0リングも交換。
上記以外の分解パーツ全て加工修正&クリーニングアップ完了です。
組み込みに備え下準備もバッチリ!!

メンテナンスは、料理と同じですね。

どれだけ手間をかけるかで出来上がりが美味しくもなり、また…

それと1番大切なのは、作り手の愛情でしょうね!!

完璧に下処理したパーツ。
愛情タップリの組み込みに入ります。

s-IMG_2522

画像右が純正のタイミングベル トテンショナーベアリング。

画像左が、今回装着するオリジナルのタイミングベル トテンショナーベアリングです。 

アウターケースは無垢材より削り出し製作。

錆の発生を完全にシャットアウトする亜 鉛メッキ処理を施工。

ベアリング本体には、国産最高級ベアリング NTN製のベアリングを使用。

国産最高級ベアリングを 使用する事により、回転負荷の著しい軽減が可能。

タイミングベルトへの負担を最小限に抑えます。

オリジナルのタイミング ベルトテンショナーベアリングを使用する事により、エンジン回転も非常にスムーズになりタイミングベルトへの負担も著しく軽減。

全ての問 題を完全にクリアーしたタイミングベル トテンショナーベアリングです。

s-IMG_2571

的確な組み込み作業が進みます。

s-IMG_2639

バルブカバーとシリンダーヘッドの接合面のアップ画像。

分解したか? していないのか?

分解がされた事が分からない程の精度で組み込まれます。

s-IMG_2672

タイミングベルト&テンショナーベアリング組み込み後の画像です。

タイミングベルト交換には、必要不可欠なバルブタイミングの測定&セットアップも終了。

ただ単にタイミングベルト交換だけでは、100%のポテンシャルは発揮しません。

1番パワー&トルクを発揮する数値に弊社のノウハウでセットします。

この一連のバルブタイミング測定、セットアップによりエンジンポテンシャルを、100%発揮させる様セットアップします。

ここが肝心です。

バルブタイミングとは、簡単に言えばピストンの位置に対して、どのタイミングでIN&OUT側バルブを開け閉めするか、その位置を決定する事です。

1つに、エンジン吸気側への燃焼ガス吹き返しを減少させる。

これにより、アイドル域での回転数を安定させ、燃料消費率を向上させる。

また、軽負荷領域ではエンジンの安定性を確保する。

2に、 高負荷低中速回転領域で低中速トルクを向上させる。

3に、高負荷高速回転領域で、最高出力を向上させる。

また、吸気側への燃焼ガス吹き返しを防ぎ、燃料消費率を向上させながら、ファースト・アイドル回転数を安定性させます。

これらを実現するバルブタイミングを弊社独自のノウハウの数値で組み込み。

マシンのポテンシャル アップを実現すると共に、エンジンにも優しい数値にセット致します。

エンジンは、奥深い面白い生き物の様なものです。

s-IMG_2660

現状のタイミングベルトケース内部の画像です。

漏れ出したオイルや、そのオイルに付着した砂。

新しいタイミングベルトに付着しない様、クリーニングアップします。

s-IMG_2662

もう1カット。

s-IMG_2675

上記、タイミングベルトケース内部クリーニングアップ後の画像です。

s-IMG_2673

アウター側から、もう1カット。

s-IMG_2692

組込みが進みます。

s-IMG_2698

インテークマニホールド接合面も専用機器を使用し、確実に修正し精度を出しました。

また、同時に結晶塗装部分もクリーニングアップ。

s-IMG_2727

各部の仕上げは、レザーの素材、ペイントの素材、各部の構成パーツなどなど…..

素材を熟知したエンジニアにより、部位部位に1番適した、本来の素材を蘇らす意味での仕上げが行われます。

ケミカル用品で一時的に艶を出す様な安易仕上げはしません。

そこまで拘り抜き、メンテナンスから最終仕上げまで行ないます。

s-IMG_2729

s-IMG_2728

もう1カット。

s-IMG_2763

定期チェックのメンテナンスも行われます。

300k近くで走るロードゴーイングマシン。

定期的な、足回り&マシン全体のトルク管理が必要です。

各部の調整と同時に、締め付けトルクのチェックまた各部の動きが機敏になるメンテナンスも開始です。

また、同時に分解時にしか出来ないフェンダー内部の隅々まで、クリーンニグアップも行ないます。

中々オーナーが目にする事の無い部分。

また、雨天使用しなくてもダストや、砂などが付着してしまう部分。

現状のフロントフェンダー内部の画像です。

s-IMG_2764

アップ画像。

s-IMG_2765

同じくリヤーフェンダー内部です。

s-IMG_2766

もう1カット。

s-IMG_2798

s-IMG_2797

上記、足回りのメンテナンスまた、クリーニングアップ後のサスペンションシステム。

ダストや、砂などをクリーニングアップする事により、本来の機能がより機敏になると共にクリーンな状態を取り戻しました。

きめ細やかなメンテナンス&クリーニングアップが、担当エンジニアにより随所に施されます。

s-IMG_2802

s-IMG_2801

同じく、メンテナンス後のリヤーサスペンションシステム。

s-IMG_2316

続いてエキゾーストセンター部のリペアに入ります。

s-IMG_2318

センターエキゾーストの溶接部分。

コンディションの良いエンジンは、内燃機関で完全燃焼するので、水分が発生します。

乗らなくても1週間に1度程度エンジンを始動させてあげるのが1番ですが、アイドリング状態ではエキゾースト内部に

水分が残り、この様な劣化を促進させてしまいます。

やはり、良いコンディションを保つには走行し各部に適切な熱を入れる事が大切です。

s-IMG_2321

エキゾースト補強溶接リペア完了です。

s-IMG_2322

もう1カット。

s-IMG_2825

ホイール クリーニングアップ終了後の画像です。

4輪全てホイール内側&表側共に、本来の発色を取り戻しました。

s-IMG_2814

マシン フロアー部分も完璧にチェック&メンテナンス。

クリーニングアップしたアンダーカウルの組み込みも終了。

これら各部のクリーニングアップは全て作業の一貫と考え行います。

作業部位に関するクリーンニグアップは、全て無料で実施します。

s-IMG_2896

メンテナンス後の最終のセットアップ。

入力されていたERRORコードなども、全てリセット。

電子制御部位は、Ferrari純正車両診断テスターSD3で最終チェックまた、セットアップを実施します。

メカニカル面も、担当エンジニアにより的確な最終チェックまた、セットアップが行われます。

s-IMG_2856

リセット&セットアップも終了。

クリーニングアップ実施後のエンジン&エンジンルーム。

バッチリ!!

s-IMG_2863

全ての作業終了のFerrari F575M。

エクステリア&インテリアも最終仕上げ終了です。

こちらのMaintenance Reportには作業内容の1部のみを抜粋し掲載させて頂いています。

実施した全ての、リペア&メンテナンス中の分解写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当エンジニアが撮影致しております。

詳細な写真(CD-Rに落として有ります)及び、今回のメンテナンス内容、また今後のメンテナンスメニュー書類も分かり易く作成しています。

いつもメンテナンス御依頼有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »