Ferrari テスタロッサ ハブベアリング リペア

s-IMG_2693

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつもFerrari テスタロッサ メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きましたFerrari テスタロッサを積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い致します。

s-IMG_3310

Ferrari テスタロッサ ハブベアリング リペア実作業開始です。

s-IMG_3302

丁寧な分解作業が進みます。

s-IMG_3303

まず、リヤーハブベアリングから交換です。

アップライトの現状の画像です。

s-IMG_3309

Ferrari専用SST(専用工具)を使用し、作業が進みます。

専用SSTを使用し作業する事により、キズや歪みを発生させる事無く分解組み立てが可能です。

また、組み込み精度が飛躍的に向上致します。

弊社では、Ferrariや、Lamborghiniを確実にメンテナンスする事が可能な様に、全ての専用SSTを完備しています。

これらのSSTは、入手不可能なFerrari社Lamborghini社の専用工具です。

弊社は、イタリア モデナに本拠を置くFerrari , Lamborghini のメンテナンス&レーシングマシン メンテナンス ファクトリー ディーラー ROSSO CORSA , SPA より、東洋で初めてFerrari , Lamborghini メンテナンス指定を受けていますので、全てのSSTを完備し、最新のデーターや、情報でマシンを確実にメンテナンスする事が可能なのです。

s-IMG_3333

リヤーハブベアリング交換終了です。

同時にアップライト 内部の確実なメンテナンス。

また、同時にクリーニングアップも行い細部の錆や汚れも一掃致しました。

内部機能を100%取り戻すメンテナンスと共に、機能性と本来の美観を取り戻す両立したメンテナンスを行ないます。

s-IMG_3345

続いてフロントハブベアリング。

Ferrari専用SST(専用工具)を使用し、作業が進みます。

s-IMG_3336

リヤー同様メンテナンス後のフロント アップライト。

クリーニングアップも行い細部の錆や汚れも一掃致しました。

s-IMG_3397

s-IMG_3399

コーナーウェイトゲージに接地した状態のFerrari テスタロッサ 。

個々のタイヤにかかる重量を車高調整などで変え、前後左右バランスを整えることが出来ます。

4輪アライメント調整の前にコーナーウェイト計測・調整をお薦めします。

荷重移動がスムーズになりサスペンションの性能がフルに発揮できます。

又、コーナーウェイトを合計(車両重量として軽量化計画を立てたり)パワーチェックを同時に行い、パワーウェイトレシオ・トルクウェイトレシオを計算する事も出来ます。

s-IMG_3400

続いて、フルアライメントの計測・調整開始です。

マシンの足回りを変更したり、足回りブッシュ交換また、車高を変更したマシンには、必要不可欠な作業です。

また、恒にの走行でアライメントは変化しています。

定期的な測定&セットアップでマシンのドライバビリティーを常にベストに保ちます。

モデル毎や使用用途また、サーキット走行するマシンでは、セッティングが違います。

s-IMG_3402

キャンバー角 ,キングピン角 ,キャスター角 , トウ角 , ターニングラジアス , セットバック , スラスト角 ,

マシンの仕様に合わせスペシャルセッティングを行います。

蓄積したノウハウが必要です。

s-IMG_3429

s-IMG_3427

コーナーウェイト&フルアライメントのセットアップも終了。

単にベアリング交換や、オーバーホールだけに留まらずメンテナンス部位関連のクリーニングアップも同時に行ないます。

現状のフロントセクション。

s-IMG_3431

s-IMG_3432

同じく現状のリヤーセクション。

s-IMG_3462

s-IMG_3464

上記、クリーニングアップ後のフロントサスペンションシステム。

ダストや、砂などをクリーニングアップする事により、本来の機能がより機敏になると共にクリーンな状態を取り戻しました。

きめ細やかなメンテナンス&クリーニングアップが、担当エンジニアにより随所に施されます。

s-IMG_3460

s-IMG_3461

同じく、メンテナンス後のリヤーサスペンションシステム。

s-IMG_3430

続いて、ホイールの現状です。

ブレーキダストなどの汚れが付着してしまっているホイール。

4輪全てクリーニングアップ開始です。

s-IMG_3458

ホイール クリーニングアップ終了後です。

4輪全てホイール内側&表側共に、本来の発色を取り戻しました。

メンテナンスから最終仕上げまで全ての工程で、こだわり抜いた作業を行ないます。

分解パーツのクリーニングアップも含め全て、メンテナンスの一貫と考え行っています。

s-IMG_3488

クリーニングアップ実施後のエンジン&エンジンルーム。

バッチリ!!

s-IMG_3484

全ての作業終了のFerrari テスタロッサ。

エクステリア&インテリアも最終仕上げ終了です。

こちらのMaintenance Reportには作業内容の1部のみを抜粋し掲載させて頂いています。

実施した全ての、リペア&メンテナンス中の分解写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当エンジニアが撮影致しております。

詳細な写真(CD-Rに落として有ります)及び、今回のメンテナンス内容も分かり易く作成していますので、マシンと一緒にお持ち致します。

いつもメンテナンス御依頼有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »