Ferrari F355 車検&メンテナンス

フェラーリ 355

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつも Ferrari 355  メンテナンス御依頼有り難う御座います。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い致します。

フェラーリ 355

Ferrari 355 車検&メンテナンス チェック開始準備の為、リフトセクションへと…

フェラーリ 355

車検&メンテナンス チェック開始です。

まず、第1段階。

Ferrari純正車両診断テスター SD2を、Ferrari 355 車輌コントロールユニットに接続。

ECUと交信開始です。

ErrorコードのみのチェックではなくFerrari純正車両診断テスター SD2で、マシン全体のエレクトロニクス関連の状態や、調整の状態を詳細に把握します。

各部の作動状況や出力波形に至るまで、コンピューター上で、できうる全てのエレクトロニクス関連のチェックを行い現状のマシンの状態を把握します。

フェラーリ 355

フェラーリ 355

プロテクターを装着。

Ferrari純正 車両診断テスターSD2で取得した各部のデーター。

現状のFerrari 355 マシン全体のエレクトロニクスパーツの作動状況。

また、メカニカルの作動状況。

各部のデーターを取得。

最新のデーターとも比較します。

フェラーリ 355

エレクトロニクス関連の状態を全て把握しました。

これより、SD2で取得したデーターは、あくまでもデーターとし受け止めます。

データー全てを鵜呑みにせず、基本作動が適正値内で確実に作動しているかを専用機器を使用し単体点検を実施。

更に奥深くまで、独自のチェックを進めます。

フェラーリ 355

エレクトロニクス関連ポイント。

大きく分別すると下記の3項目が代表的な項目です。

1 入力: 電子的・機械的なセンサ(または変換器)で、温度、圧力、電磁場等の物理量をシステムの外部から取得して、電流信号や電圧信号に変換するあらゆるチェック。

2 信号処理回路: 組み合わされた電子素子により信号を操作し、解釈したり、変換したりする個所のチェック。

3 出力: アクチュエータや他の素子(変換器も含む)により、電流・電圧信号をマシン システムにとって有用な形態に再変換されているかなどのチェック。

この3項目から更に分別し、各項目別にチェックします。

電脳化が進んだマシンをメンテナンスするファクトリースキルとして、上記の項目などなど……..を、完全に熟知し、あやつり切る能力が無ければ、近年のマシンを的確にトラブルシューティングまた、リペア&セットアップする事は困難ですね。

あやつり切るには、非常に高度な知識がファクトリー側に必要です。

フェラーリ 355

F355のパワーユニットは、90度 V8 DOHC 5バルブ。

モトロニックは、前・中期、後期で異なるスペックで制御されます。

高回転化に対応する鍛造アルミ製ピストンやチタン製コンロッドなどのパーツで構成されている心臓部のメカニカルチェックも実施。

フェラーリ 355

フェラーリ 355

続いて、マシン全体のメカニカル チェック。

年数的、指定交換パーツ。

走行距離的、指定交換パーツ。

F355 前期 中期 後期  各モデル毎に傾向的不具合発生ポイントが存在します。

また、マシンの使用状況や、保管状態により、個々のマシンの状態が全く違いますので同時に的確なチェックが行なわれます。

指定交換パーツの中には、色々な素材のパーツが有ります。

代表的な素材の指定交換パーツの1部。

1 ラバーパーツなどは、光やオゾンによる酸化で弾性が失われ、亀裂や溶解がある程度の年数で起こってしまいます。

2 金属製パーツでは、継続的に、また繰り返しマシンより受ける衝撃や、恒に動いている作動パーツに金属材料としての強度が低下し、疲労が発生してしまうパーツ。

3 金属だけではなく樹脂パーツやカーボンパーツでも劣化は発生します。

指定交換に列記されているパーツでも必ず交換しないといけないと言うわけでは有りません。

的確なチェックで判断します。

フェラーリ 355

右ラジエターからエンジン冷却水漏れが発生しています。

早期にチェックし、確実な対応を実施する事により、2次的なダメージを防ぐ事が可能です。

長くても1年に1度の定期チェックは行いたいですね。

フェラーリ 355

フェラーリ 355

オーナーは、まず目にする事が無い部分。

マシンアンダーカウルを取外したカウル内側現状の状態。

砂や泥汚れ、漏れ出しているエンジン冷却水が付着した現状。

メンテナンス終了後、完璧にクリーニングアップし組み込まみます。

隠れた箇所ほど重要ですね。

フェラーリ 355

全てのチェックが終了したFerrari F355 。

担当エンジニアが、確実に現状のマシンの状態を把握し切らせて頂きました。

内容をまとめ、現状のマシンの状態を分かり易く明記し送付させて頂いた上、御連絡させて頂きます。

フェラーリ 355
お打ち合わせさせて頂き決定しました今回のメンテナンスメニュー。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い致します。

フェラーリ 355

Ferrari  F355 リペア&メンテナンス開始準備の為、リフトセクションへと…

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

ボデープロテクターを装着。

リペア&メンテナンス開始です。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリでよく見られるフードダンパー不良。

フェラーリ F355

右がニューパーツ。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

周辺部分もクリーニングアップ。

交換終了。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

続いてエアーエレメントの交換。

フェラーリ F355

内部もクリーンな状態にし…..

フェラーリ F355

ダストの清浄効率と捕捉能力また、フィルター抵抗が大きくなりフレッシュエアーの吸入を妨げます。

エンジンへフレッシュエアーの安定した供給を確保します。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

エアクリーナBOXもクリーニングアップし交換終了。

フェラーリ F355

続いて、インテークホースの交換に入ります。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

インテークホースラバーが経年劣化で亀裂が入っている状態。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

左がニューパーツ。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

クランプ位置も見直し綺麗に組込み。

フェラーリ F355

周辺部分もクリーンな状態に…..

続いてエンジン冷却水漏れのリペア。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

主原因のラジエター。

同時に関連箇所もリペア&メンテナンスを行います。

フェラーリ F355

右がニューパーツ。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

ラジエター交換に伴いオイルクーラーも脱着。

フィン等の修正&クリーニングアップを行います。

フェラーリ F355

同様に脱着されたオイルクーラーホース。

再使用にあたりチェック&クリーニングアップしていきます。

フェラーリ F355

劣化が進んでいるジョイントホースは同時に交換。

右がニューパーツ。

フェラーリ F355

基本作動に問題があった電動ファン。

右がニューパーツ。

フェラーリ F355

ラジエター装着部分の現状の右インレットダクトの画像。

かなりの砂や、泥汚れが…….

通常オーナーが目にする事の無い部分です。

この状態から組み込んでも、エンジン冷却水漏れの不具合は直りますが、直ればいいと言うマシンでは無いと思うんです。

さて、リペア&リフレッシュ開始です。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

クリーニングアップ後のインレットダクト。

フェラーリ F355

メンテナンス後のオイルクーラー。
フェラーリ F355

フェラーリ F355

エアーの通過を最適に行えるよう細部まで修正&クリーニングアップ。

フェラーリ F355

チェック&クリーニングアップ後のオイルクーラーホース。

フェラーリ F355

クリーンな状態からラジエターを組込み…..

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

細部までこだわりリペア&メンテナンスを行います。

フェラーリ F355

続いて、プラグの清掃。

フェラーリ F355

専用の機材で清掃。

一昔前の真鍮ブラシや金ブラシで磨くと正常な放電がされなくなります。

フェラーリ F355

右が清掃&調整後のプラグ。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

プラグホールも同時にクリーニングアップ。

プラグコードも整理し終了。

続いて油脂類の交換に入ります。

フェラーリ F355

一言で油脂類と言っても、マシンには、色々な油脂類で潤滑や、油圧の発生による作動が常に行われています。

エンジンオイル&オイルフィルター ミッションオイル F1マチックオイル ブレーキオイル クラッチオイル パワーステアリングオイル エンジン冷却水などなど…

FerrariやLamborghiniなどのスーパースポーツマシンは高速走行などが多い為、エンジンオイルだけでは無く、他の部位のオイルも頻繁に酷使されるので的確な時期で定期交換が必要です。

フェラーリ F355

まずエンジンオイル&オイルフィルターの交換。

エンジンオイルは、ベースオイルで色々と分類されます。

鉱物油

部分合成油

化学合成油

PAO

エステル

植物油

規格で分けると…

API規格

ILSAC規格

SAE規格

ACEA規格

JASO規格

粘度による分類では…

SAE粘度

HTHS粘度

色々と各社ラインナップが有りますが、メリットとデメリットが有り、マシンモデル毎また、使用する部位また、マシンの使用用途などを全て加味し、1番適切なオイルを選択します。

メーカー指定純正オイルが1番無難と言えば無難なのですが、全てのモデルに1番適切なオイルかと言えば疑問です。

新車時のエンジンに注入されているオイルは、メーカー指定純正オイルでは無く、初期馴染みなどなどを考慮した、ファクトリー専用の非常に高額なオイルです(一般には流通しない特殊な高性能オイル)。決してメーカー指定純正オイルでは無いんです。

モデル毎にオイルに添加されている成分内容や粘度などなど…を変更しベストなオイルをチョイスし交換する事により、より一層マシンをベストな状態へと導きます。

フェラーリ F355

周辺部分もクリーニングアップ。

フェラーリ F355

続いて、オイルエレメントの交換。

エンジンオイルにはエンジン内部を清浄に保つ為にオイル中の汚れやゴミを取り込むオイルフィルターがありますね。

オイルフィルターがあると、エンジンオイルがそこを通過することにより、オイル内に取り込まれていた金属粉やスラッジ(ホコリや燃焼カスなどの不純物)が濾し取られます。

特に金属粉は、放置すると研磨剤と同様の効果をエンジン内に及ぼしてエンジン損傷の原因になる為、その除去は重要です。

オイルフィルターのろ過能力は上げ過ぎると油圧上昇や目詰まりなどの不具合を引き起こす可能性がある為にその性能はある一定のところで抑えられています。

その為オイルフィルターですべての金属粉やスラッジ等が除去できる訳ではないんです。

また、オイルフィルターの能力が低下し目詰まりを起こした場合を想定してバイパス機構を備えています。

フィルターが目詰まりしてエンジン内各所にオイルが供給できなくなると、エンジンが焼き付く原因となるからです。

ただしこの機構はあくまで非常用であり、的確なスパンでの交換が必要です。

また、交換時は的確なトルク管理の下での交換が必要です。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フランジや、その周辺に付着している砂や埃を取り除きクリーンな状態に…

フェラーリ F355

周辺部分もクリーニングアップ。

交換終了。

フェラーリ F355

続いてミッションオイルの交換。

エンジンオイルの交換はオーナーが1番気にし交換されますが、ミッションオイルも忘れてはいけない油脂類の1つ。

ギヤーの焼き付きを避け、またシフトフィーリングまでよくなるミッションオイル。

シフト操作をするとミッション内部で大きなギヤーが噛み合ったり、外れたりしますよね。

ギヤーオイルには、潤滑 冷却 防錆 応力分散の4つの作用が求められます。

エンジンオイルでは、これに加えて密閉作用や洗浄作用が要求されますがギヤーオイルの場合この効果はほとんど必要が無いでしょう。

それよりも重視されるのが応力分散作用ですね。 この作用がしっかりと発揮できるミッションオイルを使用しないと、ギヤーの焼き付きなどのダメージに繋がったり、シフトフィールの悪化に直結します。

マシンの特性やモデルまた、使用用途に応じてオイル成分や、粘度などなど……選択します。

フェラーリ F355

ドレンにミッション内部の金属粉がビッシリ。

ミッションも破損すると非常に高額なリペアになるので、交換スパンはキッチリと…

フェラーリ F355

フェラーリ F355

ドレンボルト インナー&アウターもキッチリクリーニング。

フェラーリ F355

同じく周辺部分もクリーニングアップ。

交換終了。

続いてブレーキオイルの交換に入ります。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

カバーリングを実施。

ブレーキオイルの交換時期はオイルの色などでも簡単な判断はできますが、交換基準はあくまで使用期間、水分吸収量、劣化で判断します。

サーキット走行後は、ブレーキに与える熱量が非常に大きい為、熱によるブレーキオイルの膨張などが繰り返され劣化が急激に進みます。

通常のストリートでの使用また、乗らなくても1年毎の交換をお奨めします。

ブレーキオイルは吸湿性が高く大気中の水分を吸収する為、期間の経過と共にブレーキオイル内の水分量が多くなり沸点が下がってしまいます。

そのまま使用し続けるとハードブレーキを繰り返したときにブレーキオイルが沸騰し気泡が発生し、踏力によって発生した圧力は気泡を圧縮するだけで制動力を発生させることができず、ブレーキが効かなくなります。

これをベーパーロック現象と言い、大変危険な現象の一つです。

ハードブレーキはしないから…と思うオーナーも多いでしょうが、発生する不具合はこれだけでは無く色々な不具合を発生させます。

ブレーキオイルの水分吸収量が多くなると、キャリパーピストンに錆が発生しピストン固着やブレーキの引きずり、片効き等々を引き起こします。

ブレーキ系統による危険性を良く理解したうえでメンテナンスを行いましょう。

現状のブレーキオイル&リザーバタンクの状態。

ブレーキオイルは、もう少し早めの交換を。

フェラーリ F355

ブレーキオイルを抜き取った画像です。

リザーバタンク底に大気中の水分を吸って加水した浮遊物と細かなゴミが貯まっています。

この状態ではブレーキの構成パーツに悪影響を与えるばかりか、作動不良またオイル漏れを引き起こしてしまいます。

浮遊物やゴミを完全にクリーニングアップ。

新しいブレーキオイルを給油圧送しオイルライン最後部より交換します。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

リザーバタンク内部また、周辺部分もクリーニングアップ。

クリーンな状態から専用機器で交換を実施。

フェラーリ F355

一般的なブレーキオイルは、ポリエチレングリコールモノエーテルが主成分で構成されています。

これに酸化防止剤 防錆剤等が添加されています。

グリコール系は吸湿性が高く、湿気を吸うと沸点が下がってしまいます。

ただ、吸湿しても沸点を比較的高く維持できるようにホウ酸でエステル化してあります。

水分があってもエステル結合で加水分解されますが、定期スパンで交換しないと加水分解が飽和状態になります。

F355のマシンスペックまた、使用用途に適したオイルで交換完了。

続いてサスペンションシステム&フレームのメンテナンスに入ります。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

300k近くで走るロードゴーイングマシン。

定期的な、足回り&マシン全体のトルク管理が必要です。

各部の調整と同時に、締め付けトルクのチェックまた各部の動きが機敏になるメンテナンスも行います。

また、同時に分解時にしか出来ないフェンダー内部の隅々まで、クリーンニグアップも実施。

中々オーナーが目にする事の無い部分。

また、雨天使用しなくてもダストや、砂などが付着してしまう部分。

現状のフロントフェンダー内部の画像です。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

同じくリヤーセクション。

メンテナンス開始です

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

足回りのメンテナンスまた、クリーニングアップ後のフロントサスペンションシステム。

ダストや、砂などをクリーニングアップする事により、本来の機能がより機敏になると共にクリーンな状態を取り戻しました。

きめ細やかなメンテナンス&クリーニングアップが、担当エンジニアにより随所に施されます。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

同じく、メンテナンス後のリヤーサスペンションシステム メンテナンスも終了。

クリーニングアップも隅々まで丁寧に仕上げました。

各部メンテナンスと同時に施工する、クリーニングアップ。

各部の仕上げは、レザーの素材、ペイントの素材、各部の構成パーツなどなど….. 素材を熟知したエンジニアにより、部位部位に1番適した、本来の素材を蘇らす意味での仕上げが行われます。

ケミカル用品で一時的に艶を出す様な安易仕上げは、一切行われません。

各部のクリーニングアップは全て作業の一貫と考え行います。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フロント&リヤブレーキローターのメンテナンス&リフレッシュ。

ホイールとの接触面の錆も加工修正。

ホイールとの面接触圧力も本来の圧力へ…..

また、錆で変化していたアライメントも変化します。

使用許容範囲に十二分な機能を持っているパーツは安易に交換する事無く、メンテナンスし再使用します。

ただ、再使用するだけては無く、全て徹底的にメンテナンス&リフレッシュをし再使用します。

フェラーリ F355

続いてホイールボルトのメンテナンス。

フェラーリ F355

画像右 ホイールボルトのピッチ部分に汚れが溜まっている状態。

この状態では、ホイールを的確なトルクで維持し続ける事は無理です。

300kmを超え疾走するロードゴーイングマシン。

走行中ボルトが緩むと大変な惨劇が起こります。

画像左 ホイールボルト メンテナンス後の画像。

的確なトルクで組み込み出来る様に処理。

同時にメッキ部分もクリーニングアップを行いスッキリ。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

続いて、ホイールの現状の画像です。

ブレーキダストなどの汚れが付着してしまっているホイール。

4輪全てクリーニングアップ開始です。

ホイール側、面接触部分の現状。

フロント&リヤーハブの錆がホイールを侵食してしまっています。

クリーニングアップと同時に修正も行ないます。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

ホイール クリーニングアップ終了後の画像です。

4輪全てホイール内側&表側共に、本来の輝きを取り戻しました。

接触面もバッチリ!!

この状態から組み込みます。

このようなメンテナンスも作業の一貫と考え全てのリペア&メンテナンス部分に施します。

Maintenance Reportでは全ての画像をアッブ出来ませんが、ポイントをオーナーに見て頂ける様、かいつまんでアップしています。

リペア&メンテナンスの新旧パーツ 対比画像また、セットアップ中の画像 製作過程や交換過程の画像。

また、分解工程も詳細に撮影していますのでDVD-Rで、お渡しします。

続いてアンダーパネルのメンテナンス&クリーニングアップに入ります。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

近年のFerrariは、ダウンフォースをアンダーフロアーで稼ぐ為、マシンフロアー全面 アンダーカウルで覆われています。

中々オーナーが目にする事の無い部分です。

チェック&リペアまた、メンテナンスに伴い分解した、アンダーカウルやフェンダーライナー類。

分解したパーツは通常問題が無いので、そのまま組み込まれるのが一般的です。

分解パーツを1点1点リフレッシュする事で、見た目にもスッキリし、トラブルを未然に防ぐ事も兼ね全て組み込み前に表裏共にクリーニングアップします。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

細部まで完璧にクリーニングアップを実施。

クリーンな状態で組込みに備えます。

リペア&メンテナンス同様に、隠れた箇所ほど重要です。

フェラーリ F355

続いて、全てのリペア&メンテナンス終了後の最終セットアップ。

入力されていたERRORコードなども、全てリセット。

また、センサー&アクチュエーターのアダプティブ。

電子制御部位は、Ferrari純正車両診断テスターSD2で最終チェックまた、セットアップを実施します。

よくセットアップしましたと言う言葉は聞きますが、トラブルコードの消去だけではセットアップとは言えません。

メカニカル面も、担当エンジニアにより的確な最終チェックまた、セットアップが行われます。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

フェラーリ F355

独自のセットアップも終了。

最終クリーニングアップ実施後のエンジン&エンジンルーム。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

エクステリア&インテリアも最終仕上げ終了です。

フェラーリ F355

全てのリペア&メンテナンス終了のFerrari F355 。

こちらのMaintenance Reportには作業内容の1部のみを抜粋し掲載させて頂いています。

実施した全ての、リペア&メンテナンス中の分解写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当エンジニアが撮影致しております。

詳細な写真193枚(CD-Rに落として有ります)及び、今回のメンテナンス内容、また今後のメンテナンスメニュー書類も分かり易く作成していますのでマシンと一緒にお持ち致します。

いつもメンテナンス御依頼有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »