Ferrari F355 メンテナンス

フェラーリ F355

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつもFerrari F355  メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きましたFerrari F355 モデナを積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い致します。

フェラーリ F355

Ferrari F355 トラブルポイント チェック開始準備の為、リフトセクションへと…

フェラーリ F355

Ferrari F355のトラブルシューティング。

Ferrari純正車両診断テスター SD2をF355 車輌コントロールユニットに接続。

Errorコードのみのチェックではなく項目別に基本作動数値や波形 パラメーターの状態を詳細にチェックします。

フェラーリ 328

エレクトロニクスパーツの作動状況。

また、ECUでコントロールされるメカニカル部分の状況。

各部、関連個所のデーターを取得。

最新のデーターとも比較し、チェック完了です。

 

SD2で取得したデーターは、あくまでもデーターとし受け止めます。

データー全てを鵜呑みにせず、基本作動の単体チェックが行なわれます。

更に奥深くまで、独自のチェックが担当エンジニアにより進められます。

フェラーリ F355

全てのトラブルシューティングが終了したF355。

現状、マシンに発生している不良ポイントまた、発生した原因を把握し切りました。

内容をまとめ、現状のマシンの状態を分かり易く御連絡させて頂きます。

フェラーリ F355

現状のマシンの状態を全て報告させて頂き、ピンポイントで1セクションを確実にリペア&メンテナンスする方法で決定しました今回のメニュー。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い致します。

フェラーリ F355

リペア&メンテナンス開始です。

フェラーリ F355

2次的不具合で完全に中心電極の焼けが異常。

フェラーリ F355

新品のプラグであっても製造誤差などにより必ずしもギャップが全数一定に揃っているとは限りません。

エンジンの種類によってはプラグの熱価などは全気筒同じであっても、気筒毎に異なる電極隙間を要求するものも存在する為、装着の前に電極隙間を測定し調整します。

フェラーリ F355

R/H L/H 全気筒交換。

周辺部分もクリーニングアップ。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

R/H L/Hコードの配列も見直し組み込み。

フェラーリ F355

主原因ポイントのリペア。

 

Maintenance Reportでは全ての画像をアッブ出来ませんが、ポイントをオーナーに見て頂ける様、かいつまんでアップしています。

メンテナンス工程も詳細に撮影していますのでCD-Rで、お渡しします。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

リペアだけではなく関連箇所のチェックやセットアップも同時に行いトータルバランスを図ります。

このプロセスが重要です。

フェラーリ F355

最終チェック&セットアップも完了。

Ferrari純正車両診断テスターSD2で入力されていたERRORコードなども、全てリセットし初期化作業を実施。

フェラーリ F355

フェラーリ F355

最終クリーニングアップ実施後のエンジン&エンジンルーム。

フェラーリ F355

エクステリア&インテリアも最終仕上げ終了です。

 

全てのリペア&メンテナンス終了のFerrari F355。

こちらのMaintenance Reportには作業内容の1部のみを抜粋し掲載させて頂いています。

実施した全ての、リペア&メンテナンス中の分解写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当エンジニアが撮影致しております。

メンテナンス工程 新旧パーツ画像も詳細な写真 29枚

及び、今回のチェツク内容、また今後のメンテナンスメニュー書類も分かり易く作成していますのでマシンと一緒にお渡しさせて頂きます。

いつもメンテナンス御依頼有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »