Ferrari 328 GTS 車検&メンテナンス

フェラーリ 328

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつもFerrari 328 GTS  メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きましたFerrari 328 GTSを積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い致します。

フェラーリ 328

Ferrari 328 GTS 車検&メンテナンス チェック開始準備の為、リフトセクションへと…

フェラーリ 328

チェック開始です。

フェラーリ 328

ボデープロテクターの装着。

328の心臓部は、3,2ℓ 90度 V8DOHC 32バルブ F105Cユニット。

圧縮比 9.8:1 最大出力 270PS/7,000rpm、最大トルク31.0kg·m/5,500rpmを発揮。

328のF105Cユニットは、前期 後期 また、仕様によって排気量の変更 圧縮比の変更 カムフィールの変更

それに伴い最大出力の違いもあります。

フェラーリ 328

インジェクションも年代で3種類。

前期のインジェクションシステムは、ボッシュ製 Kジェトロ。

後期のインジェクションシステムは、ボッシュ製 KAジェトロ。

最後期には、ボッシュ製 KEジェトロのインジェクションシステムも存在します。

フェラーリ 328

K KA KE ジェトロ。

フラップが噴射量を制御するシステム。

全ての気筒に連続的に燃料噴射を行います。

システムに異常が無くてもセットアップで性能が大きく変わります。

機械的作動部分が多いので、経年劣化などでセッティングが変化するので、定期的なセットアップが性能を保ちます。

フェラーリ 328

K KA KE ジェトロは、経年劣化や長期放置による不具合の発生は少ないですが、要件によりエンジンの初期性能が発揮できなくなっているマシンが非常に多いです。

K KA KE ジェトロの構造や基本原理を熟知したエンジニアが各項目を全て個別にチェックします。

また、エレクトロニクス関連も全てチェック。

フェラーリ 328

F105C ユニットまた、マレリ製マイクロプレックス メカニカルのチェックも行います。

フェラーリ 328

続いて、メカニカル関連のチェック。

年数的、指定交換パーツ。

走行距離的、指定交換パーツ。

328  各モデル毎に傾向的不具合発生ポイントが存在します。

また、マシンの使用状況や、保管状態により、個々のマシンの状態が全く違いますので同時に的確なチェックが行なわれます。

指定交換パーツの中には、色々な素材のパーツが有ります。

代表的な素材の指定交換パーツの1部。

1 ラバーパーツなどは、光やオゾンによる酸化で弾性が失われ、亀裂や溶解がある程度の年数で起こってしまいます。

2 金属製パーツでは、継続的に、また繰り返しマシンより受ける衝撃や、恒に動いている作動パーツに金属材料としての強度が低下し、疲労が発生してしまうパーツ。

3 金属だけではなく樹脂パーツやカーボンパーツでも劣化は発生します。

指定交換に列記されているパーツでも必ず交換しないといけないと言うわけでは有りません。

的確なチェックで判断します。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

328のフレームは、鋼管チューブラー フレームのメインフレームの前後にサブフレームを接合させたモデル。

328では、2種類のフレームが存在します。

2種類のフレームの違いから、基本アライメント等、色々な違いがあります。

フェラーリ 328

常にマシンのコンディションにも気をくばり、定期的にチェックをご依頼頂いているFerrari 328 GTS 。

前回サスペンションアームのフルブッシュ交換時リフレッシュしたアーム類も抜群のコンディションが保たれています。

フェラーリ 328

駆動系統のチェック。

フェラーリ 328

308/328傾向的 不具合発生ポイントのチェックも行います。

フェラーリ 328

劣化パーツの1部

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フェラーリ 328

ユニット等は熱膨張と冷間時の収縮の連鎖が構成パーツのロングライフ化に繋がる部分もあります。

フェラーリ 328

1ヶ月以上エンジンを始動しないとオイルが下がりドライスタートとなりユニット内部のパーツを傷つけてしまいます。

フェラーリ 328

ダメージの発生しているウオーターホースの一部。

代表的な素材の指定交換パーツです。

1 ラバーパーツなどは、光やオゾンによる酸化で弾性が失われ、亀裂や溶解がある程度の年数で起こってしまいます。

また、常に熱害にさらされ劣化が促進します。

これは、どのモデルにでも当てはまる事です。

フェラーリ 328

フロントセクション。

通常オーナーには見えない部分の1つです。

フェラーリ 328

基本チェックまた、328特有のチェックを行います。

フェラーリ 328

全てのチェックが終了した328 GTS。

担当エンジニアが、確実に現状のマシンの状態を把握し切らせて頂きました。

内容をまとめ、現状のマシンの状態を分かり易く明記し送付させて頂いた上、御連絡させて頂きます。

フェラーリ 328

今回のリペア&メンテナンス個所、また今後のメンテナンス個所。

現状のマシンの状態を全て記載した報告書を送付させて頂き、その中で1セクションを確実にメンテナンスする方法で決定しました今回のメンテナンスメニュー。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い致します。

フェラーリ 328

Ferrari 328 GTS 車検&メンテナンス 開始準備の為、リフトセクションへと…

フェラーリ 328

ボデープロテクターの装着。

フェラーリ 328

リペア&メンテナンス開始です。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

常にご依頼頂いているマシン。

エンジンまた、エンジンルームも綺麗な状態が保たれています。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

前回実施させて頂いたフルブッシュ&ボールジョイントの交換&リフレッシュ。

サスペンションシステムも非常に良いコンディション。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

今回は前回のメンテナンスメニューの中でピックアップさせて頂いていたウオーターラインのリペア&メンテナンスから…

フェラーリ 328

フェラーリ 328

ウオーターライン リヤーセクションより…

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フェラーリ 328

R/H L/H 丁寧な分解が進みます。

フェラーリ 328

ウオータポンプリヤーウオーターホースから…

フェラーリ 328

まずリヤーケースも含め脱着。

フェラーリ 328

ジョイントホースの接続部分には劣化したラバーホース内を循環していたエンジン冷却水の垢がビッシリ。

フェラーリ 328

通常ホース交換のみ行われ組み込まれる場合が多いリヤーケース。

フェラーリ 328

この状態ではニューホースとの密着が悪く確実なリペアとは言えません。

まず、ケース側のメンテナンスを実施していきます。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

メンテナンス完了のケース。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

パイプのビード部分クリーニングおよび修正。

パイプの腐食防止やリペア部分のロングライフ化につながります。

フェラーリ 328

他の接合面も修正。

密着精度をアップ。

フェラーリ 328

ラバーが劣化し構造体としての使用許容範囲を超えやせ細っているウオーターホース。

ガスケット ラバー シール等々使用される素材は使用用途で素材を変え形成されます。

パーツの劣化は2004年からラインナップされたF430ですら発生しているマシンも見受けられます。

年式を問わずどのマシンにも起こりうることです。

今回ウオータホースは全て交換します。

これでウオーターホース全てのコンディションを取り戻します。

1セクションを完璧に仕上げ次のステップへと確実につなげる為に…

フェラーリ 328

ニューパーツ。

肉厚からみても分かるように、パーツ構造体としての弾性が全く上記ホースとは異る事が分かって頂けると思います。

フェラーリ 328

精度を取り戻したウオータポンプケースをユニットに丁寧に組み込み。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

続いてセクション毎のウオーターホースの交換を進めます。

ジョイント部や、パイピング等々、使用許容範囲を十二分に兼ね備えているパーツは安易に交換する事無くメンテナンスし再使用します。

ただ、再使用するだけては無く全て徹底的にメンテナンス&リフレッシュをし再使用します。

メンテナンス&リフレッシュ開始です。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

メンテナンス&リフレッシュが終了したパイピング。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フェラーリ 328

ビード部分も修正し本来の機能を発揮出来るように…

メンテナンス&リフレッシュ終了のパイピングの1部。

フェラーリ 328

セクション毎の組み込みに入ります。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

組み込み前に周辺部分もクリーニングアップ。

クリーンな状態から組み込まれたウオータホース&パイプ。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フェラーリ 328

取り回し角度等、細部までクリアランスを見直し組み込みます。

フェラーリ 328

クランプ角度も合わせ機能美を再現します。

フェラーリ 328

続いて…

フェラーリ 328

フェラーリ 328

独自の工程を経てメンテナンスが進みます。

フェラーリ 328

左のホース&パイピングはメンテナンス後の1部。

右は、フューエルホース&パイピング。

フューエルホースも横だから同時にと思うかも…

しかしフューエルホースもこの1本ではなく何本ものフューエルホースが存在します。

今回のチェックでは、フューエルホースに問題は有りません。

1本のみの交換では何回も同じフューエル系統の作業が重複してしまいます。

1セクションを確実にリセットします。

フェラーリ 328

続いて次のウオーターセクションへと…

フェラーリ 328

他のホース同様ラバーが劣化し構造体としての使用許容範囲を超えているウオーターホース。

劣化は同時に進むものです。

フェラーリ 328

ジョイントホース接続部分も他のポイントと同様に…

フェラーリ 328

フェラーリ 328

他のポイント同様にメンテナンス。

フェラーリ 328

このセクションのパーツは、シリコン製アップデートパーツを使用します。

黒い純正ホースは非常に高額。

オリジナルにこだわらない場合は、純正より低価格でクオリティーが格段に高いパーツを吟味し取り入れていきます。

フェラーリ 328

アップデートパーツを組み込み。

フェラーリ 328

続いてフロントセクションへと…

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フェラーリ 328

分解が進みます。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フロントセクション分解された交換ホースの1部。

他のホース同様ラバーが劣化し構造体としての使用許容範囲を超えています。

Maintenance Reportでは全ての画像をアッブ出来ませんが、ポイントをオーナーに見て頂ける様、かいつまんでアップしています。

リペア&メンテナンスの新旧パーツ 対比画像また、セットアップ中の画像 製作過程や交換過程の画像。

また、分解工程も詳細に撮影していますのでDVD-Rでお渡しします。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フェラーリ 328

セクション毎のウオーターホースの交換を進めます。

ジョイント部や、パイピング等々、使用許容範囲を十二分に兼ね備えているパーツは安易に交換する事無くメンテナンスし再使用します。

ただ、再使用するだけては無く全て徹底的にメンテナンス&リフレッシュをし再使用します。

メンテナンス&リフレッシュ開始です。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

メンテナンス&リフレッシュが終了したパイピング。

フェラーリ 328

他のパーツ同様、ビード部分も修正し本来の機能を発揮出来るように…

メンテナンス&リフレッシュ終了のパイピングの1部。

フェラーリ 328

組み込み前に周辺部分もクリーニングアップ。

クリーンな状態から組み込まれたウオータホース&パイプ。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

取り回し角度等、細部までクリアランスを見直し組み込みが進みます。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

組み込みと同時にちょっとひと手間かけます。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

錆の発生していたフレーム。

フレームの腐食防止の為、錆を完全に除去。

フレーム専用の塗料でリフレッシュ。

錆の進行を防ぎフレームを守りまた、見えないポイントですが美観も取り戻します。

フェラーリ 328

周辺部分のクリーニングアップや、リフレッシュ。

独自のクオリティーでリペア&メンテナンスを行います。

オーナーの心を豊かにし、独特のドライビングプレジャーで楽しませてくれるマシン。

だからこそFerrari本来の優美なボデーや、クイックなハンドリング、エンジンレスポンスを発揮し楽しめるように管理してあげることが重要です。

続いて次のウオーターセクションへと…

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フェラーリ 328

続いて、エアコンや、ヒーター関連のウオーターホースセクションのリペア&メンテナンスに入ります。

現状の画像。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フェラーリ 328

リペア&メンテナンスに伴い付着している細かな砂や塵を完璧にクリーニングアップします。

これは砂や塵が作業中 精密なパーツ内部への混入を避ける為、行ないます。

また、見た目にも汚れが落ちスッキリ クリーンな状態を取り戻します。

フェラーリ 328

内部に破損が…

チョットひと手間かけ現品で確実な修復をしたいと思います。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フェラーリ 328

独自のクリーニングアップ方法で付着した汚れを細部まで一掃しクリーンな状態を取り戻しました。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フレームの隅々まで、丁寧にクリーニングアップ。

本来の発色を取り戻しました。

フェラーリ 328

スッキリ クリーンな状態からエアコンや、ヒーター関連のウオーターホースセクションのリペア&メンテナンスに入ります。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

破損していたパーツを確実に現品リペア。

独自の工法でリペアしていますので純正同様簡単に分解も可能。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

他のセクション同様ラバーが劣化し構造体としての使用許容範囲を超えているウオーターホース。

用件にもよりますが、にじみや漏れが起こっているパーツのみの交換では、同様に弱っているホースを攻撃しだし次から次へといたちごっこの様な事が発生してしまう場合も有ります。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フェラーリ 328

1部の新旧のパーツ画像です。

マシン全体にはいめぐっているウオーターホース。

フェラーリ 328

アップデートパーツへと換装し耐圧 耐熱 使用年数のロングライフ化につなげます。

フェラーリ 328

クリーンな状態から組み込みます。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

新車当時の基本装着位置では無理の掛かっているポイントも多々あります。

単に組み込むのではなく、取り回し角度等、最適な位置へと組み直します。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フロント〜リヤーへのウオーターホース。

内部に隠れているのでオーナーには全く状態が判らないポイントの1つです。

作業が困難な為、見逃されがちなポイントでもあります。

1セクションを確実に…

完全にリセットします。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

こだわったメンテナンスが進みます。

フェラーリ 328

リペア&メンテナンスに伴い脱着したパーツの1部。

全ての脱着パーツをクリーニングアップ&メンテナンス。

ベストな状態で組み込みに備えます。

フェラーリ 328

ウオーターホース全てのリペア&メンテナンス終了です。

フェラーリ 328

ウオーターホースはもちろん関連部分も全てアジャスト&クリーニングアップ。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

同じくリヤーセクション。

周辺部分もクリーニングアップ。

ホースクランプ装着位置や角度まで見直し組み込み終了。

独自のクオリティーで全てのリペアメンテナンスを行います。

フェラーリ 328

Maintenance Reportでは全ての画像をアッブ出来ませんが、ポイントをオーナーに見て頂ける様、かいつまんでアップしています。

リペア&メンテナンスの新旧パーツ 対比画像また、セットアップ中の画像 製作過程や交換過程の画像。

また、分解工程も詳細に撮影していますのでDVD-Rでお渡しします。

続いて脱着パーツのクリーニングアップへ…

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フェラーリ 328

脱着パーツの1部。

分解パーツを1点1点メンテナンス&リフレッシュ。

見た目にもスッキリさせ、またトラブルも未然に防ぎます。

メンテナンス&リフレッシュ開始です。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

メンテナンス&クリーニングアップ後のカウル。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フェラーリ 328

メンテナンス後のフロアーに、クリーニングアップ済みのカウルを組み込みます。

フェラーリ 328

ボルト1本までリフレッシュ。

組み込んだアンダパネル。

フェラーリ 328

マシンの価値観を理解し、見える部分は勿論の事、通常見えない箇所のクリーニングアップを非常に重要視します。

続いてハブベアリングのリペアへと…

フェラーリ 328

フェラーリ 328

R/H L/H 共にリペア&メンテナンス開始です。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

単に分解するだけでなく、項目毎に独自のチェックを行います。

フェラーリ 328

定期的なメンテナンスが必要な部分の1つ。

交換かメンテナンスのみで再使用するかはチェック時の測定数値 また、エンジニアのテストランを加味し決定します。

今回は要交換。

使用許容範囲を超えてしまっているハブベアリング。

ハブベアリングは、正確かつ滑らかにホイールを回転させるために使用されるパーツ。

摩擦によるエネルギー損失や発熱を減少させ、パーツの焼きつきを防ぐことが目的。

このパーツが使用許容範囲を超え使用し続けるとベアリングが焼き付きを起こし最悪フロントホイールが走行中外れてしまう重要なパーツです。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

付属パーツを加工修正また、同時にクリーニングアップ。

Ferrari専用SST(専用工具)を使用しベアリングを交換。

単にベアリング交換だけに留まらずメンテナンス部位関連のリフレッシュも同時に行ないました。

これにより1つ1つの構成パーツの機能性のみならず、見た目にも新車時の輝きを取り戻します。

フェラーリ 328

アップライト側のメンテナンス。

装着面に問題があれば数年で同じトラブルが再発します。

確実に全面密着するよう、すり合わせを行い問題点を全てリセットし組み込みに備えます。

フェラーリ 328

センターロックナットは再使用しません。

ニューパーツで確実にロックします。

フェラーリ 328

全てのメンテナンスが完了し組み込み。

基本トルクで確実にロック。

締めすぎると焼き付きを起こし走行中にホイールが飛びます。

また、ゆる過ぎてもガタの発生が徐々に大きくなり同様の事態を発生させてしまいます。

締め付けにはトルクレンチを使用し基本トルクで最終ロックします。

トルクレンチを使用する事により規定トルクによる締め付け管理が確実に行えます。

通常のレンチでは、締め付け不足による緩みや、締め過ぎによる破損、あるいは締め付けの個人差によるばらつきが発生します。

これをを防ぎ、規定トルクでシッカリとしたトルク管理を行う為、全てトルクレンチを使用し各部を組み込んでいきます。

他の部位も同様です。

ボルトやナットの締め付けトルクは材質や処理の方法また、長さ等々でISO規格が設けられているほど重要なポイント。

フェラーリ 328

ブレーキローターも同時にメンテナンス&クリーニングアップ。

ホイールとの面接触圧力を回復させます。

全てのメンテナンスやクリーニングアップには裏付ける理由があります。

また、見た目にもスッキリ。

フェラーリ 328

確実に組み込んだL/H。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

同じくR/H

フェラーリ 328

続いてオイルリークのリペアへと…

フェラーリ 328

フェラーリ 328

リペアの為油脂類を抜き取り。

フェラーリ 328

主原因ポイントの1部のパーツ。

分解と同時に独自の項目をチェック。

単に分解するだけで無く、その過程においても項目毎にチェックします。

フェラーリ 328

精度が低下している部位は専用機器を使用しメンテナンスします。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

リペア&メンテナンスと共にリフレッシュも同時に行います。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

リペア&メンテナンスまた、リフレッシュ後の画像です。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

独自のチェックでピックアップしたポイントを専用機器で加工修正。

また、リフレッシュも終了。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

アウター側もメンテナンス&リフレッシュ。

使用許容範囲を十二分に兼ね備えているパーツは安易に交換する事無くメンテナンスし再使用します。

ただ、再使用するだけては無く全て徹底的にメンテナンス&リフレッシュをし再使用します。

ボルトホール1つまで…

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フェラーリ 328

1つ1つのパーツを確実にリセットします。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

1つ1つの細かな作業には、全て理由が有ります。

問題の発生しているパーツに関しては、現品で的確に修正し確実な精度を取り戻します。

1つ1つのパーツ精度を格段に向上させ、より精度の高いエンジンに仕上げます。

この修正作業など、追加作業と思われがちですが、追加費用は頂きません。

これは、私共のクラフトマンシップで、より良いマシンに仕上げる為のメンテナンスだからです。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

続いて、ミッションユニット チェック項目ポイントのリペア&メンテナンス

メンテナンスと同時にミッション内部までクリーンな状態へと…

フェラーリ 328

フェラーリ 328

ミッションユニット チェック項目ポイントのリペア&メンテナンス完了。

同時に、生産時の誤差 エンジンの熱害で精度が低下しているポイントもメンテナンス。

随所に、この様な部分が存在します。

1つ1つの精度を限りなくアップデート。

また、内部のスラッジも同時に除去。

クリーンな状態から組み込みに備えます。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フェラーリ 328

ミッションのリペア&メンテナンスまた、構成パーツの基本セットも完了。

全ての部位に関し精度を取り戻し組み込み完了。

フェラーリ 328

ナット1つまで専用機器でリフレッシュ。

まるで新品のように…

フェラーリ 328

フェラーリ 328

トルクレンチを使用し最終ロックします。

トルクレンチを使用する事により規定トルクによる締め付け管理が確実に行えます。

通常のレンチでは、締め付け不足による緩みや、締め過ぎによる破損、あるいは締め付けの個人差によるばらつきが発生します。

これを防ぎ、規定トルクでシッカリとしたトルク管理を行う為、全てトルクレンチを使用し各部を組み込んでいきます。

他の部位も同様です。

ボルトやナットの締め付けトルクは材質や処理の方法また、長さ等々でISO規格が設けられているほど重要なポイント。

フェラーリ 328

続いてフロント同様リヤーハブベアリングのリペアへと…

フェラーリ 328

フェラーリ 328

同じ年数 同じ走行距離 また、フロントはフロントの仕事を、リヤーはリヤーの仕事をしている部分。

同時交換で1セクションを確実にリセットします。

フェラーリ 328

リヤーR/H L/H 共にリペア&メンテナンス開始です。

 

リヤーはドライブシャフトのメンテナンスも実施します。

フェラーリ 328

まず、R/H。

フェラーリ 328

分解と同時に独自の項目をチェック。

単に分解するだけで無く、その過程においても項目毎にチェック。

精度が低下している部位は専用機器を使用しメンテナンスします。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フェラーリ 328

Ferrari専用SST(専用工具)を使用し、丁寧なリペア&メンテナンスを行います。

専用SSTを使用し作業する事により、キズや歪みを発生させる事無く分解組み立てが可能です。

また、分解 組み込み精度が飛躍的に向上します。

Ferrariや、Lamborghiniを確実にメンテナンスする事が可能な様に、全ての専用SSTを完備しています。

これらのSSTは、入手不可能なFerrari社Lamborghini社の専用工具です。

 

弊社は、イタリア モデナに本拠を置くFerrari , Lamborghini のメンテナンス&レーシングマシン メンテナンス ファクトリー ディーラー ROSSO CORSA , SPA より、東洋で初めてFerrari , Lamborghini メンテナンス指定を受けています。

最新のSSTを完備し、最新のデーター、情報でマシンを確実にメンテナンスする事が可能です。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

使用許容範囲を超えたリヤーハブベアリング。

リペア&メンテナンスと共にリフレッシュも同時に行います。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

リペア&メンテナンスと共にリフレッシュ終了の再使用パーツ。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

専用機器で高レベルな精度に…

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フェラーリ 328

1つ1つのパーツ精度を完璧に取り戻し組み込みに備えます。

単に不良パーツの交換のみでは新車時の鋭いポテンシャルは発揮出来ません。

フェラーリ 328

1つ1つの構成パーツの機能性のみならず、見た目にも新車時の輝きを取り戻しました。

 

Ferrari専用SST(専用工具)を使用し組み込みへと…

フェラーリ 348

フェラーリ 328

ハブベアリング交換完了のR/H

フェラーリ 328

高度な精度で組み込み。

フェラーリ 328

構造体として100%の機能性を取り戻すと共に機能美まで再現。

フェラーリ 328

ドライブシャフトも同様に…

 

1つ1つのパーツ精度を格段に向上させ、より精度の高いマシンに仕上げます。

修正 リフレッシュなど、追加作業と思われがちですが、追加費用は頂きません。

これは、私共のクラフトマンシップで、より良いマシンに仕上げる為のメンテナンスだからです。

 

続いてL/Hへと…

フェラーリ 328

フェラーリ F360 モデナ

フェラーリ 328

L/Hの現状の画像。

 

R/H同様にリペア&メンテナンスと共にリフレッシュを行います。

フェラーリ F360 モデナ

フェラーリ F360 モデナ

フェラーリ F360 モデナ

フェラーリ F360 モデナ

フェラーリ 328

L/Hも同様にメンテナンス完了。

 

続いてミッション側シャフトシールの交換へ…

フェラーリ 328

1セクションを確実に…

劣化しているシールを同時に交換していきます。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

ニューパーツを組み込む前にミッション側、取り付け部もメンテナンスし精度を完璧に取り戻し組み込みに備えます。

同時に周辺部分もクリーンな状態に…

フェラーリ 328

Ferrari専用SST(専用工具)を使用し、確実に組み込み。

フェラーリ 328

続いて、ミッション側フランジのメンテナンスへ…

フェラーリ 328

フェラーリ 328

メンテナンスと共にリフレッシュも同時に行います。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

ミッション側フランジ メンテナンスと共にリフレッシュ終了の画像。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

構造体として100%の精度を取り戻すと共に機能美まで再現。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

メンテナンス済みのパーツの組み込み。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

周辺部分も同時にクリーニングアップ。

クリーンな状態から組み込みます。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フェラーリ 328

R/H L/H 共に独自のクオリティーで組み込み。

 

続いてサイドブレーキシステムのリペアへと…

フェラーリ 328

サイドブレーキ内部のパーツ。

左がギヤが欠損しているパーツ。

右がニューパーツ。

 

サイドブレーキの効き自体に支障はありませんが、隠れた所にこの様な状態のパーツが存在していては心残りで納得いきませんよね。

ニューパーツへと交換です。

フェラーリ 328

同じくサイドブレーキ内部の構成パーツ。

不適切な組み込み方、またSST(専用工具)を使用しないで組み込むと画像上の状態になる場合もあります。

 

この構成パーツはサイドブレーキの引きずりを起こすパーツ。

画像下のニューパーツへと交換。

フェラーリ 328

R/H L/H 共にSST(専用工具)で確実な組み込み完了です。

フェラーリ 328

細部までこだわったメンテナンスを行います。

 

続いてブレーキオイルの交換へと…

フェラーリ 328

新しいブレーキオイルを給油圧送専用機器を使用し、各部最後部より交換します。

一般的なブレーキオイルは、ポリエチレングリコールモノエーテルが主成分で構成されています。

これに酸化防止剤 防錆剤等が添加されています。

グリコール系は吸湿性が高く、湿気を吸うと沸点が下がってしまいます。

ただ、吸湿しても沸点を比較的高く維持できるようにホウ酸でエステル化してあります。

水分があってもエステル結合で加水分解されますが、定期スパンで交換しないと加水分解が飽和状態になります。

ブレーキオイル&クラッチオイルは、1年に1回の交換が必要です。

Ferrari 328のポテンシャルに合ったブレーキオイルをチョイスし全量交換します。

フェラーリ 328

中々オーナーが目にする事の無い部分です。

チェック&リペアまた、メンテナンスに伴い分解した、アンダーカウルやフェンダーライナー類。

分解したパーツは通常問題が無いので、そのまま組み込まれるのが一般的です。

分解パーツを1点1点リフレッシュする事で、見た目にもスッキリし、トラブルを未然に防ぐ事も兼ね全て組み込み前に表裏共にクリーニングアップ。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

クリーンな状態で組み込みに備えます。

 

続いて300k近くで走るロードゴーイングマシン。

定期的な足回り&マシン全体のトルク管理へと…

フェラーリ 328

常に定期チェックをご依頼頂いているマシン。

今回も、定期的な足回りのトルク管理&マシン全体のトルク管理&各部の調整&メンテナンスを行います。

各部の調整と同時に締め付けトルクのチェックまた、サスペンションシステムも本来のパフォーマンスを発揮出来るようメンテナンスを行います。
また、同時に分解時にしか出来ないフェンダー内部の隅々まで、クリーンニグアップします。

中々オーナーが目にする事の無い部分。

また、雨天使用しなくてもダストや、砂などが付着してしまう部分。

リペア&メンテナンス前のフロントフェンダー内部の画像です。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フェラーリ 328

同じく、リペア&メンテナンス前のリヤーフェンダー内部。

フロント同様にメンテナンス&クリーニングアップを行ないます。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フェラーリ 328

サスペンションシステムも本来のパフォーマンスを発揮出来るようメンテナンス完了。

ダストや、砂などをクリーニングアップする事により、本来の機能がより機敏になると共にクリーンな状態を取り戻しました。

きめ細やかなメンテナンス&クリーニングアップが、担当エンジニアにより随所に施されます。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フェラーリ 328

同じくリヤーサスペンションシステム。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

続いてホイールのクリーニングアップ&メンテナンス。

ブレーキダストなどの汚れが付着してしまっているホイール。

4輪全てクリーニングアップ メンテナンス開始です。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フェラーリ 328

ホイール クリーニングアップ&メンテナンス終了後の画像です。

4輪全てホイール内側&表側共に、本来の発色を取り戻し組み込みに備えます。

 

 

続いてマシン全体の最終チェックへと…

フェラーリ 328

フェラーリ 328

細部まで独自のクオリティーでマシン全体の最終チェック&セットアップを実施。

チェックと同時に細部までクリーニングアップも終了。

見える箇所は当然ですが通常オーナーが見えないポイントもクリーンに…

フェラーリ 328

フェラーリ 328

メンテナンス&リフレッシュ済みのカバーも組み込み。

スッキリ。

気持ち良いものです。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

制御系統も全て最終チェック。

フェラーリ 328

ユニットのリペアメンテナンス後の最終チェック&セットアップ。

Kジェトロシステムの基本原理や構造を熟知したエンジニアがKジェトロをセットアップします。

また、独自のセットアップを施し328のポテンシャルを余す事無く引き出します。

このプロセスが重要です。

フェラーリ 328

独自のセットアップも終了。

最終クリーニングアップ実施後のエンジン&エンジンルーム。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フェラーリ 328

エクステリア&インテリアも最終仕上げ終了です。

フェラーリ 328

全てのリペア&メンテナンス終了のFerrari 328 GTS。

こちらのMaintenance Reportには作業内容の1部のみを抜粋し掲載させて頂いています。

実施した全ての、リペア&メンテナンス中の分解写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当エンジニアが撮影致しています。

詳細な写真 560枚 (CD-R 3枚に落として有ります)及び、今回のメンテナンス内容、また今後のメンテナンスメニュー書類も分かり易く作成していますのでマシンと一緒にお持ち致します。

いつもメンテナンス御依頼有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »