Ferrari 612 Scaglietti エンジンチェックランプ点灯 異常チェック

フェラーリ 612 スカリエッティ

ウェブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

今回、Ferrari 612 スカリエッティ メンテナンスご依頼誠に有り難う御座います。

只今、弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きましたFerrari 612 スカリエッティを積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

フェラーリ 612 スカリエッティ

フェラーリ 612 スカリエッティ チェック開始準備の為、リフトセクションへと…

フェラーリ 612スカリエッティ

リフトUP。

エンジンチェックランプ異常点灯 トラブルシューティング開始です。

フェラーリ 612 スカリエッティ

まず、第1段階。

Ferrari 612スカリエッティ 車輌コントロールユニットに、Ferrari純正車両診断テスター SD3を接続。

ECUのモニタリング開始。

 

ErrorコードのみのチェックではなくSD3で車輌全体のエレクトロニクス系統の状態や、調整の状態を詳細に把握します。

各部の作動状況や出力波形に至るまで、コンピューター上で、できうる全てのエレクトロニクス関連のチェックを行い現状の車両の状態を把握します。

フェラーリ 612 スカリエッティ

フェラーリ 612 スカリエッティ

ボデープロテクタの装着。

フェラーリ 612 スカリエッティ

SD3でモニタリングしたデーターは、あくまでもデーターとし受け止めトラブルシューティングを行ないます。

ERRORコードだけでのパーツ交換は安易過ぎます。

また、ERRORコードに入力されない部分も多々存在します。

データー全てを鵜呑みにせず、各ポイントの状態を専用機器を使用し単体点検を実施します。

フェラーリ 612 スカリエッティ

近年の車輌は、電脳化が非常に進んでいます。

エレクトロニクス関連のトラブルか、メカニカル機構でのトラブルかを、見極める事が重要です。

 

最新の設備と最新のデーターで、独自のチェック項目を細部までチェックします。

フェラーリ 612スカリエッティ

オーナーご依頼ポイントのトラブルシューティングへと。

フェラーリ 612スカリエッティ

車輌に綺麗に沿っていない状態。

フェラーリ 612スカリエッティ

フェラーリ 612スカリエッティ

フェラーリ 612スカリエッティ

アウタハンドルの不具合。
フェラーリ 612スカリエッティ

1度上記の不具合をリペアする為に分解されているようです。

ウォータプロテクションに黒のガムテープが…

フェラーリと言うのは、このような扱いをする車輌では無いと僕は思います。カナシイ…..

フェラーリ 612スカリエッティ

全てのチェックが終了したFerrari 612スカリエッティ。

確実に現状の車輌の状態を把握し切らせて頂きました。

現状の車輌の状態を分かり易くまとめ、御連絡させて頂きます。

フェラーリ 612スカリエッティ

現状車輌に発生しているトラブルポイントまた、なぜトラブルが発生したのかをご報告し決定させて頂いた今回のメンテナンスメニュー。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い致します。

フェラーリ 612スカリエッティ

フェラーリ 612スカリエッティ リペア&メンテナンス開始の為、リフトセクションへと…

フェラーリ 612スカリエッティ

まず、ナンバーブラケットの加工から。

フェラーリ 612スカリエッティ

基本装着位置からずれて取り付けられている現状。

フェラーリ 612スカリエッティ

ブラケットのずれで、ライセンスプレートにも歪みが発生しています。

全て現品で確実にリペアしていきます。

フェラーリ 612スカリエッティ

フェラーリ 612スカリエッティ

ライセンスブラケットを現品で加工修正。

フェラーリ 612スカリエッティ

加工後、基本装着位置に変更。

フェラーリ 612スカリエッティ

ライセンスプレートの歪みも現品を修正。

歪をスッキリ抜き取りました。

フェラーリ 612スカリエッティ

ブラケットの加工修正。

基本装着位置への変更。

ライセンスプレートを加工修正。

車輌への装着は専用機器で計測し組み込み。

フェラーリ 612スカリエッティ

ライセンスプレートの位置は車輌のビジュアルを大きく左右するポイントです。

今回、根本から全て見直しリペア完了です。

車輌のラインにピッタリ合わせスッキリ。

フェラーリ 612スカリエッティ

フェラーリ 612スカリエッティ

続いてアウターハンドルのリペアへと。

フェラーリ 612スカリエッティ

フェラーリ 612スカリエッティ

アウターハンドルがドアパネルと干渉している状態。

フェラーリ 612スカリエッティ

開閉するごとにドアパネルと更に干渉。

ペイントも削れています。

フェラーリ 612スカリエッティ

フェラーリ 612スカリエッティ

現品を加工修正し精度を取り戻し組み込み。

上下左右のチリも確実に合わせ込み、ドアパネルへと。

 

単にリペアするだけではなく、細部にこだわったメンテナンスを施します。

フェラーリ 612スカリエッティ

基本精度を取り戻せば必然的に全てがクリアーになってきます。

更に独自の精度で仕上げます。

フェラーリ 612スカリエッティ

ウォータープロテクションは、再使用。

分解したかどうか分からない精度で元に戻します。

隠れてしまうから・・・、見えない場所だから・・・こそ丁寧に。

フェラーリ 612スカリエッティ

インテリアパーツも取り付け精度を見直し組み込み。
フェラーリ 612スカリエッティ

フェラーリ 612スカリエッティ

続いてエンジンオイルの交換へと。

フェラーリ 612スカリエッティ

オイルの劣化度は、目で見る 触るなど簡単な方法で判断しにくい物です。

真っ黒になったオイルや、異臭 変色している物は別ですが…..

 

通常、使用期間や走行距離で判断します。

各オイル類には全て食品と同じ様に賞味期限が有ります。

賞味期限切れでは本来の性能を発揮できずパワーユニットを痛めてしまいます。

劣化の発生は、外気による酸化、メカニカル圧力によるオイル分子のせんだん、熱、ブローバイガス内のフューエルの混入で劣化していくのが一般的です。

エンジンオイルは、ベースオイルで色々と分類されます。

鉱物油

部分合成油

化学合成油

PAO

エステル

植物油

規格で分けると…

API規格

ILSAC規格

SAE規格

ACEA規格

JASO規格

粘度による分類では…

SAE粘度

HTHS粘度

エンジンオイルでは、潤滑 冷却 防錆 応力分散 密閉作用 洗浄作用の6つの作用が求められます。

モデル毎にオイルに添加されている成分内容や粘度などなど…ベストなオイルをチョイスし交換。

フェラーリ 612スカリエッティ

ドレンプラグもスッキリ クリーニングアップ。

ガスケットもニューパーツへ。

フェラーリ 612スカリエッティ

周辺部分もクリーニングアップ終了。

フェラーリ 612スカリエッティ

フェラーリ 612スカリエッティ

オイルフィルターの交換。

エンジンオイルにはエンジン内部を清浄に保つ為にオイル中の汚れやゴミを取り込むオイルフィルターがありますね。

オイルフィルターがあると、エンジンオイルがそこを通過することにより、オイル内に取り込まれていた金属粉やスラッジ(ホコリや燃焼カスなどの不純物)が濾し取られます。

特に金属粉は、放置すると研磨剤と同様の効果をエンジン内に及ぼしてエンジン損傷の原因になる為、その除去は重要です。

オイルフィルターのろ過能力は上げ過ぎると油圧上昇や目詰まりなどの不具合を引き起こす可能性がある為にその性能はある一定のところで抑えられています。

その為オイルフィルターですべての金属粉やスラッジ等が除去できる訳ではないんです。

また、オイルフィルターの能力が低下し目詰まりを起こした場合を想定してバイパス機構を備えています。

フィルターが目詰まりしてエンジン内各所にオイルが供給できなくなると、エンジンが焼き付く原因となるからです。

ただしこの機構はあくまで非常用であり、的確なスパンでの交換が必要です。

また、交換時は的確なトルク管理の下での交換が必要です。

1つ1つのパーツや組込みには全に裏付ける意味があるんです。

フェラーリ 612スカリエッティ

フェラーリ 612スカリエッティ

SSTで規定トルクにロック。

周辺部分もクリーニングアップし作業終了。

フェラーリ 612スカリエッティ

フェラーリ 612スカリエッティ

リペア&メンテナンスに伴い分解したアンダーカウル。

フロント、センター同様クリーニングアップ開始です。

フェラーリ 612スカリエッティ

オイル交換に伴い分解した問題の無い脱着パーツはそのまま組み込まれるのが通常でしょう。

しかし弊社のメンテナンス工程は、その問題の無い脱着パーツも1点1点リフレッシュを行います。

フェラーリ 612スカリエッティ

フェラーリ 612スカリエッティ

クリーニングアップ後のアンダーカウルの画像。
 

各部メンテナンスと同時に施工する独自のクリーニングアップ。

各部のクリーニングアップは、本来の素材を蘇らす意味で1番適した仕上げを行ないます。

ケミカル用品で一時的に艶を出す様な安易仕上げは、一切行いません。

フェラーリ 612スカリエッティ

フェラーリ 612スカリエッティ

フェラーリ 612スカリエッティ

クリーニングアップ済みのアンダーカウルを、基本装着位置の見直しも図り組み込み。

リペア&メンテナンス同様に、隠れた箇所ほど重要視します。

フェラーリ 612スカリエッティ

フェラーリ 612スカリエッティ

フェラーリ 612スカリエッティ

Ferrari 純正車両診断テスター SD3を、再度612スカリエッティコントロールユニットに接続。

SD3でリペア&メンテナンス関連部位を、最終モニタリングチェック。

入力されていたERRORコードなども、全てリセット。

612スカリエッティ ECUの初期化も実施。

 

このプロセスが非常に重要です。

フェラーリ 612スカリエッティ

最終クリーニングアップ実施後のエンジン&エンジンルーム。

フェラーリ 612スカリエッティ

フェラーリ 612スカリエッティ

隅々まで独自のクオリティーで仕上げます。

フェラーリ 612スカリエッティ

フェラーリ 612スカリエッティ

フェラーリ 612スカリエッティ

フェラーリ 612スカリエッティ

エクステリア&インテリアも最終仕上げ終了です。

 

全てのリペア&メンテナンス終了のフェラーリ 612スカリエッティ。

こちらのMaintenance Reportには作業内容の1部のみを抜粋し掲載させて頂いています。

実施した全ての、リペア&メンテナンス中の分解写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当エンジニアが撮影しています。

詳細な写真 100枚 (CD-R 1枚に落として有ります)及び、今回のメンテナンス内容を分かり易く作成していますので車輌と一緒にお渡しさせて頂きます。

今回メンテナンス御依頼有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

フェラーリ 612スカリエッティ

Ferrariや、Lamborghini は、どのモデルに関わらず工業製品であって美術品でも有ります。

この様な車輌をメンテナンスさせて頂くにあたって、車輌に対してのオーナーの思いや、価値観を理解し、常に業務に携らせて頂いています。

車輌を常に向上させ完璧なコンディションに近づけ後世に残していく。

トラブルの解析なども常に的確なトラブルシューティングを行い、根本からトラブルをリペアし、構造を熟知した上でセットアップを行い、100%のポテンシャルを発揮できる車輌に仕上げていく。

独自のノウハウとテクニックまた、専用の最新設備で車輌のポテンシャルを余すことなく発揮させキャラクターを取り戻す。

また、何処を見ても綺麗。

隠れた所にも気遣いをする。

効率にとらわれず、1台1台の車輌を仕上げていく。

もし、僕自身の車輌なら、ここまで徹底的にして欲しい。

そういったメンテナンスを実施する車輌だと僕は思いますし、その思いを皆さんの車輌にも日々向上心を持って実践しています。
 

今回オーナーと御相談の上、決定させて頂きましたメンテナンスメニュー。

今後、車輌全体のコンディションも把握させて頂きながら良きパートナーとして共に車輌を向上させて頂ければと思います。

 

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »