Ferrari 328 GTS  Koenig Specials ver. 定期チェック

s-IMG_88751-300x225

ウェブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつもFerrari 328 GTS  Koenig Specials ver メンテナンス御依頼有り難う御座います。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回もご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い致します。

s-IMG_8878-300x225

s-IMG_8877-300x225

ケーニッヒのグラマラスなボデー。

ケーニッヒへのカスタマイズからメンテナンスまで常にご依頼を頂いている車輌。

s-IMG_18621-300x225

Ferrari 328 GTS Koenig ver. チェック 開始の為、リフトセクションへと…

s-IMG_20613-300x225

定期チェック開始です。

s-IMG_20903-300x225

ボデープロテクターの装着。

s-IMG_21181-300x225

パワーユニットは、ノーマル。

 

328の心臓部は、3,2ℓ 90度 V8DOHC 32バルブ F105Cユニット。

圧縮比 9.8:1 最大出力 270PS/7,000rpm、最大トルク31.0kg·m/5,500rpmを発揮。

328のティーポF105Cユニットは、前期 後期 また、仕様によって排気量の変更 圧縮比の変更 カムフィールの変更。

それに伴い最大出力の違いもあります。

s-IMG_21192-300x225

インジェクションも年代で3種類。

前期のインジェクションシステムは、ボッシュ製 Kジェトロ。

後期のインジェクションシステムは、ボッシュ製 KAジェトロ。

最後期には、ボッシュ製 KEジェトロのインジェクションシステムも存在します。

s-IMG_21221-300x225

K KA KE ジェトロ。

フラップが噴射量を制御するシステム。

全ての気筒に連続的に燃料噴射を行います。

システムに異常が無くてもセットアップで性能が大きく変わります。

機械的作動部分が多いので、経年劣化などでセッティングが変化するので、定期的な基本セットアップが性能を保ちます。

s-IMG_21232-300x225

K KA KE ジェトロは、経年劣化や長期放置による不具合の発生は少ないですが、要件によりエンジンの初期性能が発揮できなくなっている車輌が非常に多いです。

また、エレクトロニクス関連も全てチェック。

s-IMG_21251-300x225

弊社でメンテナンスを行なった車輌は、全てのデーターを保存しています。

これにより前回のメンテナンスデーターとも照らし合わせコンディションの変化を見極めます。

 

ティーポF105C パワーユニットまた、 K KA KE ジェトロの構造や基本原理また、マレリ製マイクロプレックスを熟知したエンジニアが各項目、全て個別にチェックします。

s-IMG_20771-300x225

続いて、メカニカル関連のチェック。

年数的、指定交換パーツ。

走行距離的、指定交換パーツ。

328  各モデル毎の傾向的不具合発生ポイントのチェック。

また、車輌の使用状況や、保管状態で車輌の状態が全く違う為、的確なチェックを行ないます。
 

指定交換パーツの中には、色々な素材のパーツが有ります。

代表的な素材の指定交換パーツの1部。

1 ラバーパーツなどは、光やオゾンによる酸化で弾性が失われ、亀裂や溶解がある程度の年数で起こってしまいます。

2 金属製パーツでは、継続的に、また繰り返しマシンより受ける衝撃や、常に動いている作動パーツに金属材料としての強度が低下し、疲労が発生してしまうパーツ。

3 金属だけではなく樹脂パーツやカーボンパーツでも劣化は発生します。

指定交換に列記されているパーツでも必ず交換しないといけない訳ではありません。

的確なチェックで判断します。

s-IMG_2097-300x225

車輌はさまざまなパーツや機構で構成されていますね。

メカニカルまた、エレクトロニクス ボディー構成などなど…..書ききれない複雑な機構を組み合わせ1台の車輌として構築されています。

マシン毎に傾向的不具合も存在し、指定交換が促されているパーツが有ります。

ただ、これまで車輌がどの様な方法でリペア&メンテナンスを受けてきたか?

オーナーがどの様に使用してきたか?

どの様な保管をされてきたか?

色々な状況でメンテナンス個所が違ってきます。

指定交換に入っていないパーツでも使用状況によって寿命が長くもなりまた、短くもなります。

車輌内部の隠れた部分まで、的確なチェックを行います。

 

定期的な車輌のチェックで恒常性を持った車輌の維持が可能になります。

s-IMG_21001-300x225

鋼管チューブラー フレームのメインフレームの前後にサブフレームを接合させたモデル。

走行中の応力負担もフレームだけでなくボディパネルにも依存する設計。

328では、2種類のフレームが存在します。

2種類のフレームの違いから、基本アライメント等、色々な違いがあります。

s-IMG_2099-300x225

定期チェックを欠かさずご依頼頂いている車輌。

全体的には非常に良いコンディションが保たれています。

s-IMG_20781-300x225

オイル滲みが見受けられていたデファレンシャルケースの接合部。

s-IMG_2102-300x225

常にのチェックで滲みの程度を確認していましたが、今回のチェックでは滲みが漏れに変化しています。

s-IMG_21033-300x225

s-IMG_21042-300x225

s-IMG_2105-300x225

s-IMG_21061-300x225

2次的不具合の誘発を防ぐ為にも、この時点でのリペアが好ましいでしょう。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb1494-300x225

s-IMG_21074-300x225

s-IMG_21091-300x225

こちらは、前回クリーニングアップを行いオイル滲みの程度を確認しているポイント。

前回同様の滲み程度です。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb1495-300x225

s-IMG_2111-300x225

新たに油脂の漏れが見受けられるギヤボックス。

s-IMG_21122-300x225

フェラーリ伝統の鋼管チューブラー フレームのメインフレームの前後にサブフレームを接合させたモデル。

走行中の応力負担もフレームだけでなくボディパネルにも依存する設計になっています。

s-IMG_2116-300x225

鋼管チューブラー メインフレームとフロアパネルとの接合面。

メインフレームの基本データとも照らし合わせフレームを細部まで測定。

メインフレームには全くダメージは無い状態です。

 

なぜ不具合が発生してしまったか?

引き起こしている主原因は?

これらの要因も特定済み。

全てのトラブルシューティングは、このプロセスが非常に重要です。

この判断後、的確なリペア方法を確定。

生産当時と同じ工法で確実に復元可能です。

確実なリペアメニューを、ご提案させて頂きます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb1510-300x225

全てのチェックが終了したFerrari 328 GTS  Koenig Specials ver.。

確実に現状の車輌の状態を把握し切らせて頂きました。

内容をまとめ、現状の車輌の状態を分かり易く明記し送付させて頂いた上、御連絡させて頂きます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb1527-300x225

お打ち合わせさせて頂き決定しました今回のメンテナンスメニュー。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い致します。

s-IMG_61911-300x225

フェラーリ ケーニッヒver. リペア&メンテナンス開始準備の為、リフトセクションへと…

s-IMG_70131-300x225

リペア&メンテナンス開始です。

s-IMG_71014-300x225

今回のメンテナンスメニュー。

パワーユニットの油脂漏れ、また関連部分を1セクションと考え完璧にリペア&メンテナンスします。

s-IMG_70981-300x225

ボデープロテクタの装着。

s-IMG_72721-300x225

分解前に簡易クリーニングアップを実施。

関連部位また、ボルト、ナットピッチ間に付着している砂や埃をクリーンに。

クリーンな状態からの分解で再使用パーツを守ります。

s-IMG_72742-300x225

クリーンな状態からリペア&メンテナンス開始です。
 

Maintenance  Reportでは全ての画像をアップ出来ませんが、ポイントをオーナーに見て頂ける様、かいつまんでアップしていきます。

リペア&メンテナンスの新旧パーツ 対比画像また、セットアップ中の画像 製作過程や交換過程の画像。

また、分解工程や、精度を取り戻すメンテナンス工程も詳細に撮影していますのでCD-Rで、お渡しします。

s-IMG_73421-300x225

s-IMG_73431-300x225

全ての部位に対しクリーンな状態から分解します。

私達メンテナンスする側も気持ち良くリペア&メンテナンスに掛かれます。

s-IMG_73902-300x225

s-IMG_7436-300x225

パワーユニット、パワートレイン脱着に伴う油脂類の抜き取り。

各油脂類を抜き取ります。

s-IMG_73961-300x225

ドレンボルトもクリーンに。

ガスケットの再使用はしません。

s-IMG_7435-300x225

オーナーが大切にされている車輌。

車輌への乗り降りからメンテナンスに至るまで細心の注意を払い独自のサービスをご提供させて頂いています。

今まさにオイルを抜くエンジニアの手。

手がこんなに綺麗なのは、汚れたらすぐ洗う、という当たり前の習慣を日々欠かすことなく行っているからです。

爪の間に油が染みこんでいたり、作業服の袖口が汚れたままだったとすればオーナーは不安もいだかれる事でしょう。

 

私たちのサービスはそこから始まります。

s-IMG_74022-300x225

独自のクオリティーで各パーツの分解を行います。

s-IMG_74031-300x225

分解と同時に独自の項目をチェック。

単に分解するだけで無く、その過程においても項目毎にチェックします。

s-IMG_73993-300x225

s-IMG_74002-300x225

緩めるボルト1本までクリーンな状態からの分解が進みます。

s-IMG_75842-300x225

2年6ヶ月前に、クラッチシステムのオーバホールを行った時点でクリーニングアップを実施したクラッチハウジング。

各作動部分も良いコンディションが保たれています。

s-IMG_75853-300x225

クラッチは、ナカムラエンジニアリング オリジナル。

ディスクやフライホイールも、全く問題のないベストコンディションです。
921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2139-300x225

s-IMG_89944-300x225

Ferrari専用SST(専用工具)を使用し、Tipo F105C ユニット各部を丁寧に分解。

担当エンジニアにより的確な作業が進められ、パワーユニット脱着完了です。

s-IMG_8995-300x225

s-IMG_8996-300x225

作業分解前に、パワーユニットやパワートレインなどに付着している細かな砂や塵を、一度全てクリーニングします。

これは、作業中に砂や塵がパーツ内部へ混入することを避ける為に行います。

また、見た目にも汚れが落ちスッキリ クリーンな状態を取り戻します。

s-IMG_9022-300x225

s-IMG_9025-300x225

s-IMG_90301-300x225

s-IMG_9031-300x225

常に定期チェックからリペア、メンテナンスまた、カスタマイズまで受け承らせて頂いているフェラーリ ケーニッヒver.328。

また、何か異変を感じられた時もすぐにご連絡頂き対処させて頂いている車輌。

非常にコンディションも良く、また美観も保たれています。

s-IMG_9026-300x225

前回のチェックでの滲みから、漏れに進行してしまっていた部位。

s-IMG_9023-300x225

常に行う各部のクリーニングアップは、美観も当然ですが、早期にトラブルポイントを発見し、2次的不具合の誘発を防ぎます。

細部までクリーニングアップするのはこのような理由もあるからです。

 

分解前に、独自のクリーニングアップ方法で一掃しクリーンな状態を取り戻します。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2145-300x225

s-IMG_90492-300x225

s-IMG_90502-300x225

s-IMG_90521-300x225

まず、独自の項目チェックの為、分解ポイントのガスケットをリムーバしていきます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2146-300x225

s-IMG_91372-300x225

専用機器で丁寧にリムーバ後の画像。

s-IMG_91311-300x225

構成パーツの素材は、アルミ合金が中心。

安易な処理方法ではアルミ合金を傷付けてしまいます。

 

独自の工法で完璧に処理。

s-IMG_9139-300x225

項目毎に独自のチェック。

精度を修正するポイントを確実に把握します。

s-IMG_91341-300x225

吸入、排気もスムーズな新車時のポテンシャルを発揮できるよう、ポートに付着していたスラッジも完璧に除去。

ポート1つ取っても鋳造物を組み込むのでは無く、マイスターの手によってチューニング。

さすがFerrari。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2157-300x225

s-IMG_92581-300x225

クリーニングアップ終了のTipo F105Cユニット。

s-IMG_92631-300x225

s-IMG_92671-300x225

続いて、パワーユニット後方クラッチ側からの画像です。

s-IMG_92652-300x225

クリーニングアップ後、パワーユニットVバンクの画像。

s-IMG_92611-300x225

s-IMG_92642-300x225

s-IMG_92813-300x225

細部まで完璧なクリーニングアップを実施。

s-IMG_92691-300x225

シリンダーのクリーニングアップ後です。

s-IMG_92732-300x225

オイル漏れで汚れが付着していた部位のクリーニングアップ後の画像。

s-IMG_92781-300x225

ボルト、ナットのピッチ間も細部までクリーンに。

全ての部位に対しクリーンな状態から分解します。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2196-300x225

s-IMG_95261-300x225

クリーンな状態から、独自の工程での作業が進みます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2197-300x225

s-IMG_96291-300x225

パワーユニットから、パワートレインを分離。

Ferrari専用SST(専用工具)を使用し、丁寧な分解作業が進みます。

s-IMG_96302-300x225

専用SSTを使用する事により、キズや歪みを発生させる事無く分解組み立てが可能です。

また、組み込み精度が飛躍的に向上します。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2213-300x225

s-IMG_96722-300x225

分解と同時に独自の項目をチェック。

s-IMG_96761-300x225

s-IMG_96772-300x225

単に分解するだけで無く、その過程においても項目毎にチェックします。

 

組み込み工程で1/100の精度を取り戻すため、現状の状態を確実に測定します。

機械は嘘をつきません。

全ての工程での緻密さと正確さで、リペア&メンテナンス部分の精度を格段にアップさせます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2214-300x225

s-IMG_96733-300x225

パワーユニットとパワートレインの接合部分。

 

シール剤がタップリ塗布されています。

新車時の組み込み工程では、この溶剤は使用されていません。

以前、この工程まで分解されているようです。

その時点で塗布されたシール剤でしょう。

シール剤が内部側にはみ出しています。

この様な組み込みでは、はみ出したシール剤が剥離し細いオイルラインに回り、オイルラインを詰まらせる可能性があります。

s-IMG_96762-300x225

分解時のチェック項目の1つでもあるパーツ精度。

今回の分解、組立てにあたり、脱着部分全ての接合部分の加工修正を行い精度を確実に取り戻します。

 

シール剤を塗らなくてもよい位まで精度を出します。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2215-300x225

s-IMG_96851-300x225

メンテナンス後の画像。

生産時のパーツ精度の誤差、また熱害での精度低下部分は、専用機器で修正。
 

ユニット等は熱膨張と冷間時の収縮の連鎖が常に繰り返されます。

数年経過すると誤差も発生してきます。

誤差を確実に修正し基本精度を底上げ。

メンテナンス部分のロングライフ化を図ります。

s-IMG_9686-300x225

独自のクオリティーで1つ1つのパーツ精度を格段に向上させ、より精度の高い構造体に仕上げます。

s-IMG_96391-300x225

s-IMG_96402-300x225

素材や使用されている部位に1番適した工法で修正作業を行った一部の画像です。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2216-300x225

s-IMG_97192-300x225

専用SST(専用工具)で傷や歪みを発生させる事無く確実な作業を行います。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2222-300x225

s-IMG_98231-300x225

s-IMG_9825-300x225

s-IMG_9827-300x225

s-IMG_9828-300x225

分解パーツの一部の画像。

項目毎に回転部分、接合部分、軸受けetc.の加工修正を行い、精度を確実に取り戻すメンテナンスへ。

また、単体で本格的なクリーニングアップも行っていきます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2223-300x225

s-IMG_98842-300x225

メンテナンス&クリーニングアップ終了の画像。

s-IMG_98853-300x225

s-IMG_9886-300x225

回転部分のメンテナンス後の画像。

s-IMG_98872-300x225

s-IMG_9888-300x225

1つ1つのパーツ精度を限りなく高める事で、構造体の精度を格段にアップデートさせます。

s-IMG_98891-300x225

s-IMG_98901-300x225

s-IMG_98911-300x225

全て単体で細部まで完璧なクリーニングアップを実施。

s-IMG_9892-300x225

ボルトホール1つにもこだわり修正します。

s-IMG_9893-300x225

s-IMG_98981-300x225

1/100ミリの精度を取り戻した再使用パーツの一部の画像。

このようなメンテナンスまた、クリーニングアップは、分解再使用パーツ全てに施します。
 

再使用パーツは通常そのまま組み込まれるのが一般的です。

私たちのリペア&メンテナンス工程は、全ての再使用パーツを、独自のクオリティーで徹底したメンテナンス&リフレッシュを行い、より精度の高い構造体に仕上げます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2224-300x225

s-IMG_99022-300x225

精度を取り戻した再使用パーツにニューパーツを組み込んでいきます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2225-300x225

s-IMG_99061-300x225

s-IMG_99071-300x225

SST(専用工具)を使用し、傷や歪みを発生させる事無く確実に組み込み。

丁寧なリペア&メンテナンスを行います。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2226-300x225

s-IMG_99191-300x225

トルクレンチを使用し、規定トルクで確実にロックします。

 

通常のレンチでは、締め付け不足による緩みや、締め過ぎによる破損、あるいは締め付けの個人差によるばらつきが発生します。

これを防ぎ、規定トルクでシッカリとしたトルク管理を行う為、全てトルクレンチを使用し各部を組み込んでいきます。

他の部位も同様です。

ボルトやナットの締め付けトルクは材質や処理の方法また、長さ等々でISO規格が設けられているほど重要なポイント。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2227-300x225

s-IMG_99351-300x225

接合部分組み込み完了の画像。

私たちのリペア&メンテナンス工程は、全ての再使用パーツを、独自のクオリティーで徹底したメンテナンス&リフレッシュを行い再使用します。

s-IMG_99361-300x225

ボルト、ナット1つに至るまで完璧なチェック&メンテナンスを行います。

これらの工程を行うことで規定トルクで確実なロックが可能になります。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2233-300x225

s-IMG_99381-300x225

独自のリペア、メンテナンス工法また、セットアップで精度やパフォーマンスをバージョンアップ。

より精度を高め、リペアポイントのキャラクターを存分に発揮させます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2234-300x225

s-IMG_99572-300x225

パワーユニットと、パワートレインの組み込み。

専用SST(専用工具)を使用し、丁寧な組込み作業が進みます。

s-IMG_99583-300x225

s-IMG_99613-300x225

1/100ミリの精度を取り戻し組込み。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2236-300x225

s-IMG_01431-300x225

パワーユニットと、パワートレインの組み上げ完了の画像です。

リペア&メンテナンスで完璧な精度のユニットに仕上げ、細部までパーツ単体でのクリーニングアップで機能美まで復元しました。

s-IMG_01501-300x225

トルクレンチを使用し、規定トルクで確実にロックし組上げたユニット。

全て基本に忠実に作業を行います。

s-IMG_0153-300x225

s-IMG_01462-300x225

独自のクオリティーで徹底した管理の下、リペア&メンテナンスを行ったユニット。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2238-300x225

s-IMG_0098-300x225

以前換装させて頂いているナカムラエンジニアリング オリジナルのフェラーリ328用 スペシャル ツインプレートクラッチキット

クラッチは全く問題の無い状態ですが、組み込み前にオリジナル クラッチキットのメンテナンス&クリーニングアップを行います。

s-IMG_00991-300x225

s-IMG_01001-300x225

s-IMG_01021-300x225

s-IMG_01011-300x225

メンテナンス&クリーニングアップ開始です。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2239-300x225

s-IMG_0105-300x225

メンテナンス&クリーニングアップ後の、オリジナル フェラーリ328用 スペシャル ツインプレートクラッチキット

クリーンな状態から独自の項目をチェック。

s-IMG_0107-300x225

s-IMG_01081-300x225

s-IMG_01091-300x225

s-IMG_0111-300x225

再使用パーツは全て徹底したメンテナンス&クリーニングアップを行います。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2240-300x225

s-IMG_0117-300x225

メンテナンス&リフレッシュを行ったクラッチシステムを組み込み。

 

締め付けにはトルクレンチを使用し、基本トルクで最終ロックします。

トルクレンチを使用する事により、規定トルクによる締め付け管理を確実に行うことができます。

通常のレンチでは、締め付け不足による緩みや、締め過ぎによる破損、あるいは締め付けの個人差によるばらつきが発生します。

これを防ぎ、規定トルクでシッカリとしたトルク管理を行う為、全てトルクレンチを使用し各部を組み込んでいきます。

 

他の部位も同様です。

ボルトやナットの締め付けトルクは、材質や処理の方法また、長さ等々でISO規格が設けられているほど重要なポイント。

s-IMG_01321-300x225

繊細な調整を行い組み込み。

ナカムラエンジニアリング オリジナルの、フェラーリ328用 スペシャル ツインプレートクラッチキットのキャラクターを存分に発揮させます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2244-300x225

s-IMG_02171-300x225

続いて、R/H L/H エキゾーストマニホールドのメンテナンス&クリーニングアップへと。

s-IMG_02202-300x225

s-IMG_02211-300x225

s-IMG_02221-300x225

現状の画像。

s-IMG_02192-300x225

ジョイント部分のアップ画像。

s-IMG_0212-300x225

s-IMG_0211-300x225

常に高温にさらされる部位。

分解と同時に行うチェックで修正が必要と判断。

メンテナンス&クリーニングアップ開始です。

再使用パーツはチェック後、徹底したクオリティーでメンテナンス&リフレッシュを行います。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2245-300x225

s-IMG_03321-300x225

R/H L/H エキゾーストマニホールド メンテナンスまた、クリーニングアップ完了。

s-IMG_03314-300x225

メンテナンスやクリーニングアップは、使用されている素材や手法を熟知した上で、最も適切な方法で行っています。

s-IMG_03272-300x225

接続ポイントもメンテナンス。

圧着面を整えます。

s-IMG_03261-300x225

細部までスッキリクリーニングアップ。

機能性と美観を復元。

s-IMG_03251-300x225

再使用パーツは通常問題が無いので、そのまま組み込まれるのが一般的です。

私たちの行う作業は、単に組み替えだけに留まらず、再使用パーツ全て独自のクオリティーで徹底したメンテナンス&リフレッシュを実施し、再使用します。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2253-300x225

s-IMG_02011-300x225

車輌から取り外したエンジンマウント。

漏れ出したオイルがマウント内部のラバーを侵食し、構造体として使用許容範囲を超えています。

これらの要因は、トラブルシューティング時特定済み。

 

エンジン、ミッション、デフといった機関内部では、部品が回転する事でさまざまな振動が発生します。

その為、こうした機関とボデーとの間に、振動が直接伝わらないようにする働きを持たせるのが、各マウント類。

今回は、油脂の侵食による2次的ダメージを受けているので交換します。

 

通常、マウントやブッシュ類は、対応年数を過ぎると使用許容範囲を超えてしまいます。

大切に手厚く保管されている車輌でも、常に車重やパワーユニット重量の負荷が掛かるポイント。

マウントやブッシュ等、使用許容範囲を超えた場合、ボデー全体に振動が伝わり、不快であるばかりか、振動によって結合部やメインフレームにストレスを与え、基本骨格でもあるフレームにダメージを与えるポイントです。

事前のチェック&リペアが大切です。

s-IMG_01971-300x225

エンジンマウントブラケットの現状の画像。

s-IMG_01982-300x225

s-IMG_01992-300x225

マウント等、再使用パーツは、全て徹底的にメンテナンス&リフレッシュをし再使用します。

分解パーツを1点1点リペアと同時に、精度が低下している部位を修正また、リフレッシュしていきます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2254-300x225

s-IMG_03462-300x225

エンジンマウント ニューパーツと、ブラケット リフレッシュ後の画像。

s-IMG_03472-300x225

リペア&メンテナンスと共にリフレッシュ終了の再使用パーツ。

構造体として100%の機能性を取り戻すと共に、機能美まで再現。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2255-300x225

s-IMG_0154-300x225

続いて、パワーユニットを降ろした時のみ可能な、エンジンルームのクリーニングアップへと…

s-IMG_0155-300x225

なかなかオーナーが目にする事の無い部分。

s-IMG_01581-300x225

s-IMG_01592-300x225

s-IMG_01601-300x225

s-IMG_01611-300x225

s-IMG_0156-300x225

s-IMG_01571-300x225

エンジンルームを細部までクリーニングアップします。

s-IMG_01621-300x225

付属部位は、全てメンテナンス&クリーニングアップを。

s-IMG_01631-300x225

現状の画像です。

独自のクリーニングアップ方法で付着した汚れを細部まで一掃し、クリーンな状態を取り戻します。

また、メンテナンスも実施していきます。

変化振りを……

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2256-300x225

s-IMG_03051-300x225

エンジンルームクリーニングアップ終了の画像です。

s-IMG_0306-300x225

s-IMG_03071-300x225

ユニット脱着時のみ可能な、細部に渡るクリーニングアップ。

s-IMG_0311-300x225

s-IMG_0312-300x225

s-IMG_0310-300x225

付属部位もメンテナンス完了。

s-IMG_03092-300x225

シャシやボルト ナット1つまで、丁寧にクリーニングアップ。

本来の発色を取り戻しました。

s-IMG_03082-300x225

各部のメンテナンスと同時に施工するクリーニングアップ。

独自のクリーニングアップ方法でクリーンな状態を取り戻します。

各部の仕上げは、レザーの素材、ペイントの素材、各部の構成パーツなどなど…..

構成パーツの素材を熟知したエンジニアが、素材に1番適した、蘇らせる意味での仕上げを実施します。

ケミカル用品で一時的に艶を出す様な安易仕上げは、一切行いません。

各部のクリーニングアップは全て作業の一貫と考え行います。

 

確実なメンテナンスと、行き届いたクリーニングアップ。

気持ちの良いものですね!

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2259-300x225

s-IMG_04311-300x225

取外していたスターターモーター現状の画像。

s-IMG_0432-300x225

ペイントが所どころ剥がれ、錆が若干発生しています。

s-IMG_04331-300x225

入り組んだ箇所に装着されている328のスターターモーター。

汚れもかなり付着しています。

s-IMG_0434-300x225

組み込み前に、メンテナンス及びリフレッシュを行っていきます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2260-300x225

s-IMG_0502-300x225

メンテナンス及びリフレッシュ後のスターターモーターの画像。

s-IMG_05041-300x225

錆も細部まで除去。

素材を吟味しリフレッシュ。

メンテナンスも完了。

完璧な状態に復元し、組込みに備えます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2261-300x225

s-IMG_04193-300x225

続いて遮熱パーツ及びプロテクターのメンテナンス&クリーニングアップへと。

s-IMG_04204-300x225

s-IMG_04213-300x225

s-IMG_04224-300x225

パワーユニット脱着時のみ可能な、全ての遮熱パーツのメンテナンス&クリーニングアップ。

メンテナンス&クリーニングアップ開始です。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2264-300x225

s-IMG_04431-300x225

メンテナンス及びクリーニングアップ後の画像。

s-IMG_04442-300x225

s-IMG_04452-300x225

取り付けブラケット、パーツの曲がりのメンテナンス。

s-IMG_04462-300x225

細部まで現品を復元します。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2267-300x225

s-IMG_04231-300x225

同じくメンテナンス&クリーニングアップ前の現状の画像。

s-IMG_0424-300x225

s-IMG_04251-300x225

s-IMG_0426-300x225

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2262-300x225

s-IMG_0441-300x225

メンテナンス及びクリーニングアップ後の画像です。

s-IMG_04421-300x225

s-IMG_04391-300x225

s-IMG_0440-300x225

パーツの曲がりや、ゆがみも全て修正。

曲面は綺麗な弧を描くように、平面は真っ平らに。

こだわった独自のメンテナンス。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2263-300x225

s-IMG_0427-300x225

メンテナンス&クリーニングアップ前の画像。

s-IMG_0428-300x225

s-IMG_0429-300x225

s-IMG_0430-300x225

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2265-300x225

s-IMG_0435-300x225

細部までスッキリ。

s-IMG_04362-300x225

車輌の個体差に合わせ、ブラケットも確実に修正。

s-IMG_0437-300x225

s-IMG_04381-300x225

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2266-300x225

s-IMG_0415-300x225

メンテナンス及びリフレッシュ前の画像。

s-IMG_04162-300x225

s-IMG_0417-300x225

s-IMG_0418-300x225

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2268-300x225

s-IMG_04521-300x225

全てのクリーニングアップは、使用されている素材や手法を熟知した上で1番適切な方法で行っています。

s-IMG_04531-300x225

s-IMG_0454-300x225

s-IMG_04552-300x225

s-IMG_05061-300x225

下処理を完璧に行い、飛び石等でも剥がれない溶剤を使用し復元。

s-IMG_05081-300x225

徹底した独自のメンテナンス&クリーニングアップ。

下処理の工程、工法、精度で仕上がりが全く違うものになります。

見えない箇所ほど重要です。

 

車輌に組み込むと、尚一層際立ちます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2270-300x225

s-IMG_03622-300x225

全てが整った車輌にパワーユニットを搭載します。

s-IMG_03634-300x225

ユニット搭載開始にあたり、各部のクリアランスを確実に確保。

s-IMG_03643-300x225

クレーンでコントロールし、車輌へと搭載します。

 

生産ラインオフ時の装着誤差。

また、永年の使用で発生しているズレ。

組み込みは、基本搭載位置へと修正しユニットを搭載します。

この様なメンテナンスの積み重ねで車輌の基本ベースを底上げします。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2273-300x225

s-IMG_0372-300x225

全ての見直しを図り、ユニットを車輌側フレームにドッキング。

搭載完了です。

s-IMG_0461-300x225

トルクレンチを使用し最終ロックします。

トルクレンチを使用する事により、規定トルクによる締め付け管理が確実に行えます。

通常のレンチでは、締め付け不足による緩みや、締め過ぎによる破損、あるいは締め付けの個人差によるばらつきが発生します。

これを防ぎ、規定トルクでシッカリとしたトルク管理を行う為、全てトルクレンチを使用し各部を組み込んでいきます。

他の部位も同様です。

ボルトやナットの締め付けトルクは、材質や処理の方法また、長さ等々でISO規格が設けられているほど重要なポイント。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2274-300x225

s-IMG_04563-300x225

続いて、クラッチハウジングの現状。

s-IMG_04572-300x225

s-IMG_0459-300x225

メンテナンス前に、内部への異物の混入を避ける為、クリーニングアップを行います。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2275-300x225

s-IMG_04791-300x225

クリーニングアップ後のミッションの画像。

クリーンな状態から丁寧なメンテナンスを行います。

s-IMG_04811-300x225

s-IMG_04822-300x225

細かなパーツも全てメンテナンス&クリーニングアップが終了したクラッチハウジング。

作動部分もスムーズに。

 

組み込みに備えます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2276-300x225

s-IMG_05531-300x225

メンテナンス済みの、クラッチハウジングを組込み。

接合部分の画像。

私たちのリペア&メンテナンス工程は、全ての再使用パーツを、独自のクオリティーで徹底したメンテナンス&リフレッシュを行い、より精度の高い構造体に仕上げます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2278-300x225

s-IMG_05542-300x225

リペア&メンテナンスに伴う分解パーツの一部の画像。

s-IMG_05592-300x225

s-IMG_05551-300x225

s-IMG_05601-300x225

s-IMG_05582-300x225

s-IMG_05563-300x225

s-IMG_05572-300x225

使用には全く問題はありませんが、組み込み前にメンテナンス&クリーニングアップを行います。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2279-300x225

s-IMG_05622-300x225

メンテナンス&クリーニングアップ後の画像。

s-IMG_05632-300x225

s-IMG_05662-300x225

s-IMG_05641-300x225

ボルト ナット1つまで、丁寧にクリーニングアップ。

s-IMG_05671-300x225

s-IMG_05681-300x225

1つ1つのパーツをリセットし、機能性と機能美を取り戻します。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2282-300x225

s-IMG_05862-300x225

リペアに伴い分解したタイミングベルトケース現状の画像。

s-IMG_05871-300x225

2年前、タイミングベルト、テンショナーベアリング、ウォーターポンプのオーバーホールを実施しています。

今回は、パワートレイン側からのオイル漏れでしたので、パワーユニット側は分解に伴うメンテナンスのみ実施。

s-IMG_0588-300x225

s-IMG_05901-300x225

2年前のメンテナンス時、クリーニングアップを行っていますので、現在は汚れが薄っすらと付着しているだけ。

s-IMG_05911-300x225

s-IMG_0592-300x225

タイミングベルト奥、直近のよくオイル漏れを起こすカムシャフトオイルシール。

6年前に独自のクオリティーでパーツ精度も修正し実施しているので、滲みすら無い状態。

徹底した管理の下、行ったリペアは何度も同じ箇所に手を入れなくても良いコンディションを維持します。

s-IMG_05891-300x225

ナカムラエンジニアリング オリジナル フェラーリ 328/ 308 QV 用 超 軽量 強化アルミ製 クランクプーリー。

s-IMG_05931-300x225

メンテナンス&クリーニングアップを行っていきます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2283-300x225

s-IMG_06021-300x225

メンテナンス&クリーニングアップ後の画像。

s-IMG_0604-300x225

s-IMG_06091-300x225

s-IMG_06101-300x225

s-IMG_0611-300x225

s-IMG_0605-300x225

s-IMG_0612-300x225

今回もスッキリ。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2284-300x225

s-IMG_06201-300x225

締結部等、メンテナンスで精度を復元し、またクリーニングアップで機能美を復元したパーツを独自の精度で組上げていきます。

s-IMG_06192-300x225

s-IMG_0621-300x225

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2286-300x225

s-IMG_0622-300x225

s-IMG_06241-300x225

s-IMG_06271-300x225

s-IMG_06281-300x225

s-IMG_0629-300x225

1つ1つのパーツ精度を取り戻したパーツを組み込み。

この積み重ねが非常に重要です。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2287-300x225

s-IMG_0630-300x225

続いてエキゾーストのメンテナンス&クリーニングアップへと。

s-IMG_0631-300x225

s-IMG_0632-300x225

s-IMG_0633-300x225

現状のジョイント部分のアップ画像。

s-IMG_0634-300x225

常に高温にさらされる部位。

組み込み前に、メンテナンス&クリーニングアップ開始です。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2288-300x225

s-IMG_0643-300x225

エキゾースト メンテナンスまた、クリーニングアップ終了。

s-IMG_06441-300x225

s-IMG_06452-300x225

s-IMG_06473-300x225

接続ポイントもメンテナンス。

締結部を整えます。

s-IMG_06461-300x225

機能性と美観を復元。

組み込みに備えます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2289-300x225

s-IMG_0704-300x225

続いて、オイルクーラー&付属パーツのメンテナンス&クリーニングアップへ。

s-IMG_07052-300x225

s-IMG_07061-300x225

オイルを冷却するコア。

コアフィンもメンテナンスし、エアーの通過量を増やし、より冷却効果をアップさせます。

s-IMG_07071-300x225

s-IMG_0691-300x225

メンテナンス&クリーニングアップを行っていきます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2290-300x225

s-IMG_07223-300x225

メンテナンス&クリーニングアップ後のオイルクーラー&付属パーツの画像です。

s-IMG_07232-300x225

s-IMG_07243-300x225

ジョイント部分もメンテナンス。

s-IMG_07253-300x225

フィンを全て修正。

フレッシュエアーが障害無く通過し、冷却能力をアップ。

s-IMG_07271-300x225

クリーンな状態からメッシュホースもチェック。

汚れたままでは確実なチェックは不可能です。

s-IMG_0710-300x225

細かなパーツも全てメンテナンス&クリーニングアップ。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2297-300x225

s-IMG_06602-300x225

画像左がエアコンコンプレッサーのブラケット。

右は、リビルト済みエアコンコンプレッサー。

s-IMG_07343-300x225

画像下が今回装着するリビルト済みコンプレッサー。

上は、オイル漏れが発生しているコンプレッサー。

エアコンの構造上、コンプレッサー潤滑用のオイルが極僅かになると、コンプレッサー内部が焼きつきます。

そこまでに至ると、焼き付いたコンプレッサー内部構成パーツの破片がエアコンライン内に飛散し、多大なダメージを引き起こします。

 

的確なチェックで事前のメンテナンスを行う事が重要です。

s-IMG_07392-300x225

近年、フェラーリのリビルトパーツのラインナップが増えてきています。

リビルトパーツもOEMパーツ同様に、粗悪なものも多数有ります。

逆に良いものも有りますが、粗悪なパーツと良質なパーツの見極めが非常に重要ですね。

弊社のリビルトパーツは、信頼できるパートナーの下で完璧に仕上げられます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2298-300x225

s-IMG_06611-300x225

ブラケット メンテナンス&クリーニングアップ後の画像です。

ボルト1本まで、素材や処理工法に1番適した工法で再使用パーツをリフレッシュ。

s-IMG_06621-300x225

s-IMG_06631-300x225

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2299-300x225

s-IMG_07402-300x225

s-IMG_07412-300x225

個々の分解パーツを1つ1つリフレッシュし、新車時のコンディションを復元。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2300-300x225

s-IMG_06661-300x225

s-IMG_0670-300x225

s-IMG_0667-300x225

生産時の誤差、使用での精度低下している部分を項目毎に専用機器で加工修正。

確実に構造体としての精度を取り戻した再使用パーツを組み込み。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2301-300x225

s-IMG_07422-300x225

続いて、プラグコード&ディスキャップのメンテナンスへと。

s-IMG_07433-300x225

s-IMG_07444-300x225

s-IMG_07453-300x225

s-IMG_07463-300x225

メンテナンス開始です。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2302-300x225

s-IMG_07473-300x225

メンテナンス&クリーニングアップ後のプラグコード&ディスキャップの画像です。

s-IMG_07492-300x225

s-IMG_07511-300x225

見えない部分もメンテナンス。

個々のパーツのロングライフ化を図ります。

s-IMG_07502-300x225

s-IMG_07483-300x225

メンテナンスでパワーユニットへの供給電圧を復帰させます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2303-300x225

s-IMG_07552-300x225

全てのクリアランスを左右均等に確保。

クランプ角度にもこだわり、また全て無理なく取り回し組み込みます。

s-IMG_07563-300x225

仮付けから本組みまで独自の精度で組み上げます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2312-300x225

s-IMG_0879-300x225

インテークマニホールドのメンテナンス&クリーニングアップへと。

s-IMG_0880-300x225

独自のチェック項目をメンテナンスします。

s-IMG_08812-300x225

s-IMG_08834-300x225

単体で本格的なクリーニングアップも行います。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2313-300x225

s-IMG_09051-300x225

メンテナンス&クリーニングアップ後のインテークマニホールドの画像。

s-IMG_09081-300x225

ポート同様、マニホールド内部に付着していたスラッジも完璧に除去。

吸入工程でスムーズなエアーをパワーユニットへ導きます。

s-IMG_09061-300x225

s-IMG_09123-300x225

s-IMG_09153-300x225

細部までクリーンに。

s-IMG_09131-300x225

1/100ミリの精度を取り戻し、締結面の精度を格段にアップさせます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2314-300x225

s-IMG_0900-300x225

続いて、インジェクターのメンテナンスへと。

 

インジェクターとは。

燃料をインテークマニホールド内部、吸気バルブの直近で霧化し吐出。

キャブレターのようなベンチュリーがなく吸入空気流路の抵抗が低減できることで、高レスポンスと高出力を得ることが可能。

第二次世界大戦前に、ドイツ空軍の戦闘機パワーユニットに使用されていたのもあまりにも有名。

近年の最新技術は直噴システム。

今もなお、宇宙産業の開発技術が航空産業へと用いられ、その技術が自動車産業にも生かされます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2315-300x225

s-IMG_0902-300x225

メンテナンス後のインジェクター。

経年劣化したインジェクター本体に起因するトラブルは、各気筒に供給される燃料の量にバラツキが生じ、アイドリングの不安定や低回転域のトルクの低下また、最大出力の低下などの要因となります。

定期的なメンテナンスで不安要素を無くし、また本来の機能を発揮させる事で、パワーユニットの出力をアップさせます。
921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2325-300x225

s-IMG_09182-300x225

続いてエキスパンションタンクのクリーニングアップ&メンテナンスへ。

s-IMG_09192-300x225

s-IMG_09204-300x225

エキスパンションタンクのアップ画像。

結晶塗装も、独自のクリーニングアップでクリーンな状態を取り戻します。

s-IMG_09221-300x225

構成パーツの素材は、アルミ合金が中心。

安易な処理方法ではアルミ合金を傷付けてしまいます。

独自の工法で完璧に処理します。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2326-300x225

s-IMG_09981-300x225

クリーニングアップ&メンテナンス後のエキスパンションタンクの画像。

s-IMG_09931-300x225

s-IMG_09922-300x225

結晶塗装アップ画像です。

独自のクリーニングアップ方法で、完璧にクリーニングアップ。

結晶塗装の隅々に付着していた汚れも細部までスッキリ。

本来の発色を取り戻した結晶塗装。

s-IMG_09432-300x225

締結部分、メンテナンス後の画像。

生産時のパーツ精度の誤差、また熱害での精度低下部分は、専用機器で修正。

組込みに備えます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2327-300x225

s-IMG_07602-300x225

イグニッションコイルのメンテナンス&クリーニングアップへと。

s-IMG_0761-300x225

s-IMG_07621-300x225

現状の画像です。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2328-300x225

s-IMG_07643-300x225

メンテナンス&クリーニングアップ後のイグニッションコイル。

s-IMG_07651-300x225

通常見えないポイントもクリーンに。

s-IMG_07661-300x225

メンテナンスで機能を保ちます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2332-300x225

s-IMG_07564-300x225

s-IMG_07554-300x225

細かなパーツも全てメンテナンス&クリーニングアップ。

ハーネス等の取り回しの見直しも図り、よりベストな取り回しへと変更します。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2333-300x225

s-IMG_07575-300x225

ハーネス、カプラ、ホース、パイピング等、全てアジャスト。

s-IMG_07582-300x225

s-IMG_07591-300x225

s-IMG_09842-300x225

全てのクリアランスを左右均等に組込み。

ジョイント角度や、クランプ角度にもこだわり、組み込みが進みます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2342-300x225

s-IMG_10031-300x225

1つ1つのパーツ精度を取り戻したパーツを組み込み。

この積み重ねが非常に重要です。

s-IMG_1006-300x225

細かなパーツも全てメンテナンス&クリーニングアップ。

s-IMG_10091-300x225

精度を取り戻したパーツを、高いクオリティーで組み込む事で、パワーユニット本来のキャラクターが顔を覗かせます。
 
また、機能性と共に機能美まで復元します。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2343-300x225

s-IMG_10253-300x225

続いて、R/H L/H のドライブシャフトのリペア&メンテナンスへ。

s-IMG_10262-300x225

s-IMG_10274-300x225

ドライブシャフトは、エンジンの動力を車輪に伝えるために用いられる回転軸です。

エンジンで生まれた動力はギアBOXへ伝わり、ギアBOXと車輪を連結し、動力を伝える役目をしているのがドライブシャフト。

動力を伝えるシャフト部分は3つに分類する事が出来、ドライブシャフト、アウタージョイント、インナージョイントから構成されているパーツです。

s-IMG_10282-300x225

今回は、経年劣化によりブーツに亀裂が発生している為、破損する前にブーツ交換します。

また、ベアリング等のメンテナンスも行います。

 

亀裂や変形が発生している場合、破損する前のリペアが好ましい部位の1つ。

s-IMG_10305-300x225

正常なドライブシャフトブーツ内は、ベアリングを潤滑するグリスで満たされています。

破損すると、内部の潤滑グリスが回転力で飛散し、ベアリングを潤滑出来なくなり、ベアリングにダメージを与えAssy交換を余儀なくされる部分。

 

内部の潤滑グリスも全て入れ替え、ベアリングを守ると共に、メンテナンスでリアルな動きを復元します。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2344-300x225

s-IMG_10881-300x225

リペア&メンテナンス後のドライブシャフト。

s-IMG_10891-300x225

ドライブシャフト両端のCVジョイントを分解。

CVジョイントをオーバーホールし、ラバーブーツをニューパーツへと。

センターシャフトは、リフリッシュ。

s-IMG_1090-300x225

徹底したメンテナンスを行い組み込みに備えます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2345-300x225

s-IMG_10992-300x225

s-IMG_11011-300x225

R/H L/H 共にドライブシャフト装着部分をメンテナンス。

同時に周辺部位もクリーニングアップ。

クリーンな状態から組み込み。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2346-300x225

s-IMG_11161-300x225

s-IMG_11183-300x225

クリーンな状態から、 オーバホール&リフレッシュ後のドライブシャフトをパワートレインに組込み。

s-IMG_11381-300x225

インナー側からの画像。

スッキリ。

s-IMG_11401-300x225

s-IMG_11432-300x225

アクスル、ブレーキキャリパーetc.もクリーニングアップし組込み。

基本トルクで確実にロック。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2364-300x225

s-IMG_11452-300x225

続いてカウル類のメンテナンス&クリーニングアップへと。

s-IMG_11462-300x225

s-IMG_11473-300x225

s-IMG_11483-300x225

s-IMG_11491-300x225

s-IMG_11501-300x225

s-IMG_11511-300x225

s-IMG_11521-300x225

チェック&リペアまた、メンテナンスに伴い分解した、アンダーカウルやフェンダーライナー類。

分解したパーツは通常問題が無いので、そのまま組み込まれるのが一般的です。

 

分解パーツを1点1点リフレッシュする事で、見た目にもスッキリし、トラブルを未然に防ぐ事も兼ね全て組み込み前に表裏共にクリーニングアップします。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2365-300x225

s-IMG_11613-300x225

クリーニングアップ&メンテナンス後のカウルの画像です。

s-IMG_11663-300x225

s-IMG_11653-300x225

s-IMG_1164-300x225

s-IMG_11575-300x225

s-IMG_11582-300x225

細部まで完璧にクリーニングアップを実施。

s-IMG_11591-300x225

s-IMG_11601-300x225

クリーンな状態で組込みに備えます。

リペア&メンテナンス同様に、隠れた箇所ほど重要です。

 

各部メンテナンスと同時に施工する独自のクリーニングアップ。

各部のクリーニングアップは、本来の素材を熟知し蘇らせる意味で1番適した仕上げを行います。

ケミカル用品で一時的に艶を出す様な安易仕上げは、一切行いません。

 

各部のクリーニングアップは全て作業の一貫と考え行います。

特別な費用等は必要ありません。

通常の一連作業の一部です。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2366-300x225

s-IMG_70361-300x225

続いてサスペンションシステム ステアリングシステム等のメンテナンス&クリーニングアップ。

定期的な、足回り&車輌全体のトルク管理が必要です。

各部の調整と同時に、締め付けトルクのチェックまた、サスペンションシステムも本来のパフォーマンスを発揮出来るようメンテナンスを行います。

s-IMG_20731-300x225

s-IMG_01701-300x225

中々オーナーが目にする事の無い部分。

また、雨天使用しなくても、ダストや砂などが付着してしまう部分でもあります。

s-IMG_70711-300x225

常に定期チェックをご依頼頂いている車両。

コンディションも非常に良い状態です。

s-IMG_70732-300x225

今回も、定期的な足回りのトルク管理&車輌全体のトルク管理&各部の調整&メンテナンスを行います。

また同時に、分解時にしか出来ないフェンダー内部の隅々まで、クリーンニグアップします。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2367-300x225

s-IMG_12302-300x225

サスペンションシステム ステアリングシステムも本来のパフォーマンスを発揮出来るようメンテナンス完了。

s-IMG_1231-300x225

ダストや砂などをクリーニングアップする事により、本来の機能がより機敏になると共に、クリーンな状態を取り戻しました。

きめ細やかなメンテナンス&クリーニングアップを随所に施します。

s-IMG_12321-300x225

クリーニングアップ済みのカウル類。

メンテナンス&クリーニングアップ後のリヤセクションに組み込み。

s-IMG_12332-300x225

カウルの組み込みは、基本装着位置の見直しも図り、1つ1つ丁寧に組み込みます。

s-IMG_0317-300x225

フロント&リヤブレーキローターも同時にメンテナンス&リフレッシュ。

ホイールとの締結面の錆も加工修正。

ホイールとの面締結圧力も本来の圧力へ…..

また、錆で変化していたアライメントも変化します。

s-IMG_03181-300x225

徹底したメンテナンス&リフレッシュを行います。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2368-300x225

s-IMG_12011-300x225

続いて、ホイールのクリーニングアップへ。

s-IMG_12024-300x225

s-IMG_12041-300x225

ホイールの現状の画像です。

ブレーキダストなどの汚れが付着してしまっているホイール。

4輪全てクリーニングアップ開始です。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2369-300x225

s-IMG_12091-300x225

ホイール クリーニングアップ終了後の画像です。

4輪全てホイール内側&表側共に、本来の発色を取り戻しました。

s-IMG_12102-300x225

s-IMG_12112-300x225

ピアスボルトもスッキリ。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2370-300x225

s-IMG_10092-300x225

全て独自のメンテナンスで車輌精度の向上を図ります。

精度を復元すると、自ずと機能美も解き放たれます。

 

エンジンスタートへと最終チェックを行います。

s-IMG_12352-300x225

エンジンスタート前に、ユニット内部に潤滑オイルを行き渡らせます。

 

確実なメンテナンスと、行き届いたクリーニングアップ。

気持ちの良いものですね!

通常、私たちが独自のクオリティーで行っているメンテナンスの流れです。

s-IMG_12472-300x225

最終チェックも完了。

エンジンスタート。

軽いクランキング音と共にスムーズなアイドリング。

 

始動時から再度細部までチェック。

水温 油温 油圧 電圧 電流等々インスルメントパネルのメーター上でチェック。

また、メーター上の確認だけでなく、指針と実際のユニットとの誤差が無いか専用機器を接続し同時にチェック…

各回転域でのユニットやセンサーのパラメータまた、KEジェトロニクスの基本作動もチェック。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2386-300x225

s-IMG_11781-300x225

続いて、鋼管チューブラー メインフレームとフロアパネルとの接合面のリペアへと。

s-IMG_1179-300x225

フェラーリ伝統の鋼管チューブラー フレームのメインフレームの前後にサブフレームを接合させたモデル。

走行中の応力負担もフレームだけでなくボディパネルにも依存する設計になっています。

s-IMG_11801-300x225

メインフレームの基本データとも照らし合わせフレームを細部まで測定。

メインフレームには全くダメージは無い状態です。

 

なぜ不具合が発生してしまったか?

引き起こしている主原因は?

これらの要因も特定済み。

s-IMG_11821-300x225

生産当時と同じ工法で確実なリペアを行っていきます。

車輌に対する価値観を理解し、リペア工法にこだわります。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2389-300x225

s-IMG_11961-300x225

リペア&メンテナンス完了のフロアパネル。

s-IMG_11971-300x225

s-IMG_11981-300x225

s-IMG_11991-300x225

当時組み込まれたままに、ノーマル然とリペア。

このあたりのリペア工法は、当時の工法にこだわります。

まず、左右見比べても分かりません。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2408-300x225

s-IMG_12394-300x225

シャシ細部まで最終仕上げ完了。

独自のチェック、セットアップで精度やパフォーマンスもバージョンアップ。
 

各部のクリーニングアップや、精度を取り戻すメンテナンス等、全て作業の一貫と考え行います。

特別な費用等は必要ありません。

私たちのごく通常の作業の流れです。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2409-300x225

s-IMG_1241-300x225

続いて、パワーユニットのリペアメンテナンス後の最終チェック&セットアップ。

ティーポ F105Cの基本原理や構造を熟知したエンジニアがセットアップします。

また、独自のセットアップを施し328のポテンシャルを余す事無く引き出します。

 

最終の詰めです。

このプロセスが重要です。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2410-300x225

s-IMG_12652-300x225

独自のセットアップも終了。

s-IMG_12661-300x225

最終クリーニングアップ実施後のエンジン&エンジンルーム。

s-IMG_12672-300x225

s-IMG_1268-300x225

s-IMG_12693-300x225

隅々まで独自のクオリティーでスッキリ。

s-IMG_12754-300x225

s-IMG_12901-300x225

s-IMG_13152-300x225

s-IMG_12826-300x225

s-IMG_12882-300x225

エクステリア&インテリアも最終仕上げ終了です。

s-IMG_1261-300x225

全てのリペア&メンテナンス終了のフェラーリ 328 GTS  ケーニッヒスペシャル ver.。
 

こちらのMaintenance Reportには作業内容の一部のみを抜粋し掲載させて頂いています。

実施した全ての、リペア&メンテナンス中の分解写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当エンジニアが撮影しています。

詳細な写真 676枚 (CD-R 4枚に落としてあります)及び、今回のメンテナンス内容また、今後のメンテナンスメニューも分かり易く作成していますので車輌と一緒にお持ちします。

いつもメンテナンス御依頼有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

s-IMG_12631-300x225

Ferrariや、Lamborghini は、どのモデルに関わらず工業製品であって美術品でもあります。

この様な車輌をメンテナンスさせて頂くにあたって、車輌に対してのオーナーの思いや、価値観を理解し、常に業務に携らせて頂いています。

車輌を常に向上させ完璧なコンディションに近づけ後世に残していく。

トラブルの解析なども常に的確なトラブルシューティングを行い、根本からトラブルをリペアし、構造を熟知した上でセットアップを行い、100%のポテンシャルを発揮できる車輌に仕上げていく。

独自のノウハウとテクニックまた、専用の最新設備で車輌のポテンシャルを余すことなく発揮させキャラクターを取り戻す。

また、何処を見ても綺麗。

隠れた所にも気遣いをする。

効率にとらわれず、1台1台の車輌を仕上げていく。

もし、僕自身の車輌なら、ここまで徹底的にして欲しい。

そういったメンテナンスを実施する車輌だと僕は思いますし、その思いを皆さんの車輌にも日々向上心を持って実践しています。
 

今回オーナーと御相談の上、決定させて頂きましたメンテナンスメニュー。

今後も、車輌全体のコンディションを把握させて頂きながら良きパートナーとして共に車輌を向上させて頂ければと思います。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »