Ferrari F355スパイダー 車検&エンジン始動不良

フェラーリ F355スパイダー

ウェブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

今回、フェラーリ F355スパイダー メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

只今、弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きましたフェラーリ F355スパイダーを積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い致します。

フェラーリ F355 スパイダー

フェラーリ F355 スパイダー チェック開始準備の為、リフトセクションへと…

フェラーリ F355 スパイダー

チェック開始です。

 

まず、第1段階。

Ferrari純正車両診断テスター SD2を、フェラーリ F355 スパイダー 車輌コントロールユニットに接続。

ECUと交信開始です。

Errorコードのみのチェックではなく、Ferrari純正車両診断テスター SD2で、車輌全体のエレクトロニクス関連の状態や調整の状態を、詳細に把握します。

フェラーリ F360 スパイダー

各部の作動状況や出力波形に至るまで、SD2で出来うる全てのエレクトロニクス関連のチェック。

現状の車両の状態を把握します。

フェラーリ F360 スパイダー

フェラーリ F360 スパイダー

ボデープロテクターの装着。

フェラーリ F360 スパイダー

Ferrari純正 車両診断テスターSD2で取得した各部のデータ。

現状のF355 スパイダー 車輌全体のエレクトロニクスパーツの作動状況。

また、メカニカルの作動また、セット状況。

各部のデータを取得。

 

最新のFerrariアップデートデータとの比較も行います。

現状の電子制御部位データを分析し、全て詳細に把握します。

フェラーリ F355 スパイダー

ERRORコードだけでのパーツ交換は安易過ぎます。

また、ERRORコードに入力されない部分も多々存在します。

SD2で取得したデータは、あくまでもデータとし受け止めます。

データ全てを鵜呑みにせず、基本作動が適正値内で確実に作動しているかを、専用機器を使用し単体点検を実施。

 

更に奥深くまで、独自のチェックを進めます。

フェラーリ F355 スパイダー

エレクトロニクス関連ポイント。

大きく分別すると下記の3項目が代表的な項目です。

1 入力: 電子的・機械的なセンサー(または変換器)で、温度、圧力、電磁場等の物理量をシステムの外部から取得して、電流信号や電圧信号に変換するあらゆるチェック。

2 信号処理回路: 組み合わされた電子素子により信号を操作し、解釈したり、変換したりする個所のチェック。

3 出力: アクチュエータや他の素子(変換器も含む)により、電流・電圧信号を、マシンシステムにとって有用な形態に再変換されているかなどのチェック。

この3項目から更に分別し、独自の項目別にチェックします。

フェラーリ F355 スパイダー

F355の パワーユニットは、90度 V8 DOHC 5バルブ。

348tb/tsのF119G型 TB/GTS用のF119H型をベースに開発されたF129B型。

F119Hからストローク量を2mm延長して排気量を3.5リッターへとアップしたF129B型パワーユニット。

他にもさまざまな進化を遂げているF129B型パワーユニット。

代表的なのは5バルブ化。

IN側に3本 OUT側に2本のバルブを配し、ピストンはマーレー社のショートスカートの鍛造アルミニウム コンロッドはチタン製。

また、R/H L/Hバンクが独立するタイミングベルトでカムシャフトを駆動させます。

更なる高回転型パワーユニットへと進むフェラーリのプロジェクトが垣間見れます。

ブロックとヘッドは鍛造アルミニウム製パーツで構成されている心臓部のメカニカルチェックを詳細に行います。

フェラーリ F355 スパイダー

マネージメントシステムは、PA / PR / XR 異なるスペックで制御されています。

PA / PRはM2.7 XRではM5.2に進化しています。

 

最高出力は、380PS / 8,200rpm、最大トルク36.7kg·m/5,800rpmを搾り出します。

高回転型で、フェラーリ最高の官能的なエキゾーストノートを奏でるF129B。

F129B型エンジンのメカニカルまた、モトロニックM2.7 / 5.2 の基本原理や構造を熟知したエンジニアが細部までチェックします。

フェラーリ F355 スパイダー

近年の車輌は、エアロダイナミクスが非常に進んでいます。

たとえば、車輌下部のアンダーカウル。

ベンチュリートンネルにダウンフォースの多くを獲得するグランドエフェクト・カーとして設計され、エアロダイナミクスをさらに追求。

ベルヌーイの定理により、ベンチュリーの流速が速くなり空気圧が大きく下がり、下向きの揚力を発生させるダウンフォースを作り出します。

フェラーリ F355 スパイダー

全てのカウルを脱着。

細部まで独自のチェックを行っていきます。

車輌のリペア&メンテナンス後の組み付け時には、細部まで完璧にクリーニングアップを行い、基本装着位置の見直しも図り組み込みます。

リペア&メンテナンス同様に、隠れた箇所ほど重要視します。

フェラーリ F355 スパイダー

フロア後方のアンダーカウルの裏側の画像。

裏側は、汚れがビッシリ。

また、油脂が漏れ出してカウルに付着しています。

フェラーリ F355 スパイダー

全面にアンダーカウルが装備されているので、オイル漏れ等発生しても中々オーナーには分かりづらい箇所でもあります。

フェラーリ F355 スパイダー

続いて、メカニカル関連のチェック。

年数的、指定交換パーツ。

走行距離的、指定交換パーツ。

フェラーリ F355  各モデル毎の傾向的不具合発生ポイントのチェック。

また車輌のコンディションを整える為の独自のチェックへと。
 

指定交換パーツの中には、色々な素材のパーツが有ります。

代表的な素材の指定交換パーツの一部。

1 ラバーパーツなどは、光やオゾンによる酸化で弾性が失われ、亀裂や溶解が、ある程度の年数で起こってしまいます。

2 金属製パーツでは、継続的に、また繰り返しマシンより受ける衝撃や、常に動いている作動パーツに金属材料としての強度が低下し、疲労が発生してしまうパーツ。

3 金属だけではなく樹脂パーツやカーボンパーツでも劣化は発生します。

指定交換に列記されているパーツでも必ず交換しないといけない訳ではありません。

 

素材や構造を知り尽くしたエンジニアが、的確にチェックし判断します。

フェラーリ F355 スパイダー

フェラーリ F355 スパイダー

車輌はさまざまなパーツや機構で構成されていますね。

メカニカルまた、エレクトロニクス ボディー構成などなど…

書ききれない複雑な機構を組み合わせ1台の車輌として構築されています。

フェラーリ F355 スパイダー

フェラーリ F355 スパイダー

フェラーリ F355 スパイダー

車輌毎に傾向的不具合も存在し、指定交換が促されているパーツも存在します。

車輌の使用状況や用途、保管状態で車輌のコンディションは千差万別です。

また、これまで車輌がどの様な考え方でチェックされてきていたか、どのような工法でリペア&メンテナンスを受けてきたか?

壊れた箇所のリペアだけではなく、車輌のコンディションを整えていくというメンテナンスが的確に行われてきた車両か否か?

色々な状況でリペア、メンテナンスポイントが違ってきます。

状況によってパーツ寿命が長くもなりまた、短くもなります。

 

全て、1から独自の思想また、目線で的確なチェックを行います。

フェラーリ F355 スパイダー

最新の設備と最新のデータ。

また、独自のチェック項目を細部までチェックします。

フェラーリ F355 スパイダー

アンダーカウルが装着されている為、中々オーナーは気づかないポイント。

油脂の漏れ。

フェラーリ F355 スパイダー

オーナーが通常目にする事の無い部分に不具合が発生している場合が多いのは事実です。

オーナーが分からないうちに不具合が進行し、他のパーツに悪影響を及ぼしてしまっている場合が多々あります。

 

定期チェックで早期に発見し、確実なリペアを行うことで多大なダメージを回避することが可能です。

フェラーリ F355 スパイダー

タイミングベルトケース内部からのオイル漏れ。

タイミングベルトの指定交換時期は、モデルに関わらず手厚く保管されている車輌でも、3年もしくは2万キロどちらか先に達した時点で交換が必須。

(たとえば3年で0kmの走行でも交換。また6ヶ月で2万キロの走行でもその時点で交換。)

 

しかし状況により早期のリペアが必要な場合があります。

漏れ出したオイルがタイミングベルトに付着しベルト本来の強度が奪われバルブクラッシュを引き起こします。

フェラーリ F355 スパイダー

漏れ出したオイルが、エキゾーストマニホールドへ。

非常に高温になるエキゾーストマニホールド。

ガソリンは引火性が強く、オイルは着火性が強い油脂です。

エキゾースト等、非常に高温になる箇所へのオイル漏れは、着火性の強いオイルを発火させます。

フェラーリ F355 スパイダー

フェラーリ F355 スパイダー

フェラーリ F355 スパイダー

漏れ出したオイルが、周りの問題の無いパーツにまで付着。

早期の対応が必要です。

 

漏れ出したオイルが他のパーツなどに付着し、全く問題の無いパーツまで攻撃し始めます。

分かりやすく言うと、輪ゴムにオイルをつけると、数日でゴムの弾力性が無くなり、伸ばすと直に切れてしまいます。

これと同じ事が車輌に生じます。
フェラーリ F360 スパイダー

複数の箇所からオイル漏れ。

フェラーリ F360 スパイダー

フェラーリ F360 スパイダー

フェラーリ F360 スパイダー

内部からの油脂の漏れで弾力性が無くなり、完全にやぶれているシフトロッドダストブーツ。

フェラーリ F360 スパイダー

オイル漏れ発生個所の中には、色々な素材のパーツが有ります。

代表的なガスケットや、ラバー素材パーツ。

ラバーパーツなどは、光やオゾンによる酸化で弾性が失われ、亀裂や溶解がある程度の年数で起こります。

また特にエンジン関連パーツは、熱による弾性不良また、回転部分の磨耗(エンジンを長期間始動しない車輌は、形成変化を起こします。)などもオイル漏れを発生させてしまいます。

また、構成金属パーツ類では、金属を構成する個々の原子そのものが膨張して格子間隔が大きくなり、そのため弾性変形を生じ、パーツ接合面に歪が発生し、オイル漏れを発生させている場合も多々見受けられます。

 

ピンポイントで確実なリペア方法を確定します。

次に、なぜオイル漏れが発生してしまったか?

漏れを引き起こしている主原因は?

これらの要因を特定します。

 

このプロセスが非常に重要です。
フェラーリ F355 スパイダー

エンジン冷却水の漏れ。

このままでは、走行中やアイドリング中に突発的なオーバーヒートを引き起こし、パワーユニットに致命的な2次的ダメージを与えてしまいます。

また、エンジン冷却水の主成分は、エチレングリコールという化合物と水で構成されています。

漏れたエンジン冷却水は、ペイントやラバーを侵食する作用を持ち合わせています。

フェラーリ F355 スパイダー

フェラーリ F355 スパイダー

R/H L/H ドライブシャフト。

フェラーリ F355 スパイダー

F355 /   F360では傾向的トラブルポイント。

熱害によるドライブシャフトブーツの破損。

フェラーリ F355 スパイダー

ラバーの収縮性が無くなり膨張変形し、破損に至っているR/H L/H ドライブシャフトブーツ。

内部の潤滑用グリスが飛散してしまっている現状。

内部ベアリングの潤滑や、冷却作用が行われず、このままの使用では高額なアッセンブリー交換を余儀なくされる部位。

フェラーリ F355 スパイダー

ラバーパーツなどは、熱害や光やオゾンによる酸化で弾性が失われ、ある程度の年数で亀裂や溶解が起こります。

フェラーリ F355 スパイダー

フェラーリ F355 スパイダー

通常の点検ではまず実施されないポイントも、独自の培ってきた膨大なデータを項目別に分け、細部までチェックします。

フェラーリ F355 スパイダー

ホイールの画像。

フェラーリ F355 スパイダー

フェラーリ F355 スパイダー

ホイールが修復されているようです。

修復時の下処理が完璧ではなかったのでしょう。

リペイントされた塗装が浮き上がり、剥離しかかっている状態。

フェラーリ F355 スパイダー

フロント /  リヤのサスペンションシステム。

汚れてはいますが、個々の構造体には全く問題が無く、コンディションの良い状態です。

フェラーリ F355

全てのチェックが終了したフェラーリ F355 スパイダー。

確実に現状の車輌の状態を把握し切らせて頂きました。

内容をまとめ、現状の車輌の状態を分かり易く明記し送付させて頂いた上、御連絡させて頂きます。

フェラーリ F355 スパイダー

幾通りかのメニューの中から、お打ち合わせさせて頂き決定しました今回のメンテナンスメニュー。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い致します。
フェラーリ F355 スパイダー

フェラーリ F355 スパイダー リペア&メンテナンス開始の為、リフトセクションへと…
フェラーリ F355 スパイダー

フェラーリ F355 スパイダー

ボデープロテクタの装着。

リペア&メンテナンス開始です。

フェラーリ F355 スパイダー

フェラーリ F355 スパイダー

分解に伴う油脂類の抜き取り。

注入時は、添加されている成分内容や粘度などなど…

全てを吟味し、355にベストな油脂を注入します。

フェラーリ F355 スパイダー

フェラーリ F355 スパイダー

フェラーリ F355 スパイダー

ドレンボルトもクリーンに。

ガスケットの再使用はしません。

フェラーリ F355 スパイダー

フェラーリ F355 スパイダー

ドライブシャフトのリペア&メンテナンスへと。

現状のパワーユニット&パワートレインの画像。

ドライブシャフト分解前に簡易クリーニングアップを行います。

油汚れ、砂等付着している状態。

このままの状態での分解は、再使用パーツや、分解するボルト、ナットにストレスを与えてしまいます。

 

クリーニングアップ開始です。

フェラーリ F355 スパイダー

フェラーリ F355 スパイダー

クリーニングアップ終了のTipo F129Bユニット。

フェラーリ F355 スパイダー

ボルト、ナットのピッチ間も細部までクリーンに。

この状態からの分解でボルト、ナットまた、再使用パーツにストレスを与える事無く分解可能。

フェラーリ F355 スパイダー

シリンダー クリーニングアップ後です。

細部までしっかりクリーニングアップ。

フェラーリ F355 スパイダー

全ての部位に対しクリーンな状態から分解します。

私達メンテナンスする側も気持ち良くリペア&メンテナンスに掛かれます。

フェラーリ F355 スパイダー

フェラーリ F355 スパイダー

クリーンな状態からドライブシャフト分解開始です。

フェラーリ F355 スパイダー

フェラーリ F355 スパイダー

フェラーリ F355 スパイダー

R/H側ドライブシャフト。

インナー側が熱害により弾性が失われ膨張している現状。

フェラーリ F355 スパイダー

L/H側ドライブシャフト。

フェラーリ F355 スパイダー

こちらも熱害で弾性が失われ完全に破損している状態。

R/H側の状態が進行するとこのような状態に至ります。

 

正常なドライブシャフトブーツ内は、ベアリングを潤滑するグリスで満たされています。

破損すると、内部の潤滑グリスが回転力で飛散し、ベアリングを潤滑出来なくなり、ベアリングにダメージを与えAssy交換を余儀なくされる部分。

 

現状、内部に混入している砂や塵を完璧にクリーニングアップ。

潤滑グリスも全て入れ替え、ベアリングを守ると共に、メンテナンスでリアルな動きを復元します。

フェラーリ F355 スパイダー

フェラーリ F355 スパイダー

リペア&メンテナンス後のドライブシャフト。

ドライブシャフト両端のCVジョイントを分解。

CVジョイントをオーバーホールし、ラバーブーツをニューパーツへと。

センターシャフトは、リフリッシュ。

 

徹底したリペア&メンテナンスを行い組み込みに備えます。

フェラーリ F355 スパイダー

ドライブシャフトは、エンジンの動力を車輪に伝えるために用いられる回転軸です。

エンジンで生まれた動力はギアBOXへ伝わり、ギアBOXと車輪を連結し、動力を伝える役目をしているのがドライブシャフト。

動力を伝えるシャフト部分は3つに分類する事が出来、ドライブシャフト、アウタージョイント、インナージョイントから構成されているパーツです。

フェラーリ F355 スパイダー

フェラーリ F355 スパイダー

パワートレイン側ドライブシャフト装着部分をメンテナンス。

同時に周辺部位もクリーニングアップ。

クリーンな状態から組み込み。

フェラーリ F355 スパイダー

フェラーリ F355 スパイダー

続いて基本締め付けトルクで確実にロックします。

締め過ぎてしまうと、各ボルト類に伸びが発生し基本締め付けトルクでロック出来なくなります。

緩めでは、エンジンの振動でボルトが緩み出し、フレームや各部位にストレスを与え不具合を発生させてしまいます。

 

全てトルクレンチを使用し最終ロックします。

トルクレンチを使用する事により規定トルクによる締め付け管理が確実に行えます。

通常のレンチでは、締め付け不足による緩みや、締め過ぎによる破損、あるいは締め付けの個人差によるばらつきが発生します。

これを防ぎ、規定トルクでシッカリとしたトルク管理を行う為、全てトルクレンチを使用し各部を組み込んでいきます。

他の部位も同様です。

ボルトやナットの締め付けトルクは材質や処理の方法また、長さ等々でISO規格が設けられているほど重要なポイント。

フェラーリ F355 スパイダー

オーナーが大切にされている車輌。

車輌への乗り降りからメンテナンスに至るまで、細心の注意を払い独自のサービスをご提供させて頂いています。

トルクレンチを握っているエンジニアの手。

手がこんなに綺麗なのは、汚れたらすぐ洗うという当たり前の習慣を日々欠かすことなく行っているからです。

爪の間に油が染みこんでいたり、作業服の袖口が汚れたままだったとすれば、オーナーは不安もいだかれる事でしょう。

私たちのサービスはそこから始まります。

フェラーリ F355 スパイダー

フェラーリ F355 スパイダー

完全に破損していたシフトロッドブーツ。

内部のメンテナンスも行いリペア完了。

 

Maintenance Reportでは全ての画像をアップ出来ませんが、ポイントをオーナーに見て頂ける様、かいつまんでアップしています。

リペア&メンテナンスの新旧パーツ 対比画像また、セットアップ中の画像 製作過程や交換過程の画像。

また、分解工程も詳細に撮影していますのでCD-Rでお渡しします。

フェラーリ F355 スパイダー

周辺部分もクリーニングアップ。

見た目にもスッキリさせ、またトラブルも未然に防ぎます。

フェラーリ F355 スパイダー

フェラーリ F355 スパイダー

油脂類の交換。

まず、エンジンオイル&オイルフィルターの交換。

 

エンジンオイルは、ベースオイルで色々と分類されます。

鉱物油

部分合成油

化学合成油

PAO

エステル

植物油

規格で分けると…

API規格

ILSAC規格

SAE規格

ACEA規格

JASO規格

粘度による分類では…

SAE粘度

HTHS粘度

色々と各社ラインナップが有りますが、メリットとデメリットが有ります。

モデル毎また、使用する部位また、車輌の使用用途などを全て加味し、1番ベストなオイルを選択します。

モデル毎にオイルに添加されている成分内容や粘度などなど…を変更し、ベストなオイルをチョイスし交換する事で、車輌をよりベストな状態へと導きます。

フェラーリ F355 スパイダー

オイルエレメントの交換。

まず、周辺部分のクリーニングアップを行い、塵や埃の混入を防ぎます。

 

エンジンオイルには、エンジン内部を清浄に保つ為に、オイル中の汚れやゴミを取り込むオイルフィルターがありますね。

オイルフィルターがあると、エンジンオイルがそこを通過することにより、オイル内に取り込まれていた金属粉やスラッジ(ホコリや燃焼カスなどの不純物)が濾し取られます。

特に金属粉は、放置すると研磨剤と同様の効果をエンジン内に及ぼして、エンジン損傷の原因になる為、その除去は重要です。

オイルフィルターのろ過能力は、上げ過ぎると油圧上昇や目詰まりなどの不具合を引き起こす可能性がある為に、その性能はある一定のところで抑えられています。

その為、オイルフィルターですべての金属粉やスラッジ等が除去できる訳ではないんです。

また、オイルフィルターの能力が低下し、目詰まりを起こした場合を想定して、バイパス機構を備えています。

フィルターが目詰まりして、エンジン内各所にオイルが供給できなくなると、エンジンが焼き付く原因となるからです。

ただしこの機構はあくまで非常用であり、的確なスパンでの交換が必要です。

また、交換時は的確なトルク管理の下での交換が必要です。

 

フランジ内部のクリーニングアップを行います。

フェラーリ F355 スパイダー

フェラーリ F355 スパイダー

フランジ内部もスッキリ クリーンな状態に。

フェラーリ F355 スパイダー

クリーンな状態からオイルエレメントを、基本締め付けトルクで確実にロック。

フェラーリ F355 スパイダー

フェラーリ F355 スパイダー

エンジン冷却水の交換。

エンジン冷却水は、エンジンオイルと同様、重要な役割を果たす液体です。

主成分はエチレングリコールという化合物と水で構成されています。

高温なエンジンを常に冷却する役割を果たしています。

また、ラジエーターやエンジンブロックで使用される構成パーツに錆が発生しない様にする役目や、消泡性能などなど…もかね合わせています。

エンジン稼動時には、常に高温にさらされる為、エンジン冷却水も劣化します。

エンジン冷却水には、さまざまな化合物が含まれています。

エンジンオイル同様に長期使用せず、1年に1回酷使されたエンジン冷却水を交換することにより、本来の性能を発揮させ、エンジンを守ります。

フェラーリ F355 スパイダー

フェラーリ F355 スパイダー

ブレーキオイルの交換。

専用機器を使用し全量交換。

ブレーキオイルの交換時期は、オイルの色などでも簡単な判断はできますが、交換基準はあくまで使用期間、水分吸収量、劣化で判断します。

サーキット走行後は、ブレーキに与える熱量が非常に大きい為、熱によるブレーキオイルの膨張などが繰り返され劣化が急激に進みます。

通常のストリートでの使用また、乗らなくても1年毎の交換をお奨めします。

ブレーキオイルは吸湿性が高く大気中の水分を吸収する為、期間の経過と共にブレーキオイル内の水分量が多くなり、沸点が下がってしまいます。

そのまま使用し続けると、ハードブレーキを繰り返したときにブレーキオイルが沸騰し気泡が発生し、踏力によって発生した圧力は気泡を圧縮するだけで制動力を発生させることができず、ブレーキが効かなくなります。

これをペーパーロック現象といい、大変危険な現象の一つです。

ハードブレーキはしないから…と思うオーナーも多いでしょうが、発生する不具合はこれだけでは無く色々な不具合を発生させます。

ブレーキオイルの水分吸収量が多くなると、キャリパーピストンに錆が発生しピストン固着やブレーキの引きずり、片効き等々を引き起こします。

フェラーリ F355 スパイダー

フェラーリ F355 スパイダー

続いてサスペンションシステム ステアリングシステム等のメンテナンス&クリーニングアップへと。

フェラーリ F355 スパイダー

現状のフロントサスペンションシステムの画像。

フェラーリ F355 スパイダー

同時に、分解時にしか出来ない、フェンダー内部の隅々までクリーンニグアップします。

中々オーナーが目にする事の無い部分。

また、雨天使用しなくても、ダストや砂などが付着してしまう部分でもあります。

フェラーリ F355 スパイダー

同じくリヤーサスペンションシステムの現状の画像。

フェラーリ F355 スパイダー

フェラーリ F355 スパイダー

メンテナンス&クリーニングアップ開始です。

フェラーリ F355 スパイダー

フェラーリ F355 スパイダー

メンテナンス&クリーニングアップ後のフロントサスペンションシステムの画像。

フェラーリ F355 スパイダー

フェラーリ F355 スパイダー

きめ細やかなメンテナンス&クリーニングアップを随所に施します。

フェラーリ F355 スパイダー

同じくメンテナンス&クリーニングアップ後のリヤサスペンションシステム。

フェラーリ F355 スパイダー

フェラーリ F355 スパイダー

フェラーリ F355 スパイダー

各部メンテナンスと同時に施工する独自のクリーニングアップ。

各部のクリーニングアップは、本来の素材を蘇らせる意味で1番適した仕上げを行います。

ケミカル用品で一時的に艶を出す様な安易仕上げは、一切行いません。

フェラーリ F355 スパイダー

フェラーリ F355 スパイダー

続いてホイールのクリーニングアップ&メンテナンスへと。

フェラーリ F355 スパイダー

ブレーキダストなどの汚れが付着してしまっているホイール。

フェラーリ F355 スパイダー

4輪全てクリーニングアップ メンテナンス開始です。

フェラーリ F355 スパイダー

フェラーリ F355 スパイダー

ホイール クリーニングアップ&メンテナンス終了後の画像です。

フェラーリ F355 スパイダー

4輪全てホイール表裏共に、本来の発色を取り戻しました。

フェラーリ F355 スパイダー

クリーニングアップ&メンテナンス終了のホイール。

組み込みに備えます。

フェラーリ F355 スパイダー

フェラーリ F355 スパイダー

最終チェック終了。

シャシ細部まで最終仕上げも完了です。

フェラーリ F355 スパイダー

フェラーリ F355 スパイダー

続いて、今回のメンテナンスメニューの最終チェック。

入力されていたERRORコードなども、全てリセット。

また、センサー&アクチュエーターのアダプティブ。

メカニカル面も、的確な最終チェックを行います。

 

このプロセスが重要です。

フェラーリ F355 スパイダー

フェラーリ F355 スパイダー

最終チェック終了。

最終クリーニングアップ実施後のエンジン&エンジンルーム。

フェラーリ F355 スパイダー

フェラーリ F355 スパイダー

隅々まで独自のクオリティーで仕上げます。

フェラーリ F355 スパイダー

フェラーリ F355 スパイダー

フェラーリ F355 スパイダー

フェラーリ F355 スパイダー

フェラーリ F355 スパイダー

エクステリア&インテリアも最終仕上げ終了です。

 

私たちのごく通常のリペア&メンテナンスetc.の流れです。

精度を取り戻すメンテナンス。

随所に施すクリーニングアップなど、追加作業と思われがちですが、追加費用は頂きません。

これは、私たちのクラフトマンシップの一貫であり、車輌をより良いコンディションに仕上げる為のメンテナンスだからです。

フェラーリ F355 スパイダー

  リペア&メンテナンス終了のフェラーリ F355 スパイダー。

 

こちらのMaintenance Reportには作業内容の一部のみを抜粋し掲載させて頂いています。

実施した全てのリペア&メンテナンス中の分解写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当エンジニアが撮影しています。

詳細な写真 188枚 (CD-R 1枚に落として有ります)及び、今回のメンテナンス内容。

また、今後必要なメンテナンスメニューも分かり易く作成していますので、車輌と一緒にお持ち致します。

今回メンテナンスご依頼有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

 

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »