フェラーリ 328GTS 定期チェック

 

フェラーリ 328

ウェブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

 

いつもフェラーリ 328GTS メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

只今、弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きましたフェラーリ 328GTSを積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い致します。

フェラーリ 328

フェラーリ 328GTB 定期チェック開始準備の為、リフトセクションへと…

フェラーリ 328

ボデープロテクターの装着。

チェック開始です。

フェラーリ 328

328の心臓部は、3,2ℓ 90度 V8DOHC 32バルブ TipoF105Cユニット。

 

圧縮比 9.8:1 最大出力 270PS/7,000rpm、最大トルク31.0kg·m/5,500rpmを発揮。

328のTipoF105Cユニットは、前期 後期 また、仕様によって排気量の変更 圧縮比の変更 カムフィールの変更。

それに伴い最大出力の違いもあります。

フェラーリ 328

インジェクションシステムは、K KA KE ジェトロ。

 

フラップが噴射量を制御するシステム。

全ての気筒に連続的に燃料噴射を行います。

システムに異常が無くてもセットアップで性能が大きく変わります。

機械的作動部分が多いので、経年劣化などでセッティングが変化するので、定期的な基本セットアップが性能を保ちます。

フェラーリ 328

K KA KE ジェトロは、経年劣化や長期放置による不具合の発生は少ないですが、要件によりエンジンの初期性能が発揮できなくなっている車輌が非常に多いです。

また、エレクトロニクス関連も全て規定作動許容範囲内で確実な作動が行われているかを専用機器でチェック。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

TipoF105C パワーユニットまた、 K KA KE ジェトロの構造や基本原理また、マレリ製マイクロプレックスを熟知したエンジニアが各項目、全て個別にチェックします。

フェラーリ 328

各モデル チェックを怠るとエンジンブローを引き起こすポイント。

専用機器で細部のデータ取りを行い、独自のノウハウで解析します。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

328は、鋼管チューブラー フレームのメインフレームの前後にサブフレームを接合させたモデル。

走行中の応力負担もフレームだけでなくボディパネルにも依存する設計。

フェラーリ 328

328では、2種類のフレームが存在します。

2種類のフレームの違いから、基本アライメント等、色々な違いがあります。

フェラーリ 328

続いて、メカニカル関連のチェック。

 

年数的、指定交換パーツ。

走行距離的、指定交換パーツ。

フェラーリ 328  各モデル毎の傾向的不具合発生ポイントのチェック。

また車輌のコンディションを整える為の独自のチェックへと。

指定交換パーツの中には、色々な素材のパーツが有ります。

代表的な素材の指定交換パーツの一部。

1 ラバーパーツなどは、光やオゾンによる酸化で弾性が失われ、亀裂や溶解が、ある程度の年数で起こってしまいます。

2 金属製パーツでは、継続的に、また繰り返し車輌より受ける衝撃や、常に動いている作動パーツに金属材料としての強度が低下し、疲労が発生してしまうパーツ。

3 金属だけではなく樹脂パーツやカーボンパーツでも劣化は発生します。

指定交換に列記されているパーツでも必ず交換しないといけない訳ではありません。

 

素材や構造を知り尽くしたエンジニアが、的確にチェックし判断します。

フェラーリ 328

車輌はさまざまなパーツや機構で構成されていますね。

メカニカルまた、エレクトロニクス ボディー構成などなど…

書ききれない複雑な機構を組み合わせ1台の車輌として構築されています。

フェラーリ 328

車輌毎に傾向的不具合も存在し、指定交換が促されているパーツも存在します。

車輌の使用状況や用途、保管状態で車輌のコンディションは千差万別です。

また、これまで車輌がどの様な考え方でチェックされてきていたか、どのような工法でリペア&メンテナンスを受けてきたか?

壊れた箇所のリペアだけではなく、車輌のコンディションを整えていくというメンテナンスが的確に行われてきた車両か否か?

色々な状況でリペア、メンテナンスポイントが違ってきます。

状況によってパーツ寿命が長くもなりまた、短くもなります。

 

全て、1から独自の思想、理念また、目線で的確なチェックを行います。

こちらの328は私たちの独自の思想、理念のもと復元してきた車両。

フェラーリ 328

常にのご依頼で、1から仕上げさせて頂いている車輌。

非常に良いコンディションを維持しています。

維持だけでなく、これからも最新の技術を投入し進化させます。

 

1セクションを確実に。

そのメンテナンス方法で、確実にメンテナンスを行わせていただいている車輌。

その積み重ねが、このコンディションを生み出し進化し続けます。

フェラーリ 328

パワーユニット&パワートレイン下からの画像。

 

2年以上前にオイル漏れのリペア&メンテナンスを1セクションと考え行った車輌。

独自のクオリティーで1/100ミリの精度を取り戻し組込み。

1つ1つのパーツ精度を限りなく高め、独自のノウハウを盛り込み組上げたパワーユニット&パワートレイン。

オイルの滲みすら見受けられません。

 

広く浅くのメンテナンスでは、同じ箇所に何度も手を入れなければなりません。

狭く深く1セクションを確実に…という私たち思想、理念のメンテナンスメニュー。

このようなメンテナンスメニューを順を追って確実に行ってこそ、次のセクションに確実に進むことができ、車輌自体が確実に向上していきます。

フェラーリ 328

全てのチェックが終了したフェラーリ 328GTS。

 

確実に現状の車輌の状態を把握し切らせて頂きました。

内容をまとめ、現状の車輌の状態を分かり易く明記し送付させて頂いた上、御連絡させて頂きます。

フェラーリ 328

お打ち合わせさせて頂き決定しました今回のメンテナンスメニュー。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い致します。

フェラーリ 328

フェラーリ 328 GTS リペア&メンテナンス開始準備の為、リフトセクションへと…

フェラーリ 328

リペア&メンテナンス開始です。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

ボデープロテクターの装着。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フェラーリ 328

油脂類から。

 

一言で油脂類と言っても、車輌には、色々な油脂類で潤滑や、油圧の発生による作動が常に行われています。

エンジンオイル&オイルフィルター ミッションオイル F1マチックオイル ブレーキオイル クラッチオイル パワーステアリングオイル エンジン冷却水などなど…

FerrariやLamborghiniなどのスーパースポーツは、高速走行などが多い為、エンジンオイルだけでは無く、他の部位のオイルも頻繁に酷使されるので確実なスパンでの交換が必要です。

各油脂類は、色々と各社ラインナップが有りますが、メリットとデメリットが有り、モデル毎また、使用する部位また、車輌の使用用途などを全て加味し、1番適切なオイルを、弊社では選択します。

メーカー指定純正オイルが1番無難と言えば無難なのですが、全てのモデルに1番適切なオイルかと言えば疑問です。

新車時のエンジンに注入されているオイルは、メーカー指定純正オイルでは無く、初期馴染みなどなどを考慮した、ファクトリー専用の非常に高額なオイルです(一般には流通しない特殊な高性能オイル)。決してメーカー指定純正オイルでは無いんです。

 

 

エンジンオイルでは、潤滑 冷却 防錆 応力分散 密閉作用 洗浄作用の6つの作用が求められます。

モデル毎にオイルに添加されている成分内容や粘度などなど…を変更し、車輌毎にベストなオイルをチョイスし、交換する事で、より一層車輌をベストな状態へと導きます。

フェラーリ 328

オイルの劣化度は、目で見る 触るなど簡単な方法で判断しにくい物です。

真っ黒になったオイルや、異臭 変色している物は別ですが…..

 

通常、使用期間や走行距離で判断します。

各オイル類には全て食品と同じ様に賞味期限が有ります。

賞味期限切れでは本来の性能を発揮できず車輌を痛めてしまいます。

劣化の発生は、外気による酸化、メカニカル圧力によるオイル分子のせんだん、熱、ブローバイガス内のフューエルの混入で劣化していくのが一般的です。

エンジンオイルは、ベースオイルで色々と分類されます。

鉱物油

部分合成油

化学合成油

PAO

エステル

植物油

規格で分けると…

API規格

ILSAC規格

SAE規格

ACEA規格

JASO規格

粘度による分類では…

SAE粘度

HTHS粘度

エンジンオイルでは、潤滑 冷却 防錆 応力分散 密閉作用 洗浄作用の6つの作用が求められます。

色々と各社ラインナップが有りますが、メリットとデメリットが有ります。

モデル毎また、使用する部位また、車輌の使用用途などを全て加味し、1番ベストなオイルを選択します。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

ドレンプラグもスッキリ クリーニングアップ。

ガスケットの再使用はしません。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

続いてスパークプラグの交換へと。

 

画像上がニューパーツの画像。

画像下が使用限度を超過したスパークプラグの画像。

 

フルインジェクション化に伴い、いまでは、余り気を使わなくなったスパークプラグ。

3年以内または走行2万キロを目安にパーツそのものを一新する事が必須。

フェラーリ 328

独自のノウハウでTipo F105Cにベストなスパークプラグをチョイス。

アップデートした最新のスパークプラグへと換装します。

 

スパークプラグ。

 

スパークプラグは、点火プラグはシェル 碍子および中心導体(中心電極及びターミナル)で構成されています。

点火プラグは燃焼室を貫く形で配置される為、シリンダーで発生する圧縮圧力や熱が外部に漏れないような密閉構造を持ち合わせているパーツ。

モータースポーツの世界では、エンジンのセッティングに応じて適切なプラグ熱価を選択する事が必要になります。

点火プラグの電極と碍子脚部は、燃焼室の内部で大きな影響を受けています。

極と碍子脚部の焼け具合は燃焼室内部の燃焼環境を直接示す目安となる為、点火プラグを取り外した際には、電極と碍子脚部の焼け具合を目視する事で、 そ の点火プラグがそのエンジンのセッティングに対して適切か否かの判断を下す事が可能となり、セッティングに応じて選択し直す場合も有ります。

新品のプラグであっても、製造誤差などにより必ずしもギャップが全数一定に揃っているとは限りません。

エンジンの種類によってはプラグの熱価などは全気筒同じであっても、気筒毎に異なる電極隙間を要求するものも存在する為、装着の前に電極隙間を測定して調整します。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

プラグホルダーのリペアへと。

フェラーリ 328

折損しているプラグホルダー。

 

この状態では、プラグコードがパワーユニットに接触しプラグへの供給電圧をドロップさせてしまいます。

また、プラグコードにも悪影響を及ぼします。

フェラーリ 328

常にパワーユニットの高熱にさらされる部位。

プラスチックが劣化し折損します。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

Vバンク奥側は、全て劣化で折損しています。

それだけ熱が逃げないという事ですね。

フェラーリ 328

折損しているプラグホルダーリペア開始です。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フェラーリ 328

折損していたプラグホルダーを全て除去。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

他のプラグホルダーも、同年数使用されている為、劣化が促進しています。

今回全てのホルダーを交換します。

 

ニューパーツの画像です。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

プラグホルダー組込み前に、バルブカバー側、装着部分のメンテナンスまた、周辺部位のクリーニングアップを行います。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

メンテナンス&クリーニングアップ後のバルブカバーに、ニューパーツのプラグホルダーを組み込み。

フェラーリ 328

美観だけでなく機能パーツにも悪影響を及ぼすプラグホルダー。

組み込み角度にもこだわります。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

画像左が装着されていたオリジナルのプラグコード。

画像右が、国産の厳選素材を使用し私たちが設計、製作したプラグコード。

オリジナルにこだわらない場合、使用する材質やクオリティーが格段に高いパーツを吟味し取り入れ、オリジナルでアップデートパーツを製作します。

 

全ての問題点を最新の技術と素材で改善し製作するオリジナルパーツです。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

設計、製作の時点で、取り回し角度や、クリアランスを最適なポジションに装備できるように製作しています。

個々の干渉を防ぎ、メカニカルトラブルを抑止します。

 

コード自体もアップデート素材を使用し、プラグへの供給電圧をアップさせポテンシャルアップを図ります。

機能性、美観と共に不安要素もアジャスト。

 

こだわったオリジナルパーツをご提供します。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フェラーリ 328

オリジナルプラグコードで、取り回しを全てアジャスト。

全てのクリアランスを左右均等に組込み機能美も復元。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

画像左がノーマルのインテークホース。

画像右がCFRP製 インテークダクト kit。

 

Kジェトロ~インテークチャンバー間のジャバラ状のホースの部分をCFRP製 インテークダクトへと交換するkit。

純正のジャバラ状のホースと違い、内部抵抗が非常に小さくまた、直径も大きくスムーズな吸気が可能となります。

また、CFRP製ですので、吸入時のホース収縮また、吸気エアー温度上昇も無くエンジンバワーに直結するパーツです。

機能性は勿論の事、328 / 308quattrovalvole のエンジンフードからの視覚も非常にスタイリッシュになるカスタムパーツです。

非常に綺麗なCFRP製のインテークダクトkitです。

 

Premium Parts で紹介しています 『Ferrari 328 / 308quattrovalvole 用 CFRP製 インテークダクト kit 』

こちらの商品は、Premium Partsでご購入して頂けます。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フェラーリ 328

パワーアップ&ビジュアルを両立したCFRP製 インテークダクト kitへと換装。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フロントセクション リペア&メンテナンス開始です。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

通常隠れた場所には塵や砂等の汚れが付着しています。

リペア&メンテナンス前にクリーニングアップを行います。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

クリーニングアップ後のフロントセクションの画像です。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

クリーンな状態から、リペア&メンテナンスを行い、他の部分に汚れを付着させません。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

続いて、フューエル系統のリペア&メンテナンスへと。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

分解パーツ 一部の画像。

リペア&メンテナンスと同時に、リフレッシュも行い機能美も蘇らせます。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

リペア&メンテナンスまた、リフレッシュ後の画像です。

 

再使用パーツは通常問題が無いので、そのまま組み込まれるのが一般的です。

私たちが行う作業は、単に組み替えだけに留まらず、再使用パーツ全て独自のクオリティーで徹底したメンテナンス&リフレッシュを実施し再使用します。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

サスペンションシステム ステアリングシステム等のメンテナンス&クリーニングアップ開始です。

フェラーリ 328

定期的な、足回り&車輌全体のトルク管理が必要です。

各部の調整と同時に締め付けトルクのチェックまた、サスペンションシステムも本来のパフォーマンスを発揮出来るようメンテナンスを行います。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

常に定期チェックをご依頼頂いている車両。

コンディションは非常に良いです。

 

今回も、定期的な足回りのトルク管理&車輌全体のトルク管理&各部の調整&メンテナンスを行います。

また同時に、分解時にしか出来ないフェンダー内部の隅々まで、クリーンニグアップします。

中々オーナーが目にする事の無い部分。

また、雨天使用しなくても、ダストや砂などが付着してしまう部分でもあります。

フェラーリ 328

同じくリヤセクション。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フェラーリ 328

メンテナンス&クリーニングアップ開始です。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

サスペンションシステム ステアリングシステムも本来のパフォーマンスを発揮出来るようメンテナンス完了。

フェラーリ 328

このコンディションからメンテナンスを続けることで、ハイパフォーマンスの維持が可能です。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フェラーリ 328

ダストや砂などをクリーニングアップする事により、本来の機能がよりリアルになると共に、クリーンな状態を取り戻しました。

きめ細やかなメンテナンス&クリーニングアップを随所に施します。

フェラーリ 328

同じくリヤサスペンションシステム。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フェラーリ 328

全てにおいて管理させていただいている車輌。

リペアからメンテナンス、クリーニングアップに至るまで、常に独自のクオリティーで管理し、コンディションを保ち、また向上もします。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

続いてホイールのクリーニングアップ&メンテナンスへと。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

ブレーキダストなどの汚れが付着してしまっているホイール。

フェラーリ 328

ホイール側 締結面にも錆が発生しています。

加工修正し精度を出します。

また、錆の侵食からもホイールを守るメンテナンスも行っていきます。

 

4輪全てクリーニングアップ メンテナンス開始です。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

ホイール クリーニングアップ&メンテナンス終了後の画像です。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フェラーリ 328

表裏共に、本来の発色を取り戻しました。

 

プロのレースチームもホイールの磨きは重要な仕事。

ワークスチームでも、メカニックの重要な仕事のひとつ。

タイヤの状態やホイールの変形、キズやキレツ、そしてホイールナットの座面などもチェック。

フェラーリ 328

締結面のメンテナンスも完了。

締結圧力を本来の圧力へ戻すと共に、ホイールを錆から守ります。

 

メンテナンス終了のホイール。

組み込みに備えます。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

ホイールボルトの換装。

画像右が新車時から装着されていたホイールボルト。錆の侵食が激しい状態。

画像左が今回換装するアップデートspecialホイールボルト。

 

錆の侵食以外にもホイールボルトの寿命はあります。

ホイールボルトの寿命は、常に車重を支えている為、金属疲労が起こります。

また、ロックやアンロックでボルトの伸びも発生します。

ホイールボルトが消耗品といわれているのはそのためです。

ほとんどチェックされないホイールボルト。

交換するか否かは厳密な測定で判断します。

フェラーリ 328

画像左がspecialホイールボルト。

純正のホイールボルトよりボルト強度を24%アップ。
 
製作精度も格段に上回るクオリティーで製作したspecial ホイールボルトset です。
 
純正のクオリティーを遥かに超えた絶品です。
 
 
 
こちらの商品は、Premium Parts で紹介しています『Ferrari 328 ABS装着車(後期モデル)専用 special ホイールボルトset  』です。

 

 

 

 

 

 

Premium Partsでご購入して頂けます。

フェラーリ 328

機能と美観を兼ね備えます。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

続いてパワーユニットインテークダクトメッシュ。

新車時の塗装が剥離している現状。

 

チョット一手間…

フェラーリ 328

フェラーリ 328

新車時のクッキリとしたコントラストを復元。

細かなポイントでエクステリアの印象が大きく変わりますね。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

現状のフロアー画像。

フェラーリ 328

フロアー、シャシーのメンテナンスを行うため、細部に至るまでクリーニングアップを行います。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

シャシー細部までクリーニングアップ完了です。

フェラーリ 328

クリーンな状態からシャシ全体の最終チェック&セットアップを行っていきます。

チェックと同時にまた、独自の味付けを施しキャラクターを存分に発揮させます。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

シャシー関連、メンテナンス&クリーニングアップまた、セットアップ後の、フェラーリ 328。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

クリーニングアップ&メンテナンスを行ったシャシーに、クリーンなカウル類を組み込み。

カウル1つの組み込にもこだわります。

基本装着位置の見直しも図り、1つ1つ丁寧に組み込みます。

 

私たちのごく通常の作業工程の流れです。

精度を取り戻すメンテナンス。

随所に施すクリーニングアップやリフレッシュなど、追加作業と思われがちですが、追加費用は頂きません。

これは、私たちのクラフトマンシップの一貫であり、より良いコンディションに車輌を仕上げる為のメンテナンスだからです。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

続いて、パワーユニットのリペアメンテナンス後の最終チェック&セットアップを行います。

TipoF105Cユニットの基本原理やマイクロプレックス構造を熟知したエンジニアがセットアップします。

独自のセットアップを施しメンテナンス部分の本来のキャラクターを存分に引き出すと共に、TipoF105Cのコンディションを整えます。

 

最終の詰めです。

このプロセスが重要です。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

独自のセットアップも終了。

最終クリーニングアップ実施後のエンジン&エンジンルーム。

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フェラーリ 328

フェラーリ 328

分解時、各パーツ単品でクリーニングアップ&メンテナンスを行っているので隅々までスッキリ クリーンな状態を復元。

フェラーリ 328

エクステリア、インテリアの最終仕上げも、メンテナンス同様にこだわります。

フェラーリ 328

精度を取り戻すメンテナンス。

 

随所に施すクリーニングアップやリフレッシュなど、追加作業と思われがちですが、追加費用は頂きません。

これは、私たちのクラフトマンシップの一貫であり、より良いコンディションに車輌を仕上げる為のメンテナンスだからです。

フェラーリ 328

全てのリペア&メンテナンス終了のフェラーリ 328GTS。

 

こちらのMaintenance Reportには作業内容の一部のみを抜粋し掲載させて頂いています。

実施した全てのリペア&メンテナンス中の分解写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当エンジニアが撮影しています。

 

詳細な写真 168枚 (CD-R 2枚に落としてあります)及び、今回のメンテナンス内容また、今後のメンテナンスメニューも分かり易く作成していますので、車輌と一緒にお持ちします。

いつもメンテナンス御依頼有り難う御座います。

 

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

フェラーリ 328

コックピットに乗り込み、エンジンをかける。

ステアリングを握り、アクセルを踏む。

自分とクルマがひとつになり、自由になっていく。

クルマとは本来、自分を解放するものであり、自己表現であり、生き方そのものだと思う。

人生とクルマの本当の楽しみ方を知る大人のために…

 

私たちはすべての要素を高次元で考えます。

今後も、車輌全体のコンディションを把握させて頂きながら良きパートナーとして、共に車輌を向上させて頂ければと思います。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »