フェラーリ 328 GTB リペア&メンテナンス

s-DSC00638

ウェブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

 

いつもフェラーリ 328 GTB メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きましたフェラーリ 328 GTBを積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い致します。

s-DSC02767

トラブルシューティング開始準備の為、リフトセクションへと…

s-DSC02864

トラブルシューティング開始です。

s-DSC02869

常に定期チェックからメンテナンスに至るまで、全てをご依頼頂いている車輌。

細部まで良いコンディションを維持、また向上もさせます。

s-DSC02865

フロアーセクションも非常に良いコンディションを保っています。

s-DSC02877

ボデープロテクターの装着。

s-DSC02872

前回、メンテナンスメニューでご提案させて頂いていた箇所。

今回のチェックでは、ラジエターからの冷却水の滲みが完全な漏れに進行しています。

s-DSC02874

漏れ出したエンジン冷却水がボデーに付着してしまっています。

 

エンジン冷却水の主成分はエチレングリコールという化合物と水で構成されています。

漏れたエンジン冷却水はペイントを侵食する作用を持ち合わせています。

s-DSC02995

フロントバンパー脱着の為、細部までマスキング。

脱着時のパーツ保護を完璧に行います。

s-DSC02940

s-DSC02981

s-DSC02936

早期の対応が必要です。

このままでは、走行中やアイドリング中に突発的なオーバーヒートを引き起こしパワーユニットに致命的な2次的ダメージを与えてしまいます。

s-DSC02987

以前フォグライトが装着されていたのでしょう。

オリジナルでは無いこちらのブラケットは、今回取り外します。

s-DSC02989

必要のないハーネスも取り外します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

全てのチェックが終了したフェラーリ 328 GTB。

 

車輌に発生している不具合個所を確実にピンポイントで把握し切らせて頂きました。

現状の車輌の状態を分かり易くまとめご連絡させて頂きます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

現状車輌に発生しているトラブルポイント。

 

根本的なトラブルの改善メニューをご報告し決定したメンテナンスメニュー。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い致します。

s-DSC00364

フェラーリ 328 GTB リペア&メンテナンス開始準備の為、リフトセクションへと…

s-DSC00378

リペア&メンテナンス開始です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC03016

冷却系統のリペアへと。

車輌から分解したラジエターASSY。

s-DSC03015

純正パーツは、分解したパーツと同じ当時の素材や工法のパーツです。

オリジナルにこだわらない場合、使用する素材やクオリティーが格段に高いパーツを厳選し、オリジナルでアップデートパーツを設計&製作します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC00376

私たちが設計、製作したラジエター。

国産の厳選素材を使用し、最新の工法で製作。

 

こちらの車輌は、ノーマル然と仕上げる事が好ましいと考えメニューをご提案させて頂きました。

s-DSC00367

s-DSC00372

コンペティションなどのサーキット専用車輌では、アルミ製が良いとは思いますが、高速道路やストリートまた、サーキットまで幅広く走るストラダーレモデルの場合、アルミラジエターの効果は低く、特にストリートでは、アルミは厳しく、水温が上昇する傾向になります。

 

オリジナルで設計、製作したラジエターは、厳選した素材の銅を使用。

オリジナリティーを重んじ、且つ最新の工法と素材を駆使し製作したオリジナルラジエターです。

s-DSC00377

s-DSC00374

ノーマル然と、当時の美しさを追求し設計&製作。

こだわったオリジナルパーツをご提供します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC00381

ラジエター装着前に、車輌側を細部までクリーニングアップ。

見える部分は勿論の事、通常オーナーが見えないところまで徹底したクリーニングアップを行い、組み込みに備えます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC00385

クリーンなシャシーに、オリジナル ラジエターを装着。

s-DSC00387

s-DSC00389

s-DSC00392

s-DSC00391

レトロモダンな車輌の雰囲気を崩すことのないオリジナル ラジエター。

機能からデザインまで、高次元なパーツをご提供します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC00393

構成パーツ メンテナンス&クリーニングアップ後の画像。

s-DSC00394

隅々まで徹底したメンテナンス&クリーニングアップを行います。

s-DSC00397

s-DSC00398

1つ1つの構成パーツを丹念にメンテナンス&クリーニングアップを行い、機能性と美しさを両立させます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC00402

画像右が劣化しているウォーターホースの画像。

 

ホースの素材にもよりますが、ホースの劣化は下記が代表的な要因になります。

外部因子作用による劣化

熱による劣化(熱酸化劣化)

光による劣化(光酸化劣化)

オゾンによる劣化

残留塩素による劣化

金属イオンによる劣化

溶剤膨潤による劣化

 

大きく分別しましたが、個々の劣化にはさまざまな要因があります。

このような知識も、トラブルシューティングを的確に行うには、非常に重要なことですね。

s-DSC00400

今回換装するアップデートパーツ。

ラジエター同様、ノーマル然としたアップデートパーツを使用します。
 

純正パーツは、分解したホースと同じ当時の素材や工法のパーツです。

オリジナルにこだわらない場合、使用する素材やクオリティーが格段に高いパーツを厳選し、オリジナルでアップデートパーツを製作します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC00406

メンテナンス済みのパーツを組上げる上での、細かい微調整。

最終的な合わせこみが重要です。

 

私たちのリペア&メンテナンス工程は、徹底したメンテナンス&クリーニングアップ済みパーツを基本装着位置の見直しを図り組込み。

機能性及び、機能美を再現します。

s-DSC00407

s-DSC00403

s-DSC00404

s-DSC00405

クランプ角度や、左右の均一性にこだわり組込み。

普段は見えないところまで徹底して美しい仕上げを追求します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC02985

漏れ出したエンジン冷却水が付着している、フロントバンパーのクリーニングアップへと。

 

エンジン冷却水の主成分は、エチレングリコールという化合物と水で構成されています。

漏れたエンジン冷却水はペイントを侵食する作用を持ち合わせています。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC00459

クリーニングアップ後のフロントバンパー。

メンテナンス&クリーニングアップは、全ての構成パーツに実施。

 

エンジン冷却水の侵食から、構成パーツを守ります。

s-DSC00446

丹念に仕上げた車輌側。

クリーニングアップ&メンテナンス済み構成パーツの組込みに備えます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC00464

クリーンなシャシーに、リペア済みのフロントバンパーを装着。
 

組み込みは、基本装着位置の見直しを図り丁寧に組上げます。

全てのチリ合わせや、左右の均一性、ボルトロックの位置にもこだわり組み込み完了。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC00465

s-DSC00466

アンダースポイラーのクリーニングアップへと。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC00467

クリーニングアップ後のアンダースポイラー。

 

リペア&メンテナンス同様に、隠れた箇所ほど重要です。

クリーンな状態で組込みに備えます。

 

各部メンテナンスと同時に施工する独自のクリーニングアップ。

各部のクリーニングアップは、本来の素材を熟知し蘇らせる意味で1番適した仕上げを行います。

ケミカル用品で一時的に艶を出す様な安易仕上げは、一切行いません。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC00469

s-DSC00498

ボデーワークの最終的な組込み完了です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC02888

s-DSC02889

冷却水が付着していたフェンダー内部のクリーニングアップへと。

細部までクリーニングアップを行っていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC00470

フェンダー内部クリーニングアップ後の画像です。

s-DSC00472

s-DSC00473

s-DSC00471

きめ細やかなメンテナンスをご提供します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC00410

エアコン系統のリペア&メンテナンスへと。

s-DSC00411

常にのご依頼で、1から仕上げさせて頂いている車輌。

非常に良いコンディションを維持しています。

 

1セクションを確実に。

そのメンテナンス方法で、確実にメンテナンスを行わせていただいている車輌。

その積み重ねが、このコンディションを生み出します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC00430

画像左、コンプレッサー ニューパーツの画像です。

全世界から入手困難なニューパーツを独自のパーツルートで入手します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC00432

パワーユニット側、コンプレッサー装着部分を、細部までクリーニングアップ。

クリーンな状態から、コンプレッサーを組み込みます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC00435

基本装着位置も見直し、組み込み完了の画像です。

パイピング角度にもこだわり組上げます。

s-DSC00436

機能性だけではなく、美しさにもこだわるリペア&メンテナンスをご提供します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC00475

ホイールのクリーニングアップ&メンテナンスへと。

s-DSC00476

ブレーキダストなどの汚れが付着してしまっているホイール。

4輪全てクリーニングアップ&メンテナンス開始です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC00478

ホイール クリーニングアップ&メンテナンス終了後の画像です。

4輪全て表裏共に、本来の発色を取り戻しました。

s-DSC00479

メンテナンス終了のホイール。

組み込みに備えます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC00493

クリーニングアップ後のシャシーの画像です。

s-DSC00492

カウルの組み込みは、基本装着位置の見直しも図り、1つ1つ丁寧に組み込みます。

全てのチリ合わせや、左右の均一性、ボルトロック状態の位置にもこだわり組み込み完了です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC00486

レトロモダンな車輌の雰囲気を崩すことのないリペア&メンテナンスを実施。

s-DSC00500

最終クリーニングアップ実施後のエンジン&エンジンルーム。

s-DSC00501

分解時、各パーツ単品でクリーニングアップ&メンテナンスを行っているので隅々までスッキリ クリーンな状態を復元。

 

精度を取り戻すメンテナンス。

随所に施すクリーニングアップやリフレッシュなど、追加作業と思われがちですが、追加費用は頂きません。

 

これは、私たちのクラフトマンシップの一貫であり、より良いコンディションに車輌を仕上げる為のメンテナンスだからです。

s-DSC00490

エクステリア、インテリアの最終仕上げも、メンテナンス同様にこだわります。

全てのリペア&メンテナンス 終了のフェラーリ 328 GTB。

 

こちらのMaintenance Reportには作業内容の一部のみを抜粋し掲載させて頂いています。

実施した全てのリペア&メンテナンス中の分解写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当エンジニアが撮影しています。

 

今回のメンテナンス内容の詳細と写真 164枚 (CD-R 1枚に落としてあります)車輌と一緒にお持ち致します。

いつもメンテナンス御依頼有り難う御座います。

 

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »