フェラーリ 328 GTS トラブルポイント 修理

s-DSC03573

ウェブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

 

いつもフェラーリ 328GTS メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きましたフェラーリ 328GTSを積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い致します。

s-DSC04001

フェラーリ 328GTS トラブルシューティング開始準備の為、リフトセクションへと…

s-DSC04057

トラブルシューティング開始です。

s-DSC04098

ボデープロテクターの装着。

s-DSC04101

車両に異変を感じたときは、早急なチェックが必要不可欠です。

そのままの状態で使用すると関連パーツを破損させ2次的不具合を引き起こします。

 

負の連鎖反応を引き起こし多大なダメージに発展していきます。

s-DSC04104

s-DSC04050

エレクトロニクス関連のトラブルか、メカニカル機構でのトラブルかを見極める事が重要です。

また、複合したトラブルも的確に判断します。

 

間違ったトラブルシューティングでのリペアでは、一向に不具合は改善されません。

エレクトロニクスまた、メカニカルの基本構造を熟知したエンジニアが、確実なトラブルシューティングで主原因をピンポイントで確定します。

s-DSC04067

エレクトロニクス関連にトラブルを抱えています。
 

全ては、車輌構成から始まり、エレクトロニクス、メカニカルシステム、素材まで含め熟知したエンジニアが独自のトラブルシューティングを行います。

メカニカルから、エレクトロニクスの司令塔〜末端のコントローラーや、センサー等を完璧に見極め、ピンポイントでトラブルポイントを確定。

 

次に、なぜ不具合が発生してしまったか?

引き起こしている主原因は?

これらの要因を特定し、ピンポイントで確実なリペア工法を確定します。

s-DSC04088

エンジン冷却水の漏れ。

早期の対応が必要です。

このままでは、走行中やアイドリング中に突発的なオーバーヒートを引き起こしパワーユニットに致命的な2次的ダメージを与えてしまいます。

また、エンジン冷却水の主成分は、エチレングリコールという化合物と水で構成されています。

漏れたエンジン冷却水は、ペイントを侵食する作用を持ち合わせています。

 

早期の確実なリペアで、致命的な2次的ダメージを防ぐ事が可能です。

s-DSC04058

現状車輌に発生しているトラブルポイントを全て把握させて頂きました。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

現状車輌に発生しているトラブルポイント。

また、なぜトラブルが発生したのか?

 

根本的なトラブルの改善メニューを作成しご連絡させて頂きます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

お打ち合わせさせて頂き決定しましたトラブルの根本的な整備内容。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い致します。

s-DSC06397

フェラーリ 328 GTS 修理&メンテナンス開始準備の為、リフトセクションへと…

s-DSC06593

ボデープロテクターの装着。

修理&メンテナンス開始です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC06595

フロントセクションからリペア&メンテナンス工程を行います。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC06598

エンジン冷却水漏れの修理工程を進めます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC06934

修理・加工工程が進みます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07070

s-DSC07049

私たちが設計・製作を手がける純正パーツのクオリティーを遥かに凌ぐオリジナルパーツの製作が進みます。

 

Maintenance  Reportでは、オーナーに整備の進行状況を見て頂ける様、かいつまんでアップしています。

新旧のパーツ画像・セットアップ中の状態・パーツ製作過程の画像など、全て詳細に撮影していますので車両完成時にDVD-Rに入れお渡しします。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07080

レトロモダンな車両の価値観を崩す事無く後世に残すリペアを実施。

当時の純正パーツと全く同様に製作したオリジナルパーツ。

各部の作動は新車時と全く同様に作動します。

 

品質しかり、時代と共に色あせない価値を損なわない車両に仕上げます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07079

キルスイッチの取り付け工程に入ります。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07331

s-DSC07329

s-DSC07330

キルスイッチ用ブラケットをオリジナルで設計・製作します。

現車に合わせこみ個体差にあわせた製作工程が進みます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07372

オリジナルで設計・製作したアルミパーツをTIG溶接で溶着。

オリジナルブラケットにキルスイッチを組み込み。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07398

既存のボルトホールを使用し車両へと組込み。

新たにボルト穴を開けるようなことはしません。

常にオリジナルに回復できるよう設計・製作したオリジナルパーツ。

 

あたかも純正で取り付けられていたかの様に装着。

ノーマル然、これもまたフェラーリ ランボルギーニにとっては非常に重要なポイントです。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07308

バッテリーの交換。
 

バッテリーを取外したシャシー側の現状。

通常、目にする事のない部分には汚れが蓄積しています。

 

ニューパーツ装着前に細部までクリーニングアップをおこないます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07387

クリーニングアップ後の画像です。

見える部分は勿論の事、通常見えないところまで徹底したクリーニングアップを行い組み込みに備えます。

 

私たちのリペア&メンテナンス工程は、どの部位においても効率化を求めず、1つ1つのパーツを丹念に仕上げます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07393

ニューパーツを装着。

 

バッテリーは、外観では同サイズに見えても性能が大きく違う場合が多々あります。

サイズと20時間率だけ合わせても適合しません。

 

私たちが推奨するフェラーリ 328用バッテリーへと換装。

基本性能を回復させます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07461

エクステリア、インテリアの最終仕上げも、メンテナンス同様にこだわります。

全ての修理&メンテナンス 終了のフェラーリ 328GTS。

 

こちらのMaintenance Reportには作業内容の一部のみを抜粋し掲載させて頂いています。

実施した全てのリペア&メンテナンス中の分解写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当エンジニアが撮影しています。

 

詳細な写真 314枚 (DVD-R 1枚に落としてあります)及び、今回のメンテナンス内容も分かり易く作成していますので、車両と一緒にお渡しします。

いつもメンテナンス御依頼有り難う御座います。

 

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »