フェラーリ 456GT 修理ご依頼箇所チェック&メンテナンス

s-DSC07807

ウェブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

 

今回、フェラーリ 456 GT メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きましたフェラーリ 456 GTを積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い致します。

s-DSC05531

フェラーリ 456 GT トラブルシューティング開始準備の為リフトセクションへと…

s-DSC05788

トラブルシューティング開始です。

s-DSC05814

エレクトロニクス制御系統のトラブルシューティング。

 

表面的なトラブルポイントだけではなく、パラメーターをもとに奥深くに潜んでいる根本的なトラブルポイントのチェックを行っていきます。

s-DSC05802

メカニカル系統のトラブルシューティング。

同様に、奥深くに潜んでいる根本的なトラブルポイントのチェックを行っていきます。

s-DSC05801

落ち込んでしまっているキーシリンダー。

s-DSC05842

内部の画像。

本来ナットで締め付けられているキーシリンダーユニットが接着剤で貼り付けられています。

近年、見えない所にこのような手荒な作業をされている車両が多々見受けられます。

 

悲しい事ですが、メンテナンスを請け負う側のスキルや考え方の問題ですね。

s-DSC05830

エレクトロニクス関連のトラブルか、メカニカル機構でのトラブルかを見極める事が重要です。

また、複合したトラブルも的確に判断します。

 

間違ったトラブルシューティングでのリペアでは、一向に不具合は改善されません。

エレクトロニクスまた、メカニカルの基本構造を熟知したエンジニアが、確実なトラブルシューティングで主原因をピンポイントで確定します。

s-DSC05941

次に、なぜ不具合が発生してしまったか?

引き起こしている主原因は?

これらの要因を特定することが非常に重要です。

 

ここで要因を特定できず表面的な修理を行った場合、何度も同じような箇所を修理せざるを得なくなります。

致命的な負の連鎖ですね。

 

私たちが行うトラブルシューティングは、ピンポイントで不具合発生要因を特定し、確実な整備工法をご提案します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

現状車両に発生しているトラブルポイント。

なぜトラブルが発生したのか?

 

根本的なトラブルの改善メニューを作成しご連絡させて頂きます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

お打ち合わせさせて頂き決定しました今回のリペアメニュー。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い致します。

s-DSC00551

フェラーリ 456 GT 整備&メンテナンス開始準備の為、リフトセクションへと…

s-DSC00680

s-DSC00685

パワーウインドウの作動不良及び、キーシリンダーが脱落した状態です。

整備&メンテナンスを行っていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC00691

ドア内部の画像です。

構成パーツの分解を行っていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC00718

分解後の画像です。

本来ナットで締め付けられているキーシリンダーユニットが接着剤で貼り付けられています。

 

丁寧に接着剤を取り除いていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC00731

s-DSC00735

キーシリンダーユニットを取外したドアパネル現状の画像です。

接着剤を細部まで丁寧に剥がしていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC00816

接着剤を細部まで除去後の画像です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC00738

キーシリンダーユニットも同様に接着剤を除去後の画像です。

脱落していたキーシリンダーユニットに合わせ専用ステーを製作していきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC00873

専用ステー製作後の画像です。

安易に高額なパーツを交換するのではなく整備に必要と思われるパーツは全て製作していきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC01229

補強用ステーを現車に合わせ製作後の画像です。

このステーで更に強度を向上させます。

 

パーツ製作しても、純正パーツの交換よりリーズナブルに仕上がり、強度も向上させます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC01325

エレクトロニクス系統で不具合の発生しているパワーウインドウモジュールの画像です。

 

世界欠品のパワーウインドウモジュール。

海外に拠点を置く自社のパーツセンターから世界欠品のパーツを全世界から入手します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC01277

内部の構成パーツを組み込みました。

微調整のセットアップ工程に入っていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC01374

脱落していたキーシリンダーユニットも基本装着位置に回復後の画像です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC01405

456ではよくあるドアガラスの不良。

メカニカル及びエレクトロニクスのメンテナンスを行い全ての作動が正常に回復しました。

 

ドアガラス全開時の画像です。

s-DSC01402

エアーベント作動時の状態です。

s-DSC01407

s-DSC01415

ドアガラス全閉時の一連の作動の状態の画像です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC01460

フェラーリ 456 GT 修理&メンテナンス後の最終チェック。

 

Ferrari 純正テスター SD3で、入力されていたERRORコードなども全てリセット。

また、センサー&アクチュエーターのアダプティブのチェック&セットアップ。

メカニカル面も、的確な最終チェックを行います。

 

このプロセスが重要です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC01445

最終チェックも完了。

エクステリア、インテリアの最終仕上げも、メンテナンス同様こだわります。

s-DSC01435

s-DSC01436

s-DSC01393

全ての整備&メンテナンス 終了のフェラーリ 456 GT。

 

こちらのMaintenance Reportには作業内容の一部のみを抜粋し掲載させて頂いています。

実施した全てのリペア&メンテナンス中の分解写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当エンジニアが撮影しています。

 

詳細な写真 150枚 (DVD-R 1枚に落としてあります)及び、今回のメンテナンス内容も分かり易く作成していますので、車両と一緒にお渡しします。

今回メンテナンス御依頼有り難う御座います。

 

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

 

 

関連記事:激安価格に飛びついたはいいが……格安スーパーカー購入後に待ち受ける悲劇。についての僕の意見。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »