フェラーリ 348 Competizione オイル漏れ修理

s-DSC02553

ウェブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

 

いつもフェラーリ 348 Competizione メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きましたフェラーリ 348 Competizioneを積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い致します。

s-DSC03154

フェラーリ 348 Competizione トラブルシューティング開始準備の為リフトセクションへと…

s-DSC03254

トラブルシューティング開始です。

s-DSC03277

オーナーのご承諾を得てクラッチケース及びクラッチコンプリートを分解していきます。

s-DSC03362

トラブルシューティングを行っていきます。

s-DSC03380

クラッチレリーズのサポートフランジの画像です。

サポートフランジ奥のオイルシールからのオイル漏れです。

s-DSC03392

クラッチアッセンブリーの画像です。

s-DSC03400

インプットシャフトからのオイルの漏れは発生していません。

s-DSC03409

クラッチエンドプレート分解後の画像です。

s-DSC03413

s-DSC03415

s-DSC03420

s-DSC03423

こちらは若干オイルの滲みが発生しています。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

全てのトラブルシューティングが終了したフェラーリ 348 Competizione 。

現状の車両の状態を分かり易くまとめ御連絡させて頂きます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

お打ち合わせさせて頂き決定しました今回のメンテナンスメニュー。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い致します。

s-DSC05132

フェラーリ 348 Competizione 整備&メンテナンス開始準備の為、リフトセクションへと…

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05395

クラッチハウジング分解後の画像です。

整備前に内部のクリーニングアップを行っていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05414

クリーニングアップ後の画像です。

s-DSC05424

細部までクリーンな状態から分解整備工程を行っていきます。

クリーンな状態から分解することで内部に砂や汚れが混入する事がありません。

 

また、再使用パーツやボルト&ナット等にもダメージを与えません。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05460

整備&メンテナンスに伴う各油脂類の抜き取りを行っていきます。

注入時には、添加されている成分内容や粘度など、私たちが厳選したフェラーリ 348 Competizioneに推奨するオイルを使用します。

s-DSC05475

ドレンプラグをスッキリ クリーニングアップ後の画像です。

1度締め付けられたガスケットの再使用は行いません。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05489

分解後のレリーズベアリング及びクラッチレリーズサポートフランジの画像です。

s-DSC05490

s-DSC05495

s-DSC05497

s-DSC05500

今回はシールのみの交換を行う為、本体は再使用します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05535

レリーズベアリング及びクラッチレリーズサポートフランジ クリーニングアップ後の画像です。

s-DSC05550

s-DSC05615

s-DSC05616

クリーンな状態からオイルシールの組込み工程に進みます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05638

s-DSC05639

レリーズベアリング及びクラッチレリーズサポートフランジへ、オイルシール組込み後の状態です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05503

フランジ側クラッチレリーズサポートフランジの締結面のメンテナンス&クリーニングアップを行っていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05518

メンテナンス&クリーニングアップ後の締結面の画像です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05648

ピニオンギヤーシャフトエンドカバーの締結面のメンテナンス&クリーニングアップを行っていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05711

メンテナンス&クリーニングアップ後の画像です。

締結面を綺麗に整えました。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05654

s-DSC05658

エンドカバー現状の画像です。

0リング装着前にメンテナンスを行います。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05680

s-DSC05685

エンドカバーメンテナンス&クリーニングアップ後の状態です。

1つ1つのパーツを丹念に仕上げます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05703

仕上げたパーツに0リングを装着。

組込みに備えます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05713

ピニオンギヤーシャフトエンドカバーをメンテナンス済みのフランジに組込み。

精度を上げ、美しさも追求する整備を行います。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05732

s-DSC05735

レリーズベアリング及びクラッチレリーズサポートフランジまた、ピニオンギヤーシャフトエンドカバー組込み後の画像です。

1つ1つのパーツを丁寧に組上げました。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05740

プロペラシャフトシールリング及びインプットシャフトの0リング交換工程へと進みます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05763

シールリング及び0リングを分解した状態です。

細部までクリーニングアップを行っていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05788

クリーニングアップ後の画像です。

クリーンな状態からシールリング及び0リングを組み込んでいきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05804

組込み完了の画像です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05806

プロペラシャフトを組み込み。

緻密な作業を行います。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05814

s-DSC05815

クラッチハウジング内部整備完了の状態です。

機能性と美しさを両立させるメンテナンスを行います。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05401

クラッチAssyの分解工程へと進みます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05408

s-DSC05413

分解後の状態です。

内部パーツのクリーニングアップを行っていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05427

s-DSC05442

細部までクリーニングアップ後の状態です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05818

s-DSC05821

クリーンな状態からクラッチAssyを組み込み。

車両へと組み込んでいきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC06059

s-DSC05882

クラッチAssyを車両へと組込み後の画像です。

再使用パーツも丁寧なメンテナンスを施し、機能性また美しさも追求します。

 

各部のクリーニングアップやメンテナンス等、特別な費用は必要ありません。

私たちが行う通常の整備過程の一貫だからです。

 

ナカムラエンジニアリングが行う整備の特徴の1つです。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC06150

クラッチオイルの交換へと。

s-DSC06156

クラッチオイル交換前にリザーバタンク内部また、アウターケースのクリーニングアップを行っていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC06157

リザーバタンク内部また、アウターケースをスッキリ クリーニングアップしました。

クリーンな状態からクラッチオイルの交換をしていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC06040

クラッチオイルを専用機器で交換していきます。

私たちが厳選したフェラーリ 348 Competizioneのクラッチシステムに推奨するオイルを使用します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC06162

クラッチオイル交換と同時に周辺部分もスッキリ クリーニングアップ。

気持ちの良いものですね。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC06170

全ての整備&メンテナンス 終了のフェラーリ 348 Competizione。

 

こちらのMaintenance Reportには作業内容の一部のみを抜粋し掲載させて頂いています。

実施した全てのリペア&メンテナンス中の分解写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当エンジニアが撮影しています。

 

詳細な写真 219枚 (DVD-R 1枚に落としてあります)及び、今回のメンテナンス内容を分かり易く作成していますので、車両と一緒にお渡しします。

いつもメンテナンス御依頼有り難う御座います。

 

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »