フェラーリ 458 イタリア エキゾーストシステム換装

s-DSC07012

ウェブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。
 

いつもフェラーリ 458 イタリア メンテナンス御依頼有り難う御座います。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い致します。

s-DSC07200

フェラーリ 458 イタリア エキゾーストシステム換装 開始準備の為、クリーンなリフトセクションへと…

s-DSC07207

s-DSC07210

エキゾーストシステム換装開始です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07213

項目毎に丁寧な分解工程を進めます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07215

s-DSC07217

エキゾーストシステム換装に伴いリヤバンパーを脱着。

細部までマスキング処理を行ない、脱着パーツを完璧にプロテクトします。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07220

ボデープロテクターの装着。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07223

各パート毎に丁寧な分解工程を進めます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07252

今回換装するエキゾーストシステム。

s-DSC07253

s-DSC07254

s-DSC07259

組込み工程へと進みます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07341

エキゾーストシステムを組み上げていきます。

s-DSC07345

s-DSC07347

エキゾーストシステムを組上げる上での細かな微調整。

 

担当メカニックが気持ちを込めて丁寧に仕上げます。

お客様が見えない所に企業の責任があると私たちは考えます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07354

エキゾーストシステム交換に伴い分解したパーツ組み込み前の画像です。

通常目にしない箇所は汚れが蓄積しています。

 

細部までクリーニングアップしていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07355

クリーニングアップ後の画像です。

s-DSC07356

s-DSC07358

細部まで丹念に仕上げ、分解したパーツを組み上げていきます。

 

エキゾーストシステム交換に伴うクリーニングアップ。

特別な費用は必要ありません。

 

ナカムラエンジニアリングが行うエキゾーストシステム交換工程の一部だからなんです。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07373

エキゾーストシステム換装に伴い分解したエアクリーナーBOX。

組み込み前のクリーニングアップを行っていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07374

クリーニングアップ後の画像です。

分解したパーツを1つ1つ丹念に仕上げ組み込んでいきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07395

s-DSC07396

エキゾースト テールエンドを専用パーツに換装していきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07401

画像上が取り外した純正のテールエンドの画像です。

画像下が今回換装するエキゾーストシステム専用品です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07403

s-DSC07404

専用のエキゾーストエンドへと換装後の画像です。

かなりワイルドさが強調されたエキゾーストエンド。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07434

左右の均一性やチリ合わせにこだわりリヤバンパーを組み込み後の画像です。

s-DSC07441

s-DSC07442

こちらのエキゾーストシステムは個性的で、かなりレーシングアイテムの香が漂います。

エキゾースト音も群を貫いた絶品です。

 

最近見るエキゾーストシステムの中では最高ですね。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07470

s-DSC07409

バックビューカメラ及び、モニターの装着工程に入ります。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07475

バックモニター取り付けブラケットの製作工程へと進みます。

インテリアパーツに新規の穴を開けず、既存のボルトホールに装着できるよう専用ステーを製作します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07477

取り付けベースを製作。

ブラケットへとTIG溶接。

 

熟練したメカニックによる溶接のビート部分。

このように仕上げるにはかなり高度なテクニックが必要なんです。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07478

s-DSC07479

既存のボルトホールに装着できるよう、製作したバックモニター取り付けブラケットの画像です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07484

専用製作したブラケットにバックモニターを装着後の画像です。

インテリアの雰囲気に違和感なく装着完了です。

 

問われるのはリペア技能だけではないと思います。

メンテナンスに対するこだわり、テクニック、センスなど、全ての要素が高次元でなければなりませんね。

私たちは、妥協しない徹底した整備またメンテナンスを行います。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07409

バックビューカメラの装着工程へと進みます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07410

後方の視認性と458のビジュアルも崩さないよう専用ステーを製作。

あたかも純正であったかのように緻密に製作しました。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07457

s-DSC07458

見えない配線も整然と配置。

配線を結束している素材も、純正同様の素材のパーツを使用しノーマル然と仕上げています。

 

私たちは、見えない箇所のクオリティーを非常に重要視します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07492

バックビューカメラ装着完了です。

 

担当メカニックが気持ちを込めて丁寧に仕上げました。

お客様が見えない所に企業の責任があると私たちは考えます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07487

最終クリーニングアップ実施後のフェラーリ 458 イタリアのエンジン&エンジンルームです。

s-DSC07488

s-DSC07489

各部のクリーニングアップや、精度を取り戻すメンテナンス等、特別な費用は必要ありません。

私たちのごく通常のメンテナンス工程の一貫だからです。
 

精度の追求やクリーニングアップ、またセットアップは、ナカムラエンジニアリングが行う整備の特徴の1つでも有ります。

s-IMG_2505

エクステリア、インテリアの最終仕上げも、メンテナンス同様こだわります。

s-IMG_2508

s-IMG_2521

s-IMG_2495

s-IMG_2564

s-IMG_2558

s-DSC07495

全てのカスタマイズ終了のフェラーリ 458 イタリア。

 

こちらのMaintenance Reportには作業内容の一部のみを抜粋し掲載させて頂いています。

実施した全てのカスタマイズ中の分解写真、またパーツ製作中の詳細な画像。

全て担当エンジニアが撮影しています。

詳細な写真 420枚 (DVD-R 1枚に落としてあります)を、車両と一緒にお渡し致します。

いつもメンテナンス御依頼有り難う御座います。

 

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »