フェラーリ テスタロッサ 定期チェック

s-DSC06344

ウェブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

 
いつも フェラーリ テスタロッサ メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きましたフェラーリ テスタロッサを積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い致します。

s-DSC09259

フェラーリ テスタロッサ チェック開始準備の為、クリーンなリフトセクションへと…

s-DSC05470

リフトUP。

s-DSC05524

s-DSC05523

ボディープロテクターの装着。

チェック開始です。

s-DSC05479

テスタロッサは、1984年の秋 パリ サロンでデビュー。
 

1991年 マラネロからラインオフしたモデルが最終型。

7177台がラインオフされ、前期 中期 後期型に分かれるテスタロッサ。

F113A型 4942cc 180度V型12気筒DOHC48バルブエンジンを、ミッドに縦置き搭載。

ヨーロッパ仕様は、最高出力390PS/6300rpm、最大トルク50.0kgm/4500rpm。

日本仕様は、キャタライザーを装着するので最高出力は380PS/6300rpm、最大トルクは50.0kgm/4500rpm。

s-DSC05517

DOHC4バルブ ボア×ストローク 82mm×78mmのF113Aユニットのエンジンマネジメントシステムは、前期がボッシュ社のKジェトロニック。

後期がKEジェトロニックで左右バンクを個々に制御。

 
フラップが噴射量を制御するシステムに若干の電子制御が組み合わされています。

s-DSC05518

Kまた、KEジェトロは、全ての気筒に連続的に燃料噴射を行います。

システムに異常が無くてもセットアップで性能が大きく変わります。

機械的作動部分が多いので、経年劣化などでセッティングが変化します。

 
定期的な基本セットアップを行うことで性能を保ちます。

s-DSC05520

点火を制御するのは、マニエッティ・マレリ社のマイクロプレックス。

TipoF113Aエンジンは、確実また的確なメンテナンスを行ってあげると非常に不具合の発生が少ないエンジンです。

s-DSC05522

TipoF113A型 エンジンまた、K・KEジェトロ、マイクロプレックスの基本原理や構造を熟知したエンジニアが細部までチェックします。

s-DSC05479

フェラーリ テスタロッサ 車両全体の詳細なチェックを行います。
 

年数的、指定交換パーツ。

走行距離的、指定交換パーツ。

フェラーリ テスタロッサの傾向的不具合発生ポイントのチェック。

また車両のコンディションを整える為の独自のチェックへと。
 

指定交換パーツの中には、色々な素材のパーツが有ります。

代表的な素材の指定交換パーツの一部。

1 ラバーパーツなどは、光やオゾンによる酸化で弾性が失われ、亀裂や溶解が、ある程度の年数で起こってしまいます。

2 金属製パーツでは、継続的に、また繰り返し車両より受ける衝撃や、常に動いている作動パーツに金属材料としての強度が低下し、疲労が発生してしまうパーツ。

3 金属だけではなく樹脂パーツやカーボンパーツでも劣化は発生します。

指定交換に列記されているパーツでも必ず交換しないといけない訳ではありません。
 

素材や構造を知り尽くしたエンジニアが、的確にチェックし判断します。

s-DSC05480

フェラーリ テスタロッサ メカニカルチェックを行っていきます。

s-DSC05492

車両はさまざまなパーツや機構で構成されていますね。

 
メカニカルまた、エレクトロニクス ボディー構成などなど…

書ききれない複雑な機構を組み合わせ1台の車両として構築されています。

s-DSC05512

車両毎に傾向的不具合も存在し、指定交換が促されているパーツも存在します。

車両の使用状況や用途、保管状態で車両のコンディションは千差万別です。
 

また、これまで車両がどの様な考え方でチェックされてきていたか、どのような工法でリペア&メンテナンスを受けてきたか?

壊れた箇所のリペアだけではなく、車両のコンディションを整えていくというメンテナンスが的確に行われてきた車両か否か?

色々な状況で、リペア、メンテナンスポイントが違ってきます。

状況によってパーツ寿命が長くもなりまた、短くもなります。

今回も、1から独自の思想、理念また目線で、的確なチェックを行います。

s-DSC05514

常に、私たち独自の思想また目線でメンテナンスを行わせて頂いているフェラーリ テスタロッサ。

近年このような車両はきわめて少ない状態です。

 

メンテナンスを請け負う側が車両の状態を確実にオーナーに伝えていないからでしょう。

もしくは請け負う側の車両に対する価値観が低いのでしょう。
 

私たちが行うメンテナンスは、独自の思想・理念の下、常に1セクションずつメンテナンスメニューを組み立てご提案させて頂きます。

セクション毎に確実にメニューをこなしていくことで、このようなベストコンディションの車両へと導かせて頂きます。

s-DSC05517

全てのメンテナンス状況をデータ管理させて頂いているフェラーリ テスタロッサ。

タイミングベルトの交換時期を迎えています。

 
タイミングベルトの指定交換時期は、モデルに関わらず手厚く保管されている車両でも、3年もしくは2万キロどちらか先に達した時点での交換が必要です。

(たとえば3年で0kmの走行でも交換。また6ヶ月で2万キロの走行でもその時点で交換。)

 
交換する期限を厳守しないと、バルブクラッシュを引き起こし、エンジンに多大なダメージを与える重要な部分です。

s-DSC05530

s-DSC05531

s-DSC05532

s-DSC05533

ミッションシフトロッドシールの経年劣化によるオイル漏れ。

s-DSC05527

ブレーキリザーバタンク現状の状態です。

s-DSC05528

レベルセンサーよりブレーキオイルが滲み出している状態です。

ガスケットの経年劣化が見受けられます。

 

ブレーキオイルは、通常ポリエチレングリコールモノエーテルが主成分です。

成分上、塗装等に付着すると塗膜を完全に侵食してしまいます。

s-DSC05529

他の部分に関してはオイルの滲みすらありません。

エンジンマウント等の基準値も全てクリアーし問題のないコンディションです。

s-DSC05479

最低でも1年に1度の的確な定期点検で、各部のコンディションのチェックを行う事が大切ですね。

そうする事で車両の状態を把握でき、コンディションを整える事が可能です。

 
非常に重要なことですね。

s-DSC05480

車両全体を項目毎にチェックし、問題の所在を的確にピックアップします。

また、コンディションをより良き方向に整えるポイントもピックアップ。
 

全てのチェック終了後、客観的ではなく主観的に見た、車両を向上させる為のメンテナンスメニューを組み立てます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

全てのチェックが終了したフェラーリ テスタロッサ。

 
確実に現状の車両の状態を把握し切らせて頂きました。

現状の車両の状態を分かり易くまとめ、メンテナンスメニューを作成し御連絡させて頂きます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

オーナー様とお打ち合わせさせて頂き決定しました今回のメンテナンスメニュー。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い致します。

s-DSC04994

フェラーリ テスタロッサ 整備&メンテナンス開始準備の為、クリーンなリフトセクションへと…

s-DSC05967

リフトUP。

s-DSC05959

ボデープロテクターの装着。

整備&メンテナンス開始です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05964

タイミングベルト交換に伴うエンジン脱着工程へと進みます。

s-DSC05961

エンジン現状の画像です。

ナカムラエンジニアリングならではの丁寧な整備工程をご覧下さい。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05970

s-DSC06101

クリーンな状態からエンジン脱着に伴う油脂類の抜き取りを行っていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05982

各油脂類の抜き取り。

注入時には、添加されている成分内容や粘度など、私たちが厳選したフェラーリ テスタロッサに推奨するオイルを使用します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05989

ドレンプラグをスッキリ クリーニングアップ。

1度締め付けられたガスケットは再使用しません。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC06110

ミッションオイルの抜き取り。

注入時には、添加されている成分内容や粘度など、私たちが厳選したフェラーリ テスタロッサに推奨するオイルを使用します。

s-DSC06118

オーナーが大切にされている車両。

車両への乗り降りからメンテナンスに至るまで細心の注意を払い独自のサービスをご提供させて頂いています。
 

ミッションオイル抜き取りに伴い、ドレンコックを取り外して持っているエンジニアの手。

手がこんなに綺麗なのは、汚れたらすぐ洗う、という当たり前の習慣を日々欠かすことなく行っているからです。

爪の間に油が染みこんでいたり、作業服の袖口が汚れたままだったとすればオーナーは不安もいだかれる事でしょう。
 

私たちのサービスはそこから始まります。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC06127

ほとんどの車両のドレンボルトに付着している金属粉。

こちらのテスタロッサには、一切金属粉が付着していません。

 

常にメンテナンスをご依頼頂いているフェラーリ テスタロッサ。

オイルの交換時期も全てデータ管理させて頂いています。

ミッション内部の摩耗もなく、良いコンディションが保たれています。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC06132

ドレンボルトをスッキリ クリーニングアップ。

一度締め付けたガスケットの再使用は行いません。

 
クリーンな状態から規定トルクでロックします。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC06148

エンジン冷却水抜き取り時の画像です。

エンジン冷却水も同様に、私たちが厳選したフェラーリ テスタロッサに推奨する冷却水を使用します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC06154

ドレンボルトをスッキリ クリーニングアップ。

一度締め付けたガスケットの再使用は行いません。

 
クリーンな状態から規定トルクでロックします。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC06178

s-DSC06179

タイミングベルト交換に伴うエンジン脱着工程が進みます。

1つ1つのパーツを単に分解するだけではなく、生産時のパーツ精度の誤差、また車歴で精度が低下していないかをチェックしながら分解工程が行われます。

 
精度が低下している部位は、組み込み前に修正を行い、精度の見直しを図り組み込みます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC06179

エンジン脱着前にサブフレームのクリーニングアップを行っていきます。

 
エンジンの脱着は、フェラーリ エンジン脱着専用リフトをサブフレームに装着します。

この汚れたままの状態では、サブフレームとリフト間に砂や汚れがかみ込みサブフレームが傷つきます。

 

傷が一切付かないようクリーニングアップを行います。

s-DSC06202

s-DSC06204

取外すボルト・ナット全てのクリーニングアップを行います。

汚れたまま、緩めたり締め付けたりするとボルト・ナットのピッチにダメージを与えます。

 
クリーニングアップを行っていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC06212

クリーニングアップ後の画像です。

サブフレームをスッキリ クリーンな状態に仕上げました。

 
クリーンな状態からフェラーリ エンジン脱着専用リフトをサブフレームに装着します。

このような綿密な工程を行うことで、サブフレームに傷が付くことを防ぎます。

s-DSC06215

s-DSC06220

ボルト・ナットに付着していた砂や塵等もスッキリ クリーニングアップ。

クリーンな状態からロックを解除することでボルト・ナットにダメージを与えません。

 
私たちは、さまざまな要素を考慮したメンテナンスを行います。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC06223

すべての下準備を整え、エンジンを車両より分離する工程へと進みます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC06226

クリーンなフレームに、フェラーリ エンジン脱着専用の油圧リフトを装着。

車両の価値観を考え、細部に工夫が施された、フェラーリ エンジン脱着専用の油圧リフト。

 

フレームにキズ等が付かず、載降を繊細にコントロールできます。

エンジンルームに接触する事も無く、クリアランスを確保しエンジンを脱着する事が可能なリフト。

各モデルに対し全て完備しています。

 

車両より、エンジン分離作業開始です。

s-DSC06229

s-DSC06231

s-DSC06232

s-DSC06233

フェラーリ専用リフトで確実にコントロール。

車両よりエンジン分離完了です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC06242

エンジン各部を丁寧に分解し車両より分離完了です。

タイミングベルト交換工程前にエンジンのクリーニングアップを行っていきます。

私たちが行うタイミングベルト交換は、分解前にエンジンやミッションなどに付着している細かな砂や塵を、一度全てクリーニングアップします。

これは、作業中に砂や塵がパーツ内部へ混入することを避ける為。

また、分解するボルト、ナットetc.再使用パーツ保護の為に行います。

また、見た目にも汚れが落ちスッキリ クリーンな状態を取り戻します。

現状のエンジンフロントからの画像です。

s-DSC06244

常に、私たち独自の思想また目線でメンテナンスを行わせて頂いているフェラーリ テスタロッサ。

クリーンな状態が保たれています。

今回も3年間の間に付着した汚れをクリーニングアップしていきます。

 

現状のエンジンL/Hバンクからの画像です。

s-DSC06252

現状のエンジンR/Hバンクからの画像です。

s-DSC06256

エンジン後方、クラッチ側からの画像です。

s-DSC06261

エンジンシリンダー Vバンク後方からの現状の画像です。

サージタンクに覆われ、目にする機会がない部分です。

s-DSC06263

エンジン フロントVバンクからの画像です。

s-DSC06272

細かな箇所に、少し砂汚れがあります。

s-DSC06290

バルブカバー結晶塗装、現状の画像です。

s-DSC06293

結晶塗装アップ画像。

ほぼ汚れが付着していない状態です。

 

今回も独自のクリーニングアップ工法で、更にクリーンに仕上げます。

s-DSC06297

s-DSC06306

サージタンク及びインテークマニホールドの画像です。

どのような素材のパーツでも、素材に1番適した独自のクリーニングアップを行います。

s-DSC06283

エンジンフロントカバーもクリーンな状態です。

s-DSC06286

ミッションケース現状の画像です。

s-DSC06309

エンジン&ミッションが搭載されているサブフレーム現状の画像です。

s-DSC06312

s-DSC06323

s-DSC06321

本来マッドブラックのサブフレーム。

こちらも独自のクリーニングアップ工法で、更にクリーンに仕上げます。

s-DSC06330

サスペンションシステムや、アップライト部分の画像です。

s-DSC06337

作業中に砂や塵がパーツ内部へ混入することを避ける為、細部までクリーニングアップしていきます。

s-DSC06339

今回も3年間の汚れをスッキリクリーニングアップしていきます。

 
私たちが分解整備工程前に行うクリーニングアップ。

細部まで徹底して行っていきます。

 
変化振りを…

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC06359

クリーニングアップ後のエンジンです。

3年の蓄積していた汚れをスッキリ クリーンに仕上げました。

 

クリーニングアップ前と同じ順番でご紹介させて頂きます。

フロントからの画像です。

s-DSC06362

クリーニングアップ後のL/Hバンク です。

s-DSC06366

クリーニングアップ後のR/Hバンクです。

s-DSC06376

エンジン後方クラッチ側からの画像です。

s-DSC06379

エンジンシリンダー Vバンク後方からの画像です。

 

砂汚れを隅々までクリーニングアップ。

全てがクッキリ映えるようになりました。

s-DSC06384

エンジン フロントVバンクからの画像です。

s-DSC06387

独自のクリーニングアップで汚れもスッキリ クリーンに仕上げました。

s-DSC06410

バルブカバー結晶塗装クリーニングアップ後の画像です。

s-DSC06414

独自のクリーニングアップ方法で、緻密なクリーニングアップを実施。

結晶塗装の隅々に付着していた汚れも細部までクリーニングアップしました。

s-DSC06417

s-DSC06424

s-DSC06425

サージタンク及びインテークマニホールドの画像です。

隅々までスッキリ クリーンな状態に仕上げました。

s-DSC06397

s-DSC06409

エンジンフロントカバー&シリンダーの汚れも、細部までしっかりクリーニングアップしました。

私たちは見える箇所だけでなく、通常見えないポイントまで徹底したクリーニングアップを行います。

s-DSC06432

エンジンを搭載しているサブフレーム クリーニングアップ後の画像です。

s-DSC06440

s-DSC06449

s-DSC06448

エンジンを搭載しているサブフレーム本来のマッドなカラーが蘇りました。

s-DSC06460

サスペンションや、アップライト部分クリーニングアップ後です。

s-DSC06464

s-DSC06466

微細な汚れも緻密なクリーニングアップで仕上げます。

整備&メンテナンス中、パーツ内部への砂や埃の混入を完全にシャットアウトします。

s-DSC06475

これが私たちのタイミングベルト交換に取り掛かる前の第一工程のクリーニングアップです。

私達メンテナンスする側も気持ち良く整備&メンテナンスに掛かれます。

 

各部のクリーニングアップの特別な費用は必要ありません。

整備前のクリーニングアップ。 ナカムラエンジニアリングクオリティーの特徴の1つです。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC06495

細部までクリーンな状態からタイミングベルト交換及び、ウォーターポンプのオーバーホール工程に入ります。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC06502

s-DSC06519

s-DSC06506

カムシャフト及びクランクギヤ現状の画像です。

ギヤが錆と汚れで侵食されています。

 

錆の発生で、タイミングベルトが紙やすりで削られる作用が発生します。

その為タイミングベルトが攻撃され、指定交換時期までタイミングベルトがもたない状態です。

 

ギヤーを1点1点クリーニングアップ&メンテナンスを行っていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC06553

s-DSC06560

s-DSC06573

クリーニングアップ&メンテナンス後のカムシャフト及びクランクギヤの画像です。

錆びや汚れを細部まで除去。

 

これでタイミングベルトを攻撃する脅威もなくなり、確実なバルブタイミングのセットアップが可能になりました。

1つ1つのパーツを確実にリセットします。

 

私たちの作業工程は、単にタイミングベルトのみ交換するだけではありません。

独自のメンテナンスを施しタイミングベルトの駆動性、耐久性を高めます。

また、普段見えないところまで機能性と美しさを追求したメンテナンスを行います。

 

ナカムラエンジニアリングの整備の特徴の1つです。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC06515

s-DSC06532

ウォーターポンプのオーバーホール工程へと進みます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC06591

s-DSC06595

ウォーターポンプの構成パーツのインペラー現状の画像です。

再使用する分解パーツは、このまま組み込まれるのが一般的です。

 
私たちが行う整備は、分解したパーツを1点1点クリーニングアップ&メンテナンスを行い組み込みます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC06610

s-DSC06611

クリーニングアップ&メンテナンス後の画像。

 

回転部分・接合部分・軸受けetc.部分のメンテナンスを実施。

単体で細部まで完璧なメンテナンス・クリーニングアップを実施しました。

 

メンテナンス&クリーニングアップは、再使用する分解パーツ全てに実施し、機能性と隠れた部分の美しさまで追求するメンテナンスを行います。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC06545

s-DSC06550

同様に、整備に伴い分解したウォーターポンプフランジ。

クリーニングアップ後、エンジンと接する締結面の誤差を修正し、基本精度を回復させていきます。

 

単品からメンテナンス&クリーニングアップしていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC06599

ウォーターポンプフランジ メンテナンス&クリーニングアップ後の画像です。

s-DSC06604

s-DSC06606

クリーンな状態から、エンジン側と接合する締結面を整え基本精度を回復。

1つ1つの精度を追求し高精度なウォーターポンプのオーバーホールを行います。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC06649

フルオーバーホール完了のウォーターポンプの画像です。

再使用パーツを1つ1つ丹念に仕上げ組み込み。

私たちは、オーバーホールの基本である、機能性の向上、また高精度かつ美しさまで追求します。

 

これら一連の工程を行うことで、オイルシールの対応年数まで不具合が発生することはありません。

クオリティーの高いウォーターポンプに仕上げることをお約束します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC06653

フェラーリ テスタロッサのエンジンに装着されていたタイミングベルトテンショナーベアリング。

 
前回も、ナカムラエンジニアリングオリジナルのテンショナーベアリングを使用している為、ベアリング アウターケースによく発生する錆も全く発生していない状態です。

また、ベアリングシールからのグリス漏れも一切見受けられません。

 
近年、安いOEMが色々と出ていますが、粗悪なものも多数有ります。

逆に良いものも有りますが、粗悪なパーツと品質の良いパーツの見極めが非常に重要ですね。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC06660

s-DSC06665

ナカムラエンジニアリング オリジナル テンショナーベアリングsetの画像です。

 
オリジナルで製作しているタイミングベルトテンショナーベアリングは、アウターケースは無垢材より削り出し製作。

錆の発生を完全にシャットアウトする亜鉛メッキ処理を施工。

ベアリング本体には、国産最高級ベアリング NTN製のベアリングを使用。

国産最高級ベアリングを使用する事により、回転負荷の著しい軽減が可能。

タイミングベルトへの負担を最小限に抑えます。

オリジナルのタイミングベルトテンショナーベアリングを使用する事により、エンジン回転も非常にスムーズになり、タイミングベルトへの負担も著しく軽減。

 
全ての問題を完全にクリアした、オリジナルのタイミングベルト テンショナーベアリングsetです。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC06676

画像左が指定交換時期を迎えたタイミングベルト。

画像右がニューパーツです。

s-DSC06684

タイミングベルトの指定交換時期は、モデルに関わらず手厚く保管されている車両でも3年 (3年で0kmの走行でも交換が必要)

また3年経過しなくても、前回の交換から2万キロ走行した場合です。

どちらか先に達した時点での交換が必要です。
 

ただし、タイミングケース内部で、オイル漏れ等が発生している場合、指定交換時期に関わらず、早急なオイル漏れ整備とタイミングベルトの交換が必要です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC06682

タイミングベルトニューパーツの画像です。

私たちは、純正の新品であっても長期に在庫されていたタイミングベルトは使用しません。

また、低価格のOEMパーツも使用しません。

 

私たちは、パーツ管理が行き届いた純正のタイミングベルトのみ使用します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC06724

トルクレンチで最終の組み付けを行います。

トルクレンチを使用する事により、規定トルクによる締め付け管理が確実に行えます。
 

通常のレンチでは、締め付け不足による緩みや、締め過ぎによる破損、あるいは締め付けの個人差によるばらつきが発生します。

私たちは規定トルクでシッカリとしたトルク管理を行う為、全てトルクレンチを使用し各部を組み込みます。
 

全てを規定トルクにそろえる。

とても重要なことなんです。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC06692

全ての下準備が整ったエンジンに、タイミングベルト及び構成パーツを組み込み。

動力性能と美しさを追求したメンテナンスを行います。

s-DSC06706

担当メカニックが気持ちを込めて丁寧に仕上げます。

お客様が見えない所に企業の責任があると私たちは考えます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC06731

タイミングベルト交換に伴い分解したタイミングベルトカバー現状の画像です。

s-DSC06741

テスタロッサに始まる一連のモデルは、タイミングケースも結晶塗装が施されています。

 

汚れたタイミングベルトカバーの結晶塗装。

独自のクリーニングアップ工法でクリーンな状態を取り戻します。

s-DSC06744

s-DSC06751

使用許容限度を超過したタイミングベルトのラバー粉が、駆動と同じ形状でケース内部に付着しています。

ニューパーツに付着しない様、クリーニングアップを行っていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC06754

メンテナンス&クリーニングアップ後の画像です。

s-DSC06757

独自のクリーニングアップ工法で、完璧なクリーニングアップを実施。

結晶塗装に付着していた汚れを細部までクリーニングアップ。

 

漆黒のカラーが蘇りました。

s-DSC06766

s-DSC06775

タイミングケース内部まで徹底したメンテナンス&クリーニングアップを実施。

クリーンな状態から組み込みに備えます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC06787

エンジン脱着に伴い分解したオルタネーター現状の画像です。

ナカムラエンジニアリングでは、分解したパーツを1点1点メンテナンス、またクリーニングアップを行い組み上げます。

s-DSC06789

メンテナンス&クリーニングアップを行っていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC06793

メンテナンス&クリーニングアップ後のオルタネーターの画像です。

s-DSC06797

ナカムラエンジニアリングでは、再使用する分解パーツを1つ1つ丁寧に仕上げます。

クリーンな状態から組み上げていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC06809

個々にメンテナンス&クリーニングアップを施したパーツを組み込みました。

私たちの行う整備は、単にタイミングベルトを交換するだけではなく、手作業で何時間もかけて仕上げられるのです。

s-DSC07150

メンテナンス&クリーニングアップを行い組上げたエンジンは非常に綺麗ですね。

ナカムラエンジニアリングの整備は、クルマではなく芸術作品を生み出すという意識で日々作業に取り組んでいます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC06861

ミッションに関するトラブルのメンテナンス工程へと進みます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC06839

フェラーリ テスタロッサ ミッション内部のメンテナンス及びセットアップ。

緻密なミッションのメンテナンスも、テスタロッサ専用工具を使用し確実に仕上げます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC06875

ミッション整備に伴い分解した、再使用パーツに付属する経年劣化するパーツも同時に交換します。

単にミッションの整備を行うだけならトラブル箇所のみの整備で十分ですが、今後劣化が促進するパーツは分解時に前以って同時交換しておく事がお勧めです。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC06934

メンテナンス及びクリーニングアップ後の画像です。

シフトフィーリングがクイックになり、車両本来の持ち味を発揮させる整備メニューをご提案します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC06966

単にパーツ交換するだけではなく、より精度を高め緻密に組み込み整備ポイントのキャラクターを存分に発揮させます。

1つ1つのメンテナンスには深い理由があるんです。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC06853

s-DSC06846

整備に伴い分解したミッション サイドカバー現状の画像です。

数年経過するとミッションと結合する締結面に歪みが発生してきます。

 
その歪みを修正し、基本精度を回復させる工程を行っていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC06935

メンテナンス及びクリーニングアップ後の画像です。

s-DSC06942

専用機器でミッションと結合する面を綿密に整え、基本精度を回復。

再使用パーツに対するこのプロセスが重要です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07146

仕上げたパーツを組み込み後の画像です。

1つ1つのパーツを仕上げ組み上げる事で、高精度かつ美しく仕上がります。

 

私たちは、常に質の高いメンテナンスに努めています。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC06985

仕上がったエンジン搭載前に、エンジンルームのクリーニングアップを行っていきます。

エンジンを取外しているエンジンルーム現状の画像です。

 
エンジン脱着時のみ可能なエンジンルームを、細部までクリーニングアップしていきます。

s-DSC06988

s-DSC07002

s-DSC07029

s-DSC07039

s-DSC07021

s-DSC07024

常にメンテナンスを承らせて頂いているテスタロッサ。

前回のタイミングベルト交換時にもクリーニングアップを行っているので、さほど汚れが付着していません。

s-DSC07031

s-DSC06992

今回も、エンジン搭載前にエンジンルームのメンテナンス&クリーニングアップを行っていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07058

エンジンルーム クリーニングアップ後の画像です。

s-DSC07103

s-DSC07115

s-DSC07111

s-DSC07071

s-DSC07102

s-DSC07084

s-DSC07090

s-DSC07094

付属パーツのメンテナンスも実施。

フレームやボルト、ナット1つまでクリーニングアップを行いました。

s-DSC07124

s-DSC07129

エンジン脱着時のみ可能なエンジンルームのクリーニングアップ。

細部まで丁寧に仕上げます。

 

クリーンなエンジンルームに、メンテナンス済みのエンジンを搭載していきます。

この工程を行う事で組上がり時の細部の仕上がりが大きく左右します。

 

タイミングベルト交換に伴うエンジンルームのクリーニングアップ。

特別な費用は必要ありません。

 

ナカムラエンジニアリングが行うタイミングベルト交換工程の一部だからなんです。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC06979

s-DSC06982

エンジン搭載時に組み付けるボルト&ナット現状の画像です。

ボルト&ナット1つに至っても全てメンテナンス&クリーニングアップを行っていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07052

s-DSC07055

ボルト&ナットのメンテナンス&クリーニングアップ後の画像です。

整備に伴い取外したボルト&ナットを全てメンテナンス&クリーニングアップし組み込みます。

 

汚れたままでは確実な規定トルクでの締め付けを行うことができません。

見えない箇所にひと手間をかけたメンテナンスを行います。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07058

s-DSC06809

s-DSC07150

細部までクリーンに仕上げたエンジンルームに、メンテナンス済みのエンジンを搭載していきます。

 

機能性と精度、美しさまでの追及。

これらの工程を終えて初めてエンジンが搭載されるのです。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07156

全てが整った車両に、メンテナンス済みのエンジンの搭載を行っていきます。

搭載にも、フェラーリ エンジン脱着専用の油圧リフトを使用します。

s-DSC07160

s-DSC07161

s-DSC07163

s-DSC07166

フェラーリ エンジン脱着専用リフトでコントロールし、エンジンを車両へと搭載しました。
 

生産ラインオフ時の装着誤差。

また、永年の使用で発生している微妙なズレ。

組み込みは、基本搭載位置へと修正しエンジンを搭載します。

 
この様な1つ1つの細かなメンテナンスの積み重ねで、車両の基本ベースを底上げします。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07199

基本搭載位置への見直しも図りエンジンを搭載後の画像です。

全てにおいて丁寧な作業を行います。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07205

オーナーが大切にされている車両。

車両への乗り降りからメンテナンスに至るまで細心の注意を払い独自のサービスをご提供させて頂いています。
 

トルクレンチを握っているエンジニアの手。

手がこんなに綺麗なのは、汚れたらすぐ洗う、という当たり前の習慣を日々欠かすことなく行っているからです。

爪の間に油が染みこんでいたり、作業服の袖口が汚れたままだったとすればオーナーは不安もいだかれる事でしょう。
 

私たちのサービスはそこから始まります。

s-DSC07207

全てのボルト&ナットのロック。

 

トルクレンチで最終ロックします。

トルクレンチを使用する事により、規定トルクによる締め付け管理が確実に行えます。
 

通常のレンチでは、締め付け不足による緩みや、締め過ぎによる破損、あるいは締め付けの個人差によるばらつきが発生します。

私たちは規定トルクでシッカリとしたトルク管理を行う為、全てトルクレンチを使用し各部を組み込みます。
 

全てを規定トルクにそろえる。

とても重要なことなんです。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07219

タイミングベルト交換に伴い分解した、パーツ 現状の画像です。

ナカムラエンジニアリングでは、分解したパーツを1点1点メンテナンス&クリーニングアップを行い組み込みます。

s-DSC07220

s-DSC07227

s-DSC07232

s-DSC07286

s-DSC07295

s-DSC07298

s-DSC07291

s-DSC07299

メンテナンス&クリーニングアップを行っていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07252

メンテナンス&クリーニングアップ後のパーツの画像です。

s-DSC07253

s-DSC07257

s-DSC07272

再使用パーツを綺麗に仕上げます。

s-DSC07309

s-DSC07316

s-DSC07321

s-DSC07329

私たちは、全ての過程において徹底した美しさにこだわります。

本来そういう整備が基本と私たちは考えます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07850

個々にメンテナンス&クリーニングアップを施したパーツを組み込みました。

私たちの行う整備は、単に分解したパーツを組み立てるだけの簡単な整備ではありません。

 

ナカムラエンジニアリングの行う整備は、再使用する分解パーツを1つ1つ担当メカニックが気持ちを込めて丁寧に仕上げ組み上げます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07961

エキゾーストマニホールドのガスケット交換。

 

エンジンは、熱膨張と冷間時の収縮の連鎖が常に繰り返されます。

数年経過すると、エンジンとマニホールド間の締結面に誤差も発生してきます。

 
まずクリーニングアップを行い、クリーンな状態からその誤差を修正し、基本精度を回復させます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07966

s-DSC07967

クリーンな状態から、締結部分のチェック&メンテナンス完了です。

接合する面を綿密に整え、基本精度を回復させます。

 

一見すると地味な改良だと思われるでしょうが、こうした細部の精度追求の技術こそ、エンジン精度の向上と確実なクオリティーを得るには必要不可欠な事なんです。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07934

エンジン分離に伴い分解したエキゾーストマニホールド及びリヤーパイプ現状の画像です。

私たちが行う整備は、分解したパーツを1点1点クリーニングアップ&メンテナンスを行い組み込みます。

s-DSC07937

s-DSC07973

s-DSC07974

クリーニングアップ&メンテナンス開始です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07946

クリーニングアップ&メンテナンス後の画像です。

s-DSC07949

s-DSC07978

s-DSC07980

ナカムラエンジニアリングでは、再使用する分解パーツを1つ1つ丁寧に仕上げます。

クリーンな状態から組み上げていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07279

個々にメンテナンス&クリーニングアップを施したパーツを組み込みました。

私たちの行う整備は、単にタイミングベルトを交換するだけではなく、再使用するパーツを手作業で何時間もかけて仕上げられるのです。

 

私たちは、大人の趣味をサポートするメンテナンス ファクトリーです。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07420

オイルフィルターの交換工程へと。

オイルフィルターを取外し、フィルター取り付けフランジ内部のクリーニングアップを行います。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07411

クリーニングアップ後の画像です。

スッキリ気持ちよいものですね。
 

クリーンな状態からオイルフィルターを規定トルクで組み付けていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07456

ブレーキオイル リザーバタンクの交換工程へと進みます。

s-DSC07457

リザーバタンク オイルレベルセンサーよりブレーキオイルが滲み出している状態です。

 

ブレーキオイルは、通常ポリエチレングリコールモノエーテルが主成分です。

成分上、塗装等に付着すると塗膜を完全に侵食してしまいます。

 

ブレーキオイルが滲み出してきた時点で交換するのがお勧めです。

1つ1つのメンテナンスには深い理由があるんです。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07485

交換するニューパーツの画像です。

世界欠品のブレーキリザーバタンク。

 

海外に拠点を置く自社のパーツセンターから世界欠品のパーツを入手します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07513

リザーバタンク交換後の画像です。

ブレーキオイルの交換工程へと進みます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07525

ブレーキオイルを専用機器で交換していきます。

ブレーキオイルは、私たちが厳選したフェラーリ テスタロッサのブレーキシステムに推奨するオイルを使用します。
 

【ブレーキオイルの豆知識】

ブレーキオイルの交換時期は、オイルの色などでも簡単な判断はできますが、交換基準はあくまで使用期間、水分吸収量、劣化で判断します。

サーキット走行後は、ブレーキに与える熱量が非常に大きい為、熱によるブレーキオイルの膨張などが繰り返され劣化が急激に進みます。

ブレーキオイルは吸湿性が高く、大気中の水分を吸収する為、期間の経過と共にブレーキオイル内の水分量が多くなり、沸点が下がってしまいます。

そのまま使用し続けると、ハードブレーキを繰り返したときにブレーキオイルが沸騰し気泡が発生し、踏力によって発生した圧力は、気泡を圧縮するだけで制動力を発生させることができず、ブレーキが効かなくなります。

これをペーパーロック現象と言い、大変危険な現象の一つです。

ハードブレーキはしないから…と思うオーナーも多いでしょうが、これだけでは無く色々な不具合を発生させます。

ブレーキオイルの水分吸収量が多くなると、キャリパーピストンに錆が発生し、ピストン固着やブレーキの引きずり、片効き等々を引き起こします。

 

通常のストリートでの使用、また乗らなくても1年毎の交換が必要です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07537

新油はこのように透明なブレーキオイル。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07542

リザーバタンク及びブレーキオイル交換完了です。

周辺部分もスッキリ クリーニングアップ。

 

気持ちよいものですね。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07568

整備に伴い分解したタイヤハウス内部のプロテクター。

ナカムラエンジニアリングでは、分解したパーツを1点1点メンテナンス、またクリーニングアップを行い組み込んでいきます。

s-DSC07569

メンテナンス&クリーニングアップを行っていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07593

メンテナンス&クリーニングアップ後のタイヤハウス内部のプロテクターの画像です。

s-DSC07598

分解パーツは、1つ1つ細部までこだわったクリーニングアップを実施。

クリーンな状態で組み込みに備えます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05488

テスタロッサ フロントフェンダー内部画像です。

サスペンションシステム ステアリングシステム、またブレーキシステム等のクリーニングアップ&メンテナンス工程へと進みます。

s-DSC05490

メンテナンス前にクリーニングアップを行います。

クリーンな状態から各システムのメンテナンスを実施します。

s-DSC05491

s-DSC05493

s-DSC05495

s-DSC05496

s-DSC05492

s-DSC05497

s-DSC05498

常にメンテナンスをご依頼頂いているフェラーリ テスタロッサ。

非常にクリーンな状態が保たれています。

 

今回もメンテナンス&クリーニングアップを行いコンディションを整えます。

s-DSC05499

同じくリヤフェンダー内部画像です。

s-DSC05501

s-DSC05507

s-DSC05505

s-DSC05508

s-DSC05509

s-DSC05506

s-DSC05504

s-DSC05510

s-DSC05511

クリーニングアップから行っていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07644

クリーニングアップ後のフロントフェンダー内部の画像です。

メンテナンス前のクリーニングアップ。 ナカムラエンジニアリングクオリティーの特徴の1つです。

s-DSC07646

細部までクリーンな状態から、サスペンションシステム ステアリングシステム、またブレーキシステム等のメンテナンスを行います。

s-DSC07647

s-DSC07648

s-DSC07651

s-DSC07652

s-DSC07650

s-DSC07653

s-DSC07655

ダストや砂などをクリーニングアップする事により、本来の機能がよりリアルになると共に、クリーンな状態を取り戻しました。

今回も、きめ細やかなメンテナンス&クリーニングアップを随所に施しました。

s-DSC07656

リヤフェンダー内部クリーニングアップ後の画像です。

s-DSC07658

メンテナンス&クリーニングアップ後のプロテクターも基本装着位置を見直し組み込みました。

s-DSC07659

s-DSC07660

s-DSC07663

s-DSC07664

s-DSC07661

s-DSC07665

s-DSC07666

運動性能と、美しさの追及。

クリーニングアップやメンテナンスの特別な費用は必要ありません。

 

ナカムラエンジニアリングが行う整備の特徴の1つです。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07621

整備に伴い取外したホイールのクリーニングアップ&メンテナンスを行います。

s-DSC07612

s-DSC07627

ブレーキダストなどの汚れが付着してしまっているホイール。

4輪全てクリーニングアップ&メンテナンスを行っていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07637

ホイール クリーニングアップ&メンテナンス終了しました。

s-DSC07638

プロのレースチームでもホイールの磨きは重要な仕事の1つです。

タイヤの状態やホイールの変形、キズやキレツ、そしてホイールナットの座面などもチェックします。

 
ワークスチームでも、メカニックの重要な仕事のひとつなんです。

s-DSC07643

整備に伴い脱着したパーツ1つ1つを独自のクオリティーで仕上げます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07829

クリーニングアップ後のフェラーリ テスタロッサ 車両底、フロア部分シャシーの画像です。

s-DSC07700

クリーンな状態から各部のセットアップを行い、フェラーリ テスタロッサ が持つ本来のポテンシャルの向上を図ります。

s-DSC07701

運動性能と機能美を追求するメンテナンスを行います。

メンテナンスをご依頼頂いた車両全てに実施させて頂く。

 

私たちが行わせて頂く整備の基本方針です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07576

整備に伴い分解したアンダーパネル 現状の画像です。

ナカムラエンジニアリングでは、分解したパーツを1点1点クリーニングアップを行い組み込んでいきます。

s-DSC07579

クリーニングアップを行っていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07585

クリーニングアップ後のアンダーパネルの画像です。

s-DSC07588

分解パーツは、1つ1つ細部までこだわったクリーニングアップを実施します。

クリーンな状態で組み込みに備えます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07769

クリーニングアップ済みのアンダーパネルを、セットアップ済みのクリーンなシャシーに組み込みました。

s-DSC07773

基本装着位置の見直しも図り、1つ1つ丁寧に組み込みます。

s-DSC07764

運動性能と機能美を追求するメンテナンス。

 

各部のクリーニングアップやメンテナンス等、特別な費用は必要ありません。

私たちが行う通常の整備過程の一貫だからです。

 

ナカムラエンジニアリングが行う整備の特徴の1つです。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07840

s-DSC07845

全ての整備&メンテナンス完了のフェラーリ テスタロッサ。

最終チェック&セットアップをエンジンアナライザーで行っていきます。
 

TipoF113A型 エンジンの基本原理やマイクロプレックス構造を熟知したエンジニアがセットアップします。

また、独自のセットアップを施しフェラーリ テスタロッサ のポテンシャルを余す事無く引き出します。
 

最終の詰めの作業。

このプロセスが重要なんです。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-IMG_2944

独自のセットアップも終了。

最終クリーニングアップ実施後のフェラーリ テスタロッサのエンジン及びエンジンルームです。

s-DSC07850

s-DSC07843

s-DSC07855

1つ1つ独自のクオリティーで仕上げたパーツを組み込んだエンジンは、非常に綺麗ですね。
 

ご入庫時のエンジンと比べると、機能性は当然のこと、見た目にも非常に綺麗に仕上がりました。

ナカムラエンジニアリングでは、このような整備を行わせて頂いております。

 

私たちは、大人の趣味をサポートするメンテナンス ファクトリーです。

s-DSC07851

s-DSC07852

s-DSC07848

s-DSC07856

各部のクリーニングアップや、精度を取り戻すメンテナンス等、特別な費用は必要ありません。

私たちのごく通常のメンテナンス工程の一貫だからです。
 

精度の追求やクリーニングアップ、またセットアップは、ナカムラエンジニアリングが行う整備の特徴の1つでも有ります。

s-IMG_2937

エクステリア、インテリアの最終仕上げも、メンテナンス同様こだわります。

s-IMG_2950

s-IMG_2962

s-IMG_2961

s-DSC07836

全ての整備&メンテナンス 終了のフェラーリ テスタロッサ。
 

こちらのMaintenance Reportには作業内容の一部のみを抜粋し掲載させて頂いています。

実施した全てのリペア&メンテナンス中の分解写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当エンジニアが撮影しています。
 

詳細な写真 523枚(DVD-R 1枚に落としてあります)及び、今回のメンテナンス内容また、今後のメンテナンスメニューも分かり易く作成していますので、車両と一緒にお渡しします。

 

いつもメンテナンス御依頼有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

s-IMG_2968

コックピットに乗り込み、エンジンをかける。

ステアリングを握り、アクセルを踏む。

自分とクルマがひとつになり、自由になっていく。

クルマとは本来、自分を解放するものであり、自己表現であり、生き方そのものだと思う。

人生とクルマの本当の楽しみ方を知る大人のために…

 

私たちはすべての要素を高次元で考えます。

今後も、車両全体のコンディションを把握させて頂きながら良きパートナーとして、共に車両を向上させて頂ければと思います。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »