フェラーリ 599GTB Fiorano チェックランプ異常点灯

s-DSC07871

ウェブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。
 

いつもフェラーリ 599GTB Fioranoメンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きましたフェラーリ 599GTB Fioranoを積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い致します。

s-DSC08741

フェラーリ 599GTB Fiorano トラブルシューティング開始準備の為、クリーンなリフトセクションへと…

s-DSC08774

トラブルシューティング開始です。

 

Ferrari 純正車両診断テスター SD3を、フェラーリ 599GTB Fiorano 車両コントロールユニットに接続。

車両側、ECUと交信開始です。

Errorコードのみのチェックではなく、Ferrari 純正車両診断テスター SD3で、項目毎のパラメーターを詳細にチェックします。

s-DSC08765

トラブルポイントの情報を項目毎にチェック。
 

ただ、Ferrari 純正車両診断テスターが車両全てを網羅している訳ではありません。

SD3でモニタリングしたデータは、あくまでもデータとし受け止めトラブルシューティングを行います。

 
テスターには表示されないERRORコードも多々存在します。

データ全てを鵜呑みにせず、完備する各種専用機器で更に独自の解析を行います。

s-DSC08781

エレクトロニクス制御系統のトラブルシューティング。

表面的なトラブルポイントだけではなく、パラメーターをもとに奥深くに潜んでいる根本的なトラブルポイントのチェックを行っていきます。

 

メカニカル系統のトラブルシューティング。

奥深くに潜んでいる根本的なトラブルポイントのチェックを行っていきます。

s-DSC08782

エレクトロニクス関連のトラブルか、メカニカル機構でのトラブルかを見極める事が重要です。

また、複合したトラブルも的確に判断します。

 

間違ったトラブルシューティングでのリペアでは、一向に不具合は改善されません。

エレクトロニクスまた、メカニカルの基本構造を熟知したエンジニアが、確実なトラブルシューティングで主原因をピンポイントで確定します。

 

私たちはトラブル箇所を、綿密なトラブルシューティングで論理立て検証し、主原因をピンポイントで確定し、メンテナンスメニューを組み立てます。

 

これがナカムラエンジニアリングが行うトラブルシューティングです。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

全てのトラブルシューティング完了のフェラーリ 599GTB Fiorano。

 

現状車両に発生しているトラブルポイント。

なぜトラブルが発生したのか?
 

ピンポイントで的確にトラブルポイントを確定致しました。

根本的なトラブルの改善メニューを作成しご連絡させて頂きます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

オーナー様とお打ち合わせさせて頂き決定しました今回のトラブル改善メニュー。

早速、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い致します。

s-DSC09045

フェラーリ 599GTB Fiorano 整備&メンテナンス開始の為、クリーンなリフトセクションへと…

s-DSC09051

リフトUP。

整備&メンテナンス開始です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC09083

整備&メンテナンスに伴い、ホイールを分解。

s-DSC09085

常にメンテナンスをご依頼頂いているフェラーリ 599GTB Fiorano。

毎回のクリーニングアップで、非常にクリーンな状態が保たれています。

s-DSC09082

ハブベアリング交換工程へと進みます。

ナカムラエンジニアリングならではの綿密な整備工程をご覧下さい。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC09121

トラブル箇所を、綿密なトラブルシューティングで論理立て検証し、主原因をピンポイントで確定したフロント ハブベアリングの画像です。

s-DSC09118

【ハブベアリングの豆知識】

ハブベアリングは、正確かつ滑らかにホイールを回転させる役割を担うパーツ。

摩擦によるエネルギー損失や発熱を減少させ、パーツの焼きつきを防ぐことが目的。

使用許容範囲を超え使用し続けると、ベアリングが焼き付き最悪ホイールが走行中外れてしまう、人命に関わる重要なパーツです。

近年車両のエレクトロニクス化が著しく進み、ハブベアリング内部にも電子パーツが内蔵されています。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC09163

交換するハブベアリング。

ニューパーツの画像です。

s-DSC09158

s-DSC09166
今回のトラブルは、電子系統のトラブルですので、右のみ交換で十分です。

メカニカルによるトラブルの場合、同年数 同走行距離使用している為、交換時には左右同時の交換をお勧めします。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC09107

ハブベアリング分解後のアップライト現状の画像です。

s-DSC09108

s-DSC09109

メンテナンス及びクリーニングアップを実施していきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC09172

アップライト及びハブベアリング接合面のクリーニングアップ&メンテナンス後の画像です。

s-DSC09173

s-DSC09174

項目毎に接合面・回転部分・軸受けetc.の修正を行い、精度を回復するメンテナンスを実施。

私たちは、機能性と美しさを追求するメンテナンスを行います。

 

単にハブベアリングを交換するだけではなく、ひと手間をかけたメンテナンスを行います。

地味なれど重要なポイントです。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC09175

クリーニングアップ&メンテナンス後のアップライトに、ニューパーツを組み込み。

s-DSC09176

s-DSC09179

私たちは、妥協しない徹底した整備またメンテナンスを行います。

 

担当メカニックが気持ちを込めて丁寧に仕上げます。

お客様が見えない所に企業の責任があると私たちは考えます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC09125

整備に伴い取外したカーボン ブレーキ ディスクローターのメンテナンス&クリーニングアップを行います。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC09189

メンテナンス&クリーニングアップ後のカーボン ブレーキ ディスクローターの画像です。

私たちが行う整備は、分解したパーツ1つ1つを独自のクオリティーで仕上げ、1セクション全体のコンディションを整えます。

 

このプロセスが、仕上がりを大きく左右します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC09209

個々にメンテナンス&クリーニングアップを施したパーツを組み込みました。

私たちの行う整備は、単にハブベアリングを交換するだけではなく、手作業で何時間もかけて仕上げられるのです。

s-DSC09211

s-DSC09215

s-DSC09210

s-DSC09214

s-DSC09216

単にパーツ交換するだけではなく、より精度を高め緻密に組み込み整備ポイントのキャラクターを存分に発揮させます。

ドライビングプレジャーが確実に良くなり、車両本来の持ち味を発揮させるメンテナンスを行います。

 

このプロセスが、仕上がりを大きく左右します。

1つ1つのメンテナンスには深い理由があるんです。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC09199

整備に伴い取外したホイールのクリーニングアップ&メンテナンスを行います。

s-DSC09191

s-DSC09194

ブレーキダストなどの汚れが付着してしまっているホイール。

4輪全てクリーニングアップ&メンテナンスを行っていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC09206

ホイール クリーニングアップ&メンテナンス終了しました。

s-DSC09200

プロのレースチームでもホイールの磨きは重要な仕事の1つです。

タイヤの状態やホイールの変形、キズやキレツ、そしてホイールナットの座面などもチェックします。

 
ワークスチームでも、メカニックの重要な仕事のひとつなんです。

s-DSC09205

整備に伴い分解したパーツ1つ1つを独自のクオリティーで仕上げます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC09233

整備&メンテナンス完了のフェラーリ 599GTB Fioranoの最終チェク工程へと。

s-DSC09249

Ferrari 純正テスターSD3で、ECUのリセット及び初期化工程を行います。

また、センサー&アクチュエーターのアダプティブのチェック&セットアップ。

メカニカル面も、的確な最終チェックを行います。

 
このプロセスが重要です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC09239

全ての整備&メンテナンス 終了のフェラーリ 599GTB Fiorano。

 
こちらのMaintenance Reportには作業内容の一部のみを抜粋し掲載させて頂いています。

実施した全ての整備&メンテナンス中の分解写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当エンジニアが撮影しています。

 
詳細な写真 92枚 (CD-R 1枚に落としてあります)及び、今回行わせて頂いた整備内容を分かり易くリスト作成していますので車両と一緒にお渡しします。

いつもメンテナンス御依頼有り難う御座います。

 
今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

お問い合わせ

2 Comments

    Leave comments

    Your email address will not be published.*



    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

    Back to top
    Translate »