Lamborghini ディアブロ SV メンテナンス

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつも、メンテナンス御依頼 誠に有り難う御座います。

只今、弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きました、Lamborghini ディアブロ SV を積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

いつも、遠方よりの御依頼誠に有り難う御座います。

今回もご期待にお答えするメンテナンス実施させて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。

Lamborghini ディアブロ SV チェック開始させて頂く為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

現状のマシンの状態をもとに、今回の作業メニューを組み立てさせて頂きます。

Lamborghini純正車両診断テスターで、ディアブロ SV マシン側コントロールユニットと交信開始させて頂いております。

各ErrorコードのみのチェックではなくLamborghini純正 車両診断テスターを100%駆使しマシン全体のパーツの状態や、調整の状態のチェックを行います。

各部の作動状況や出力波形に至るまで、コンピューター上で、できうる全てのチェックを行います。

また、ディアブロ SV の傾向的不良発生個所のデーターもチェック致します。

続いて、年数的指定交換パーツ。

走行距離的、指定交換パーツ。

マシンの使用状況や、保管状況による各部のチェック。

また、ディアブロ SV 特有の傾向的不具合の発生ポイント&使用状況下による各部のチェック及び計測に入らせて頂きます。

エンジン&ミッション クラッチに至りましても全てのチェックを実施。

USEDで購入され初めての各部のチェック。

年数的指定交換パーツ。

ディアブロ SV 特有の傾向的不具合 発生ポイント。

上記のメンテナンスは1部、行き届いて無い物の、このマシンは、非常にコンディション抜群のSVです。

このようなコンディションのマシンは、本当に稀です。

先程は、お忙しい中お電話にてご対応頂き誠に有り難う御座いました。

今回のメンテナンス個所&今後のメンテナンス個所、全てお伝えさせて頂き、ご予算の中で御相談させて頂きました上で、決定させて頂きました今回のメンテナンスメニュー。
只今、パーツ発注させて頂きました。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

今回の作業内容パーツ&モデファイ用パーツ全て入荷致しました。

実作業に入らせて頂く準備に入らせて頂いておりますLamborghini ディアブロ SV。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

エンジン脱着作業開始させて頂く為、ランボルギーニ社 指定ファクトリー用ボデープロテクター装着開始です。

ディアブロは、非常に作業性が悪く、メンテナンス時には、ランボルギーニ社 指定ファクトリー ディアブロ専用ボデープロテクターを装着致します。

メンテナンス時にアルミボデーを保護する為、専用のFRP製のボデープロテクターを装着し(裏地は起毛です。)作業致します。

左右フェンダー及びルーフにボデープロテクター装着完了です。

この専用ボデープロテクターを装着する事により、作業性が非常に悪いディアブロの、アルミボデーを完璧に保護。

また、作業効率を飛躍的に向上出来ます。

全ての準備整いましたので只今より、エンジン脱着作業開始です。

各部、付属パーツを丁寧に、1セクション 1セクション 担当メカニックにより脱着されていきます。

的確な作業が、担当メカニックにより進められ、Lamborghini ディアブロ SV エンジン脱着完了です。

これより、作業分解前に、エンジンやミッションなどに付着致しております細かな砂や塵を1度、全てクリーニング実施させて頂きます。

これは、砂や塵が作業中パーツ内部への混入を避ける為、に実施させて頂きます。

また、見た目にも汚れが落ちスッキリ クリーンな状態を取り戻します。

エンジンフロントからの現状の画像です。

続いて、エンジン右バンクからの画像。

エンジン左バンクからの現状の画像。

続いてエンジン後方、ミッション側からの画像です。

非常にコンディションの良いディアブロ SV の心臓部。

エンジンオイル漏れの発生している、エンジン フロントセクション&リヤーセクション。

通常では見えない箇所にオイル漏れが発生し、他のセクションに付着してしまっている現状の状態。

漏れ出しているオイルが、他のパーツなどに付着し、2次的損傷を誘発してしまうオイル漏れ。

また、漏れ出したオイルが他のラバーバーツに付着し、ラバーの弾力性を奪ってしまいます。

早期発見 早期のメンテナンスにより2次的に発生してしまう余計なパーツ交換を防ぐ事が可能となります。

ただ、このマシンに関しては、的確なメンテナンスを十分に実施されていないマシンの不具合では有りません。

また、前オーナーが、酷使されたマシンの不具合でも全く有りません。

このマシンの各部チェックで、非常に大切にされてきたディアブロ SVと言う事が分かります。

製造から10年経過致している為、ラバーシールや、ガスケットの経年劣化パーツの寿命によるオイル漏れの発生です。

寿命の経年劣化パーツをキッチリメンテナンスし、完璧なマシン状態へと導きます。

分解時に、付着致しております塵や砂などの異物の混入を完全に防ぐ為、分解前に1度、全てクリーニング実施させて頂きます。

完全なクリーニング完了後、クリーンな状態で分解作業へと入らせて頂きます。

こちらの画像は、エンジン&ミッションを降ろした、ディアブロ SV のエンジンルームの現状の画像です。

見えない箇所や、隅々に汚れが付着してしまっているエンジンルーム&エンジン&ミッション。

その汚れを弊社独自のクリーニングアップにより一掃させて頂き、出来る限り新車時のクリーンな状態を取り戻させて頂きます。

エンジン&ミッションが降りている状態でエンジンルームに至りましても、完璧なクリーニングアップを実施させて頂きます。

上記、エンジン&ミッションまた、エンジンルームのクリーニングアップは、弊社では作業の一貫とさせて頂いておりますので、全て無料で実施させて頂いております。

変化振りを……..

乞うご期待!!

ランボルギーニ ディアブロ

数日に渡り、作業前のクリーニングアップ実施させて頂いておりました、Lamborghini ディアブロ SV エンジン&ミッションのクリーニングアップ完了です。

クリーンな状態を取り戻させて頂きましたLamborghini ディアブロ SV の心臓部。

クリーニングアップ前と同じ順番でご紹介させて頂きます。

フロントからの画像です。

クリーニングアップ後の、エンジン右バンクからの画像です。

続いてエンジン左バンクの画像。

エンジン後方、ミッション側からの、クリーニングアップ後の画像です。

エンジンオイル漏れの発生している、エンジン フロントセクションのクリーニングアップ後の画像です。

細部までクリーニングアップさせて頂き、汚れも一掃し、クリーンな状態になりましたエンジン。

細部までクリーニングアップさせて頂き、汚れを一掃し、クリーンな状態を取り戻させて頂きました。

これで、作業中パーツ内部への汚れの混入を完全にシャットアウト!!

外装は綺麗だけどエンジンルームを開けるとチョット…….では、せっかくのエンジンメンテナンスも陰が薄くなってしまいます。

弊社のポリシーの丁寧な作業を徹底して貫きます。

エンジンルームのクリーニングアップなども弊社では作業の一貫とさせて頂いておりますので、全て無料で実施させて頂いております。

これより実作業に入らせて頂きます。

右バンクより作業開始させて頂いております。

エンジンオイル交換管理が確実に行き届いているディアブロの心臓部。

スラッジなども無く、クリーンなカムシャフト周り。

各部のバリや、歪みを的確に抜かせて頂きました、アップ画像。

この作業により、精度が飛躍的に向上。

ニューパーツ組み込み時、パーツの密着性を格段に向上させ再度のオイル漏れを防ぎます。

フロントエンジンパーツのオーバーホールも完了。

また、各分解パーツも、専用機器を使用し歪み抜き作業も完璧に実施完了。

全てのパーツの計測&修正&クリーニングアップ丁寧に実施完了です。

只今より、細部の組み込み作業に入らせて頂きます。

エンジン右バンク。

各部のセットアップを行いながら、随時組み込みに入らせて頂いております。

セットアップ作業は、非常に重要なポイントです。

続いて左バンクも、各部のセットアップを行いながら、随時組み込みに入らせて頂いております。

ディアブロ SV 心臓部。

細部まで組み込み完了です。

只今よりマシンへと組み込み開始させて頂きます。

エンジン脱着時のみ可能な、エンジンルーム細部のクリーニングアップ作業も完了。

マシン下部よりの画像です。

マシン側、エンジンルームの細部までクリーニングアップ実施致しました、マシンに、メンテナンス完了のエンジン搭載了です。

これより、全てのボルト&ナットのトルク管理を行いながら、確実にドッキングしていきます。

全てのボルト&ナットのトルク管理を行いながら、マシンと確実にドッキング完了。

続いて、補器類パーツを的確に組み込んで参ります。

また、各パーツも組み込み前にキッチリ クリーニングアップを実施させて頂きます。

Lamborghini ディアブロ SV エンジン始動完了です。

エンジン始動時から、油温、油圧、水温などなど…..全てのチェックを行います。

適切な状態で、担当メカニックが全てのチェックを行います。

担当メカニックが全てのチェック完了。

的確に組み込み実施させて頂きましたディアブロ SV。

続いて、エンジン各部のセットアップを開始。

エンジンポテンシャルを100%発揮させます。

エンジン各部のセットアップも完了。

続いて、車高調整に伴うコーナーウェイト測定&セットアップの実施です。

コーナーウェイトゲージを接地した状態のディアブロ SV 。

コーナーウェイトゲージとは、タイヤ毎に測れる車重計のことです。

個々のタイヤにかかる重量を車高調整などで変え、左右バランスを整えることが出来ます。
4輪アライメント調整の前にコーナーウェイト計測・調整をお薦めします。

荷重移動がスムーズになり取り付けしたサスペンションの性能がフルに発揮できます。

又、コーナーウェイトを合計(車両重量として軽量化計画を立てたり)パワーチェックを同時に行い、パワーウェイトレシオ・トルクウェイトレシオを計算する事も出来ます。

4輪全てにセット完了です。

コーナーウェイト計測・調整開始です。

コーナーウェイト計測・調整も完了。

続いてフルアライメントの計測・調整開始です。

マシンの足回りを変更したり、車高を変更したマシン。

また、サーキット走行するマシンでは、各サーキット毎でセッティングが違います。

調整するマシンに合わせスペシャルセッティングを行って調整して行きます。この辺りは、今までの、ノウハウが必要です。

キャンバー角 ,キングピン角 ,キャスター角 , トウ角 , ターニングラジアス , セットバック , スラスト角 ,を 仕様に合わせスペシャルセッティングを行わせて頂きます。

続いて、足回りクリーニングアップ後のフロントフェンダー内部の画像です。

ダストや、砂などをクリーニングアップする事により、本来の発色が取り戻せます。

分解時にしか出来ない細かな作業。

隅々まで丁寧に仕上げさせて頂き機能美まで取り戻した、Lamborghini ディアブロ SV 。

続いて、リヤーサスペンションシステム&ブレーキシステムのクリーニングアップ後の画像です。

スッキリ!

ホイールの現状の画像。

ブレーキダストなど、かなりの汚れが付着致しておりますので、4輪全てクリーニングアップさせて頂きます。

ホイール クリーニングアップ後の画像です。

ホイール内側&表側共に、本来の発色を取り戻させて頂きました。

全てのクリーニングアップは、弊社では作業の一貫とさせて頂いておりますので、全て無料で実施させて頂いております。

Lamborghini純正 車両診断テスターを再度接続。

作業終了後のメカニカルパーツ&エレクトロニクスパーツの作動状況を、全てチェックしていきます。

また、同時に関連各パーツのセットアップもコンピューター上で行い、テストラン開始です。

カーボン製カスタマイズパーツも装着完了です。

全てのチリを丁寧に合わせ込み装着させて頂いております。

テストラン&セットアップもバッチリ完了。

本来のポテンシャルを取り戻させて頂きましたLamborghini ディアブロ SV 。

同時に実施させて頂いておりました心臓部のクリーニングアップも完了。

これよりエクステリア&インテリアの最終仕上げに入らせて頂きます。

全ての作業完了です。

エクステリア&インテリに至りましても、最終仕上げ完了させて頂きましたLamborghini ディアブロ SV 。

只今より、弊社4tフルフラット積載車で、搬送させて頂きます。

今回、ウエッブサイトには作業内容を抜粋させて頂き掲載させて頂きました。

実施させて頂きました全ての詳細な作業中の写真。

また新旧のパーツ画像。

全て担当メカニックが撮影致しております。

詳細な写真及び、今回のメンテナンス内容書類に至りましても、分かり易く作成させて頂いておりますのでマシンと一緒にお持ちさせて頂きます。

いつも、Lamborghini ディアブロ SV メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

仕上がった、Lamborghini ディアブロ SV でマシンを御堪能頂ければ幸いです。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »