Lamborghini ガヤルド マイスターチェック&オーナーご依頼個所メンテナンス

8327_1

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。 今回、Lamborghini ガヤルド マイスターチェック&オーナー様ご依頼個所メンテナンス、御依頼誠に有り難う御座います。 只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。 今回、ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

8452_1

Lamborghini ガヤルド マイスターチェック&オーナー御依頼個所のトラブルシューティング開始の為、リフトセクションへと移動しました。

8453_1

まず、第1段階。 Lamborghini 純正テスター LDASで、ガヤルドコントロールユニットと交信開始です。 各Errorコードのみのチェックだけでは無く Lamborghini 純正テスター LDASを100%駆使しマシン全体の状態や、調整の状態を詳細に把握します。 各部の作動状況や、消耗部位の残量。 また、出力波形までコンピューター上で、できうる全てのチェックを行い現状のマシンの状態を把握します。

8454_1

各部、現状のデーター取得。 最新のデーターと比較し、チェック完了です。 LDAS で取得したデーターは、あくまでもデーターとし受け止めます。 データー全てを鵜呑みにせず、更に奥深くまで、弊社 独自のチェックを担当エンジニアが進めます。

8455_1

マシンのエレクトロニクスは、大きく分別すると下記の3項目が代表的な項目です。 1 入力: 電子的・機械的なセンサ(または変換器)で、温度、圧力、電磁場等の物理量をシステムの外部から取得して、電流信号や電圧信号に変換するあらゆるチェック。 2 信号処理回路: 組み合わされた電子素子により信号を操作し、解釈したり、変換したりする個所のチェック。 3  出力: アクチュエータや他の素子(変換器も含む)により、電流・電圧信号をマシン システムにとって有用な形態に再変換されているかなどのチェック。 この3項目から、項目別に分別。

8456_1

年数的、指定交換パーツ。

走行距離的、指定交換パーツのチェック。
Lamborghini ガヤルドの傾向的不具合発生箇所。
また、マシンの使用状況や、保管状態により、個々のマシンの状態が全く違いますので同時に的確なチェックを進めます。
指定交換パーツの中には、色々な素材のパーツが有ります。
必ずしも指定交換に入っていないパーツでも使用用途や保管状態などでパーツの寿命が、長くもなりまた、短くもなります。
恒に定期的なマシンのチェックによりベストなマシンの維持が可能となります。

8457_1

マシン内部の隠れた部分、またアンダーカウル内部まで、担当エンジニアにより的確なチェックが行われます。

8458_1

油脂類の交換です。
一言で油脂類と言っても、マシンには、色々な油脂類で潤滑や、油圧の発生による作動が常に行われています。
エンジンオイル&オイルフィルター ミッションオイル F1マチックオイル ブレーキオイル クラッチオイル パワーステアリングオイル エンジン冷却水などなど…..
FerrariやLamborghiniなどのスーパースポーツマシンは高速走行などが多い為、エンジンオイルだけでは無く、他の部位のオイルも頻繁に酷使されるので的確な時期で定期交換が必要です。
色々と各社ラインナップが有りますが、メリットとデメリットが有り、マシンモデル毎また、使用する部位また、マシンの使用用途などを全て加味し、1番適切なオイルを、弊社では選択します。
メーカー指定純正オイルが1番無難と言えば無難なのですが、全てのモデルに1番適切なオイルかと言えば疑問です。
新車時のエンジンに注入されているオイルは、メーカー指定純正オイルでは無く、初期馴染みなどなどを考慮した、ファクトリー専用の非常に高額なオイルです(一般には流通しない特殊な高性能オイル)。
決してメーカー指定純正オイルでは無いんです。
モデル毎にオイルに添加されている成分内容や粘度などなど…を変更しベストなオイルをチョイスし、交換する事により、より一層マシンをベストな状態へと導きます。
現状、かなり使い込まれている様ですね。
もう少し早めの交換をお奨めします。

8459_1

300k近くで走るロードゴーイングマシン。
定期的な、足回り&マシン全体のトルク管理は、必要不可欠です。
各部の調整と同時に、確実な締め付けトルクのチェックをしていきます。
また各部の動きが機敏になる様、施工を致します。
また、同時に分解時にしか出来ないフェンダー内部の隅々まで、クリーンニグアップ開始です。
中々オーナー様が目にする事の無い部分。
また、雨天使用しなくてもダストや、砂などが付着してしまう部分。
現状のフロントフェンダー内部の画像です。

8460_1

リヤーフェンダー内部の現状です。

8490_1

上記、足回り&マシン全体のトルク管理また、各部の動きが機敏になる施工も終了。
同時に実施させて頂いた、クリーニングアップ後のフロントセクションです。

8491_1

的確なメンテナンスと、クリーニングアップ作業が行われた、リヤーセクションです。

8492_1

心臓部にも同様のメンテナンスが実施されます。

8493_1

砂や泥汚れで汚れきっていたフロアーカウル類。
組み込み前にクリーニングアップを行います。

8494_1

上記、フロアーカウル。
他のカウルも同時にクリーニングアップが実施されます。

8495_1

見えない箇所ほど、大切ですね。

8496_1

最終の詰め。非常に大切な作業です。

弊社独自のセットアップをLamborghini ガヤルドに施します。
最終セットアップで、ガヤルドの潜在能力をアップさせます。
また、入力されていたERRORコードなども全てリセット。
車輌コントロールユニット内部をクリアーな状態にしておきます。
電子制御部位また、メカニカル面でも担当エンジニアにより的確なセットアップ&最終チェックが行われます。

8497_1

リセット&セットアップも終了。
クリーニングアップ実施後のエンジン&エンジンルーム。
メンテナンスは勿論の事、見た目にも綺麗って言う事が大切ですね。

8498_1

全てのチェック&メンテナンス終了です。
エクステリア&インテリアも、最終仕上げ終了の Lamborghini ガヤルド。
こちらのMaintenance Reportには作業内容の1部のみを抜粋し掲載させて頂いております。
実施させて頂きました全ての、メンテナンス作業時の分解写真、また新旧のパーツ画像。
全て担当エンジニアが撮影致しております。
詳細な写真及び、今回のメンテナンス内容書類。
今後のメンテナンスメニュー内容書類も、分かり易く作成していますので、マシンと一緒にお渡しさせて頂きます。

今回、 Lamborghini ガヤルド メンテナンス御依頼ありがとう御座います。
今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »