Lamborghini ガヤルド ご購入車輌メンテナンス

s-IMG_90531-300x225

ウェブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

今回、 Lamborghini ガヤルド オーダーでのご購入有難う御座いました。

納車前のチェック&メンテナンスを実施させて頂きます。

s-IMG_94501-300x225

ランボルギーニ ガヤルド 納車前チェック開始準備の為、リフトセクションへと…

s-IMG_94532-300x225

チェック開始です。

 

まず、第1段階。

Lamborghini 純正車両診断テスター LDASを、ランボルギーニ ガヤルド 車輌コントロールユニットに接続。

ECUと交信開始です。

Errorコードのみのチェックではなく、Lamborghini純正車両診断テスター SD2で、車輌全体のエレクトロニクス関連の状態や調整の状態を、詳細に把握します。

s-IMG_94542-300x225

ご依頼頂いておりますeギヤ クラッチオーバーホールも含め、メカニカル各部の作動状況を分解前にLDASで確実に把握します。

また、車輌 各部の作動状況や出力波形に至るまで、LDASで出来うる全てのエレクトロニクス関連のチェック。

現状の車両の状態を把握します。

s-IMG_95431-300x225

ボデープロテクターの装着。

Lamborghini純正 車両診断テスターLDASで取得した各部のデータ。

現状のランボルギーニ ガヤルド 車輌全体のエレクトロニクスパーツの作動状況。

また、メカニカルの作動また、セット状況。

各部のデータを取得。

 

最新のランボルギーニ アップデートデータとの比較も行います。

現状の電子制御部位データを全て詳細に把握します。

s-IMG_95452-300x225

続いて、LDASで取得したデータは、あくまでもデータとし受け止めます。

データ全てを鵜呑みにせず、基本作動が適正値内で確実に作動しているかを専用機器を使用し単体点検を実施。

 

更に奥深くまで、独自のチェックを進めます。

s-IMG_95141-300x225

一言でランボルギーニ ガヤルドといってもバリエーションは数々あり構造も色々。

一般モデルでは

ガヤルド

ガヤルドSE

ガヤルド・スパイダー

ガヤルド・ネラ

ガヤルド・スーパーレジェーラ

ガヤルドLP550-2

ガヤルド・LP550-2 バレンティーノ・バルボーニ

ガヤルドLP560-4

ガヤルドLP560-4スパイダー

ガヤルドLP570-4スーパーレジェーラ

ガヤルドLP570-4 ブランパン・エディション

ガヤルドLP 570-4スパイダー・ペルフォルマンテ

ガヤルドLP560-4ビコローレ

コンペティションでは

スーパートロフィオ

RG-3

s-IMG_9529-300x225

こちらのガヤルドは、5.0L バンク角90°V型10気筒のパワーユニットに4WDシステムが採用されているモデル。

s-IMG_95281-300x225

4WDシステムは、低重心化も兼ねてエンジンと共に構造限界まで下げた状態で搭載されています。

また複雑な制御で知られるアウディ製クワトロシステムではなく、シンプルなビスカスカップリング式センターデフが採用されています。

s-IMG_00832-300x225

このタイプのランボルギーニガヤルドのパワーユニットは、5.0L バンク角90°のV型10気筒。

アルミ鋳造製のシリンダーブロックは、アウディ製のものとベースは同じパーツを使用しています。

重心を下げるため広いバンク角度を採用し、等間隔燃焼を実現するためにクランクピンを18°にオフセットしています。

s-IMG_00842-300x225

5.0L V10 DOHCパワーユニットは、500ps/52.0kg·mを発揮。

ボア×ストロークが82.5mm×92.8mmという、ロングストローク仕様のため、低回転域のトルク特性に優れ、レッドゾーンは8,200rpmからとなっているパワーユニット。

s-IMG_95481-300x225

s-IMG_95492-300x225

ランボルギーニ ガヤルドの基本原理や構造を熟知したエンジニアが細部までチェックします。

s-IMG_95332-300x225

続いて、メカニカル関連のチェック。

年数的、指定交換パーツ。

走行距離的、指定交換パーツ。

ランボルギーニ ガヤルド  各モデル毎の傾向的不具合発生ポイントのチェック。

また車輌のコンディションを整える為の独自のチェックへと。
 

指定交換パーツの中には、色々な素材のパーツが有ります。

代表的な素材の指定交換パーツの一部。

1 ラバーパーツなどは、光やオゾンによる酸化で弾性が失われ、亀裂や溶解が、ある程度の年数で起こってしまいます。

2 金属製パーツでは、継続的に、また繰り返し車輌より受ける衝撃や、常に動いている作動パーツに金属材料としての強度が低下し、疲労が発生してしまうパーツ。

3 金属だけではなく樹脂パーツやカーボンパーツでも劣化は発生します。

指定交換に列記されているパーツでも必ず交換しないといけない訳ではありません。

 

素材や構造を知り尽くしたエンジニアが、的確にチェックし判断します。

s-IMG_9541-300x225

ボディはアウディ製のアルミスペースフレーム。

 

車輌はさまざまなパーツや機構で構成されていますね。

メカニカルまた、エレクトロニクス ボディー構成などなど…

書ききれない複雑な機構を組み合わせ1台の車輌として構築されています。

s-IMG_9539-300x225

車輌毎に傾向的不具合も存在し、指定交換が促されているパーツも存在します。

車輌の使用状況や用途、保管状態で車輌のコンディションは千差万別です。

また、これまで車輌がどの様な考え方でチェックされてきていたか、どのような工法でリペア&メンテナンスを受けてきたか?

壊れた箇所のリペアだけではなく、車輌のコンディションを整えていくというメンテナンスが的確に行われてきた車両か否か?

色々な状況でリペア、メンテナンスポイントが違ってきます。

状況によってパーツ寿命が長くもなりまた、短くもなります。

 

全て、1から独自の思想また、目線で的確なチェックを行います。

s-IMG_01861-300x225

インテリア エレクトロニクス機器また、各部の作動状況、メーターの作動や誤差etc.等全てをチェック。

s-IMG_01872-300x225

全て基準値内で確実な作動状態。

s-IMG_01892-300x225

ダッシュボードや、樹脂パーツのコンディションも非常に良い状態を保っているランボルギーニ ガヤルド。

s-IMG_01902-300x225

s-IMG_01911-300x225

s-IMG_01921-300x225

エントラント部分、内装の表皮、ステッチに至るまで、独自のチェック項目を細部までチェック。
921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2243-300x225

全てのチェックが終了したランボルギーニ ガヤルド。

非常にコンディションの良い状態です。

メンテナンスメニューを分かり易く明記し送付させて頂いた上、御連絡させて頂きます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2251-300x225

お打ち合わせさせて頂き決定しました今回のメンテナンスメニュー。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い致します。

s-IMG_06001-300x225

ランボルギーニ ガヤルド メンテナンス開始の為、リフトセクションへと…

s-IMG_0635-300x225

ボデープロテクタの装着。

s-IMG_0636-300x225

リペア&メンテナンス開始です。

s-IMG_0654-300x225

リフトUP。

s-IMG_07091-300x225

リペア&メンテナンスに伴うリヤセクションの分解。

接合部にマスキング。

丁寧な作業が進みます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2291-300x225

s-IMG_08191-300x225

s-IMG_08202-300x225

ご依頼頂いておりますeギヤ クラッチオーバーホール及び油脂類の交換が今回のメニュー。

まず、eギヤ クラッチオーバーホールから。

s-IMG_08271-300x225

分解に伴う油脂類の抜き取り。

注入時は、添加されている成分内容や粘度などなど…

全てを吟味し、ランボルギーニ ガヤルドにベストな油脂を注入します。

s-IMG_08353-300x225

ドレンボルトをクリーニングアップ。

ガスケットの再使用はしません。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2296-300x225

s-IMG_08691-300x225

eギヤ クラッチオーバーホールに伴う分解作業。

単に分解するだけで無く、その過程においても項目毎にチェックします。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2304-300x225

s-IMG_08651-300x225

中々オーナーが目にする事の無い隠れた部分には、塵や埃、また油汚等が蓄積しています。

まず分解前に、蓄積している汚れを全てクリーニングします。

これは、異物が分解パーツ内部へ混入するのを避ける為。

クリーンな状態で作業を進める為、行います。

s-IMG_08661-300x225

s-IMG_08631-300x225

s-IMG_06391-300x225

上記の状態では、リペア&メンテナンス時に異物の混入が避けられません。

分解前に、独自のクリーニングアップ方法で一掃しクリーンな状態を取り戻します。

変化振りを……..乞うご期待!!

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2306-300x225

s-IMG_09242-300x225

クリーニングアップ終了のパワーユニット&パワートレインの画像です。

s-IMG_09251-300x225

s-IMG_0927-300x225

クリーニングアップ後のL/Hバンク の画像です。

s-IMG_0926-300x225

同じく、R/Hバンクからの画像。

s-IMG_09282-300x225

 

フレームも純白のスッキリクリーンな状態に。

ボルト、ナット1つまでクリーニングアップ。

分解、組込み時に、ボルトやナットにストレスをかけません。

s-IMG_09333-300x225

全ての部位に対しクリーンな状態から分解します。

私達メンテナンスする側も気持ち良くリペア&メンテナンスに掛かれます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2310-300x225

s-IMG_09501-300x225

クレーンでパワートレインを取外し。

他の部位に一切接触する事のないクリアランスを確保。

確実なコントロールでパワーユニットを取り外します。

 

各パート毎に的確な作業を行います。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2311-300x225

s-IMG_09632-300x225

画像左がニューパーツ。

右が、取外したクラッチ。

s-IMG_09611-300x225

左右で比較するとクラッチの磨耗がよく分かると思います。

ランボルギーニ ガヤルドのクラッチシステムは、カーボンディスクのツインプレート。

s-IMG_09541-300x225

最新のガヤルドには、ノーマル、スポーツ、コルサのシフトスピードをコントロールできる機構を搭載しています。

クラッチの消耗具合は、ランボルギーニのeギヤ フェラーリのF1マチック共に、使用用途や操作の仕方で、クラッチの磨耗は大きく変化します。

デュアルクラッチシステム搭載のF1マチックは、別ですが…

 

走行距離にもよりますが、6ヶ月程度で純正テスターでの残量チェックや調整をすることで、磨耗を最小限に留めることができ、シフトフィールも常に良い状態を保てます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2330-300x225

s-IMG_10363-300x225

より精度を高め、クラッチシステムを組込み。

また、eギヤトランスミッションを搭載。

リペアポイントのキャラクターを存分に発揮させます。

s-IMG_1038-300x225

周辺部位もクリーニングアップ。

s-IMG_10432-300x225

私たちのリペア&メンテナンス工程は、徹底したメンテナンス&クリーニングアップを行い、機能性及び、機能美を再現します。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2331-300x225

s-IMG_10452-300x225

続いて、基本締め付けトルクで確実にロックします。

締め過ぎてしまうと、各ボルト類に伸びが発生し基本締め付けトルクでロック出来なくなります。

緩めでは、パワーユニットの振動でボルトが緩み出し、フレームや各部位にストレスを与え不具合を発生させてしまいます。

 

全てトルクレンチを使用し最終ロックします。

s-IMG_1073-300x225

トルクレンチを使用する事により規定トルクによる締め付け管理が確実に行えます。

通常のレンチでは、締め付け不足による緩みや、締め過ぎによる破損、あるいは締め付けの個人差によるばらつきが発生します。

これを防ぎ、規定トルクでシッカリとしたトルク管理を行う為、全てトルクレンチを使用し各部を組み込んでいきます。

他の部位も同様です。

ボルトやナットの締め付けトルクは材質や処理の方法また、長さ等々でISO規格が設けられているほど重要なポイント。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2339-300x225

s-IMG_11774-300x225

s-IMG_12162-300x225

組込み時には、細部までスッキリ、クリーンな状態を取り戻し組み込みます。

見えない箇所ほど重要視します。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2340-300x225

s-IMG_12151-300x225

s-IMG_12172-300x225

基本装着位置の見直しも図り、チリ合わせを行い車両へと組み込み。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2341-300x225

s-IMG_12082-300x225

eギヤシステムのオイル交換。

ランボルギーニ eギヤシステムのオイル交換は、ランボルギーニ純正テスターを接続し交換。

フェラーリのF1マチック同様、純正テスターが必要です。

純正テスターを使用せず無理に交換すると、eギヤシステム ポンプや、各ソレノイド機構に負担が掛かります。

破損してしまうと非常に高額なパーツ。

ランボルギーニ純正車両診断テスターでのメンテナンスが必要です。

eギヤシステムオイルを、ガヤルドにベストなオイルをチョイスし交換。

同時にeギヤシステム系統のチェック&セットアップも実施します。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2347-300x225

s-IMG_12232-300x225

続いて、エンジンオイル&オイルフィルターの交換。

 

エンジンオイルは、ベースオイルで色々と分類されます。

鉱物油

部分合成油

化学合成油

PAO

エステル

植物油

規格で分けると…

API規格

ILSAC規格

SAE規格

ACEA規格

JASO規格

粘度による分類では…

SAE粘度

HTHS粘度

色々と各社ラインナップが有りますが、メリットとデメリットが有ります。

モデル毎また、使用する部位また、車輌の使用用途などを全て加味し、1番ベストなオイルを選択します。

モデル毎にオイルに添加されている成分内容や粘度などなど…を変更し、ベストなオイルをチョイスし交換する事で、車輌をよりベストな状態へと導きます。

s-IMG_1135-300x225

続いて、オイルエレメントの交換。

まず、周辺部分のクリーニングアップを行い、塵や埃の混入を防ぎます。

 

エンジンオイルには、エンジン内部を清浄に保つ為にオイル中の汚れやゴミを取り込むオイルフィルターがありますね。

オイルフィルターがあると、エンジンオイルがそこを通過することにより、オイル内に取り込まれていた金属粉やスラッジ(ホコリや燃焼カスなどの不純物)が濾し取られます。

特に金属粉は、放置すると研磨剤と同様の効果をエンジン内に及ぼして、エンジン損傷の原因になる為、その除去は重要です。

オイルフィルターのろ過能力は、上げ過ぎると油圧上昇や目詰まりなどの不具合を引き起こす可能性がある為に、その性能はある一定のところで抑えられています。

その為オイルフィルターですべての金属粉やスラッジ等が除去できる訳ではないんです。

また、オイルフィルターの能力が低下し、目詰まりを起こした場合を想定してバイパス機構を備えています。

フィルターが目詰まりして、エンジン内各所にオイルが供給できなくなると、エンジンが焼き付く原因となるからです。

ただしこの機構はあくまで非常用であり、的確なスパンでの交換が必要です。

また、交換時は的確なトルク管理の下での交換が必要です。

 

フランジ内部のクリーニングアップを行います。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2348-300x225

s-IMG_11362-300x225

フランジ内部もスッキリ クリーンな状態に。

オイルエレメントを、基本締め付けトルクで組み込みます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2349-300x225

s-IMG_11762-300x225

独自のクオリティーで、徹底した管理の下リペア&メンテナンスを行ったパーツを、パワーユニットへ組み込み。

s-IMG_11724-300x225

s-IMG_11711-300x225

ハーネス、カプラも全てメンテナンス&クリーニングアップ。

供給電圧を復帰させます。

取り回しも見直し整理し、綺麗に組み込み。

s-IMG_11731-300x225

再使用パーツは通常問題が無いので、そのまま組み込まれるのが一般的です。

私たちの行う作業は、単にリペアするだけではなく、リペアに伴い分解した再使用パーツ全て独自のクオリティーで徹底したメンテナンス&リフレッシュをし組み込みます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2357-300x225

s-IMG_95342-300x225

続いてサスペンションシステム ステアリングシステム等のメンテナンス&クリーニングアップ。

また、定期的な、足廻り&車輌全体のトルク管理が必要です。

各部の調整と同時に、締め付けトルクのチェックまた、サスペンションシステムも本来のパフォーマンスを発揮出来るようメンテナンスを行います。

s-IMG_95351-300x225

s-IMG_9536-300x225

リヤサスペンションも同様にメンテナンスしていきます。

s-IMG_95381-300x225

また同時に、分解時にしか出来ないフェンダー内部の隅々まで、クリーンニグアップします。

中々オーナーが目にする事の無い部分。

また、雨天使用しなくても、ダストや砂などが付着してしまう部分でもあります。

 

メンテナンス&クリーニングアップ開始です。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2358-300x225

s-IMG_13022-300x225

サスペンションシステム ステアリングシステムも本来のパフォーマンスを発揮出来るようメンテナンス完了。

s-IMG_13032-300x225

s-IMG_13041-300x225

ダストや砂などをクリーニングアップする事により、本来の機能がより機敏になると共に、クリーンな状態を取り戻しました。

きめ細やかなメンテナンス&クリーニングアップを随所に施します。

s-IMG_13061-300x225

同じくメンテナンス&クリーニングアップ後のリヤサスペンションシステム。

s-IMG_13071-300x225

s-IMG_13082-300x225

各部メンテナンスと同時に施工する独自のクリーニングアップ。

各部のクリーニングアップは、本来の素材を蘇らせる意味で1番適した仕上げを行います。

ケミカル用品で一時的に艶を出す様な安易仕上げは、一切行いません。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2359-300x225

s-IMG_13002-300x225

続いて、ホイールのクリーニングアップ&メンテナンスへと。

ブレーキダストなどの汚れが付着してしまっているホイール。

s-IMG_13012-300x225

4輪全てクリーニングアップ メンテナンス開始です。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2360-300x225

s-IMG_13312-300x225

ホイール クリーニングアップ&メンテナンス終了後の画像です。

4輪全てホイール内側&表側共に、本来の発色を取り戻しました。

s-IMG_13323-300x225

メンテナンス終了のホイール。

組み込みに備えます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2372-300x225

s-IMG_13281-300x225

続いて、シャシ細部までクリーニングアップを行い、クリーンな状態からシャシ全体の最終チェック&セットアップを行っていきます。

チェックと同時に、独自の味付けを施しキャラクターを存分に発揮させます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2373-300x225

s-IMG_13331-300x225

s-IMG_13361-300x225

シャシ細部まで最終仕上げ完了。

独自のチェック、セットアップで精度やパフォーマンスもバージョンアップ。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2383-300x225

s-IMG_13492-300x225

クリーニングアップ済みのアンダーカウルを、基本装着位置の見直しも図り組み込み。

s-IMG_13501-300x225

s-IMG_13523-300x225

s-IMG_13532-300x225

カウル取り付け1つとっても、リペア&メンテナンス同様に、隠れた箇所ほど重要視します。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2384-300x225

s-IMG_14763-300x225

続いて、全てのメンテナンス終了後の最終セットアップ。

入力されていたERRORコードなども、全てリセット。

また、センサー&アクチュエーターのアダプティブ。

電子制御部位は、ランボルギーニ純正車両診断テスターLDASで、ガヤルドの基本原理や構造を熟知したエンジニアが独自の最終チェックまた、独自の味付けを行い、ランボルギーニ ガヤルドのポテンシャルを余す事無く引き出します。

メカニカル面も、的確な最終チェックまた、独自の味付けを行います。

 

最終の詰めです。

このプロセスが重要です。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2388-300x225

s-IMG_14375-300x225

自社検査ラインへ。

s-IMG_14422-300x225

s-IMG_1440-300x225

s-IMG_14441-300x225

s-IMG_14473-300x225

各種設備機器で各項目毎にチェック。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb2407-300x225

s-IMG_14851-300x225

最終クリーニングアップ実施後のエンジン&エンジンルーム。

s-IMG_14883-300x225

s-IMG_14861-300x225

s-IMG_14892-300x225

隅々まで独自のクオリティーで仕上げます。

s-IMG_14663-300x225

s-IMG_14702-300x225

s-IMG_14693-300x225

s-IMG_14841-300x225

s-IMG_14651-300x225

s-IMG_14621-300x225

エクステリア&インテリアも最終仕上げ終了です。

 

私たちのごく通常のリペア&メンテナンスetc.の流れです。

精度を取り戻すメンテナンス。

随所に施すクリーニングアップなど、追加作業と思われがちですが、追加費用は頂きません。

これは、私たちのクラフトマンシップの一貫であり、車輌をより良いコンディションに仕上げる為のメンテナンスだからです。

s-IMG_14634-300x225

オーダーでのご購入頂きました、ランボルギーニ ガヤルド。

 

 

納車メンテナンス終了です。
 

こちらのMaintenance Reportには作業内容の一部のみを抜粋し掲載させて頂いています。

実施した全てのリペア&メンテナンス中の分解写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当エンジニアが撮影しています。

詳細な写真 222枚 (CD-R 2枚に落としてあります)及び、今回のメンテナンス内容も分かり易く作成していますので、車輌と一緒にお渡し致します。

今回、車輌ご購入有難う御座いました。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

 

お問い合わせ

2 Comments

  • Y.M| 2017年7月12日 at 5:28 PM 返信

    拝見させて頂きました。素晴らしくお客様の気持ちが分かっていて、自分の車以上の心使いの作業で感心致しました。 私は建築業営んでいて、心構えが一緒です。御社のように、整備はもちろんですが、パーツ外したついでにと言う、時間と手間作業は場合に寄っては そちらの方が時間が掛かる事もあるでしょうし、又、そこんとこお客様は気がつかないと思いますが、私見たいに ある程度自分でメンテする人には、ここまでしてくれてと、 間違いなく分かり、ビックリするでしょう❗ 御社同様の業者にメンテお願いしたいですね❗ ディーラーも、そんなにはしてくれませんよ

    • ナカムラエンジニアリング
      ナカムラエンジニアリング| 2017年7月13日 at 3:12 PM 返信

      初めまして。

      WEBサイトをご閲覧頂き誠に有難う御座います。

      またお褒めのお言葉を頂戴し恐縮です。

      これからも基本方針を変える事無く、更なる向上を心掛け車両と向き合っていく所存でございます。

      今後とも宜しくお願い申し上げます。

    Leave comments

    Your email address will not be published.*



    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

    Back to top
    Translate »