いつも御世話になります。今回もご依頼誠に有り難う御座います。Ferrari F40 エンジン不調只今よりトラブルシューティング入らせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

只今、簡易チェックさせて頂きましたが、完全に左バンク点火系統不良の為全く始動致しておりません。また、右バンクも、1気筒点火していないようです。

こちらは、弊社ファクトリー エントラントに車両に付着致しました塵などをファクトリー内に持ち込まないように敷き詰めております専用粘着マットですが、エンジン始動しておりましたら左バンク エキゾーストより、全く燃焼されておりませんFUELが多量に垂れ流れてきましたので、危険ですのでリヤーを換気のよい所で一時FUELを飛ばしておきます。

明けましておめでとう御座います。
本年も宜しくお願い申し上げます。

さて、Ferrari F40 エンジン不調ですが、只今ボッシュエンジンアナライザー及びファイバースコープなどの機器を使用しトラブルシューティング中ですので、トラブル箇所ピンポイントにて決定致しました時点で御連絡させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

続いて御世話になります。
只今エンジン始動完了致しました。やはりエレクトリカル系統の不良でした。今回、各Ferrariには、カットオフスイッチが、装着されておりますが、カットオフスイッチは、レースマシンに装着されておりますキルスイッチとは、全く別物ですので今回追加で純正のカットオフを取り外しキルスイッチを室内で操作出来るように加工装着させて頂きます。

只今パーツ揃いましたので、Ferrari F40 実 作業に入らせて頂いております。

こちらが、今回装着させて頂きましたレース用キルスイッチです。既存の純正のカットオフは、取り外させて頂いております。各メーター及びFerrari F40 のインテリアに合わしパーツ選択させて頂きました。

只今エンジン 不調トラブルシューティングピンポイントにてさせて頂きましたパーツ交換中です。本日エンジンスタート及びテストラン 路面コンディションもドライですので実施させて頂きます。

只今、エンジンスタート及びテストラン 完了致しました。バッチリです。今回追加で、キルスイッチの増設をご提案させて頂きました作業内容です。既設の純正カットオフスイッチは、完全にハーネスごと全て取り外させて頂き、既設の純正カットオフスイッチの部分はカーボンにて、処理させて頂きました。

こちらが新規設置させて頂きました完全なキルスイッチです。レースマシンと同じ結線させて頂いております。エンジン不良などで何か発生致しました場合このキルスイッチにて、車輌全ての電源を完全に遮断致します。
作業全て完了致しましたので、御連絡させて頂きますので宜しく御願い申し上げます。

いつもお世話になります。

今回も定期的なマイスターチェック御依頼誠に有り難う御座います。

今回もご期待にお答えするチェック及びメンテナンス実施させて頂きますので宜しくお願い致します。

昨日はお疲れ様でした!!
ご入庫いただきました時点でツーリングなどで汚れておりましたので、1度外装 内装をクリーニングさせて頂きました。

クリーンな状態でお預かりさせて頂いております。

あけましておめでとう御座います。

Ferrari 328GTBマイスターチェックの為、リフトセクションへと移動完了させて頂き、只今より分解開始です。

Ferrari 328GTBエンジンレスポンス完調な状態では、もっと鋭い吹き上がりですが、今回特に、冷間時でのエンジン吹き上がりが良くない為、エンジン関連各部より、主原因の特定を開始させて頂いています。

特定完了です!!

主原因は、電気系統に不具合が発生致しておりました。

きっちりと主原因を特定し修理する事により本来の性能を発揮させる事が可能です。

電気系統修理完了後は、完調な電気系統に合わせエンジン供給燃料の燃調の調整を行う事によりバッチリ本来の性能を発揮させます。

この当たりは、エンジンマネージメントシステムが、Ferrari 328GTBは、Kジェトロニクスですのでノウハウを持っていればバッチリセット可能なんです。

続いて、定期的に御依頼頂いております、マイスターチェックの本来のチェックに入らせて頂きます。

回数を重ねるたびに、ドンドン状態が良くなってきているFerrari 328GTB世界遺産です!!

今回の作業内容パーツ全て入荷致しましたので実作業に入らせて頂きます。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

今回、Ferrari 328 308エンジンによく発生致しますウオーターバイパスパイプの劣化によるエンジン側ウオータパイプ交換及び油脂類の交換をメインに作業実施させて頂きます。

エンジンオイル、ミッションオイルも328に一番合った、粘度のオイルで交換致しました。

各モデルでオイルの銘柄や成分また、粘度まで1番最適なオイルを使い分け交換させて頂いております。

また、交換実施後のクリーニングアップもバッチリ完了でスッキリしました。

こちらが今回、交換させて頂きますエンジンウォーターバイパスパイプです。

最終型の328特有の症状です。

上部パイプを取り外したら、装着時には見えなかった328特有の接触部分です。

特に後期の車両は、クリアランスが非常に狭い為、クリアランスが狂うとボデー内部と接触しこの様な状態を引き起こす、要注意箇所です。

[…]

Ferrari 456 エンジン不調 メンテナンスご依頼誠に有り難う御座います。随時トラブルシューティング次第、画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

明けましておめでとう御座います。
本年もよろしくお願い申し上げます。

各パーツ単体点検も終了しピンポイントでのトラブルシューティングほぼ完了です。只今再度Ferrari純正テスターSD2スペシャルエディションにて最終確認中ですので、しばしで御連絡させて頂きますのでよろしくお願い申し上げます。

    Back to top
    Translate »