ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつも、Ferrari テスタロッサ メンテナンス御依頼 誠に有り難う御座います。

前回のメンテナンス個所の再確認&今後のメンテナンスメニューの履歴を踏まえチェックさせて頂きます。

今回もご期待にお答えするメンテナンス実施させて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。

前回メンテナンス実施させて頂きました個所の状態を再度チェック。

また、オーナー様と弊社で保管させて頂いておりますメンテナンスプログラム。

マシンと照らし合わせながら、各部チェツクし、今回の作業メニューを立てて行きます。

Ferrari テスタロッサ心臓部。

前回メンテナンス時のSD2データーと、今回のデーターを比較対照。

テスタロッサのポテンシャルを確実に発揮出来るエンジンにセットアップする為、セットアップ個所を的確に決定致します。

今回のメンテナンス個所&今後のメンテナンス個所、全てお伝えさせて頂き、ご予算の中で御相談させて頂きました上で、決定させて頂きました今回のメンテナンスメニュー。

只今、パーツ発注させて頂きました。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

今回の作業内容パーツ全て入荷致しました。

早速、実作業に入らせて頂いております。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

正規ディーラーではもう生産中止の為2度と販売される事の無いパーツ。

ようやく弊社の海外の取引先より入荷致しました。

「おっとこ前の社長さん」より、チョット痩せたんちゃいます〜??の方がもれなくキャッシュバック!!(爆)!

何か、お腹周りスッキリ痩せたんちゃいますの〜??でダブルボーナスチャンス!!(爆)!

奈良も空梅雨ですよ〜。

さてさて、今回も作業開始させて頂きま〜す。

今回、フューエル系統作業、油脂類の交換、各部の調整&セットアップを中心にメンテナンスを行わせて頂いております。

フューエル系統作業、油脂類の交換も完了。

続いて各部の調整&セットアップ作業に入らせて頂きます。

同時にクリーニングアップも行わせて頂きます。

現状のフロントフェンダー内部の画像です。

足回りのトルク調整&ブレーキシステムなどの調整作業に入らせて頂きます。

各部の動きが機敏になる様、施工をしていきます。

続いて、リヤーフェンダー内部、現状の画像です。

また、同時に分解時にしか出来ないサスペンションシステム&ブレーキシステムまた、フェンダー内部の隅々まで、クリーンニグアップ開始致します。

中々オーナー様が目にする事の無い部分。

雨天使用しなくてもダストや、砂などが付着してしまう部分。

バッチリ クリーニングアップ実施させて頂き、本来の輝きを、出来る限り取り戻させて頂きます。

上記、足回りのトルク調整&ブレーキシステムなどの調整作業&クリーニングアップ後のフロントフェンダー内部の画像です。

ダストや、砂などをクリーニングアップする事により、本来の発色が取り戻せます。

分解時にしか出来ない細かな作業。

隅々まで丁寧に仕上げさせて頂き機能美まで取り戻した、Ferrari テスタロッサ。

続いて、リヤー足回りのトルク調整&ブレーキシステムなどの調整作業&クリーニングアップ後の画像。

続いて、ホイールのクリーニングアップ作業。

ブレーキダストなどで汚れが付着致しております現状のホイールの画像。

4輪全てクリーニングアップさせて頂きます。

クリーニングアップ後の画像です。

ホイール内側&表側共に、本来の発色を取り戻させて頂きました。

軽作業のみの御依頼でも、分解個所は全てクリーニングアップさせて頂き、オーナー様の元へとマシンを戻させて頂きます。

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

今回、Ferrari F360 モデナ 車検&メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

お忙しい中、お越し頂き誠に有り難う御座いました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

Ferrari F360 モデナ 車検&メンテナンス チェック開始させて頂く為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

Ferrari純正車両診断テスターSD2にて、Ferrari F360 モデナ 車輌コントロールユニットと交信開始させて頂いております。

各ErrorコードのみのチェックではなくFerrari純正 車両診断テスターSD2を100%駆使しマシン全体のパーツの状態や、調整の状態のチェックを行います。

各部の作動状況や出力波形に至るまで、コンピューター上で、できうる全てのチェックを行います。

続いて、年数的、指定交換パーツ&走行距離的、指定交換パーツ また、個々のモデルでの傾向的不具合発生箇所 また、個々のマシンの使用状況によるチェックを同時に進めて参ります。

マシン アンダーパネル内部に隠れたパーツなども完璧にチェック致します。

今回の作業内容と、適切なメンテナンス方法&価格をご説明させて頂き、ご了解頂きましたので只今パーツの発注致しました。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

今回の作業内容パーツ全て入荷致しました。

実作業に入らせて頂く準備に入らせて頂いております。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

エンジンオイル漏れ作業より開始させて頂きます。

現状のエンジンオイル漏れの発生している画像です。

もう1箇所。

エンジン本体シリンダーからのオイル漏れが発生してしまっている部位の画像です。

360モデナの傾向的不具合発生個所。

これだけのオイル漏れが発生していてもオーナー様には発見出来ない構造。

ダウンフォース効果を発生させるアンダーパネルがマシン下を全て覆っているからです。

作業開始です。

室内からの作業も伴う為、インテリアに全てプロテクションカバーを……..

一切の汚れなどから完璧にインテリアを保護致します。

オイル漏れ主原因メンテナンス。

主原因メンテナンスの為、各部の補器類の脱着作業を随時進めさせて頂いております。

360 モデナ全モデルの傾向的不具合 発生ポイント。

フロントセクション パワーステアリング系統のオイル漏れ作業を進めさせて頂いております。

リヤーセクションからもパワーステアリング メンテナンスを実施。

続いてエンジン本体からのエンジンオイル漏れメンテナンス作業に入らせて頂いております。

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

今回、Ferrari 360 モデナ F1マチック 不良メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

弊社4t積載車にて、お引取りにお伺いさせて頂き、只今ファクトリーに到着致しました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

Ferrari 360 モデナ F1マチック チェック開始させて頂く為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

現状のマシンの状態をもとに、今回の作業メニューを組み立てさせて頂きます。

F1マチック 不良の陥ってしまっているF360。

Ferrari純正テスターSD2でチェックした結果、最近クラッチは、交換されています。

これより過去マシンに不良が発生した履歴や、現状のエラーコードのチェック。

また、そのエラーコードチェックだけに留まらず、現在のF1マチック 各部の作動状況や、規定範囲内で作動しているかどうかのデーターを確認。

Ferrari F360 F1マチック補器類の出力波形などもコンピューター上で全てのチェックを行います。

必要データーを全てチェック完了です。

F1マチックの作動状況を担当メカニックによりテストラン開始です。

テストランにより、完調なF1マチックのフィーリングとの変化を感じ取ります。

テストランを実施させて頂き、作動状況や、調整の状態も確認。

また、シフトUP&DOWN のスピードや感覚も全て把握させて頂きました。

これより各部のトラブルシューティング開始です。

不具合発生ポイントを、的確にピンポイントで把握致します。

現状のエンシンルームの状態。

かなりの埃が蓄積している状態。

埃や汚れなどでも電子機器の誤作動を引き起こす引き金となってしまいます。

先程は、お忙しい中お電話にてご対応頂き誠に有り難う御座いました。

的確にピンポイントでトラブル発生の主原因特定させて頂きました。

今回の不具合発生個所は、Ferrari純正テスターSD2でERRORコードとしては表示されない個所の不良です。

Ferrari純正テスターSD2&弊社の専用機器を駆使しトラブル個所を確実に特定させて頂きました。

今回のメンテナンス個所の詳細を全てお伝えさせて頂き、ご了解頂きましたので只今発注させて頂きました。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

今回の作業内容パーツ全て入荷致しました。

早速 実作業に入らせて頂いております。

今回のトラブルシューティングから実作業を担当させていただいておりますメカニックは、エレクトロニクスのエキスパートです。

エレクトロニクス関連の不具合を的確にピンポイントで主原因の特定を致します。

コンピューター内部の分析まで可能なエキスパートメカニックです。

各分野のエキスパートが弊社には在籍致しております。

各分野のエキスパートメカニックがお預かりさせて頂いておりますマシンの症状に応じ1台1台、担当させて頂きます。

ここを交換してダメなら次はここなどと言うメンテナンスは、弊社では許されません。

的確に不具合発生個所を特定しオーナー様にお伝えさせて頂きメンテナンスさせて頂いております。

F1マチックのシフト不良。

Ferrari純正テスターSD2でERRORコードとしては表示されない個所の不良。

エレクトロニクスのエキスパートメカニックがピンポイントで的確に不具合発生個所を特定させて頂きましたパーツの交換。

また、F1マチックのセットアップ作業。

全ての作業完了です。

作業完了から数度のテストランのデーターも完璧な状態に。

的確にピンポイントのメンテナンスで確実な作動を取り戻させて頂きましたF1マチック。

クリーニングアップ完了のエンジンルーム画像です。

エクステリア&インテリアに至りましても、最終仕上げ完了させて頂きましたFerrari F360 モデナ。

本日、弊社4tフルフラット積載車で、搬送させて頂きます。

今回、ウエッブサイトに作業内容 抜粋させて頂き掲載させて頂きました。

今回実施させて頂きました全てのメンテナンス作業時の写真、また新旧のパーツ画像。

担当メカニックが撮影致しております写真などマシンと一緒に、お持ちさせて頂きます。

今回メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

この度は、Ferrari F355 車検&メンテナンス御依頼 誠に有り難う御座います。
マシン談義で非常に楽しいひと時を過ごせて頂きました。

ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスまた、クリーニングアップを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

ご一緒頂きましたチャレンジストラダーレ様。
本日は誠に有り難う御座いました。
今後とも宜しくお願い申し上げます。

Ferrari F355 車検&メンテナンス チェック開始させて頂く為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

現状のマシンの状態をもとに、今回の作業メニューを組み立てさせて頂きます。

過去マシンに不良が発生した履歴や、現状のエラーコードのチェック。

また、そのチェックだけに留まらず、現在の各部の作動状況が規定範囲内で作動しているかどうかのチェックも全ての個所に渡りチェック致します。

Ferrari純正 車両診断テスターSD2を100%駆使致します。
Ferrari F355  各部の作動状況や出力波形などコンピューター上で、できうる全てのチェックを行います。

この作業により未然に大きな故障を防ぐ事が可能です。

年数的指定交換パーツ。

走行距離的、指定交換パーツ。
マシンの使用状況や、保管状況による各部のチェック。

また、Ferrari F355 特有の傾向的不具合の発生ポイント&使用状況下による各部のチェック及び計測に入らせて頂きます。

エンジン&ミッション クラッチに至りましても全てのチェックを実施。

チェックも最終段階に入らせて頂いております。

ボルト1本まで、担当メカニックによるチェック。

続いて、テストランでのチェックを担当メカニックが開始です。

リフト上では感じ取れない実走行でのフィーリングもチェックさせて頂きます。

全てのチェックも完了させて頂きました。

お電話でのご説明前に、メカニックと内容をまとめさせて頂き御連絡させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

今回のメンテナンス個所&今後のメンテナンス個所、全てお伝えさせて頂き、御相談させて頂行きました上で、決定させて頂きました最優先個所のパーツ。
只今発注させて頂きました。
パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

今回の作業内容パーツ全て入荷致しました。

実作業に入らせて頂く準備に入らせて頂いております。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

まず、タイミングベルト交換実施の為、エンジン脱着より開始させて頂いております。

さて、エンジン脱着開始です。

弊社で完備させて頂いております、Ferrariエンジン脱着専用の油圧式エンジンリフト。

このリフトを使用しエンジンを降ろす事により、サブフレームなどに一切、傷が付かずまた、載降時にも車両に接触せずより繊細にエンジンを降ろす事が可能です。

Ferrari F355 エンジン脱着完了です。

これより、作業分解前に、エンジンやミッションなどに付着致しております細かな砂や塵を1度、全てクリーニング実施させて頂きます。

これは、砂や塵が作業中パーツ内部への混入を避ける為、に実施させて頂きます。

[…]

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

今回、Ferrari F355 メンテナンス&エキゾースト交換&マイスターチェック御依頼誠に有り難う御座います。

お忙しい中、お越し頂き誠に有り難う御座いました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

Ferrari F355 メンテナンス&エキゾースト交換&マイスターチェック準備に入らせて頂く為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

過去マシンに不良が発生した履歴&現状のエラーコードのチェック。

また、そのチェックだけに留まらず、現在の各部の作動状況が規定範囲内で作動しているかどうか。

各部の出力波形や、現状のセットアップの状態など…..

全てのデーターを、Ferrari純正 車両診断テスターSD2を100%駆使しチェック致します。

この作業により未然に大きな故障を防ぐ事が可能です。

Ferrari社 指定年数的交換パーツ。

走行距離的、指定交換パーツ。

マシンの使用状況や、保管状況による各部のチェック。

また、Ferrari F355 特有の傾向的不具合の発生ポイント&使用状況下による各部のチェック及び計測に入らせて頂きます。

これら一連のチェックによりマシンの現状の状態を把握致します。

各 配管&ホース類の状態も全てチェック。

マイスターチェックにより、マシンの現状の状態を全て把握させて頂きました。

弊社独自の専用チェックシートにオーナー様に分かりやすく各項目の状態を記入させて頂きます。

同時にFerrari純正 車両診断テスターSD2にてチェックさせて頂きましたデーターも合わせてお渡しさせて頂きます。

御注文頂いておりました、リヤーエキゾースト交換&チャレンジグリルの装着完了です。

見た目にもリヤーが非常に引き締まりました!!

また、チャレンジグリルは、エンジンルームの熱気を排出できます。

また、フレッシュエアーの導入量も多くなりエンジンえの熱害を抑える事の出来る必須うパーツの1つでもあります。

続いて、足回りのトルク調整&ブレーキシステムなどの調整作業に入らせて頂いております。

また、同時に分解時にしか出来ないサスペンションシステム&ブレーキシステムまた、フェンダー内部の隅々まで、クリーンニグアップ開始致します。

中々オーナー様が目にする事の無い部分。

現状のフロントの画像です。

雨天使用しなくてもダストや、砂などが付着してしまう部分。

バッチリ クリーニングアップ実施させて頂き、本来の輝きを、出来る限り取り戻させて頂きます。

同時に各部の動きが機敏になる様、施工をして参ります。

300km近くの速度が出るロードゴーイングマシン。

フロント同様、足回りのトルク調整&ブレーキシステムなどのシッカリした調整作業を行います。

続いて、リヤー現状の画像です。

上記、足回りのトルク調整&ブレーキシステムなどの調整作業&クリーニングアップ後のフロントフェンダー内部の画像です。

ダストや、砂などをクリーニングアップする事により、本来の発色が取り戻せます。

分解時にしか出来ない細かな作業。

隅々まで丁寧に仕上げさせて頂き機能美まで取り戻した、Ferrari F355 。

続いて、リヤー足回りのトルク調整&ブレーキシステムなどの調整作業&クリーニングアップ後の画像です。

メンテナンスと同時のクリーニングアップは、弊社では作業の一貫とさせて頂いておりますので、全て無料で実施させて頂いております。

続いて、エンジンの調整作業に入らせて頂きます。

[…]

いつも遠方よりお越し頂き誠に有り難う御座います。

本日もFerrari 512TR オイル&エレメント交換の為、お越し頂き誠に感謝致します。

また、楽しい団欒過ごさせて頂きました!!

今後とも宜しくお願い致します!

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつも、メンテナンス御依頼 誠に有り難う御座います。

只今、弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きました、Ferrari F360 モデナを積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

PS–ジアロモデナのF360。

社長の元へ嫁いで来てホッとしてると思いますよ!!

愛情たっぷり注がれている360。

今回もベストを尽くさせて頂きます!!

今回のオイル漏れの主原因は、2箇所発生致しております。

1つは、パワーステアリング機構より。

もう1つは、エンジンからのオイル漏れです。

2種類のオイルが混合しエンジン下部に付着致しておりますのす。

的確にトラブル個所を確定する為、エンジン下部をクリーニングアップさせて頂き、漏れの発生個所を的確に確定させて頂きます。

実作業に入らせて頂く準備に入らせて頂いております。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

オイル漏れメンテナンス作業開始です。

Ferrariは、エンジン下などもダウンフォース効果を発生させる、フロアーパネルで全て覆われています。

初期のオイル漏れ発生が中々オーナー様に分かりにくい構造。

停車時にマシン下にオイルや、冷却水の漏れ跡が有る場合には、フロアーパネルに溜まったオイル&冷却水が滴り落ちている為、かなりの量の漏れが発生しています。

オイル漏れは、漏れ出したオイルが他のラバーパーツなどに付着し、問題の無いパーツにまで2次的不具合を誘発してしまいます。

1部のホースの製作&組み込みも完了。

他のオイル漏れ個所も同時に現品パーツの的確な擦り合わせ&パーツ交換作業を進めさせて頂いております。

オイル漏れが発生してしまっていたF360。

的確な不良個所のメンテナンスと、同時交換が望ましい関連パーツも同時に交換。

この作業により毎回、同じ様な個所の不具合を発生させる事無く、オーナー様の負担を軽減致します。

同時にオイル漏れ個所のクリーニングアップも実施。

全ての作業完了です。

バッチリメンテナンス完了です。

メンテナンスと同時にエンジン&エンジンルームに至りましてもクリーニングアップ完了致しましたエンジンルームの画像です。

エクステリア&インテリアに至りましても、最終仕上げ完了させて頂きましたFerrari F360 モデナ 。

本日、弊社4tフルフラット積載車で、搬送させて頂きます。

今回、ウエッブサイトに作業 抜粋させて頂き掲載させて頂きました。

今回実施させて頂きました全てのメンテナンス作業時の写真、また新旧のパーツ画像。

担当メカニックが撮影致しております写真などマシンと一緒に、お持ちさせて頂きます。

いつも、メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつも、 Ferrari 512TR メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

弊社4t積載車にてお引取りにお伺いさせて頂き、只今ファクトリーに到着致しました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

エンジン始動時、室内でガソリンの匂いがするFerrari 512TR。

エンジン各部&フューエルシステム全てのチェック完了です。

車輌火災に繋がりかねない危険な部分です。

続いて、メーターパネルの1部照明の不具合のトラブルシューティングに入らせて頂いております。

メーターパネルの1部照明の不具合の主原因は、ハーネス&カプラー。

このままの状態では、フューズパネルにも2次的不具合が発生してしまう個所。

早期にチェックご依頼頂きましたので、関連パーツへの2次的不具合の発生を食い止める事が出来ました。

Ferrariのハーネスや、カプラーは許容範囲ギリギリで設計されている為、電気系統の不具合は、関連パーツへ悪影響を及ぼす危ない個所でも有ります。

不具合発生個所の内容と、詳細なメンテナンス方法&価格をご説明させて頂き、ご了解頂きましたので只今パーツの発注致しました。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

今回の、メンテナンスパーツ全て入荷致しましたので早速、実作業に入らせて頂いております。

ボッシュモトロニクス インジェクター0リングが劣化しガソリンが滲み出てしまっている状態。

12気筒全てメンテナンス実施させて頂きます。

フューエルホースも古いタイプ。

現在この1本のフューエルホースが、Ferrari純正パーツでは、なんと26万円!! ホース1本26万円ですよ〜!!

数年前までは、1本25000円でした。

驚異的なパーツ価格の値上がり。と言うより爆発的な価格!! ガソリン漏れでマシンが爆発する前に、財布が爆発しますね!!

26万円の価値の有るホースでは全く無いので今回弊社で加工製作させて頂きます。

弊社で加工製作すれば3万円程度で製作出来ます。

チャコールキャニスターのバルブ。

こちらにも割れが発生していました。

ホース同様、純正パーツ価格が高い為、こちらのパーツも弊社で完全現品修復させて頂きます。

完璧に修復出来る自信とスキルが有るからこそ出来る技。

割れが発生していた個所を完璧に修復。

カーボンパネルを加工し補強致します。

12気筒、全てのインジェクター0リング交換も終え、マシンへと組み込み完了。

数本からのガソリンの滲みでしたが、この様なな場合、0リングが12気筒 同じ様に劣化してしまっていますので、一期に全気筒0リング交換が1番好ましいメンテナンス方法でしょう。

カーボンパネルで補強も完了のチャコールキャニスターバルブ。

機能も100パーセント取り戻させて頂きました。

仕上がりも純正品の様な仕上がりです。

フロントフード インナーの内張りの剥がれ。

テスタロッサや、512TR 512Mによく発生する個所です。

バッチリ作業完了致しました、フード右側の画像です。

続いて、左側の画像。

左右共に、細部まで丁寧に仕上げさせて頂きました。

今回、弊社で加工製作させて頂きました、ステンメッシュ製フューエルホースの画像です。

両端にはアルマイト処理のジョイントを使用し製作致しました。

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつも、メンテナンス御依頼 誠に有り難う御座います。

只今、弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きました、Ferrari テスタロッサを積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

いつも、御依頼誠に有り難う御座います。

今回もご期待にお答えするメンテナンス実施させて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。

今回の作業内容パーツ全て入荷致しました。

実作業に入らせて頂く準備に入らせて頂いております。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

前回、お渡しさせて頂きました、今後のメンテナンス メニューに記載させて頂いておりました中のフロントブレーキパッド残量不足。

今回、ブレーキがよく効くタイプのパッドへと交換実施させて頂きます。

現状フロントブレーキの状態の画像です。

現車に装着されていました、ブレーキパッド。

パッド残量もほとんど無く、劣化の為剥がれ落ち寸前のフロントブレーキパッド。

ブレーキパッド交換&クリーニングアップも実施完了。

御依頼頂きました、制動力アップタイプのブレーキパッド。

今回、弊社がオーナー様のご要望に応じ選ばせて頂きましたフロントブレーキパッド。

ストリートのスポーツ走行からサーキット走行までこなす超ワイドレンジモデルのブレーキパッドです。

全ての温度域において安定した効き、高温域での連続走行でも変わらないコントロール性能、高い耐フェード性を持ち合わせたブレーキパッドです。

続いて、以前より御依頼頂いておりましたテスタロッサ センターロックタイプのUSEDホイール。

ようやくUSEDで入手する事が出来ました。

センターロックタイプ用のUSEDのホイールは中々入手困難なホイール。

今回ご用意出来ましたのは、な、なんとNEEZ製のマグネシュウムホイールの超 美品。

タイヤもラジアル最強のミシュラン パイロットスポーツのほぼ新品状態 付。

探し続けていた甲斐がありました。

非常に良いUSED。

しかも最強のコンビネーション。

ハブも全て分解し、組み込み前に全てクリーニングアップ。

ホイールの装着です。

F40同様のセンターロック式 ホイールの前期、中期のテスタロッサ。

的確な締め付けが必要です。

この締め付けが甘かったりすると一期にホイールが走行中ふっ飛びます!!

専用トルクレンチ&Ferrari専用SSTを使用し指定トルクで締め上げます。

安易な締め付けは厳禁な個所です。

マシンが全損になるどころか、命まで奪われてしまうポイントです。

全ての作業完了です。

エクステリア&インテリに至りましても、最終仕上げ完了させて頂きましたFerrari テスタロッサ。

本日、弊社4tフルフラット積載車で、搬送させて頂きます。

今回、ウエッブサイトに作業 抜粋させて頂き掲載させて頂きました。

今回実施させて頂きました全てのメンテナンス作業時の写真、また新旧のパーツ画像。

担当メカニックが撮影致しております写真など、本日お持ちさせて頂きます。

いつも、メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

    Back to top
    Translate »